30代からの基礎化粧品選びで重視したいポイントとは?

30代からの基礎化粧品選びで重視したいポイントとは?

まだまだ若さは残るけど、肌悩みも増えてくる30代…。子育てに仕事にと忙しい生活の中で、どんな化粧品を選べばいいのか悩ましいところですよね。

気が付けばあっという間に30代に突入したけど、なんか実感が湧かないという女性も多いのではないでしょうか。「まさか自分が30代に…!?」というように、自分にとっても未知の世界かもしれませんね。

今回本題にする30代の基礎化粧品は、20代のものとは種類も大きく異なります。

もちろん20代の頃から愛用しているお気に入りの基礎化粧品などがあるならそれを使い続けるのも良いですが、20代と30代では中身がまるっきり違うと考えていた方がいいかもしれません。

最近でこそどんな年代にも対応できるようなオールマイティな化粧品もたくさん発売されています。しかし、そこには根本的に20代とは違う30代の肌状態・肌悩みがあるわけです。なので、30代になったら基礎化粧品についても見直しが必要です。

ここでは、30代からの基礎化粧品選びで重視したいポイントと、おすすめもいくつかご紹介します。私が30代以降長年愛用しているものもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

30代の肌状態は?

30代の肌状態は?

30代も前半の頃は20代後半とさほど変わらない肌がキープされますが、35歳を過ぎると急に肌が違ってきた?と感じる人も多いかもしれません。昔から、女性は7の倍数で歳をとると言われていて、28歳、35歳、42歳はとくに世代がチェンジするお年頃。

個人差はありますが、肌に限らず、体の機能やホルモンなども一気に変化しやすいときと言われています。ということは、30代だから30代用の化粧品を何となく使っていればいいというものでもありません。

自分の肌状態や生活に合わせ、20代後半~30代前半用、30代~40代用など、臨機応変に年代や肌質に合わせて化粧品も変えていく必要があります。とくに30代は、未婚・既婚、キャリアウーマンか主婦か、出産をしたかどうかなどでも化粧品の選び方は大きく変化します。

個人差も大きいので、年齢ばかりにこだわらず、自分の生活や肌状態に合わせた化粧品選びを心がけてみましょう。

30代で増える肌悩み

30代で増える肌悩み

30代で増える肌悩みとしては、

  • 目元や口元のシワ
  • 浅いほうれい線
  • 肌全体の何となくのたるみ
  • ハリや弾力の低下
  • 肌色のくすみ
  • 薄いシミ

などがあります。

20代で多かったニキビや肌荒れなどは減りますが、皮脂の分泌量や肌内部のコラーゲン量などが減少し始め、20代とは確実に変わってきたと意識し始める頃です。

30代前半では、顔の印象は20代とほとんど変わらず、表面のシワやシミが少しでてきたかな?という程度の場合が多いですが、30代後半に入ると、顔に陰影がつき始め、かなり大人っぽい雰囲気に変化していきます。

特に目元の印象で見た目年齢が大きく変わってしまいます。

目もとの悩みに1本で立ち向かう「アテニア アイ エクストラ セラム」

個人差があるのでいつまでも若々しく可愛い感じの人もいますが、それでも確実に年齢を重ねた雰囲気は見え始めます。とくに出産をすると、肌や顔立ちの変化を感じる人が多いようです。

けれど、若い頃よりホルモンが安定し、女性としての真の魅力が開花するのは30代からとも言われ、若さと大人らしさを兼ね備えた一番いい年代です。

そんな30代を素敵に過ごすためには、基礎化粧品によるスキンケアは衰え始めた機能を活性化させるケアをする。それとともに、メイクの方では若く見られることばかりを重視せず、老けた印象を与えないようにカバーはしつつ、大人ならではの魅力を生かせるメイクにチェンジしていきましょう。

30代におすすめの基礎化粧品

30代におすすめの基礎化粧品

20代では皮脂の分泌や水分量も多いですが、30代になると乾燥傾向になる人が増えます。みずみずしいお肌は、年齢を重ねてもキープしたいと感じますよね。

ただ、確実に肌自体の皮脂量や水分量は減少していくので、そこは基礎化粧品でしっかり補いたいところです。

肌がベタつく人の場合も、30代からは乾燥が同時進行している可能性があります。それなので、皮脂をとりすぎるような洗顔料やサッパリさせる化粧水ばかりを使っていると、肌を保護しようとして皮脂の分泌が増えてしまう場合もあります。

30代の保湿では、コラーゲンやヒアルロン酸など、それ自体が水分をつかまえてふくらむような性質の保湿成分がおすすめです。さらに、分子が細分化されて角質層の奥まで浸透しやすくなっているものを選びましょう。角質層の奥にコラーゲンやヒアルロン酸などがしっかり届くと、角質層内部で水分をとらえてふくらみ、肌全体をふっくらみずみずしく見せてくれます。

メイクを落とすだけじゃない。肌色を明るくする。大人女性のためのクレンジング

美容液では、肌のコラーゲンを生成する繊維芽細胞にアプローチするものや、シミの原因になるメラニン色素の働きをブロックするものなどが人気です。20代に比べれば衰えがあるというものの、肌本来の働きや成分がまだまだしっかりしている30代。

