ニキビ肌におすすめの薬用化粧水!ビーグレン『クレイローション』の効果と口コミをチェック!

      2018/01/12

ニキビ肌におすすめの薬用化粧水!ビーグレン『クレイローション』の効果と口コミをチェック!

肌荒れやニキビ、敏感肌の状態にある肌は、バリア機能が弱まって外部刺激に弱くなってしまっています。

そんな肌を潤いの膜で包み、安定した肌状態へと導くビーグレンの『クレイローション』

公式:b.glen『クレイローション』

その効果や成分と様々な口コミをチェックしてみたいと思います!

『クレイローション』の効果とは?

『クレイローション』の効果とは?

お悩み別コスメでおなじみビーグレンのアイテムの中で、『クレイローション』の立ち位置は「現在進行中のニキビ肌肌荒れしている肌敏感肌に向いている薬用化粧水」

その効果は、

  • 薬用成分で肌荒れを防止する効果
  • 潤いの膜を肌表面につくり、バリア機能の弱った肌を守る効果
  • トラブルがおきがちな肌を清潔な状態に保つ効果

が主です。

この化粧水は『ニキビケア』のスキンケアラインに含まれていますが、積極的にニキビをケアする化粧水というよりも、現在炎症がおきている状態の肌を優しく労り、刺激から守りつつ弱った肌のバリア機能や回復力をサポートする化粧水。

ニキビだけではなく、肌荒れや敏感で化粧水が使いづらい人などにも対応しています。



『クレイローション』の成分

『クレイローション』の成分

この化粧水に含まれている成分は、「肌に優しく、肌荒れを防止したり肌を安定させたりする作用のある成分や潤いの膜をつくる成分」が中心です。

グリチルリチン酸ジカリウム

『クレイローション』は薬用化粧水ですが、薬用成分として認められているのがこのグリチルリチン酸ジカリウムです。マメ科のカンゾウという薬草由来の成分で、肌の炎症をしずめたり、肌を清潔に保ったり、肌荒れ全般に対する作用がある成分です。薬用成分としての歴史が比較的古く、安全性の高さが認められています。

参考:【ニキビの原因と治し方まとめ】日常ケアで再発防止できる!

ベントナイト

ベントナイトはクレイ(デトックス作用や美肌作用のある天然鉱石から得られる粘土)の一種ですが、もっとも穏やかな性質を持ち、肌に膜をつくって優しく保護をする働きがあります。他のクレイに比べて肌への刺激性がほとんどないため、敏感肌用の化粧品によく使われています。

ヒアルロン酸Na

優れた保湿成分としておなじみのヒアルロン酸ですが、いくつかの種類があります。ヒアルロン酸Naは分子量が大きいため被膜性が高く、肌の表面に潤いの膜を形成してバリア機能を補助する働きをしてくれます。

参考:美肌に必要?代表的な化粧品成分『ヒアルロン酸』は保湿効果抜群!?

納豆エキス

納豆から抽出されたエキス…名前的にはあまりいい印象がありませんが、大豆の発酵液ということなので、食べる納豆のようにネバネバと臭いわけではないので心配はありません。大豆エキスよりも保湿性に優れ、潤い膜の形成を助けます。

オウゴンエキス

オウゴンは、コガネバナとも呼ばれる漢方植物の一種です。その根から抽出されたエキスには外敵から身を守るためのフラボノイド類が多く含まれ、抗炎症、抗アレルギー、抗紫外線、抗菌などの作用があると言われています。紫外線のダメージを吸収し、メラニンの発生や沈着を防ぐ美白作用も報告されています。

カモミラエキス

植物性「肌に優しい美肌成分」の代表格のカモミラエキス。カモミラはカミツレ、カモミールのことです。化粧品成分としての歴史は古く、刺激性がなく優れた保湿性や美白作用があると言われており、敏感肌、ニキビ肌、アトピー肌、赤ちゃん用のコスメなどに多用されています。

