シワ対策でハリ肌に!ビーグレンのビタミンA美容液『QuSome RetinoA』。効果と口コミをチェック!

シワ対策でハリ肌に!ビーグレンのビタミンA美容液『QuSome RetinoA』。効果と口コミをチェック!

年齢とともに深くなる眉間・おでこ・口周り・首元のシワ

筋肉の動きが活発なだけにクッキリと刻まれやすいそんなシワに効果あり!と口コミで評判のビーグレン『QuSome RetinoA』

シワ治療にもっとも有効と美容皮膚科でも使われるビタミンAのレチノールを中心にしたクリーム状の美容液です。

公式:ビーグレン『QuSomeレチノA』

本当に、気になるエイジングサインに効果は期待できるのでしょうか?

この記事では、『QuSome RetinoA』の成分や特徴、「効果あり」の口コミと「効果なし」の口コミなどをまとめています。

ビーグレン『QuSome RetinoA』の効果とは?

ビーグレン『QuSome RetinoA』の効果とは?

「眉間の縦ジワ、おでこの横ジワ、刻まれたラインの有無でその印象は大きく変化します」

よく見かけるそんなキャッチフレーズ。ビーグレンの広告にもそんな言葉が書かれてありました。

たしかに、眉間やおでこのシワは深くなりやすいので、それがあるか無いかで印象はだいぶ変わりますよね。

眉間やおでこは顔の中では筋肉が大きいわりに肌は薄い人が多いので、どうしてもクッキリとしたシワが刻まれやすい場所です。

そんな筋肉の動きにともなうシワに有効と言われているのが、ビタミンAのレチノール。美容皮膚科でもシワ治療の一環に取り入れられている成分です。

ビーグレンのシワ対策美容液である『QuSome RetinoA』も、その名の通りレチノールをメインに配合したビタミンA美容液

レチノールが配合された美容液は他のメーカーにもたくさんありますが、ビーグレンはQuSomeテクノロジーによって刺激性を抑え、浸透はいいのに肌に優しく使いやすいのが特徴です。



レチノールに期待される効果とは?

レチノールは、肌の内部でビタミンAに変化する誘導体の一種ですが、ビタミンAは肌の健康には絶対に欠かせない重要なビタミンの1つです。

ビタミンAが不足すると、肌が薄く弱くなり、正常な機能を保ちにくくなるとされています。

肌から浸透させるレチノールに期待されている効果としては、

  • 皮膚を丈夫にする
  • ビタミンCとともにコラーゲン生成をサポートする
  • 皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化する

眉間やおでこは元々脂肪が少ないため、肌のコラーゲンや水分量の低下による変化が表れやすく、しかも筋肉は大きく盛んに動く部位なので、他に比べてクッキリとしたラインが刻まれやすいポイントです。

反対に頬や口周りは脂肪が多いわりに骨格の支えが弱く脂肪が重力に負けやすいので、脂肪の重み&重力によって下向きのラインが刻まれやすく、笑ったときはそこの部分に折りジワが入るのでこちらもクッキリとしたシワが入りやすい部位の代表です。

脂肪のタルミや減少はある程度避けられないものの、肌のコラーゲンやハリがケアできればシワはだいぶ目立ちにくくなります。

レチノールは、年齢とともに薄く硬くなりがちな肌をサポートし、シワの刻まれにくい状態に導く効果が期待されています。

参考:シワ・ニキビ肌・毛穴詰まりに!ビタミンA『レチノール』配合化粧品の美肌効果と選び方

『QuSome RetinoA』に即効性が期待できる?

『QuSome RetinoA』に即効性が期待できる?

シワのケアを始めたら、すぐにでも効果が見えたら嬉しいですよね。ですが、これはかなりの個人差があるようです。

『QuSome RetinoA』の口コミも、かなり早くに何らかの効果を実感している人と、1本使い切った時点ではとくに効果が見られず…という人に分かれています。

とくにレチノールは、上手くハマると目に見えて効果を実感できる人もいるようで、個人差が大きな成分だそうです。これに関しては何人かの皮膚科の先生が「やってみないとわからないのがレチノール」と言っていたので、そういうことなのかなと思います。

とくにコスメの場合は作用が穏やかなものが多いので、あまり即効性を期待し過ぎず、地道な変化を楽しみに待つくらいの気持ちで使用するのが向いているかもしれません。

『QuSome RetinoA』は、レチノール使用コスメの中では使用感が穏やかで乾燥しづらく、レチノールが初めての方、肌の弱めの方、長期戦で使いたいと考えている方にも使いやすい仕組みになっていて、自宅でのレチノールケアにはおすすめのクリームです。

『QuSome RetinoA』ではレチノールをより効果的に処方

レチノールは高い効果の期待されている成分ですが、ビタミン系なので成分がデリケートで、コスメの配合の際にはその配慮が必要です。

ビーグレンのQuSomeテクノロジーは、元々皮膚から薬剤の成分を安定した形状で吸収しやすい状態にするための技術なので、レチノールなどのデリケートな成分を配合するには優秀な方法です。

さらに、QuSomeは浸透性と持続性に優れているため、レチノールが必要な部分でしっかり作用できる状態になり、より高い効果が期待されています。

レチノール配合コスメの注意点

レチノール配合コスメの注意点

シワに対してのケアならぜひ取り入れてみたいたい成分のレチノールですが、作用が高い分だけ使用の際はいくつかの注意が必要と言われています。

紫外線対策をしっかりとすること

レチノール使用中は肌が敏感に傾き、とくに紫外線に弱くなります。そのため、日中に使用する場合はUVカット対策が必須です。必ず日焼け止めやUVカット機能のある下地ファンデーションなどでお肌をカバーしましょう。

その面で、レチノールでのケアを始めるなら紫外線が弱くなる秋口以降がおすすめです。使用を続けると肌がだんだん慣れるので、その状態で春先を迎えると肌への負担が少なくて済みます。

参考:紫外線ダメージは肌に最悪!おすすめの紫外線対策とは?

乾燥肌や敏感肌の人は肌状態に合わせて使うこと

『QuSome RetinoA』は、レチノール配合コスメの中ではQuSomeテクノロジーのおかげで低刺激性なので、乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい処方です。

ただ、肌の状態によっては乾燥や刺激を感じる可能性もあるので、状態を見ながら使用しましょう。

レチノールは、使い始めると肌の生まれ変わりが促進されるので、一時的に肌がガサガサしたり、皮がむけたようになったりすることがあります。

そんなときには休止したり、量を調整したりしながら様子を見ることがすすめられています。

乾燥肌や敏感肌の方の場合は、レチノール使用中は普段以上に保湿もしっかりと行うようにしましょう。

どうしても何か気になる変化があった場合には、皮膚科で相談することをおすすめします。

参考:肌の老化現象?年齢とともに目立つ顔のシワ…その原因と対策は?

ニキビや吹き出物や肌荒れがひどいときは使用しないこと

おでこはニキビのできやすいエリアですが、もし、現在進行中のニキビや吹き出物があるときには、そちらが落ち着いてからの使用がおすすめです。

また、バリア機能が落ちて肌荒れがひどいときにレチノールを使用すると刺激が強すぎる場合があるので、その場合はバリア機能を高める高保湿系のケアや、肌荒れ対策のケアを先にして、状態が落ち着いてからレチノールを使用する方がいいと言われています。



ビーグレン『QuSome RetinoA』の効果についての口コミをチェック

ビーグレン『QuSome RetinoA』の効果についての口コミをチェック

こちらでは、実際の購入者の方が寄せた効果についての口コミをご紹介しています。

「効果あり」という口コミも多いですが、中には「効果なし」と感じている方も。両方の口コミをピックアップしてみました。

(※口コミはレビューや口コミサイトから引用していますが、効果に関する部分を中心に要約して掲載してあります)

