『アトピー肌』は保湿による保護が肝心!適した化粧品の選び方と注意点

『アトピー肌』は保湿による保護が肝心!適した化粧品の選び方と注意点

スキンケアや化粧品とお肌のトラブルは切っても切れない関係にありますよね。友人や知人から勧められて化粧品を変えてみたらお肌に合わず・・・ということが良くあります。

不思議なことに、肌に良いとされている成分が入っているにも関わらず、ある人にはすごく良くて、ある人にはかぶれなどの肌荒れ症状が出たり、個々の体質によって差が大きいです。

合わない人の場合、基本的には一次刺激性のかぶれである接触皮膚炎であることが多く、この場合は症状の程度こそ大したことでないことが多いのですが、アレルギー性皮膚炎の場合は症状が非常に重いです。

中でも、外部刺激に敏感でかゆみや赤みがおきやすいアトピー肌。とにかく乾燥しやすいのでスキンケアをしたいけど、なかなか合うものがなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、そのようなアトピー肌でも使いやすく適した化粧品の選び方と注意点をご紹介します。

アトピー性皮膚炎

アトピーは、通常の乾燥肌・敏感肌とは異なる「アトピー性皮膚炎」という皮膚の病気です。脚や腕の関節、背中、首や顔など特定の部位が、鶏の皮のような独特の乾燥状態になってかゆみがともないます。主に角質層の機能に異常がおこり、お肌が本来のバリアを保てなくなるとされています。

その原因は複雑で、体質、食事のアレルギー、カビやハウスダスト、ストレスなどの要因があげられていますが、個人差が大きく、はっきり「これ」という原因は特定できないのが現状です。

アトピーは、もともと奇病という意味から来ています。だから原因が特定出来ていません。元々は乳幼児に多く見られたものでしたが、最近は大人になって突然発症する人が増えています。

かゆくて赤みが出ていると、「自分はアトピー肌」と思い込んでしまう場合もありますが、他の皮膚炎やアレルギーがおきている可能性もあります。

参考:スキンケア大学

アレルギーとは?

人体には、体外から入ってきた異物(抗原)から守る抗体(免疫)があります。その異物がウイルスや細菌であれば、体の免疫機能が働くのは大切なことですが、通常は反応しないようなものにまで過剰に反応してしまうことを「アレルギー反応」と呼びます。

アトピー性皮膚炎の方は、何かしらの物質に対してアレルギー反応があるということです。一般的に皮膚が弱く、各種の化粧品、塗り薬、洗剤などによる接触性皮膚炎を起こしやすいです。

アレルゲンとは?

アレルギー反応を起こさせる抗原の総称。ハウスダスト、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛、たまご、牛乳、大豆、そば、たけのこなど。以前に化粧品で小麦アレルギーが大きな問題になりましたね。

症状によっては皮膚科で治療が必要

自己判断であれこれ対処をすると悪化してしまう恐れもあるので、ただの乾燥ではなく「アトピー?」と思うような症状があるときは、アトピー治療に力を入れる皮膚科を受診することをおすすめします。

状態によっては、市販の化粧水などがすすめられない場合があり、そのときには皮膚科で専用の保湿剤を処方してもらえます。顔にアトピーの症状があり、かゆみや赤み、炎症をおこしている場合は化粧品の使用を中止し、ワセリンで保護をして専門医に相談をしましょう。

ここでは、ある程度状態が落ち着き、市販の化粧品の使用ができるようになった人、顔に症状のでていない人向けの化粧品選びについてご紹介します。現在症状がでている人、病院を受診中の人や治療薬を使用している人は、主治医と相談してください。

アトピー性皮膚炎と診断される基準は?

