ビーグレン『ニキビケア』『ニキビ跡ケア』使用者の口コミを徹底チェック!

ビーグレン『ニキビケア』『ニキビ跡ケア』使用者の口コミを徹底チェック!

ニキビ肌のスキンケアは、洗顔から仕上げまでトータルでお手入れできるラインになったものが使いやすいですよね。その中でも口コミで評判になっているのがビーグレンの『ニキビケア』ライン。

そして、くり返すニキビの後に残った赤みやデコボコ。そんなニキビ跡のためのスキンケアライン、『ニキビ跡ケア』ライン。

口コミでは効果を実感した!という声も多いですが、コスメでのケアが難しいと言われるニキビやニキビ跡のお悩みに対してどんな効果が期待できるのでしょうか?また、効果実感のスピードにはかなりの個人差があるようですが、その差はどこから生まれるんでしょうか。

この記事では、広告から離れた客観的な視点でビーグレンの『ニキビケア』『ニキビ跡ケア』のラインに期待できる効果や、実際に試した方や継続中の方の口コミをピックアップしてまとめています。

記事前半は『ニキビケア』、後半は『ニキビ跡ケア』と続きます。

繰り返すニキビに!ビーグレン『ニキビケア』

繰り返すニキビに!ビーグレン『ニキビケア』

「ニキビケアの基本は洗顔にあり」と、専門のお医者さん達も言っているほどニキビ肌の改善には洗顔が重要なポイントになるようです。それから、皮脂の分泌される毛穴周辺を柔軟性のある状態に保ち、毛穴に汚れや古い皮脂が詰まりにくくするための保湿や引き締めのスキンケアを毎日行うこと。

ニキビの要因には様々なものが関わると言われているものの、毛穴周囲を柔軟に、清潔に保つことができていれば、ホルモンバランスや食生活の影響で皮脂が過剰になったとしてもニキビは発生しにくく、できたニキビを悪化させる細菌の繁殖が防ぎやすくなると言われています。

ビーグレン『ニキビケア』のラインは、ニキビ肌のスキンケアにとって重要な「毛穴や肌を清潔な状態に保つこと」「毛穴の柔軟性を保つケアをすること」を重視し、乱れがちな水分と脂分のバランスを整え、ニキビの発生しづらい肌環境づくりを目指すスキンケアラインです。

ニキビに効果的な洗顔『クレイウォッシュ』

ニキビケアに効果的な洗顔『クレイウォッシュ』

ビーグレン『ニキビケア』の第一歩は、天然クレイを用いた『クレイウォッシュ』による洗顔から始まります。ニキビのできやすい人は毛穴が慢性的に詰まりやすい状態にあると考えられるため、普通の洗顔ではなかなか汚れや古い皮脂を落としきることが難しい。

かと言って、強い洗浄力のものやスクラブ、オイルを使った洗顔は、肌質によっては刺激になりやすく、毛穴の防衛反応でかえって皮脂が過剰になるケースもあるようです。

そこで役立つのが、自然の吸着&デトックス効果を持つ天然クレイ(泥)の力です。『クレイウォッシュ』は、天然クレイの中でも肌への作用が穏やかで負担になりにくく、毛穴の大きさの2000分の1という良質のモンモリロナイトを使用し、泡立ては不要で油分を控えたクリームタイプの洗顔料。

モンモリロナイトは肌に不要な古い皮脂、汚れ、微生物の死骸や排泄物、細菌の繁殖の原因となる様々なものを選択的に吸着して外に排出し、肌を自然に清潔な環境に保ちますが、必要な潤い分までを洗い流してしまうことがありません。

そのため、「清潔さと潤いの両方を守る効果」が期待され、脂性肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌と、様々なスキンタイプのニキビケアに使うことができるのが特徴です。

『クレイローション』によるニキビケア

『クレイローション』によるニキビケア

肌荒れやニキビ、敏感肌の状態にある肌は、バリア機能が弱まって外部刺激に弱くなってしまっています。そんな肌を潤いの膜で包み、安定した肌状態へと導くビーグレンの『クレイローション』