イリス根エキス

イリスはアヤメ科の植物で、その根茎から抽出されたエキスです。抗炎症作用に加え、女性ホルモン様の働きをするとされるイソフラボンを含むため美肌効果が高いと期待されています。

『クレイローション』の特徴

『クレイローション』の特徴

『クレイローション』の成分を見ると、全体に被膜性のある保湿成分が多く使われています。その潤い膜によって弱ったバリア機能を助け、刺激を受けやすくなった状態の肌を優しく保護する目的なので、テクスチャーとしては「とろみ」があります。

また、敏感肌のときには肌の奥まで化粧水が浸透するとかえって刺激となってしまうことがあるため、浸透力はあえて低めになっています。化粧水を使うと肌がヒリヒリする、しみる、そんなトラブル状態の肌におすすめの化粧水です。

この特徴から、口コミには「浸透力が低い」「とろみがあるテクスチャーが好きになれない」という声も見られ、好みが分かれるところのようです。

ビーグレンのお悩み別スキンケアの中で、『クレイローション』が設定されているのは「ニキビケア」のみとなっていますが、敏感肌、肌荒れのある肌、化粧水がしみやすい、炎症があってヒリヒリしている人などに向いています。

一方、この『クレイローション』とは反対に「浸透力」を売りにした『Qusomeローション』がビーグレンのアイテムの中にはあります。トラブル状態が落ち着き、浸透力のある化粧水を使えるようになった場合はそちらへの移行もおすすめです。

『クレイローション』は、主に「表面を保護する化粧水」。とろみがあって表面に潤いが残るタイプです。『Qusomeローション』は、主に角質層内部の保水にこだわり、内側からのハリ感や潤い感を目指した化粧水で、表面はサラッとしているのが特徴です。



『クレイローション』の口コミをチェック!

このローションは、とろみや被膜感が特徴ということで、そこの部分が合うか合わないかによって口コミ評価の分かれやすい化粧水のようです。

ビーグレンの場合はトライアルセットから入る人が多いため、ライン使い中という人が多く見られます。

ニキビや肌荒れに対する「効果あり」の口コミと、「効果なし?」の口コミの両方を集めてみました。(※口コミは要約形式になっています。効果や使用感は個人の方の感想で、商品の性質を確定しているものではありません)

効果あり!

  • 「ひどい肌荒れをおこして何を使っても良くならなかったときに、ビーグレンのニキビ敏感肌対策のトライアルセットで効果を実感できたのでそのまま使っています。途中で化粧水だけ他のものに変えたら肌の調子が悪くなったので、私にはクレイローションが向いているようです」(30代後半 敏感肌)
  • 「ニキビケアとして使いはじめ、現在一か月目ですが、アゴのあたりにいつもあったニキビが治ってきました。ライン使いなのでこちらだけの効果と言えるわけではないですが、しっとり感があっていいテクスチャーで、手でつけやすいし気に入っています。持ちもいいです」(40代後半 乾燥肌)
  • 「とろみのある化粧水は浸透力がない気がしてあまり好きではなかったですが、これをトライアルで使ったら肌の調子が良くなったのでそのまま使っています」
    (20代後半 混合肌)
  • 「トライアルセットで使用したときには特別な何かを感じたわけではありませんでしたが、継続していくうちにその良さがわかってきました。しっかりと肌に入れ込んであげるとお肌が潤い吸い付くように。他の化粧水では得られない肌の質感がとても気に入っています。肌がふっくらとしてきました」(20代前半 混合肌)
  • 「トライアルで使ってニキビへの効果を実感できたので、ライン使いをしています。このローションはとろみがあり、私好みで気に入っています。浸透もいいし肌にハリが出て潤いが持続します。現在1か月目ですが、赤ニキビはできなくなっています。無香料だし国産だし、安心して使えています」(30代前半 混合肌)
  • 「リピートしています。敏感肌なので合う化粧品を探すのがかなり大変なのですが、これは刺激がなくサッパリと使え、合っているようです」(20代後半 敏感肌)
  • 「繰り返す大人ニキビが悩みでしたが、これとクレイウォッシュとCセラムを使い始めてからは大丈夫になりました」(20代後半 混合肌)
  • 「敏感肌で肌荒れをおこしやすいのですが、こちらの化粧水を使ってからは調子がいいです。テクスチャーも肌にしみずに優しいし、刺激を全然感じず肌がしっとりとします。他の化粧水だと体調によって合わなかったり刺激を感じたりすることもあったのですが、こちらは生理前の肌荒れのひどいときでも使えて助かります。だんだん肌荒れ自体がしづらくなってきました」(30代後半 敏感肌)