アトピー性皮膚炎の診断基準は、厚生労働省や日本皮膚科学会が作成した治療ガイドラインによって決められています。次の3項目に当てはまる場合は、アトピー性皮膚炎と診断されます。

  • かゆみがある。
  • 湿疹と症状の現れる部位に特徴がある。:アトピー性皮膚炎の湿疹は、左右対称に現れるのが特徴です。また、年代によって、症状の現れる部位が異なります。
  • 湿疹が慢性化している。

湿疹が慢性化し、良くなったり悪くなったりを繰り返します。そしてアトピー性皮膚炎の人や肌にトラブルがある人の多くは、乾燥肌(ドライスキン)であるため、皮脂が足りないことが多いです。

主には、肌の水分を保持するセラミドなどの細胞間脂質が不足していることが原因で、その状態では、角質層のバリア機能も弱くなります。その結果、異物が体内に入りやすく、アレルギーを起こしやすくなり、気候や衣服の接触などの少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

アトピー肌の化粧品選びの注意点

アトピー肌の化粧品選びの注意点

深刻なアトピー肌や敏感肌やニキビ肌に共通する問題点…それは「乾燥によるバリア機能の低下」です。乾燥した肌は外からの刺激を受けやすく、とてもデリケート。

そこにアレルゲンとなる物質が入り込んでしまったりすると、ますます肌状態は悪化し、さらに保水力やバリア機能が失われてしまう悪循環になります。そこで、肌の保水力とバリア機能をしっかりと高め、トラブル肌を改善しようというわけです。

乾燥がひどいアトピー肌の人にとって、とにかく保湿が重要です。ですが、化粧品は状態に応じて使うことがすすめられています。化粧水は水が中心で、基礎化粧品の中でもっとも刺激が弱い気がしますが、浸透度が高い分だけアトピー肌の人には難易度の高いアイテムです。

場合によっては化粧水の使用を控え、ワセリンの保護だけで様子を見た方がいいときもあります。どんな化粧品を試してもしみるように感じるときは、しばらく使用を控えて様子を見ましょう。

また、化粧水だけを使用するのはNGです。必ず、保護用のジェル、クリーム、ワセリンなどと合わせて使うようにしましょう。

サンプルを活用

サンプルを活用しましょう

アトピー肌の人や敏感肌の人が多く訪れる皮膚科には、アトピー・敏感肌向け化粧品を製造しているメーカーがサンプルを渡していることがあります。ドラッグストアで見かけるおなじみのものから、ちょっと高級なものまであり、病院で「化粧品選びに困っている」ということを相談すると、サンプルがもらえる時も。

また、化粧品をたくさん取り扱う大手バラエティショップやドラッグストアでも、「アトピー肌だからサンプルで試したい」と化粧品担当の店員さんに伝えると、色々とくれる場合もあります。

アトピー肌の人の場合は、サンプルありきの選び方がポイントになります。基本的に自身の肌に合う化粧品の方が少ないと考えていた方が良いかもしれません。

お店においてあるテスターで試すのは難しいので、サンプルの活用はおすすめです。ネット通販でも、返品・返金保証やトライアルキット等があるものを選ぶと安心です。

使用前にパッチテストをしましょう

使用前にパッチテストをしましょう

アトピー肌の人は、新しい化粧品を顔で試す前に、二の腕の裏側などでパッチテストを行うと安心です。病院によっては、様々な化粧品成分のパッチテストを詳しく行っているところもあります

自分でパッチテストをする場合は、例えば化粧水や美容液であればバンソウコウのガーゼ部分だけに染みこませ、二の腕の裏側か太ももの内側に貼り、48時間ほどおいて様子を見ます。

ガーゼが触れた部分に赤みや腫れなどの変化がでていなければ、次は首などに5日程度使用し、問題なければ顔で試します。顔に塗るときも一気にたくさんつけず、目立たない場所から始めてみましょう。

アトピー肌に適した化粧品はどれ?

アトピー肌の人は、基本的にバリア機能が弱く様々な刺激に敏感です。いわば肌荒れ。そのため、できるだけ刺激になりやすい物質は避けた方が安心です。とくに、アルコール(エタノール)が多く使われている化粧水などはお肌の水分を奪いやすくなってしまいます。

アトピー肌の人の場合はとにかく「保湿・保護」が重要なので、できるだけシンプルに、バリア機能と保湿を重視した低刺激性の化粧品がおすすめです。

しかし、徹底した無添加化粧品、自然派化粧品、手作り化粧水などが必ず安全かというと、そういうわけではありません。アトピー肌の人にとっての「刺激」は、化学物質以上に自然の植物や微生物である可能性もあります。

評判のいいアトピーの人向けの無添加化粧品は、防腐剤を入れずに安定性を保てる理由を明確にしてあります。中には保存が難しくカビなどの発生しやすい無添加・天然化粧品もあるので、商品の特徴や自分の生活との折り合いをよく見てみましょう。

