驚きの美白効果!ビタミンC誘導体『APPS』配合の美容液がおすすめ!

驚きの美白効果!ビタミンC誘導体『APPS』配合の美容液がおすすめ!

お手入れの中で、美容液の存在は大きいですね。そこに何を選ぶかで、お手入れの効果が大きく変化するような感じがします。とはいえ、「美容液」の基準はあいまいで、使用感も美容成分の配合も実に幅広い種類が存在しています。

そんな中、美容液でぜひ取り入れてみたいおすすめの美容成分、それがビタミンC誘導体。今回はビタミンC誘導体の中で最も効果が高いとされる『APPS』配合の美容液をおすすめしたいと思います。これが驚きの美白効果をはじめ、様々な美容効果が期待できる成分なのです。

その前に、ビタミンC誘導体とAPPSの知識についておさらいしていきましょう。

APPS配合のおすすめ美容液

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは?

そもそも、ビタミンC誘導体って何?と思っている人もいるかもしれません。私は昔、そう思っていました。なぜ、ビタミンC本体じゃないの?誘導体って何?そんな疑問を持ちながら、深く考えることもなく適当に選んでいました。

ビタミンCの効果

ビタミンCといえば、古くから美容や健康に効果のあるビタミン。とくにお肌のシミや色素沈着の原因となっているメラニン色素を薄くする働きがあるとされ、シミやくすみを美白する効果があります。

ビタミンCには非常に優れた抗酸化作用があり、肌や体にダメージを与えると言われる活性酸素を無害な性質に変える働きがあるため、以下のような効果が期待できます。

  • 美白
  • 紫外線ダメージの防止
  • ニキビ予防、改善
  • 肌のハリやみずみずしさを保つコラーゲンの生成
  • 脂肪燃焼を助ける
  • 精神的ストレスの緩和
  • 喫煙ダメージを緩和する

健康に関しても多くの働きがあり、実際の医療の現場でも用いられています。

  • 風邪の予防
  • 免疫力の向上
  • ガン予防
  • 貧血予防(鉄分の吸収を助けるため)

ビタミンC誘導体

ただ、ビタミンCは熱、光、空気に触れるとすぐに酸化して成分が壊れてしまうとても不安定なビタミンなので、使用の際は効果を発揮するためにいくつかの注意も必要です。中でも、最近様々な化粧品に配合されている『ビタミンC誘導体』の存在が深く関係しています。

ビタミンC誘導体は、熱や空気によって変質しやすいビタミンCをお肌内部まで安全に誘導してくれる存在です。

ビタミンCと他の安定性の物質が結びついていて、お肌の内部に入ると生体酵素と反応して結合物質が切り離され、そこで初めてビタミンCの効力が発揮される仕組みになっています。

つまり、不安定なビタミンCを劣化させることなく、お肌内部まで連れて行ってくれる頼もしい美容成分。それがビタミンC誘導体です。ビタミンC本体は、成分としてはアスコルビン酸といいます。

このアスコルビン酸に他の物質を結合させ、化粧品原料として用いられやすく改良したものが化粧水やクリームなどには配合されていて、それがビタミンC誘導体と呼ばれている成分たちです。例えば、アスコルビン酸ナトリウムとか、アスコルビルリン酸マグネシウムとか、そのような名前になります。

人の体に存在する酵素に反応してビタミンCに変換される物質なので、これにより人の体に触れるまでは成分が壊れることなく、肌に塗ればビタミンCとなって効果を発揮してくれるようになりました。

結合された物質の特性により、持続性や保湿性などが上乗せされた効果をお肌に与えてくれます。今では多くの美白化粧品にビタミンC誘導体が使われています。

刺激の強さが改善して使いやすくなりました

ビタミンC誘導体と言えば、「ヒリヒリ感・ほてり・乾燥」などを招きやすい成分というイメージがあります。ビタミンC本体であるアスコルビン酸は刺激になりやすい成分なので、効果は高いけど使いにくい…そんな風に言われたこともありました。

けれど、現在はそのような部分が改善され、使用感に優れた保湿性の高いビタミンC誘導体も開発されています。そのため、幅広い人に使いやすい成分となっています。

ただ、お肌が敏感な人は、やはりピリピリした感覚を受ける場合もあるので、そのときには低濃度のものに変えたり、保湿成分が多く含まれているものを選んだりすると刺激を受けづらくなります。それでも合わない場合は、使用を控えましょう。



ビタミンC誘導体を配合した美容液の効果は?