マイルドな抗炎症作用のある薬草由来のグリチルリチン酸2Kと、デトックス効果とともに肌を優しく保護する力の高いクレイを活用しています。天然クレイでの洗顔で毛穴や肌を清潔な状態にした後に必要なのは、毛穴や周辺の肌を柔軟に保ち、ニキビケアに大切な「保湿保護鎮静」のケアをする化粧水です。

ニキビのできやすい人は、局地的な皮脂は多いわりに内部は乾燥したインナードライ肌や混合肌の人が多いと言われています。そのような肌質の人は、肌のバリア機能も低下している可能性が高いので、殺菌成分の入ったニキビケア用の化粧水や収れん作用のあるサッパリ系の化粧水を使ってしまうと、かえって肌環境が悪化する可能性があります。

クレイローションはベタつかないのに高い保湿力があり、デリケートになっているニキビ肌にも優しい使い心地です。

トラブル肌を癒すカミツレエキス、保水力を高めるヒアルロン酸、肌バランスを整える納豆エキス、肌ストレスをケアするオウゴンエキスも加え、保湿やニキビの炎症や肌荒れをケアし、乾燥と皮脂過剰の混ざったバランスの悪さを整え、ニキビのできづらい肌の基礎をつくります。

ビタミンC美容液『Cセラム』

ビタミンCのニキビケアへの効果とは?

最近ニキビケアに効果的な成分として注目されているのがビタミンC。そのビタミンCの力を生かしたのがビーグレンの『Cセラム』という美容液で、ニキビケアラインにもこれが含まれています。

ビタミンCにはたくさんの美容効果が知られていますが、ニキビケアに対しては以下の作用に効果が期待されています。

  • 皮脂のバランスを整える
  • 毛穴の引き締め
  • 毛穴の硬化やゆるみにつながるコラーゲンの減少を防ぐ
  • 新たなコラーゲン生成をサポートする
  • 細菌の繁殖や炎症のおきやすい状態を防ぐ抗酸化作用

本来ビタミンCは非常に不安定な物質のため、多くのコスメでは糖類や脂質と結び付けて肌に導く誘導体タイプが配合されていますが、ビーグレンのコスメ特殊なQuSomeというカプセルで守る薬学テクノロジーの力でピュアなビタミンCがそのまま配合されています。

その力のおかげで刺激を与えやすいビタミンCが優しく、しかも肌に対してダイレクトに働く仕組みになっています。

『モイスチャーゲルクリーム』で保湿

『モイスチャーゲルクリーム』のニキビケアへの効果とは?

ビーグレンの『ニキビケア』ラインの最後の仕上げは、肌本来の保水力を高め、潤いやそれまでに補った成分を閉じ込めて逃がさない『モイスチャーゲルクリーム』です。

ニキビができやすい状態だと、仕上げ用に油分のあるクリームやオイルは使いづらいですよね。けれど、肌のバリア機能をアップさせるためにも仕上げの何かはニキビケアにも大切です。

『モイスチャーゲルクリーム』は、クリームと言ってもみずみずしく浸透し、サッパリとしたテクスチャーです。それでいて潤いはしっかり守ってくれる独特の使い心地がニキビ肌の人にも好評のアイテムです。

ビーグレン『ニキビケア』の口コミを徹底チェック!

『ニキビケア』のトライアルを実際に試した方、その後ラインで使っている方、各アイテムでニキビへの効果を感じた方の口コミを、レビューから要約してピックアップしています。

結論から言うと、口コミによる評価は高いと言えます。ただ、もちろん個人差があるので、中にはしばらく試したけれど期待した効果が実感できなかった、残念ながら肌に合わなかったという声も

「以前から気になっていたビーグレンのニキビケア。思い切って試してみたのが正解でした。普段はシンプルケアの方が調子がいいかなって感じですが、こちらは使った方が明らかに肌状態がいいと実感できます。トライアルから定期購入に移りましたが、おかげで最近はチョコを食べてもニキビができにくくなってきました!エステよりも安くケアができそうです」 (20代前半 脂性肌)
「敏感肌でアトピーがあり、さらに最近はニキビもひどくなり、皮膚科の薬もあまり効果が無く…。評判の良かったこちらのニキビケアを試しました。脂性肌の人には合わないかも?という口コミもあったので不安でしたが、私には大丈夫でした!全然ベタベタせずに浸透し、肌表面はサラッとしてとてもいい使用感でした。1週間のトライアルで良かったので続けます。これから楽しみです」 (20代前半 敏感肌)
「私のニキビはかなり頑固なので一週間では効果はわからないだろうな…と思っていましたが、でも、敏感肌なのに肌ストレスを感じず使え、明らかにいい感触がありました!このまま続けて様子を見たいです。試す価値のあるトライアルセットだと思います」(20代前半 敏感肌)
「大人ニキビが悩みですが、こちらの洗顔を使ってみてびっくり!お肌がツルツルになり、一週間でニキビ本体の変化はわかりませんでしたが、肌との相性はとてもいいのがわかりました。試してみて良かったです」 (20代後半 混合肌)
「トライアルセットを使い始めて5日程でニキビや毛穴の改善が実感できました。どのアイテムも伸びがいいし、使いやすいです。全体にお肌が柔らかくふっくらしてきた感じがします」(20代後半 混合肌)
「クリームタイプの洗顔料は初めてでしたが、ベタベタしないのに皮脂や角栓は取れ、とてもいい使い心地でした。これを使い始めてから鼻のニキビや赤みが少しずつ綺麗になっています(20代後半 混合肌)」
「クレイウォッシュで肌がツルツルになり、汚れや角栓が取れるからかニキビが小さくなりました。Cセラムもよかったです!ニキビの赤みや炎症が治まってきています。トライアルしてみて良かったです。リピートします」 (30代前半 乾燥肌)
「ニキビケアとして使いはじめ、現在一か月目ですが、アゴのあたりにいつもあったニキビが治ってきました。ライン使いなのでこちらだけの効果と言えるわけではないですが、しっとり感があっていいテクスチャーで、手でつけやすいし気に入っています。持ちもいいです」(40代後半 乾燥肌)
「リピートしています。敏感肌なので合う化粧品を探すのがかなり大変なのですが、これは刺激がなくサッパリと使え、合っているようです」(20代後半 敏感肌)
「繰り返す大人ニキビが悩みでしたが、これとクレイウォッシュとCセラムを使い始めてからは大丈夫になりました」(20代後半 混合肌)
「皮膚科でもなかなか効果の出なかったニキビ。このトライアルセットは良かったです。3日目くらいからニキビが小さくなり、新しいニキビが発生していません!私の肌には合っていたようなので、このまま本製品で続けてみようと思っています」(30代前半 敏感肌)
「アゴ周りのニキビがくり返し、なかなか改善ができなかったのですが、こちらのトライアルで手ごたえを感じてライン使いを始めました。今は、ニキビは無くなっているし、肌が綺麗になってきたと感じます。試してみて良かったです」(30代前半 乾燥肌)
「最初に驚いたのは、これを使うといつもテカテカだった肌がテカらなくなったこと。それから、大きかったニキビが小さくなったこと。クレイウォッシュは泡立てなくていいから面倒じゃないし、角栓が取れて毛穴も小さくなってきました。どれも浸透性が良くてお手入れがすごくしやすくなりました。手間は無いのに効果は実感でき、とても気に入りました。ラインで継続中です!」(30代後半 混合肌)
「鼻はテカってニキビはできるものの、乾燥もひどい年齢肌の悩みもあり、洗顔選びに困っていましたが、クレイウォッシュは良かったです!しっとりなのにサッパリ。洗顔後のテカリが無くなり、ニキビも落ち着き、肌状態が全体に良くなって毛穴の開きもマシになった気がします(40代前半 混合肌)」
「出産後アゴやオデコのニキビが増えていましたが、一週間のトライアルで少し減ったのが感じられました。何より肌にツヤが出て、ツルツルとした質感になり、続けたいので定期購入にしました」(40代後半 混合肌)