皮膚科で処方されるワセリンは鉱物油ですが精製度が高く、アトピー肌の人にとっては天然オイルより使いやすいものです。

同じように、アトピー肌向けであっても、安全性を高める目的で鉱物油や防腐剤を使用する製品も多くなっています。無添加などの表示だけにとらわれず、自分のお肌の実感やメーカーに対する信頼度も重視して選びましょう。

浸透性より保湿による「保護」を重視した化粧品

アトピー肌の人にとって、高浸透の化粧水や美容液などは刺激になりやすいことがあります。同じ保湿でも、「お肌表面の保護」や「肌バリア機能を高める」ということを重視したタイプの方が使いやすいと思います。

基本的には、「アトピー肌用」「敏感肌用」としてある専用の化粧品の方が安心です。

また、表面にペペっと塗っただけだと浸透が足りず、時間が経つと内部が乾いて感じることがあるかもしれません。乾燥がひどい人は、ハンドプレス→重ね付けのワンステップをおすすめします。皮脂不足で気になる場合はクリームとの合わせ使いを。

皮膚科で処方される薬用保湿剤

アトピー肌の人だけではなく、敏感肌や乾燥肌の人に処方されるのが、「ヒルロイド」という保湿剤です。ローション、クリームなどのタイプが選べます。

ヘパリン類似物質という成分が含まれており、弱ったバリア機能をサポートして新陳代謝をうながすと言われています。炎症をおさえる働きもあるので、アトピー肌の人にも使いやすい保湿剤です。

別の名前で、ヘパリン類似物質配合のローションは市販されていますが、使用前にはお医者さんと相談した方が安心です。病院処方の場合は健康保険も適用されます。

セラミド配合化粧品がおすすめ!

セラミド配合化粧品がおすすめ!

アトピー肌の人は通常の肌の人に比べ、お肌に存在するセラミドの量が約1/3程度からそれ以下に少ないと言われています。保水力を高めるためにはもっとも重要と言われるセラミド。そのため、アトピー肌用化粧品には、セラミド配合のものが多くなっています。

人間の肌にも元々含まれていて、化粧品成分としてのセラミドにも優れた保水力があり、お肌へなじみやすく刺激になりにくい保湿成分なので、おすすめです。

セラミドは、お肌の内部で水分を強力に挟み込んで保持する成分で、バリア機能の要を担っています。化粧水で補って根本のセラミド量が増やせるわけではありませんが、強力な保湿成分としてバリア機能をサポートしてくれます。

肌のセラミド量

セラミド量が十分で働きの良い肌は、

  • バリア機能が高い
  • 外部刺激に負けず肌荒れやトラブルをおこしにくい
  • 水分が蒸発しにくく潤いを保ちやすい
  • 肌の細胞同士が密着し、なめらかでキメが整った状態になる

いわゆる「健康な肌」が保てる状態になりやすいとされています。反対にセラミド量が少ないと、

  • バリア機能が弱まる
  • 外部刺激に負けやすくすぐにトラブルがおきる敏感肌に傾く
  • 水分が逃げやすいため慢性的な乾燥肌になる
  • 細胞同士がはがれやすく、キメが荒くカサついた状態になりやすい

深刻なセラミド不足が続くと、重度の乾燥性敏感肌や慢性的なトラブル肌、アトピー性皮膚炎などの要因の1つになると言われています。

そんな風に肌の機能性や美しさを左右するセラミド量ですが、体内での生成量にはかなりの個人差があります。生まれ持った体質に加え、健康状態や生活習慣の影響、年齢による生成量の減少などが関与しています。

根本からのセラミド量を増やすと期待されている成分もありますが、その効果には時間もかかり個人差があるため、確実にケアできる方法としては、日々のケアの中で不足しているセラミドをコスメによって角層に補い、バリア機能をサポートしてあげることです。

セラミドの種類

肌に元々存在するセラミドにもいくつかの種類が知られていますが、化粧品に配合するセラミドの場合はさらに色々なセラミドがあります。

そのうち、人間の肌や髪の毛に存在するセラミド1、2、3、4、6Ⅱなどと同じ構造を持っているのがヒト型天然セラミドと呼ばれる成分。肌が異物と判断しにくいので敏感肌の方にも使いやすく、刺激性の低さと親和性(肌なじみ)の良さによる保湿力が優れているのが特徴です。

