50代からの化粧品は『エイジングケア』を意識して選ぶのがおすすめ!

50代からの化粧品は『エイジングケア』を意識して選ぶのがおすすめ!

子育てが一段落したり、仕事でもすっかりベテランになったり、生活や時間に少し余裕の見えだす人も多い50代。しっとりとした大人の魅力で、素敵な熟女がたくさんの年代です。

生理が終わりに近づき、女性ホルモンの減少によって、お肌や体に様々な変化がおこりやすくなりますが、それをカバーする化粧品の進化も目覚ましく頼もしいところです。

テレビで芸能人を見ても、とても50代には見えない綺麗な肌質を維持しているタレントさんや女優さんがたくさんいますよね。50代からの化粧品選びは、「年齢よりも自分の肌状態に合わせる」「攻めより守りのケア」を意識するのが大切。すなわち、「エイジングケア」

ここで、これらのポイントを具体的にご紹介しますので、ぜひ50代の化粧品について見直してみて下さい。



50代でおこりやすい肌悩み

50代でおこりやすい肌悩み

個人差はあるものの、多くの人が50代の中頃までに閉経を迎えます。女性としてのしるしが無くなったようで少し寂しいと感じている人もいるかもしれませんが、母としての役割が終わり、女性としてはこれからが人生の始まりです。

生理がある期間、女性は常に妊娠・出産を重視して体が働いています。子宮や卵巣に優先的に血液がまわるため、貧血や全身の様々な不調に悩まされることも多くなりがちです。

閉経後はすべて自分のために血液が使われるので、かえってお肌や体調が安定したという人もけっこういます。

ただ、減少の過程では体がそれについていけず、更年期障害、また長年の疲れが一気にでやすい年頃でもあるので、お肌も体も揺らぎやすく、それに合わせたケアが必要になります。

お肌での大きな変化は、体内のコラーゲンの生成量が減少し、その下の筋肉(皮下組織)にも衰えがでてくるので、顔全体の印象が変わるようなフェイスラインそのもののたるみ、肌に刻まれる深いシワなどが目立つようになります。

また、お肌の表面では、水分を保持する力が失われ、深刻な乾燥が見られる場合もあります。体の機能全体の衰えによりお肌の新陳代謝力が低下し、ターンオーバーの周期も遅くなり、くすみ、ごわつきなどに悩む人が増えます。

まずは自分の肌とじっくり向き合ってみる

まずは自分の肌とじっくり向き合ってみる

50代を過ぎると、「老けた自分の顔を見るのが嫌で、鏡をじっくり見なくなった」という人もいます。けれど、効果的なお手入れをするためには、まずは自分の状態をちゃんと見てあげることが大切です。

化粧品の販売カウンターなどでお肌の状態をチェックしてくれるところもありますが、自分で自分の肌を知り、どのようなことに悩んでいるかが明確に分かっていないと、販売員の人の言いなりに不必要なものまで買ってしまう羽目になります。

とくに50代にもなると、お肌の個人差はとても大きく、また、目指したい美しさも違います。「とにかく若く見られたい!」という人もいれば、「若作りは嫌、年齢相応の自然な美しさがいい」という人もいます。

化粧品メーカーや販売員のスタンスも様々なので、自分は大して気にもしていないシワやシミに対し、それを改善する化粧品をしつこくすすめられ、つい不安になって買ってしまった…ということにもなりかねません。

世間や他人の評価なんてまちまちで、はっきり言ってあまりあてになりません。美容は、自己満足のためにあります。自分が何に悩み、どう改善したいと思っているか、どんな美を目指したいと思っているか、日頃からそれを意識しておくと、化粧品選びが迷走しづらくなります。

それに、自分をちゃんと見てあげるのは、自分を愛してあげることです。年齢による変化は、頑張って生きてきた証拠です。それを敵視する気持ちで改善を目指してもいい効果が表れません。

まずはそれを受け入れ、優しい目線でケアやカバーをするようにしましょう。

スポンサーリンク

50代からは控えめで丁寧なケアがおすすめ

50代からは控えめで丁寧なケアがおすすめ

年齢を重ねて様々な成分が減ってきたのなら、「とにかく高い化粧品でたくさんの美容成分を補わなくちゃ!」と焦ってしまいそうになりますが、お肌がそれを受け入れられる態勢になっているでしょうか。

最近は50代なんてまだまだ若いと言われますが、体の機能自体は確実に衰えています。スキンケアによって基礎化粧品を上手く吸収するためには、お肌にある程度の元気がいります。

若い頃から攻めの美容をしてきたという人も、50代からは少し控えめで、その代わり丁寧なケアをおすすめします。あれもこれもと手を出さず、自分が一番改善したいポイントをしぼり予算や手間を集中させると、自然にお手入れの質があがります。

とくに、お肌がすごく疲れた感じがするときは、お手入れをシンプルにしてお肌を休ませてみましょう。50代を過ぎると、若い頃のように食生活が乱れて睡眠不足でもお肌元気!というわけにはいきません。お肌が疲れているときは、確実に体も疲れているときです。