ビタミンC誘導体配合美容液の効果は?

ビタミンC誘導体を配合した美容液では、どのような効果が期待できるのでしょうか。

  • メラニン色素の生成を抑制する
  • メラニンを還元して色素を無色の状態にする
  • できてしまったメラニン色素を排出しやすくする

ビタミンC誘導体のメラニン抑制効果は、実験データなどの裏付けを取った有効成分として、厚生労働省によって認められています。そのため、ビタミンC誘導体を一定量配合した化粧品は、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」という美白に対する効能表示をし、医薬部外品(薬用化粧品)として販売することができます。

メラニン色素の生成を抑制する美白効果

メラニン色素の生成を抑制する美白効果

ビタミンC誘導体の中の一部は、薬用の美白成分として認められていますので、化粧品と比べて高い美白効果を発揮します。

日光に含まれる紫外線を浴びると、お肌ではメラニン色素が生成されます。メラニン色素自体は悪いものではなく、お肌を丈夫にしてダメージから守る働きがあります。

本来なら、役割が終わればはがれ落ちていくものですが、それが過剰になるとお肌に残ってしまい、シミの原因となります。ビタミンC誘導体は紫外線によるお肌のダメージを防ぐことにより、過剰なメラニン色素の生成を抑えるように働きます。

シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成・有色化・排出不足に働きかけ、透明感のあるお肌に導いてくれます。

メラニンを還元して色素を無色の状態にする

メラニンが生成されても、酵素によって酸化されなければ色はつきません。茶色の色素は酸化された有色メラニンによるものですが、ビタミンCはこの酸化された有色メラニンと結びつき、酸化していない状態に戻すことができます。そのような働きは、還元と呼ばれます。

できてしまったメラニン色素を排出しやすくする

有色メラニンはお肌の表面に色として表出しますが、新陳代謝であるターンオーバーによって排出され、古い角質とともにはがれ落ちていきます。しかし、お肌の代謝が落ちていたりダメージが大きかったりすると、有色メラニンが排出されずにお肌へ残り、シミとして定着してしまいます。

ビタミンCには、それらの排出をうながす作用があります。

コラーゲンの正常な産生を助け、お肌のハリをアップ

コラーゲンの正常な産生を助け、お肌のハリをアップ

お肌のハリはコラーゲンの量によって左右されます。コラーゲンは真皮層の線維芽細胞で生成されていますが、その産生が正常に行われるためには、ビタミンCの存在が欠かせません。

ハリのある肌を保つためには、ビタミンCの存在がとても大きな働きをしています。いくら積極的にコラーゲンを摂取しても、ビタミンCが不足しているとコラーゲンが肌に再吸収されないのです。

コラーゲンは、ある種のアミノ酸に酵素が反応することで産生されますが、その酵素にはビタミンCが重要な補酵素としてサポートしています。ビタミンCが不足した場合、正常な構造のコラーゲンがうまく産生されず、異常なコラーゲンばかりが増え、お肌のタルミやシワの原因になると言われています。

ビタミンC誘導体の浸透性が今ほどよくなかった頃は、お肌にぬったビタミンC誘導体がコラーゲン産生に関わる働きは、それほど期待できないとされていました。しかし、ビタミンC誘導体の改良が進み、優れた浸透性や安定性を持つビタミンC誘導体が生まれたため、コラーゲンへのアプローチが可能になったと言われています。

皮脂を抑制することによるニキビや毛穴の改善効果

皮脂を抑制することによるニキビや毛穴の改善効果

ビタミンCには、過剰な皮脂を抑える作用があると言われています。そのため、皮脂過剰に悩む脂性肌や過剰な皮脂が原因となったニキビ、皮脂の分泌によってゆるんだ毛穴の引き締めなどに効果が期待されています。

また、細胞間に存在する天然脂質などの酸化も防ぐ働きがあります。以前は、皮脂を抑える働きの反作用でお肌を乾燥させやすい一面があり、乾燥肌の人にビタミンC誘導体は使用しにくいとされていました。

しかし、現在は保湿性を高めたものも登場し、かつてのビタミンC誘導体につきものだったカサつき、ヒリヒリ感、かゆみなどの副作用が改善されています。ただ、高濃度のものになると乾燥やヒリヒリした感じを受ける人もいるため、乾燥肌や敏感肌の人には注意が必要です。

黒ずみ、タルミ、開き…などなど、毛穴で悩んでいる人は多いですよね。ビタミンC誘導体はそんな毛穴へのケアも期待できる美容成分です。毛穴の黒ずみは、皮脂や汚れの酸化やメラニン色素の沈着が主な原因ですが、ビタミンC誘導体は、皮脂の酸化を防ぎメラニン色素へ働きかけます。

タルミ毛穴は、年齢や紫外線ダメージによる乾燥やコラーゲン不足が原因。ビタミンC誘導体はその部分へも働きかけることができます。また、ビタミンC誘導体には皮脂が過剰になるのを防ぐ作用があるので、脂性肌の毛穴悩みや開きにアプローチできます。

ニキビ跡のケア

赤ニキビの跡が残ってしまったニキビ跡にも、ビタミンC誘導体は効果があると言われています。ビタミンCは、お肌のターンオーバーを促進し、正常な皮膚の生まれ変わりをサポートします。

活性酸素を無害化する効果でお肌の老化・アンチエイジング対策に

活性酸素を無害化する効果でお肌の老化・アンチエイジング対策に

美白や毛穴などの特化した効果を狙わない人にも、ビタミンC誘導体は全般的なアンチエイジング対策成分としておすすめがされています。お肌の老化の原因となるもの…それは細胞にダメージを与えてさびさせてしまう活性酸素。最近、その存在は明確な根拠を持ったものとして知られています。

活性酸素は、人間が生きていく上では必ず発生しますが、紫外線やストレスや喫煙などの影響で、必要以上に増えてしまうことがあり、それが年齢以上に細胞の衰えを引き起こすと言われています。

ビタミンCには活性酸素の発生を抑えたり、無害化したりする抗酸化作用というものがあります。抗酸化作用を持つ物質は他にもたくさんありますが、ビタミンCは早い段階からその働きがわかっていたもので、化粧品成分や食品添加物として信頼が深く、多くの商品に活用されています。

とくに、最近は高浸透性のビタミンC誘導体の開発により、より優れた抗酸化作用が発揮されるようになっています。体の方にも、ビタミンCの摂取は欠かせません。ビタミンCは体内にとどめることができないので、毎日の摂取が必要と言われています。

口から取り入れたビタミンCもお肌の細胞へ働きますが、誘導体としてお肌にぬったビタミンCも、お肌の細胞へ届くことがわかっています。



ビタミンC誘導体にも様々な種類があります

ビタミンC誘導体の種類

一口にビタミンC誘導体と言っても、その効果や浸透性は様々です。ここでは、美容液に配合されていることが多いビタミンC誘導体の種類とその特徴をご紹介します。美容液を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

化粧品原料として使われるものは、大きく分けると水溶性と脂(油)溶性に分かれます。水溶性は、その名の通り水に溶けやすい特徴がありますが、その代わり油分やアルコール分とはなじみません。反対に脂溶性は、油分やアルコール分にはなじみやすいですが、水には溶けません。

水分の多い化粧水やみずみずしいテクスチャーの美容液には水溶性、濃厚な質感の美容液や乳液・クリームには油溶性が配合されています。

アスコルビルグルコシド

糖類のグルコースを結合させたビタミンC誘導体です。こちらも水溶性のものです。糖類と結びついたものは安定性に優れ、保湿性も高まるので、乾燥肌の人にも使いやすいと言われています。

アスコルビルリン酸エステルMg(リン酸L-アスコルビン酸Mg)

浸透性をさらに高めた水溶性ビタミンC誘導体で、表皮の基底層あたりにまで届くとされています。美白化粧水などに多く用いられます。

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(VC-MG)

ビタミンCが本来持っている水溶性の性質に加え、グリセリンと結合させることで油ともなじみやすくなったビタミンC誘導体です。グリセリンの力で保湿性も高く、乾燥小ジワへのアプローチもできると言われています。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

美容液のパッケージでよく見かけるのが、VC-IPの文字。成分名がテトラヘキシルデカン酸アスコルビルという小難しい名前のビタミンC誘導体です。

脂溶性なので、とくに人間の皮脂となじみがよく、お肌から内部への浸透が優れています。お肌に吸収された後は、反応によってアスコルビン酸そのものになり、長く持続した効果を発揮すると言われています。

ビタミンC由来の刺激も抑えられ、使用感がいいのも特徴です。

リン酸アスコルビルMg

水溶性のビタミンC誘導体で、水となじみやすくお肌の基底層あたりまで浸透するとされています。安定性が高く他の成分との配合もしやすいので、多くの美容液に使われています。美白、毛穴対策、アンチエイジングなど幅広い目的の美容液に適応します。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

APPSは商標名をアプレシエと言います。脂溶性と水溶性の特性が共存している両溶性のビタミンC誘導体です。下で詳しく説明しますが、従来型のビタミンC誘導体に比べ、100倍近く浸透性が高いとされ、イオン導入並みの浸透率がある新世代型のビタミンC誘導体で、真皮層へのアプローチが期待されます。

コラーゲン生成を促しその質を上げる働きがあると言われているので、ハリ不足によるタルミやシワに悩む人におすすめです。

他のビタミンC誘導体と同じく美白、皮脂調整、高い抗酸化力などの効果にも優れ、そのわりにビタミンC特有の刺激が緩和されているのも特徴です。他のビタミンC誘導体と比較して、少ない量で高い効力を発揮するため、配合可能濃度は1%が限度とされています。

新世代型ビタミンC誘導体『APPS(アプレシエ)』が凄い!

新世代型ビタミンC誘導体『APPS(アプレシエ)』

現在もっとも熱い注目を浴びているビタミンC誘導体が『APPS(アプレシエ®:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)』。浸透力の高さを特徴にした新世代型ビタミンC誘導体です。そんなAPPS配合の美容液も、ジワジワと増えつつあります。より効果的に美白や美肌を目指したい人におすすめです。

  • 浸透性が極めて高い
  • お肌の真皮層に届く
  • イオン導入並みの効果が期待できる

浸透性が極めて高い

浸透性が極めて高い

浸透力はなんと従来型ビタミンC誘導体の100倍。これまでイオン導入をしなければ届けられないと言われていた部分にまで浸透ができるそうです。

複数あるビタミンC誘導体を大きく分類すると、水に溶ける水溶性と、油やアルコールに溶ける油溶性の2種類があります。化粧水や水分の多い美容液には水溶性、油分が多い乳液やクリームには油溶性が用いられることが多いですが、この2つの違いは、化粧品に配合する際の条件だけの話ではありません。

人間のお肌も…油分と水分が層になっていますよね。そのため、水溶性と油溶性のビタミンC誘導体には、それぞれの性質と反対の層とはなじみにくいという弱点が発生してしまいます。

とくに水溶性のビタミンC誘導体は、皮脂に侵入を妨げられやすいので、浸透性という面では油溶性の方が優れています。けれど、水溶性の方がなじみやすい部分もあり、化粧水や美容液には配合がしやすいという利点があります。

そんな感じで長所短所が生まれるビタミンC誘導体の、両方のいいとこ取りをしたのがAPPSです。

APPSは、油溶性と水溶性の性質を合わせ持った化学構造をしており、どちらにもなじむことができます。そのため、他では叶えられなかった高い浸透性を発揮し、従来型ビタミンC誘導体の約100倍もの浸透力があるそうです。

細胞には細胞膜というものがあり、そこに入り込めなければ成分の効果は得られませんが、APPSはその細胞膜浸透率も他のビタミンC誘導体に比べて格段に高いと言われています。

イオン導入並みの浸透率

イオンの力を使い、ビタミンCの浸透を高めるイオン導入は、エステや美容医療でも人気の施術です。美顔器を使って自分で行うこともできますが、イオン導入した後のお肌は透明感が増します。

それは、ビタミンCの高い抗酸化力がお肌の奥まで浸透し、メラニン色素やダメージの原因となる活性酸素を減らしてくれるからと言われていますが…そんなイオン導入並みの効果が美容液で取り入れられるとしたら、とても魅力的な話ですよね。

APPSには、イオン導入でしか叶わないと言われていた部分への浸透力があると言われています。

コラーゲン減少にアプローチ

コラーゲン減少にアプローチ

APPSには、他に比べてとくに優れた力が発揮できると期待されている効果があります。それが、『コラーゲン』に対するアプローチです。

お肌のハリを保ちシワやタルミを予防するために欠かせないコラーゲンですが、紫外線などのダメージで破壊されて減少し、年齢とともに新しい合成は数が減っていきます。コラーゲンの減ったお肌はハリを保てず、シワやタルミが目立つようになります

外から化粧品でコラーゲンを補ったとしても、それがお肌に定着することはできません。けれどビタミンCは、お肌本来のコラーゲンの破壊を防ぎ、合成を促進する力があるため、コラーゲン減少へのアプローチが可能です。

他のビタミンC誘導体はAPPSほど高い浸透性がないため、コラーゲンが存在する真皮層まで届くことが難しいとされています。浸透性の高い一部のビタミンC誘導体にはそれが期待されるものの、特化した効果とまでは言えない範囲だったようです。

そんな中、APPSは他のビタミンC誘導体をはるかにしのぐ高い浸透性を持ち、真皮層に達してコラーゲンへのアプローチが可能とされています。もちろん、他のビタミンC誘導体が持つ効果も合わせて期待ができます。そんな万能型のビタミンC誘導体として、APPSは熱い注目を集めているのです。



細胞への働きがより有効に

APPSは安定性や持続性も高く、お肌の細胞内で有効に働く効率がとても優れているとされています。実際に人間の皮膚を使った実験では、従来型に比べ、お肌にぬった後に計った細胞内ビタミンCの量が飛躍的に伸びていました。

それは表皮にとどまらず、真皮層内の細胞でも認められたため、APPSの優れた細胞へのアプローチ力が証明されたことになります。これらの理由から、ビタミンC誘導体の基本効果美白だけにとどまらず、これまで効果が実感しづらかったタルミ毛穴やハリの低下などへも、高いアプローチ力が期待されています。

効果の高さとマイルドさを合わせ持つAPPS

効果の高さとマイルドさを合わせ持つAPPS

高い効果が期待されるAPPSですが、効果が高くなると刺激が強くなりそうで…ちょっと心配になりますよね。けれど、APPSは、お肌へのマイルドさという面でも優れており、他の保湿成分と合わせた配合もしやすい特質があります。

水溶性と油溶性の両面を持つということは、様々な成分と合わせて配合がしやすいということになるため、配合できる商品の幅が広がります。ビタミンC自体は刺激がありますが、保湿力を持った糖や多価アルコール類と合わせたり、油脂と合わせたりすると保湿性が高まり、お肌への刺激が抑えられると言われています。

ビタミンC誘導体の性質によっては、配合が制限されてしまう場合がありますが、APPSは合わせられる成分の種類も多く、敏感肌や乾燥肌の人にも使いやすいビタミンC誘導体とされています。

使用感のマイルドさと効果の高さの両立が叶えやすいのも、APPSの魅力の1つです。これまで、ビタミンC誘導体に興味があるものの、乾燥や敏感肌が気になって使えなかったという場合も、APPSという存在によって、使える人の幅が広がったとも言えます。

低濃度で高い効果を発揮

APPSはその効力が高いので、配合限度は1%の濃度と言われています。少ない量で高い効果を発揮できるので、無駄に濃くする必要がありません。反対に言えば、1%であっても高濃度配合ということになるので、お肌の弱い人には刺激と感じる場合があるので注意しましょう。

浸透性が高いだけに、高濃度のものだとやはり刺激になりやすい面があります。他の美容成分の場合、美容液では原液に近い濃厚なものもあります。けれど、ビタミンC誘導体は刺激が強いため、高濃度すぎるものはかえってお肌の負担となります。

肌トラブルにはAPPSを配合した美容液がおすすめ!

肌トラブルにはAPPSを配合した美容液がおすすめ!

APPSは様々な形状の化粧品に配合することができますが、その効果をしっかり実感してみたいというなら、美容液という選択肢がおすすめです。実際に「他のビタミンC誘導体製品より効果を感じた」という口コミが目立ちます。

ただ、今の段階でAPPS配合の美容液はそう多くありません。その代わり、信頼のおける大手化粧品メーカーの商品や、美容皮膚科医が開発に携わったドクターズコスメなど、高品質なものが多くなっています。自分の肌状態や目的に応じ、APPS配合美容液を日ごろのお手入れに活用してみましょう。

シミへの美白作用を効果的に!

ビタミンC誘導体は全般的に、美白効果を認められた医薬部外品(薬用)成分に指定されています。そのため、美白系とビタミンC誘導体は切っても切れない関係ですが、APPSは浸透性の高さによって、美白効果をより高めてくれます。

お肌の美白や透明感を中心に目指したい!という場合は、他の美白成分やビタミンC誘導体と合わせてある美容液がおすすめです。APPSは万能選手と言われてはいますが、他のビタミンC誘導体にもそれぞれ得意分野があります。

また、他の美白成分は、APPSとは違った仕組みで美白へアプローチします。それらを合わせて使用することで、さらなる相乗効果が期待されます。

手持ちのローションと混ぜれば美白化粧水に

ハリにアプローチ!