成分表示上は、セラミド1、2…のように数字か、セラミドNPのようにアルファベット表記がされています。中でもセラミド2は、セラミドの中でもっとも保水に関わるとされる重要なセラミドです。

一方、セラミド様の働きをする植物性・動物性・合成の脂質を活用した疑似セラミドというものもあり、コメヌカスフィンゴ脂質、大豆レシチンや合成油脂を由来したものなどがあります。

一番効果的なのはヒト型天然セラミドと言われていますが、そのネックは成分の価格が高価なこと。高濃度配合しようとするとその分コスメ全体の価格が高くなってしまうため、なかなか高配合できないという事情があります。

そのため、一般的なセラミド配合コスメでは、疑似セラミドや他の脂質系保湿成分と合わせ、効果的なバリア機能サポートができるように調整してある場合が多いようです。

セラミド高濃度配合の効果は?

コスメによってセラミドを補ってあげることで肌のバリア機能サポートが期待できるため、元々の肌質的にセラミド量の少ない乾燥肌や敏感肌の人、年齢とともにバリア機能の弱まりを感じている人にはセラミド配合コスメの使用がとくにおすすめです。

ただ、一口に「セラミド配合」と書かれてあってもその配合量や配合されている種類は様々。ほんの0.001%しか配合されていなかったとしても、「セラミド配合」とうたうことができますが、配合量は明確にされていない場合がほとんどです。

バリア機能サポートを期待するほどの効果を狙うとなると、それなりの濃度が必要…。濃度を見る基準の1つとしては、全成分表示の上の方に「セラミド」が書かれてあるかどうかですが、基剤などとの配合バランスの関係があるので、それだけで単純に判断するのも難しいところです。

アトピー肌の方から人気!セラミド最高濃度配合「セラリッチミルク」

セラミド最高濃度配合の先導美容液

そんな中、高須クリニックの美容皮膚科医が開発したドクターズコスメの美容液『セラリッチミルク』セラミド4.25%配合。セラミドの配合率は一般的に0.01%程度のものも多いとされているので、この濃度は驚異的な高濃度配合(最高濃度)と言えます。

その数字は、開発者である美容皮膚科医が「これだけあれば肌での効果が十分期待できる」と判断した結果のものなので、セラミドの肌バリア機能サポート力や保水維持力を実感することができそうです。

根本的な保湿によって肌のバリア機能を高め、日々のダメージや水分の蒸発をできるだけ抑えることは、美肌や若々しい肌を保つためには一番重要なケアと言えます。だからこそ、天然でセラミド豊富な肌を持っている人はまさに美の宝。

でも、現代はいい時代…元の肌質が弱い人でも、年齢とともにセラミド量が減ってきた場合でも、優秀なコスメによってある程度のカバーをしてあげることが可能で、セラミド高濃度配合の『セラリッチミルク』は、そんな美肌サポートの効果が期待されるアイテムです。

『セラリッチミルク』の「セラ」は「セラミド」のセラ。「ミルク」の名前がついていますが、使用順序としては化粧水より前。洗顔後一番に使用し、お肌にセラミドを重点的に補い、後のケアの効果を高める肌準備をするための導入美容液(先導美容液)です。

その効果は、

  • 肌のバリア機能をサポートする
  • 肌の保水力をアップさせる
  • 肌荒れを防ぎキメを整える
  • 後に補うアイテムの効果を高める

セラリッチミルクは、セラミド類の中でも一番基礎の重要な働きをするとされるセラミド2を中心に贅沢な高濃度配合となっていて、高級品なのはそのためだと思われます。これだけの濃度から考えると、むしろ頑張って価格を抑えたと言っても良さそうな感じがします。

セラリッチミルク使用者の感想

セラリッチミルク使用者の感想

「私は超のつく敏感肌。常にトラブルが起きているような肌でしたが、セラリッチミルクのおかげでだいぶ落ち着いてきました。アトピー跡のあった首もだいぶ綺麗になってきて、肌全体が元気になってきたような感じです。

