アルジルリンの効果で!30代からの目元美容液『アルジュプラス50』の口コミ

アルジルリンの効果で!30代からの目元美容液『アルジュプラス50』の口コミ

30代半ばごろから増える目元や口元の悩み。

とくに表情ジワと呼ばれるものは、もう少し若くても悩んでいる人が多く見られます。

そんな目元・口元のお悩みに、「塗るボトックス注射」と言われるアルジルリンを50パーセント配合した美容液『アルジュプラス50』が評判に。

その効果とは?口コミを追いながら、『アルジュプラス50』に期待できる効果、使用感、注意点などを検証してみました。

スポンサーリンク

メイン成分『アルジルリン』に期待される効果とは?

メイン成分『アルジルリン』に期待される効果とは?

『アルジュプラス50』のメインはアルジルリンという成分。目元や口元の笑いジワ、眉間やオデコのシワなどの表情ジワに優れたアプローチをすると注目の美容成分です。

表情ジワが深くなる原因の大きな1つは、表情筋の強すぎる収縮。

アルジルリンは、表情筋の緊張をやわらげ、年齢とともに気になる表情ジワに働きかけていきます。

参考:目元に塗る『アイクリーム』はシワやクマに効果あり!?

塗るボトックス注射?

表情ジワのケアと言えば…美容医療の「ボトックス注射」があります。神経をマヒさせる作用のあるボツリヌス菌から得たタンパク質の一種を筋肉に注入し、表情筋の動きをやわらげることで表情ジワを減らす方法です。

エラの筋肉に注入すれば、エラの筋肉の張りをおさえてほっそりさせることができます。

ボトックスはアメリカなどでは安全性が認められ多くの美容医療に用いられます。日本にもそちらで使われる製剤が入ってきていて、現在でも美容クリニックで施術を受けることができます。

ただ、スペインなど一部の国ではボトックスの使用が認可されていないため、それに代わるものをと開発されたのがアルジルリンでした。

アルジルリンもタンパク質の一種ですが、植物由来で合成されたペプチドで、成分名はアセチルヘキサペプチド-8(または3)と表示されます。

筋肉に直接注射しなければいけないボトックスと異なり、お肌に塗るだけで似たような作用が期待されると言われ、美容業界からは高い注目を集めている成分です。

ボトックス=危険?

ボトックス注射というと、あんまりいいイメージを持たれていないことがあります。「菌を注射!?」「筋肉をマヒ!?」…たしかに、ちょっと怖い気がしますよね。

ですが、菌そのものを注射しているわけではなく、菌から抽出したタンパク質の性質を利用したもので、本来は医療用の安全なものです。

筋肉をマヒさせると言ってもその緊張をやわらげるという程度のものなので、きちんとした知識と技術を持った医師の元、適正な範囲で使えば大きな副作用の心配はほとんどないと言われています。

ただ、稀にあり得ない回数の注射を行ったり、安全性の不確かな製剤を使用していたりするケースも見られるそうなので、施術の際は信頼度の高いクリニックを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

アルジルリンの作用は穏やか

ボトックスは適正に使えば安全性が認められているとは言え、医療行為となれば必ずリスクはともないますが、その分高い効果が期待されます。

一方、アルジルリンの方は植物由来という安心感に加え、あくまで化粧品原料にとどまっているということで、その作用はボトックスに比べればずっと穏やかです。作用が穏やかということは、副作用のリスクもグッと低くなるということです。

ボトックスを毎日使用すれば副作用が心配されますが、化粧品として使うアルジルリンを毎日塗っても、ボトックスのような問題にはなりません。

現在のところ、アルジルリンによる副作用というものは報告されておらず、他の化粧品原料と同じくお肌に合う合わないというのは個人差の程度のようです。

美容医療でボトックス注射をするほどの気はないけど、毎日使うコスメで表情ジワ対策ができたらいいなという人は多いですよね。

そんな需要があって人気のアルジルリン配合美容液やクリームはたくさん販売されています。

『アルジュプラス50』は、アルジルリン50パーセントの高配合に加え、コラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、ダイズ発酵エキスなどの高保湿美容成分も入っています。