「効果あり」の口コミ

  • 「レチノAを使って目の下と目尻のシワが無くなりました。口周りや首元の細かなシワもが目立たなくなって驚いています。あと、毛穴も目立たないツルツルしたお肌になってきたなと感じます」(40代後半 乾燥肌)
  • 「シワが気になりだしたので知人に相談するとレチノールがいいよと言われ、レチノAを試してみました。最初はそれほどわかる変化が無かったのですが、地道に使っていると最近シワが薄くなってきています!鏡を見るのが嬉しいです」(30代後半 敏感肌)
  • 「他のメーカーのものと迷ったのですが、こちらは口コミも良かったので購入しました。実際に使ってみるとすごく良かったです!目の周りが気になっていましたがふっくらとしてきました。これまで使っていた目元専用美容液より効果があったと思います」(40代前半 混合肌)
  • 「私はこれを使うと頬や小鼻の毛穴が引き締まって感じます。目尻も何となくピンとしてきてタルミが目立たなくなってきました」(40代前半 混合肌)
  • 「眉間のシワと口周りに塗りこんでいます。軽いクリーム状だしべたつかないので使いやすいです。少しずつ眉間のシワが薄くなってきました。このまま使い続けて、ほうれい線や首元への効果も期待したいです」(50代後半 混合肌)
  • 「おでこのシワがかなり気になってきて、美容クリニックに行こうかと考えていたときにレチノAを見つけて購入しました。そしたらおでこのシワがだんだん薄くなってきたんです!おかげで美容クリニックに行かずにすんで嬉しいです」(40代前半 普通肌)
  • 「目の周りの小ジワと首元にはかなりの効果を感じています。全体にお肌がふっくらとしてハリがでます。私の場合は眉間やおでこのシワがかなり深いのですが、このままいけば効果が期待できそうです」(40代後半 混合肌)
  • 「自分ではあまりわからなかったのですが、使い始めて3ヶ月くらいすると周囲から肌が綺麗になったんじゃない?と言われるようになりました。たしかに何だかおでこがツヤツヤしてるかな?と思います。シワ自体が無くなったわけではありませんが、ハリがでたので印象がだいぶ変わり、シワがあまり気にならなくなりました」(40代前半 混合肌)

「効果なし」の口コミ

  • 「1本使い切りましたが、浅いシワが薄くなったかな?くらいで深いシワには効果が得られませんでした。年齢的に無理なのかなと思ったり…コスメだからこんなものかなと思ったりしました (40代後半 乾燥肌)
  • 「2年くらいまえから目の下にクッキリとしたシワができて、それを何とか改善したくて使い始めました。けっこう多めの量を使ったのですが…残念ながら期待したような効果は見られませんでした」(30代後半 乾燥肌)
  • 「使用感としては悪くないクリームでしたが、シワは少し目立たなくなったかな…?という程度。もう少し継続して効果が見えると嬉しいなと思っています」(40代前半 混合肌)

まとめ

眉間やおでこや口まわり、そして首元のエイジングサインをケアするビーグレン『QuSome RetinoA』。

効果を実感している方も多いようですので、期待が持てそうです。「レチノールは上手く合うと本当にいいよ」と、知り合いの美容皮膚科の先生が言っていたので、私も敏感肌が落ち着いたら試してみたいなと思っていて、このアイテムに目をつけています(笑)

トライアルから始めたい、他のビーグレンアイテムも試してみたいという方は、このクリームを含んだ『エイジングライン』のトライアルセットがおすすめです。

興味のある方は、ぜひ一度トライしてみてくださいね!

単品:ビーグレン『QuSomeレチノA』

お試しセット:シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

詳細:深い表情ジワ対策に効果的!?ビーグレンの『エイジングケア』。使用者の口コミと注意点

ビーグレン関連記事