だんだん肌が丈夫になってきているのか、以前は肌が荒れて使えなかったようなコスメも使えるようになってきています」(30代前半 敏感肌)

「ジュランツは他のアイテムも使っていますが、とくに気に入っているのがセラリッチミルク!セラミドのパワーを実感しています。少し肌荒れしてるな~と感じるときに使うと、次の非には肌が回復しているような感じです。毎日使いたいところですが高級でもったいないので…スペシャルケアに使用しています」(30代後半 敏感肌)
「普段からセラミド重視で化粧水などを選んでいますが、こちらは高濃度で量がはっきりわかるので安心でした。実際に使ってみると肌も安定していて満足です。リピートしたいです」 (40代前半 敏感肌)

「これを使い始めてから、肌が乾燥知らずになりました。以前は本当にカサカサで、シワだらけって感じでした。孫もいますがいつまでも綺麗なおばあちゃんでいたい!と思って購入。

今はだいぶシワも目立たなくなってハリもでてきています。孫にも肌が変わったと言ってもらえました。伸びがよくて使用感もすごくいいし、これからも使い続けます」(50代後半 乾燥肌)

「若い頃は大したスキンケアもせずほったらかしでした。おかげで年齢とともに肌が傷んできて…スキンケアの知識が無いだけに何をどう選んでいいかもわからず困っていましたが、こちらは何かで名前を聞いたことがあってホームページもちゃんとしていたしこちらを購入。

結果大当たりでした。肌が蘇ったかのようです!これまで手入れしていなかっただけに吸収がよかったのか肌がプルプルです。友人にも肌が若返ったと言ってもらえました」 (40代前半 普通肌)

「私はずっとニキビ肌だったので合う美容液も探しにくくて…こちらはニキビ肌にも使えるということだったので試してみました。トラブルも無く使え潤いがアップしたおかげか小ジワが目立たなくなってきました。そして何より、長年の悩みだったニキビが減ってきたこと!それが本当に嬉しいです!絶対リピ―トします」(30代前半 敏感肌)
「セラミドの配合量に驚き!!思わず買っちゃいました。感想としては、テクスチャーはサッパリで伸びのいい乳液で使用感良しです。目元の小ジワには最高でした。効果を実感しています」(30代後半 普通肌)
「ジュランツの中でも、このセラリッチミルクがお気に入り。高いですが、使用感がとってもいいです。肌にすっとなじみ、後のお肌は明らかにモッチリ。そのモチモチ感が持続します。セラミド高配合で贅沢だし、毎日できるスペシャルケアって感じです。最近小シワが気にならなくなったし、肌質が良くなったと思います」(40代後半 混合肌)

アトピー肌に適した化粧品の選び方と注意点まとめ

かゆみや赤味の出るアトピー肌は皮膚病なのでとても厄介ですが、全く改善が望めないものではありません。日々のスキンケアを丁寧に行うことで、完治とまでいかなくとも程度を軽減することは可能です。

あきらめずに、日々コツコツと出来る限りの保湿ケアをしていくことが大切です。皮膚科の受診もそうですが、使用する化粧水や美容液、クリームにもこだわっていきましょう。

季節の変わり目や体調により、普段使えているコスメが刺激に感じたり、急に使えなくなったりすることがあります。試す時期によっても合ったり合わなかったり…それがアトピー肌の人の化粧品選びの難しさですが、そんなときはワセリンや保湿剤のみの使用にとどめ、また落ち着いてから試すようにしましょう。

アトピー肌の人にとって、一番大切なのは「お肌表面の保護」です。化粧品はそれをサポートするものなので、必ず毎日使わなければいけないアイテムではありません。今日はちょっとしみるかも…と感じたら、その日は使用を控えてワセリンだけで保護をして様子を見てみましょう。

セラリッチミルクは、アトピー肌や敏感肌などでセラミドを重視したケアをしている方や、バリア機能の弱さや保水力の無さに悩んでいる方は一度試す価値はあると思います。

皮膚科医推奨!最高濃度のセラミド配合

価格が高すぎて手が出せない…という方は、セラリッチミルクほど高濃度ではありませんが、ノーマルな化粧水「リファインリッチローション」こちらにもセラミドが配合されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました