無添加化粧品がおすすめって言うけどさ…本当に肌に優しいの?

無添加化粧品がおすすめって言うけどさ…本当に肌に優しいの?

数多く出回る「無添加」をうたった化粧品。無添加…お肌に優しそうな響きです。とくに敏感肌の人には心強い感じがします。商品紹介や口コミなんかでも「肌トラブルを抱えた人には無添加化粧品がおすすめ!」なんてよく見掛けますよね。

でも実際のところ、無添加化粧品それ以外の化粧品にはどのような違いがあるのでしょうか?実は私自身ひどい敏感肌で、これまでに無添加化粧品も含めてあらゆる化粧品を試しました。

その結果、行きついた化粧品がどんなものなのか、それについても最後にご紹介したいと思います。


無添加化粧品はおすすめ?

無添加化粧品はおすすめ?

「無添加だから良い!」という信者の方は一定数いるかと思います。始めに結論から書いてしまうと、無添加化粧品だから絶対他より安全、無添加だから肌に優しいというわけではありません。

敏感肌の人には必ずしも無添加化粧品がおすすめというわけでもありません。かといって、無添加という名前がまったくの無意味かと言えば、そういうわけでもありません。

ここでは、無添加だから良い無添加だから悪いというつもりもないのです。どっち付かずですいません。笑

その意味合いは、人によって、商品によって、化粧品に求める役割によって、変わってくるということになります。無添加という言葉にばかり振り回され過ぎず、個々の商品の特徴をしっかりと見て選んだ方がいい、それだけは確かだと思います。

無添加って…何が添加されていない?

無添加って…何が添加されていない?

考えてみれば、「無添加」って、ものすごくザックリとした表現です。いったい「何」が無添加なのかがよくわかりません。結局のところ、「無添加」に特別な決まり事はないのです。

各メーカーがそれぞれの主義で、「これを添加していなければ無添加としましょう」と独自の取り決めをしているだけのこと。基本的には、「アレルギーの原因となるかもしれない、肌トラブルを招くかもしれない物質」と現厚生労働省が判断した103種の添加物を含んでいないという意味で使われることが多いようです。

それらの添加物とは主に、化学合成された石油系の基材や界面活性剤、防腐剤、着色料などが含まれます。けれど、これらの成分は配合していないけれど、あえて「無添加」とはうたっていない商品も数多く存在しています。

その場合は、商品の説明に「合成着色料フリー、パラベンフリー、鉱物油不使用」など、何を含んでいないかを個別に書いていないことが多くなっています。反対に「無添加」とうたってあるものの、昔指定された103種以外の添加物を含んでいるものも数多くあります。というかむしろ、完全無添加の商品はかなり珍しいと言えます。

現在は化粧品業界全体的に、「お肌に負担をかけづらい処方を」という流れになっています。「無添加」をうたった商品とそれ以外の商品の成分を比べてみたとき、特別な違いがないことも多いのです。

そのため、「無添加」という言葉ばかりに惑わされず、個々の商品の内容を確かめて選んだ方がいいということが言えます。「無添加」の表示は、「できるだけ肌に負担になりにくい成分を選んでいますよ」というメーカー側の姿勢の表れでもあるので、1つの参考にはなります。

けれど、それだから商品として優れている、敏感な肌の人に必ずしも優しいとは判断できません。「無添加」にこれといった決まりがない以上、最悪の場合、何かを偽装しているなんてことはないとも言い切れません。

それなのに「敏感肌には無添加化粧品がおすすめなのです!」というのはね…また、実際にオール無添加の天然素材のみの化粧品だったとしても、それがいいとばかりは言えません。

天然素材の危険性

天然素材の危険性

無添加化粧品の中でも、完全無添加、天然素材のみの使用をうたっている商品があります。例えば、「天然植物エキス配合」「天然ハーブ」「100%天然由来の…」などですね。

けれど…『天然素材=低刺激、安全』ということにはなりません。植物性と言っても、しょせん人間にとっては異物です。山に生えている自然の植物で肌がかぶれた経験のある方も多いのではないでしょうか?