年齢とともに全身とお肌の関係は正比例するので、シンプルケアと同時に生活そのものを見直し、体力が回復するのを待ちましょう。

守るケア「エイジングケア」を大切に

守るケア「エイジングケア」を大切に

衰えた機能を活性化させたり足りない栄養分を補ったり、そういうケアももちろん大切ですが、50代からは守るケア、すなわちエイジングケアが大切なポイントです。

エイジングケア(アンチエイジング)というのは、老化を防ぐためのケア、これ以上老化を促進させないためのケアのことです。肌は加齢とともに日常の乾燥や紫外線から受けたダメージを修復させる速度が遅くなっていくからです。

例えば若い20代の頃は怪我をしても治りが早いですが、それが歳とともに遅くなったり、シミや傷跡として残りやすくなります。いくら化粧品でいい成分を補っても、それを上回るスピードでダメージを受けていると、修復が間に合わず一向に改善の兆しが見えてきません。

本来お肌は、いくつになっても新陳代謝が行われています。しかし、そのスピードは確実に遅くなっていきます。そのため、ある程度の年齢を過ぎると、保湿や紫外線対策を徹底して出来る限り受けるダメージを減らし、お肌の修復をサポートしてあげる必要があります。

それをしっかり行っておくと、お肌は自分の力で綺麗な素肌に回復していきます。つまり、50代のスキンケアは以下のポイントを意識して重点的に行うことを私はおすすめしたいと思います。

  1. まずは守りのエイジングケア(保護・予防)
  2. そのあとに活性化・補うケア(栄養補給)

この優先順位を日頃から意識してみて下さい。

スポンサーリンク

減少したコラーゲンを強化するためには?

減少したコラーゲンを強化するためには?

お肌の若々しさを左右するコラーゲンですが、その生成量は年齢とともに減り、閉経後はとくに減少すると言われています。ハリや弾力を保つ働きの真皮層でコラーゲンが減ると、たるみ深いシワを引き起こします。

その対策としてコラーゲン配合の化粧品は数多くありますが、化粧品原料としてのコラーゲンは真皮に届かず、表皮にとどまり水分を保持する「保湿剤」としての働きにすぎません。

肌表面をふっくらハリのある質感にしてくれる効果は期待できますが、真皮層のコラーゲン減少にアプローチできるわけではありません。

要するに、皮膚の内部には浸透できないのです。

一方、ビタミンCには体内のコラーゲン生成を助ける働きがあると言われています。

また、真皮層でコラーゲンを作る繊維芽細胞の増殖をうながすとされるFGF(繊維芽細胞増殖因子)配合の化粧品は、コラーゲンが減少する世代におすすめです。

公式:乾燥小ジワにも、キメにも。生コラーゲンのお試しセット!

詳細:顔の老化に生コラーゲンが効果的!ニッピ『スキンケアジェル NMバランス(旧名:ナノアルファ)』の口コミ

エイジングケアは体の内側からアプローチするのが効果的!

エイジングケアは体の内側からアプローチするのが効果的!

上記の繰り返しになりますが、化粧品に配合されたコラーゲンやヒアルロン酸などは、肌表面の保湿には最適と言えますが、肌内部まで浸透しないため肌そのものの保水力を改善する効果はありません。

そこでより効果的にアプローチするためには、体の内側からコラーゲン生成のための栄養素を補うのがおすすめです。つまり、食事による栄養摂取と同じように、飲むサプリメントでスキンケア効果を高めるというわけです。

体内からのアンチエイジングを促すことにより、新陳代謝して新しく生まれ変わる肌のコンディションを良い状態に導きます。コラーゲン生成やエイジングケアに効果的な栄養素をバランス良く摂取するためには、コラーゲンやヒアルロン酸をはじめ様々なスキンケア成分を配合しているプラセンタサプリメントがおすすめです。

参考:肌にどんな栄養を?アンチエイジングの美容サプリって効果あるの?

50代からはファンデーションより下地が重要に

50代からはファンデーションより下地が重要に

大人世代の女性にとっては、ファンデーションは欠かせない存在です。けれど、気にしているシミや色ムラをカバーしようと厚塗りになってしまうと、かえって老けて見られがちです。

少々シミや色ムラがあっても、全体にツヤ感があって自然な方がよっぽど素敵に見えます。ファンデーションを薄く自然に仕上げるためには、自分の肌に合った下地が欠かせません。

下地があると無いのでは、出来栄えもファンデーションのノリや持ちも全然違います。夕方になると皮脂で全体が汚れたようになってしまうという人は、余分な皮脂を吸収してくれるタイプの下地がおすすめですが、同時に保湿もできるものを選びましょう。

「自分は皮脂が多いから乾燥肌じゃないわ」と思っていても、実は乾燥によって皮脂が増えている人も多いのです。肌内部が乾く「インナードライ」によって、お肌が自分を守ろうと過剰に皮脂を分泌するようになる場合があります。

とくに、肌の水分量が減る40代~50代以降によく見られるタイプです。そんな肌悩みの方には、肌を保湿しつつ乾燥やファンデーションの刺激から守り、それでいてピンクやブルーの粒子の効果で肌色を明るく見せてくれる化粧下地がおすすめ!