自分の肌に合うか心配…そんな方には、4アイテムが約1週間試せるトライアルセットがおすすめです。初めて試すアイテムには返金制度もついているので、気軽にお試しすることができます。

ニキビが治った後の色素沈着や凸凹対策に『ニキビ跡ケア』

ニキビが治った後の色素沈着や凸凹対策に『ニキビ跡ケア』

ニキビ跡をケアする美容液やクリームはよく見かけますが、ラインになっているものはめずらしいですよね。ビーグレンのコスメはそれほどたくさんのバリエーションがあるわけではありませんが、その組み合わせによってお悩みの集中的なスキンケアができるのが特徴です。

ニキビが治った後に厄介なのが色素沈着や凸凹クレーター。それを対策するビーグレンの『ニキビ跡ケア』の効果と口コミを紹介します。

『ニキビ跡ケア』と『ニキビケア』の効果の違いは?

『ニキビ跡ケア』とは別に、先に紹介した、現在もくり返すニキビをケアするための『ニキビケア』のラインもありますが、その効果の違いは次の通り。

  • 『ニキビケア』に期待される効果:ニキビの悪化を防ぎ、ニキビの発生しづらい肌環境づくりを目指す
  • 『ニキビ跡ケア』に期待される効果:ニキビの発生しづらい肌環境づくりはしつつ、『ニキビケア』よりも内部のハリやふっくら感を重視し、肌の回復をサポートしながらニキビ跡が目立ちにくい状態を目指す

どちらもニキビのできやすい肌にはおすすめのケアですが、現在進行中のニキビが続いていたり肌荒れがひどかったりする状態なら先に『ニキビケア』。

進行中のニキビ以上に古いニキビ跡が気になる、ニキビの跡が残りやすい人には『ニキビ跡ケア』の方が向いているかもしれません。

『ニキビ跡ケア』はどんなニキビ跡にも効果が期待できる?

ニキビ跡には様々な種類があります。赤みが残った跡、茶色や黒っぽく色素沈着した跡、肌がデコボコとした状態、とくに窪みが目立つクレーター、毛穴がいびつになった状態など…

この中で、コスメケアでの効果が一番早く見えるのが赤みの跡、それからデコボコの凸の方の跡。地道なケアによっての改善が期待されるのが色素沈着の跡

一番難しいと言われているのがデコボコの凹にあたるクレーターと呼ばれる窪みの跡です。ですが、どのような跡のケアにも欠かせないポイントとしては同じで、

  • ニキビがくり返さない肌環境を保つこと
  • 肌のバリア機能を高め自然のターンオーバーをサポートすること

そして、一番難しいと言われるクレーターに対しては、上の2つに加え、以下が大切と言われています。

  • 肌の保水力を高めて内側からふっくらとした状態の肌を目指すこと
  • コラーゲン生成へのアプローチが期待されている成分を積極的に取り入れること

ビーグレンの『ニキビ跡ケア』のラインは、この4つのアプローチが期待される4アイテムを使った洗顔~仕上げまでのスキンケアラインで、様々なタイプのニキビ跡のケアに効果が期待されています。

ニキビ跡ケアの第一歩『クレイウォッシュ』

ニキビ跡ケアの第一歩『クレイウォッシュ』

ビーグレン『ニキビケア』と同様に、こちらも『クレイウォッシュ』。ニキビ肌の改善には良質の洗顔が欠かせません。とくにニキビ跡の場合、肌に負担をかける可能性のある洗顔を続けていると、肌の回復が進まずかえって色素沈着や荒れたデコボコがひどくなってしまう恐れも。

ニキビ跡がなかなか改善しない…というときは、まずは洗顔を見直してみるといいかもしれません。

ビーグレン『ニキビ跡ケア』の洗顔は、『ニキビケア』と同様、泡立てないクリーム状の洗顔料『クレイウォッシュ』を使います。泡立てないで汚れが落ちるの…?と少し気になりますが、その効果の秘訣は高いデトックス効果を持つという天然泥(クレイ)の吸着力によるもの。