例えが極端かもしれませんが、自然界には猛毒のある植物も存在していますよね。肌荒れどころか、食べたら死に至るような恐ろしいものまで。それらを踏まえると、天然由来だから安全、肌に優しいといった決め付けは浅はかな気がします。

もちろんそんな毒物が化粧品に使用されるなんてことはまずあり得ませんが、だからと言って「天然素材=肌に良い」と一概に思うのもおかしなことです。実際、「天然」というフレーズは化粧品メーカーのイメージ戦略として多用されており、それは化学物質のケミカルなイメージを払拭するため。

それでナチュラル志向の人の多くは納得して購入しています。さらに言うと「オーガニック」というフレーズ。あれは正式にオーガニック認証を受けていないと使えませんが、一部の化粧品メーカーはイメージだけはまるでオーガニック製品のように連想させ、実はケミカルな商品もあります。

なので、天然というフレーズだけで振りまわされないように注意しましょう。

参考:オーガニックコスメっておすすめなの?口コミから見える意外な効果とは?

話を戻しますが、天然の素材は不安定です。とくに化粧水の場合は水分を多く含むため、完全無添加であると保存が難しく、夏場などには変質しやすい、使い方を誤ると雑菌が繁殖しやすいという難点があります。

口コミなどでは、完全無添加の手作り化粧品を使って肌が荒れたという声も意外によく聞かれますが、本末転倒と言わざるを得ません。仮に、無添加なほど肌に優しい、肌に良い影響を与えられるのだとしたら…大手メーカーがなぜそれに着手しないのか?という疑問があります。

長年第一線で化粧品づくりを専門にしている大手メーカーの技術はダテではありません、無添加化粧品ばかりになってしまうはずです。実際には、普通の化粧品に比べて無添加化粧品の方が遥かに少ない。

もちろん、できるだけ添加物を少なく、マイルドにということをひたすら追求している専門メーカーもあり、それはそれで意味のあることと思います。けれど、そのようなところの商品も、昔指定された103種以外の添加物を使用している場合がほとんどです。

添加物の肌への影響とは?

添加物の肌への影響とは?

そもそも、添加物とはどのようなものでしょうか。基本的には、「メインの目的ではなく製品の安定や質感の向上を目的とした物質」ということです。化粧品の場合、お肌に有用とされる成分以外の成分。

一部を挙げると、

  • 安定剤
  • 酸化防止剤
  • 保存料
  • 乳化剤
  • 香料
  • 着色料

…などはすべて「添加物」ということになります。昔、添加物による人への影響がわかっていなかった時代には、実際に添加物が原因と見られるアレルギーや肌荒れなどをおこしたケースがたしかにありました。

その後、そのような可能性があると判断された物質を含む103種の物質には指定成分表示が義務付けられ、それらを含まない「無添加化粧品」が出回り始めました。実際はそれ以外にも添加物はたくさんあります。

流れとしては、指定成分表示がない化粧品=無添加化粧品=安全な化粧品といった、間違った認識。「無添加だからお肌に優しいですよ!」なんていう当時のセールストークが聞こえてきそうです。

その結果、表向き無添加化粧品とはいえ、実際にはどんな添加物や何の成分が配合されているか分からないという危険性が問題になり、現在は薬事法により全成分表示が義務付けられています。特に新しい成分などはデータが少なく裏付けがとれていないだけで、もしかしたら将来的に何らかの問題がおこる可能性もあります。

反対に、昔は肌に刺激や悪影響を及ぼしやすいとされた成分が現在は改良され、かえって安全性が高くなっているケースもあります。刺激になりやすい添加物はできるだけ少ない方が安心感があるとはいえ、添加物の一面だけで、商品の安全性を判断するのは難しいのが現状です。

添加物への考え方は人それぞれ

添加物への考え方は人それぞれ

どの添加物が肌に悪影響を与える可能性が高いか…それについては、諸説あります。専門家の間でも意見が分かれます。たとえば、防腐剤の代表『パラベン』。パラベンにもいくつか種類がありますが、このうちメチルパラベンは肌への刺激がもっとも少ないと言われ、現在多くの商品に添加されています。

けれど、使い続けると肌の老化を招く、シミが増えるなどという説もあり、パラベンフリーをうたった無添加化粧品も数多くあります。どちらを選ぶかは…結局は、使う人自身の考え方です。

たしかに、パラベンの肌への悪影響がまったくのゼロとは言えないかもしれません。けれど、その働きは優れており、商品の長期安定保存(一般的な化粧品の消費期限は3年間)を可能にしてくれます。

逆にパラベンが配合されておらず、開封後に劣化してしまった無添加化粧品を使ってしまうのも、それはそれで繁殖した雑菌が肌に害悪をもたらします。どのような成分も、いい面と悪い面があります。

そして、人間の肌も千差万別で、どの成分が合うか合わないかは個人差が大きいため、無添加がいいかどうかの答えは、人によって違うということになります。元も子もないことを言ってしまうと、専門家の間でも意見が食い違うということは、私たち素人にはなおさら判断できないレベルの内容であるということですね。


アレルギー物質にも注意!