アルジルリンの力だけではなく、浅い乾燥小ジワに対しては保湿によるケアも期待され、目元や口元のカサつき、小ジワに悩む人にはおすすめの美容液です。

表情ジワにはリラックスもポイントに

アルジルリンの表情ジワへの作用については、実際にお肌の状態を調べた実験データでも結果が報告されています。

美容皮膚科でも使われたり、ドクターズコスメにも多く配合されたりと、効果が期待されている注目の成分です。

ですが、それはあくまでも毎日のケアに取り入れることで、ジワジワと働きかけてくれるスキンケアの範囲のもの。

ボトックスのような即効性やわかりやすい効果を最初から期待すると、「全然効かない!」という評価になってしまう可能性があります。

アルジルリン配合の美容液を使用するときは、長い目で変化を楽しみにするような気持ちで使うのが向いていると思います。

表情ジワの改善は、コスメでのケアとともに、「リラックス」もかなり大きなポイントと言われます。

アルジルリンもどうせ使うなら、「これが私の表情ジワをやわらげてくれる…」と優しい気持ちで気になる部分になじませ、お肌をリラックスさせてあげるようなケアをすると、いい働きをしてくれるかもしれません。

毎日いい気持で使い続けるためには、美容液全体の使用感や保湿への効果も重要ですよね。『アルジュプラス50』はどんな感じの商品か、口コミからチェックしてみましょう。

『アルジュプラス50』の口コミは?

『アルジュプラス50』の口コミは?

  • 「目元の小じわに使い始めて一週間。小じわが目立たなくなってきて嬉しいです。肌がしっとりしてきました。少量でも効果が実感できます」(40代 乾燥肌)

『アルジュプラス50』は、アルジルリンに加え、コラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、ダイズ発酵エキスなどの美容成分も配合されています。

目元の小ジワなら、保湿がしっかりされれば効果が実感できそうですね。使い続けるモチベーションが上がりそうです。

  • 「とにかくよく伸びます。テクスチャーがやわらかくて使いやすいです。目元、ほうれい線だけでなく、顔全体や首にもぬったりしています。保湿力は高く、乾燥を防いでくれています」(40代 乾燥肌)

伸びがいいのは嬉しいですね。好みにもよるかもしれませんが、デリケートな目元に使うのならやわらかめのテクスチャーの方が向いていそうな気がします。

アイクリームの場合、クリームが硬すぎるとその後がかえってよれてしまったり、メイクがしにくかったりすることがありますが、その心配は無さそうです。

スポンサーリンク
  • 「スポイト式の容器なので量が調節できるのがいいです。目元だけなら、1~2滴で十分です。最初はボトルが小さいのでびっくりしましたが…」(40代 乾燥肌)

こちらの美容液は10ml入りボトル。かなりのミニサイズですが、目元や口元のみに使用するならそれなりには持ちそうです。

小容量ボトルにしているのは、商品の劣化を防ぎ、防腐剤(パラベン)を減らすための配慮なんだそうです。

ボトルを大きくすれば使用期間が長くなり、その分防腐剤もたくさん入れなければ商品の品質が維持できなくなってしまいます。とくに、アルジルリンはタンパク質系の成分なので、高濃度のものほど防腐処理が必要に。

デリケートな目元に使うものだから、たくさんの防腐剤は使いたくない。でも、商品の劣化は確実に防ぎたい。そんな思いを叶えようとした結果が10mlの小容量ボトルだったということです。

その配慮は嬉しいですね。遮光ボトルなどの工夫もしてありますが、高温多湿・直射日光は避けて保管するのがおすすめです。

  • 「夜に使うと、目元が確実にふっくらしている気がします。ハリが生まれている感じです。朝のメイク前にも使えるし、私はシワに効果を感じました」(30代 混合肌)

お肌に合っていれば、いい効果は実感できるようです。

目元がふっくら。ハリ。いい言葉ですね。効果が実感できているのなら、さらに使い続けるのは楽しみになりそうです。

  • 「ほうれい線が気になり思い切って購入。少し薄くなった気はしたんですけど、即効性はないし、シワが消えるわけではないし…コスパは悪くはないですが、気長に使い続けるにはちょっと高いかな。残念だけど、これ以上は使わないと思います」(30代 混合肌)

目元のシワに比べると、ほうれい線はコスメだけのケアでは難しい部分もあります。即効性やシワを消すほどの効果が期待できるという強い作用のものではないので、使い続けられるかどうか…も、チェックポイントとなりそうですね。

全体の評価は高く、なかなか使い心地はよさそうな美容液です。注目のアルジルリン+ぜいたくな美容成分で目元をケア。

毎日のお手入れに取り入れると、ちょっとセレブな気持ちになれそうです。

関連:【アイクリームランキング】目元のシワやクマの集中ケアにはどれがおすすめ?