従来は、ビタミンC誘導体による抗シワの作用は認められていませんでした。ビタミンC自体には肌を乾燥させやすい性質がありますが、APPSに関しては実際に小ジワへの効果も期待されます。

APPS配合美容液を使った抗シワ効果の評価テストでは、40代や50代の女性の目尻の小ジワの変化が確認されています。

APPSには肌のコラーゲン生成にアプローチする作用も期待され、肌のハリへの効果を実感する人も多いようです。また紫外線などによるコラーゲンの破壊を抑える働きがあると言われているので、お肌のハリ不足が気になる人にはおすすめです。

美容液のタイプとしては、リフトアップ美容液にAPPSが合わせて配合されているものがあります。他の美容成分との相乗効果で、「ハリ感」を目指したい人に向いています。

毛穴・ニキビ対策に!

毛穴・ニキビ対策に!

APPS製品の口コミには、毛穴やニキビへの効果を感じたという声も見受けられました。毛穴に関しては、私個人も変化を感じました。黒ずみ、皮脂による開き、ハリ不足による毛穴の目立ちなどへはビタミンCの力は発揮されやすいと思います。ただ、ある程度長期戦の覚悟は必要と思います。

ニキビに関しては、皮脂のコントロール、トラブルダメージを防ぐなどの作用が上手く働けば、良い変化が感じられるかもしれません。ただ、ニキビは要因が複雑なので、かえって悪化するケースもないとは言えません。APPS自体がニキビに悪さをすることは無さそうですが、製品との相性や、ビタミンC自体が合わない肌の人が使うと悪化の可能性はあります。

APPSには様々な効果が期待されていますが、薬のように治療で用いれるわけではありません。肌への刺激は色んなトラブルの原因にもなりますので、肌に合わないときには使用を控えましょう。

日常ケアにもおすすめ!

特別な肌悩みを改善したいというより、日常的な美肌習慣としてもAPPSはおすすめです。日常的に発生する活性酸素によるダメージを抑える働きがAPPSには高いので、長い目で見たアンチエイジング対策、ダメージケアの成分としても、APPSは効果が期待されると言われています。

日常使いするなら、APPSと保湿成分だけのシンプルな美容液や化粧水が向いています。

敏感肌でも使いやすい!

ビタミンC誘導体には刺激が強い一面があるので、敏感肌やひどい乾燥肌だと避けている方も多いかもしれません。けれど、APPS配合の美容液では、保湿力を高めて刺激を感じにくくしたものがあります。

また、古いタイプのビタミンC誘導体に比べると、乾燥やヒリヒリ感などは改善されていると言われています。心配な場合は低濃度のものにして、お肌の目立たない場所で試しながら使ってみましょう。

敏感肌の人は、お肌が比較的安定してトラブルのないときに限定して使用するのがおすすめです。それでも刺激を感じてしまう場合は、使用を控えましょう。

私自身敏感肌で、昔別のビタミンC誘導体の高濃度美容液を使って顔が赤くなった経験がありますが、APPSの1%配合美容液のモニターをしたときには問題が無かったです。

ただ、色んな種類のAPPS製品を試したところ、製品によって刺激を感じるものもありました。ですが、APPSの配合濃度自体はどれも1%以下のはずなので、たぶん他の成分が合わなかったのだと思います。

肌が敏感だけどビタミンC誘導体での積極ケアがしてみたいなぁという人は、試す価値があるかもしれません。製品全体が低刺激処方になったものがおススメです。けれど、残念ながらビタミンC自体が肌に合わない方もいるようですので、万が一刺激を感じたら使用を控えましょう。

まとめ

ビタミンC誘導体『APPS』配合のおすすめ美容液まとめ

ビタミンCの美白効果をお肌へ浸透させるビタミンC誘導体。そしてその効果を最大まで高めるという新世代ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)。APPSを配合した美容液がいかにおすすめなのかがご理解頂けたかと思います。

お肌のシミやくすみに悩みのある方もそうでない方も、ぜひ日々のお手入れに加えてみて下さいね!

APPS配合のおすすめ美容液!
手持ちの化粧水と混ぜればAPPS美白化粧水に!