アレルギー物質にも注意

食品を始め、化粧品などの成分が自分のアレルゲン、つまりアレルギーを引き起こす物質に成り得るかどうかというのは、人それぞれ違います。例えば小麦。小麦アレルギーの人にとっては劇物となってしまいます。

だからと言って小麦そのものが悪い物質なのかというと、それは違いますよね。現にあらゆる食品や化粧品などに成分として配合されています。このように、アレルギーというのは個々の体質の問題。…なのですが、一概には言えないこんなケースもありました。

以前、某メーカーの石鹸を使った多くの人が、次々に小麦アレルギーを引き起こして社会問題となりました。これはもともと小麦アレルギーだったわけではない人の小麦アレルギーを誘発してしまったのが問題です。

アレルギーは個々の体質の問題とは言え、その引き金と成り得る物質があり、後に発覚した、こういうケースもあるのです。この場合、体質の問題だけじゃ済まされませんよね。

これがアレルギーの怖いところであり、今は大丈夫でも今後どの物質が自分のアレルゲンと成り得るかは分かりません。この場合の小麦成分(加水分解コムギタンパク)は原料の分子量が大きかったことが原因だったと思います。

加水分解コムギタンパクという成分自体は問題なく、様々な化粧品に配合されていましたが、いくつかあるその原料の種類の違いでアレルギーを引き起こしてしまうのは盲点だったようです。

いまは医療機関で自身のアレルギーチェックが出来ます。敏感肌やアトピーなどで大きな肌トラブルを抱えている方は、あらかじめ受診しておけばアレルギーを未然に防ぐこともできるのでおすすめです。

無添加表示や成分表示を生かすために

無添加表示や成分表示を生かすために

商品によって無添加の定義は違いますが、現在は無添加化粧品に限らず、化粧品には全成分が表示されています。そのため、「自分はこの添加物の入っていないものを選びたい」とこだわる人は、成分表示を見れば判断ができます。

先にもお伝えしましたが、自分のお肌にアレルギーをおこす物質が具体的に知りたい場合は、チェックを行ってくれる皮膚科があります。確実に自分はこの成分が合わないということがわかれば、商品選びの悩ましさは減ります。

ですが、添加物以外の成分で肌が荒れることもあるので、結局それだけでは判断が難しいということになります。私は個人的に、自分がアルコールや石油系の界面活性剤に弱いということが、経験上わかってきたので、それらは避けるようにしています。

合成色素や合成香料の類も、化粧品には求めていない要素なので、できる限り避けます。化粧品の場合は界面活性剤や油分はあまり関係ないので、意識している添加物はその程度で、あとはできるだけ贅沢な成分を含まず、シンプルな処方のものが好きです。

肌が弱いため、「無添加」「天然素材」をうたった商品は山のように試しましたが…最終的にそれらではないノーマルな、シンプル化粧品に落ち着きました。アルコールフリーではあるものの、パラベンは使用されていますが、特別肌に刺激は感じません。

ですが、人によっては合わない場合もあると思いますし、その影響が皆無とは言い切れませんが、私は商品の安定性の方を取りたいかなと思います。化粧品は使い切るまでに数カ月かかりますので、雑菌や酸化などで劣化させないことは大事だと思います。

また、無添加をうたった化粧品の中にも、たしかにいいと感じるものはありました。しかし、うるおいの度合いが今イチだったり、値段との折り合いがつかなかったり、結局は普通のシンプルタイプが私には一番合っていたようです。

ようは、自分の肌との相性や、何を信じるか、化粧品に何を求めるかといった違いです。「私はとことん無添加にこだわりたい!」それもありです。私のように、特定のものだけを避ける人も多いです。

反対に、「私の肌はどんな化粧品でも大丈夫」と、何でもありの人もいました。彼女は、それでけっこう綺麗な肌を保っています。ですが、私が同じようにしたら、間違いなく肌荒れがひどくなりそうな気がします。

結局は言葉より、自分のお肌の感覚を信じるのが一番かもしれません。そのために2週間分ぐらいのお試し商品が安価で販売されています。気になった商品は自分の肌で試して、経過を観察して良好であれば、必ずしも無添加にこだわる必要はないかと思います。

肌本来の力を呼び覚ます ViTAKTバランシングウォータージェル