紫外線ダメージは肌に最悪!おすすめの紫外線対策とは?

      2017/06/08

紫外線ダメージは肌に最悪!おすすめの紫外線対策とは?

夏の日差しが少しやわらいでくると、紫外線対策にも気がゆるみがちになりますよね。

けれど、目に見えている光とは別に、紫外線は季節を問わず一年中私たちに降り注いでいます。

夏じゃないから大丈夫、といった問題ではありません。

ここで、紫外線が肌に与える最悪なダメージ、おすすめの紫外線対策などをご紹介します。


紫外線が肌に与えるダメージとは?

肌にとって紫外線が悪影響ということは、最近とくに強調されています。

紫外線を浴びることによっておこる年齢以上の「光老化」の言葉もすっかり定着しました。

化粧品メーカーはもちろん、美容外科や皮膚科の医師、美容関係の専門家たちは、口をそろえて「紫外線対策を!」と訴えています。

いったい紫外線の何がそんなに悪いのでしょうか。

特に女性は、これから紫外線対策を見直すためのきっかけにしてみて下さい。

紫外線エネルギーの大きさ

紫外線エネルギーの大きさ

紫外線は、目に見える光ではないため、「対策を」と言われても、今一つピンとこない感じがあります。

敏感な人は、紫外線に反応してアレルギーがおこったり、肌がピリピリしたりすることがありますが、一般的にはあまり意識されていません。

しかし、そのエネルギーはかなりのものです。

紫外線も含む日光には、生物の細胞の成育をうながす大切な役割があります。

けれど反対に、細胞に変化をおこし劣化を加速する一面もあります。

どんなものにもいい面と悪い面がありますから、紫外線はそのエネルギーの高さで私たちに貢献もしてくれますが、浴びすぎると体にダメージを受けてしまう…ということになります。

UV-A波とUV-B波

UV-A波とUV-B波

紫外線と一口に言っても3つの種類があり、波長が長い順番にUV-A 波、UV-B波、UV-C波と呼ばれます。

このうち、UV-C波は一番波長が短く私たちには届いてこないので、とくに問題になりません。

二番目に波長が長いUV-B波は、主に私たちの表皮を刺激します。

肌が焼けて赤くなったり黒くなったりするのはUV-B波の影響です。

UV-B波が表皮を刺激すると、肌はそれ以上のダメージから身を守るため、黒いメラニン色素をつくって防御しようとします。

メラニン色素をつくる能力や色素には個人差があるので、黒くなる速度や度合いは人によって違います。

一方、UV-A波は波長がもっとも長いために表皮にはとどまらず、その奥の真皮層にダメージを与えると言われています。

真皮層には、肌の弾力を保つためのコラーゲン繊維や、様々な保水成分をつくりだす繊維芽細胞というものがあり、紫外線にあたり過ぎることでダメージを受けます。

繊維芽細胞の働きが弱くなって数が減ってしまうと、肌は弾力や保水力を保てなくなり、乾燥しハリもなく、たるみもおこりやすい状態になってしまいます。

つまり、UV-B波は主に表皮に、UV-A波は主に真皮にダメージを与えます。


表皮でのダメージの表れ方

表皮でのダメージの表れ方

UV-B波によって刺激を受けた表皮にどのような変化がおこるかというと、1番目立つのはメラニン色素の生成です。

上にも書いた通り、メラニン色素自体は悪いものではなく、むしろ私たちの肌をダメージから守ってくれる存在です。

メラニン色素には肌を丈夫にする働きがあるため、紫外線の影響に限らず、摩擦などの刺激を受ける部分、妊娠中の女性のデリケートになった肌などには、メラニン色素が発生します。

若く活発な新陳代謝がおこなわれている人の場合、役割を終えたメラニン色素ははがれ落ち、あとには再び元の色の新しい肌が生まれます。

しかし、年齢や疲労などで再生力のおとろえた肌には、古いメラニン色素がそのまま残ってシミとして沈着してしまいます。

国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル

シミやくすみに高い美白効果が!おすすめの美白成分4選

また、地黒の人は元々紫外線に対する耐性が高い傾向にあります。

しかし、色白で全体に肌の赤っぽい人は、黒いメラニン色素の生成力が弱いため、紫外線によるダメージを防ぐ力も弱い。

まともにその影響を受け、皮膚が赤くはれたり、ガサガサになったりしてしまいがちです。

肌の色は遺伝によって決まり、同じ黄色人種の日本人といっても様々です。肌の厚みによっても耐性は違います。

そのため、自分の肌質に見合った紫外線対策をする必要があります。

同じ量の紫外線を浴びても、シミのたくさんできる人、まったくできない人、乾燥やシワがひどくなる人、ならない人、そこには大きな個人差があります。

紫外線に耐性が弱い人は、夏以外の紫外線であっても簡単にダメージを受け、シミ、シワ、乾燥、などのトラブルがおきやすいと言えます。

一方、黒光りするようにきれいな日焼けのできる人は、ダメージに強く、紫外線の影響も表れにくいと言われています。

真皮でのダメージの表れ方

真皮でのダメージの表れ方

表皮の場合、紫外線対策をしなければ目に見えて日焼けをしますが、その奥にある真皮層でのダメージは、内部で気づかないうちにジワジワと進行します。

真皮層にダメージを与えるとされているUV-A波の怖いところは、波長が長いため雲やガラス窓も通過し、くもりの日や室内でも肌に影響を与えるということです。

くもりの日だから大丈夫、室内だから大丈夫…と安心して紫外線対策をまったくせずにいると、いつの間にか真皮層へのダメージが進み、コラーゲン繊維が破壊されて深いシワ、たるみの原因をつくります。