濃厚な成分を補うというよりは、肌そのものの機能に働きかけるものが向いています。ただ、肌表面が乾き蒸発しやすくなっているので、最後にフタをするクリームは、しっとりとした質感のものがおすすめです。

30代に人気のオールインワン化粧品

30代に人気のオールインワン化粧品

1つのジェルでお手入れのすべてがまかなえるオールインワン化粧品は、忙しく予算にも制限がかかりやすい30代の女性には心強い味方です。最近では20代にも人気の化粧品となっていますが、たしかに便利で、備えておくと忙しいときには重宝します。

ただ、肌トラブルや肌悩みが深い人にはあまり向いていません。20代では肌トラブルを抱えている女性はさほど多くありませんが、30代になると肌悩みは一気に増えてしまいます。

肌トラブルがあるときは、様々な成分を与えるのを控えたシンプルケアが向いていますが、オールインワンの化粧品は、あらゆる成分が複合されています。

参考:口コミから厳選!『オールインワンジェル』おすすめランキング!

それに、シミを集中的に美白ケアしたい、乾燥によるシワを集中的にケアしたいというときは、やはりそれに特化した化粧品の方が優れています。オールインワン化粧品は、特別肌トラブルや悩みがなく、お手入れに時間をかけたくないという人には向いていますが、トラブルのおきやすい人や悩みをしっかりケアしたい人は、それぞれの肌質に対応したものを選びましょう。

また、オールインワン化粧品を上手に利用するには、例えば、基礎化粧をオールインワン化粧品で済ませ、それとは別に肌トラブルに特化した美容液や寝る前のパックなどを併用するというのもおすすめです。

30代だからとくに重視したい紫外線ケア

30代だからとくに重視したい紫外線ケア

どの世代にとっても紫外線ケアは重要ですが、とくに30代では注意が必要です。以前の記事でも紹介したように、紫外線ダメージはとにかくお肌にとっての大敵です。芸能人なんかでも夏に限らず一年中紫外線ケアをしているという話はよく聞きますよね。

20代の頃は活発に外で活動しても、肌本来の修復機能が強いのでダメージはさほど響いてきません。けれど、30代になると肌の機能が少しずつ低下し、以前のようには修復がきかなくなっていきます。

それでいて、まだまだ元気にレジャーを楽しんだり、子どもと一緒に外で遊んだりすることが多く、浴びる紫外線量が非常に多い年代です。

ここで紫外線ケアを怠ってしまうと、40代になったときに急激な衰えが見えてしまうことも。とくに色の白い人はダメージを受けやすいので、UVカットの化粧品は、夏に限らず必ず備えておきましょう。

最近は、子どもと共用で使える肌に優しく低価格な日焼け止めもたくさん売られています。化粧品にお金や手間がかけられる人なら、肌のくすみのカバーと保湿と紫外線カットが同時にできる、下地クリームを日常的に使うのもおすすめです。

30代からのメイク用品選び

ファンデーションの色選び

30代からのメイク用品選び

個人差はありますが、20代の頃に比べると、肌全体がくすんできたと感じることが増えます。肌のターンオーバー機能の低下、血行不良、肌自体の厚みが少しずつ薄くなるなどの影響でくすむようになりますが、そうなると、ファンデーションの色選びが難しくなってきます。

今までの色だと首に比べ白浮きしてしまう。かといって、暗めの色を選ぶとさえない顔色になってしまうので悩ましいところです。そういうときは、肌の色を明るく見せたりくすみをカバーしたりする機能がある化粧下地を使いましょう。

もしくは、ファンデーションそのものに肌色を明るく見せる粒子が配合されているものを選ぶと、色自体は少し濃い目でも、つけたときに粒子が光を反射して、パッと肌を明るく見せてくれます。

ファンデーションの色そのものだけに頼って肌悩みをカバーしようとすると、厚塗りになってしまいよけい不自然さが増すことも。まだまだ本来の肌が美しい30代で、厚塗りはもったいないので避けたいところです。

参考:ファンデーションの色選び!自分の地肌に似合うおすすめの色はどれ?

チークや口紅の色に注意!

30代からの口紅

また、チークや口紅の色も、20代と同じものだと若作り感がでたり、かといって地味な色は嫌だし…と、こちらも一番悩ましい年代かもしれません。30代の人だと、あまりはっきりした色のものより、明るめだけど肌なじみのいい自然な色の方が、かえって若さが際立つ傾向にあります。

口紅やチークも、20代の子と同じようないかにも「つけています!」という感じは、やはり少し不自然になりがちです。ベージュ系のオレンジや優しく控えめなピンクなどで、さりげなく自然な血色メイクを目指す方が素敵です。

メイク用品を選ぶときは、濃くなりすぎず、肌色を自然に明るく見せてくれる機能があるものを選ぶようにしましょう。

どんな肌にもキマる「アテニア プライムルージュ」

成分・皮膚科学
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