効果なし?

  • 「ニキビを悪化させたり刺激を感じたりすることはなく、肌に優しい使い心地ですが可もなく不可もなく…という感じです」(20代前半 混合肌)
  • 「私は敏感肌寄りの混合肌でニキビもできやすいので、こちらのローションをクレイウォッシュやCセラムと一緒に使っていました。低刺激でしっとりとはしますが、値段のわりには普通…というのが正直な感想です」(10代後半 混合肌)
  • 「けっこうとろみのある化粧水で、あまり肌には浸透していない気がします。ニキビ対策として使いましたが、特別な効果は見られませんでした」(30代前半 乾燥肌)
  • 「ビーグレンのニキビケアをラインで使っていますが、この化粧水は使用感はいいものの特別ニキビに効いているという感じがないので、化粧水は他のに変えてみようかな?と思っています。もしもそれで肌荒れやニキビが悪化するようならまた戻るかもしれません」(20代前半 混合肌)
  • 「使った感じは悪くないです。トロリとしていてお肌はしっとりとなります。肌に優しい感じがします。ただ、しばらく使ってもニキビの方の改善はとくに感じられなかったので…ニキビ肌対策としては私に合わなかったようです」(20代後半 乾燥肌)
  • 「香りが強くないし使用感のいい化粧水だと思っていましたが、途中から肌が荒れるようになってしまいました。どうも、何かの成分が合わないようです。脂性肌なので、べたつく感じもあまり好きにはなれません。ビーグレンなら他のローションの方が肌の調子が良くなります」(30代前半 脂性肌)

まとめ

ビーグレンの『クレイローション』は、積極的なケアというより、トラブル中に使うレスキュー的な役割があるようです。

とくに、「化粧水はしみることが多くて困っている」という方にはおすすめです。

反対に、ニキビ肌ではあるけれど、浸透力のある化粧水でも大丈夫、そちらの方が好みだという方は、トライアルで試した後、『Qusomeローション』の方を使ってみるというのも1つの手かもしれません。

ビーグレンのコスメは返金制度があるので、色々と試してみやすいのが魅力です。自分に合ったケアを探してみてくださいね♪

単品:b.glen『クレイローション』

ニキビケアセット:ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

詳細:繰り返すニキビのスキンケアに効果的!ビーグレン『ニキビケア』の口コミをチェック!

なお、ニキビ跡のケアはこちらの記事も参考にしてみてください。

参考:ニキビが治った後の色素沈着や凸凹対策!ビーグレンの『ニキビ跡ケア』の効果と口コミ

ビーグレン関連記事





【人気ランキング】効果を実感できるスキンケア!

アテニア『スキンクリアクレンズオイル』

2017年@コスメランキング1位獲得!

肌色まで明るくする革新的クレンジングオイル。

お肌に低刺激でありながら毛穴の汚れや肌くすみをしっかりと落とします。

コストパフォーマンも◎

アテニア『アイエクストラセラムセット』

実年齢よりも-5歳、若々しいハリのある目元へ…

目元のたるみやシワに抜群の効果が期待できるアイクリームがアテニアから登場!