また、弾力や保水力を保つためのエラスチンやヒアルロン酸を生み出す繊維芽細胞もダメージを受け、乾燥、ハリや弾力の低下につながると言われています。

肌の老化現象?年齢とともに目立つ顔のシワ…その原因と対策は?

おすすめの紫外線対策は?

おすすめの紫外線対策は?

真夏の外出やアウトドアレジャーのときには、強力な日焼け止めを使い、帽子やネックガードでカバー、日傘使用など、徹底した対策をする人も多いと思います。

ただ、日焼け止めの効力は意外と短く、こまめな塗り直しが必要になります。そこで便利なのは、スプレータイプの日焼け止めです。

短時間で広範囲に塗ることができ、手の届きにくい部位にも対応ができます。

透明で塗り忘れをしやすい欠点はありますが、朝の段階では手で塗るタイプのローションやジェルの日焼け止めを使い、その上からスプレーを重ね、数時間おきに再度スプレーをするようにすると万全の体制になります。

長時間日差しの下で過ごす場合には、SPF50、PA++++の最強レベルの日焼け止めを使う方がいいと言われていますが、肌の弱い人の場合はかえって刺激が強すぎる場合もあります。

効果が強ければ強いほどいいというものではないので、自分の肌に合ったものをこまめに塗り直すようにしましょう。

また、肌以上にダメージを受けやすいのは目です。目から入った紫外線が、結果的には肌に影響するとも言われています。

最近はサングラスではなくてもUVカットのできる度無し、度入りのメガネも売られているので、日傘や帽子を使えないときには、メガネで瞳を保護することをおすすめします。

日焼け止め成分の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは何?

日常の紫外線対策

日常紫外線対策

レジャーや真夏の紫外線対策はもちろん重要ですが、それ以上に肌に影響しているのは、実は日常紫外線の方だと言われています。

毎日の積み重ねは大きいもの…紫外線ダメージも、毎日ジワジワと蓄積していきます。

かといって、あまり神経質になっていては、日常生活が不便に感じてしまいます。

ですので、特別な対策をしよう!と気合いを入れるより、

  • 外出時に羽織れる薄手のUVパーカーを準備する。
  • 小さくて軽い日傘を持ち歩く習慣をつける。
  • 全身に塗れるUVカット機能つきのボディローションをお手入れの一部にとり入れる。

など、無理なくできそうなUV対策習慣を少しずつ増やしていくのがおすすめです。

気合いを入れすぎるとかえって面倒くさくなってしまうので、自分が無理なく続けられる範囲のことを、生活の一部に取り入れてしまう方が長続きします。

継続は力…何事も、小さな積み重ねが一番効果的です。

また、肌への直接のケアだけでなく、体内からの紫外線対策もとても重要です。

とくに、抗酸化作用の強いビタミンC、ビタミンE、トマトに含まれるリコピンなどは紫外線対策に有効と言われています。

それらの成分が豊富に含まれたジュースを朝の習慣にするのもおすすめですが、1つ注意したいのは「にんじん」です。

生のにんじんには、メラニン色素を濃くする酵素が含まれています。

レモンと合わせるとその酵素の働きは中和されるので、ニンジンジュースには、レモンを入れて飲むと、ビタミンCも補給できて一石二鳥になります。

また、最近では飲む日焼け止めサプリメントもおすすめ!日常的に摂取するのが好ましい栄養素と同時に紫外線対策も兼ね備えているので、おすすめできます。

夏の飲む美容サプリメント「インナーパラソル16200forUV」

飲む日焼け止めで人気の『インナーパラソル』。その効果の口コミは?






【人気ランキング】効果を実感できるスキンケア!

アテニア『スキンクリアクレンズオイル』

肌色まで明るくする革新的クレンジングオイル。

お肌に低刺激でありながら毛穴の汚れや肌くすみをしっかりと落とします。

コストパフォーマンも◎

アテニア『アイエクストラセラムセット』

実年齢よりも-5歳、若々しいハリのある目元へ…

目元のたるみやシワに抜群の効果が期待できるアイクリームがアテニアから登場!

 

ドクターソワ『モイストリフトプリュスセラム』

顔のたるみ・ほうれい線・目もと・口もとピーン!

皮膚科医と共同開発した本格派のエイジングケア美容液。

年齢肌が気になる20代後半~におすすめ!