肌に不要な汚れ、古い角質などの変性タンパク質、細菌やダニの死骸や排泄物などはプラスイオンを帯びています。一方、クレイは強いマイナスイオンを背負っていて、マイナスイオンはプラスイオンのものを掃除機のように吸い寄せる性質があるため、肌ダメージやニキビ発生の元となるものを優しくオフすることができます。

『クレイウォッシュ』に使用されているモンモリロナイトというクレイの粒子は毛穴の2000分の1。普通の洗顔では落としきれない毛穴や肌の見えない溝の汚れにも対応します。

強い洗浄作用で肌を洗い流すわけではないので適度な潤いは残り、乾燥肌や敏感肌の人にも使いやすく、かと言って油分のしっとり感でベタつくわけでもないので、混合肌や脂性肌の人にも使えるオールスキンタイプです。

『QuSomeローション』で肌のバリア機能とふっくらとしたハリをキープ

『QuSomeローション』で肌のバリア機能とふっくらとしたハリをキープ

『クレイウォッシュ』で清潔に整った後の肌にはローションもよく浸透します。ニキビ跡のケアには、日常のダメージを防ぎ、肌が回復していくサポートをしてあげることが大切なので、バリア機能を高める保水力の高いローションがおすすめです。

ビーグレンの『QuSomeローション』は、独自の浸透&貯留テクノオジーによって高い保水力が17時間続くというもの。内部は潤いますが表面はベタベタしないので、テカりやすい肌の人にも最適です。

全体が保水されふっくらとした状態に肌が保たれていると、ニキビ跡のデコボコも目立ちにくくなることが期待されます。

ニキビ跡の根本からのケアにピュアビタミンCの力『Cセラム』

ニキビ跡の根本からのケアにピュアビタミンCの力『Cセラム』

こちらも『ニキビケア』同様に、『Cセラム』。ニキビ跡への積極的アプローチ成分として期待されているのがビタミンC。ビタミンCには皮脂のコントロール力や抗酸化作用もあるのでニキビの予防にも有効と言われていますが、ニキビ跡に対しては、

  • メラニン色素の排出を助ける作用
  • 肌のコラーゲン産生を促す作用

の働きがケアにすすめられています。ニキビ跡が茶色や黒っぽい色に変化している場合、それは炎症後の色素沈着です。

紫外線の影響によって発生するイメージのあるメラニン色素ですが、元々メラニンは肌の防衛機能としてつくられるものなので、肌が何らかのダメージを受けたときには発生しやすく、それをくり返していると色素が上手く排出されずに肌に残ってしまいます。

その排出を助け、新しい色素の発生を防ぐとされているのがビタミンCです。ビタミンCは肌全体の透明感もアップさせてくれる効果や、毛穴の引き締めの効果も期待されるので、ニキビ跡に限らず様々な肌のお悩みにおすすめの成分です。

ビーグレンの『Cセラム』は、アプローチの早いピュアビタミンCを配合しているので、効果実感の得やすい美容液です。ただ、中には肌に合わないという方もいるようですので、ニキビ跡の荒れている部分に初めて使うときは、少量からお肌の反応を見ながらの使用をおすすめします。

ローションでのふっくらハリ感をさらに後押し『QuSome モイスチャーリッチクリーム』

ローションでのふっくらハリ感をさらに後押し『QuSome モイスチャーリッチクリーム』

ビーグレン『ニキビ跡ケア』の最後の締めは、ローション以上に保水力やふっくらハリ感を高める『QuSome モイスチャーリッチクリーム』

夜の眠っている間に肌の修復は進みますが、その間に乾燥した状態にあるとお肌の修復作業が妨げられてしまうので、外気に触れる日中はもちろん、夜もしっかりと保水できるクリームでの仕上げがおすすめです。

このクリームは、高保湿タイプのわりに、浸透テクノロジーのおかげで油分が表面に残らないので「クリームが苦手」という方にも好評なアイテムになっています。

ビーグレン『ニキビ跡ケア』の口コミを徹底チェック!

ここでは、『ニキビ跡ケア』を実際に試した方の口コミを要約した状態でまとめています。このラインに関しては、かなり早くに「効果あり!」と感じた人と、トライアル程度ではニキビ跡への特別な効果は感じられなかったという人に分かれています。

ニキビ跡の状態は個人差がとても大きいので、比較的跡が浅いなら早く、深いものならじっくりとしたケアが必要ということになりそうです。

早い段階で効果を実感している人は圧倒的に10代~20代が多く、まだ跡になって日が浅いこと、肌の吸収力や回復力が高いので効果も早く現れやすいと考えられます。

「今まで色んなコスメを試しましたが効果は無く、こちらは値段も高いし…と悩みましたがトライアルくらいならと思って試しました。正直半信半疑だったのですが、だけど、明らかにニキビ跡は薄くなり、肌がツヤツヤしてきました。もうしばらく続けてみたいです!」(10代後半 脂性肌)
「トライアルがもうすぐ終了ですが、肌の調子はいいしニキビ跡も少しずつ薄くなってきている気がしてます。このまま購入して続けてみるつもりです」(20代前半 混合肌)
「これまでで一番ニキビ跡の変化を実感できたセットです。トライアルの時点でニキビ跡が薄くなっていき…彼氏や友人も肌が綺麗になったって言ってくれました!これからも使い続けたいです」(20代前半 乾燥肌)
「1週間の段階ではニキビ跡に目立った変化はありませんでしたが、テカリや毛穴の開きが改善されました。明らかに肌状態が良くなったので継続してお手入れを続けたいです」(20代後半 混合肌)
「頬のニキビ跡のデコボコや炎症の赤みが落ち着いてきました。全体に保湿力が増し、肌荒れも落ち着いてきています」(20代後半 混合肌)
「口コミでの評価がいいので期待したのですが、Cセラム?という美容液は合わなかったらしく、何だか赤みが増してしまいました。洗顔料やローションはいい使用感だったので、そちらだけを試そうかどうしようか悩んでいます」(20代後半 敏感肌)
「今もニキビがポツポツできているのでニキビケアとどちらにしようか悩みましたが、ニキビ跡も気になるのでこちらにしました。1週間のトライアルではニキビ跡の方には変化が見られなかったものの、現在のニキビの方は小さくなってくれました。継続してニキビ跡への効果も期待したいです」(30代前半 脂性肌)
「茶色のニキビ跡やクレーター、くり返す頬やアゴのニキビが気になってお試ししました。これまで試した化粧品の中では一番効果が実感できたので、現品を購入して継続しています。毎日鏡で変化を見るのが楽しみです。もう少し値段が安ければ言うことないですが」(30代前半 混合肌)
「ニキビ跡がクレーターになっていて…コスメでの改善は難しいと半分諦めていたんです。でも、このケアを始めて3~4日目くらいに何となくクレーターのヘコミが浅くなっている気がして…驚きました!かなり目立っていた毛穴も少し改善されてきている気がします!このまま続けたいです」(30代後半 混合肌)
「ニキビを悪化させたり刺激を感じたりすることはなく、肌に優しい使い心地ですが可もなく不可もなく…という感じです」(20代前半 混合肌)
「若い頃からずっとニキビ跡が悩みです。少しでも改善出来たらいいなと思って1週間のお試しをしましたが、まだ劇的な変化は感じられていません。でも、毛穴は少し引き締まってきたと思うし、もう少し続けて様子を見たいです」(30代後半 混合肌)
「20代頃からニキビに悩まされ、40代になってもニキビ跡が残ってしまっています。1週間でニキビ跡への特別な効果は実感できなかったものの、明らかに肌質は良くなり、どのアイテムもいい使用感だったので購入を決めました」(40代後半 混合肌)

30代以降になるとニキビ跡はかなり深い部分にまで達している可能性が高く、ターンオーバーの周期も遅くなっていくため、トライアルでは使用感を確かめ、地道に使い続ける気持ちで臨む方がいいかもしれません。

関連記事

b.glen【ビーグレン】
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