「ハイドロキノン」で今あるシミを美白!ビーグレン『ホワイトケア』の内容をチェック!

「ハイドロキノン」で今あるシミを美白!ビーグレン『ホワイトケア』の内容をチェック!

美白コスメには本当に多くの種類がありますよね。毎日のケアによってシミやくすみの無い透明感のある肌が目指せるなら、ぜひ取り入れてみたいと思うものの、種類が多すぎて選ぶのに困ってしまうほどです。

そんなときは、自分のお悩みと相性のいい成分がしっかり含まれたものを探すのが一番早いですが、「最強の美白力」と言われている『ハイドロキノン』が気になるところ。

そこで、様々なお悩み別スキンケアラインで人気のビーグレンをチョイス。ラインナップのひとつである『ホワイトケア』は、ハイドロキノンとビタミンCを活用して集中美白ケアを可能にしたラインだからです。

この記事では、ビーグレン『ホワイトケア』の美白効果や使用者の口コミを紹介しますが、まずは一番気になる「ハイドロキノン」のシミへの美白効果がどんなものなのかをチェックしてみましょう。『ホワイトケア』については記事後半に紹介していきます。

ハイドロキノンのシミへの美白効果とは?

ハイドロキノンのシミへの美白効果とは?

ハイドロキノンはその作用の高さから、元々は皮膚科で専用に扱う医療用の美白成分でした。それが規制緩和でコスメへの高濃度配合が認められ、自宅で効果的な美白ケアも叶うようになりました。それは嬉しいことですが、その分自己責任で使う必要があるので、自分の肌状態を見ながらの使用がすすめられています。

今あるシミを漂白する

数ある美白成分の中で、ハイドロキノンが「最強の美白成分」と言われるのは、「表面にある色素沈着を漂白する作用がある」という点です。

他の美白成分は、肌全体のメラニン色素の発生や蓄積を防いだりターンオーバーによる排出を促したりする働きが中心ですが、ハイドロキノンの場合は、色素沈着の部分の表面にダイレクトで働き、色素を薄くする「漂白」の作用を持ちます。

漂白と言っても一般にある塩素系漂白剤のように肌を白抜きする働きではなく、イチゴや紅茶などにも含まれる食物由来のもので安全性は高いと言われ、美容医療でのシミ治療にも用いられていますが、効果が高い分だけ刺激が強いのがネックで、顔全体に使うのには向いていません。

そのため、「肌全体の透明感をアップしたい」「顔全体に散らばったソバカスを改善したい」という目的にはあまり適さず、境目がハッキリとしたようなシミをケアしたいときに向いているとされています。

ただ、色素は肌表面だけに沈着しているわけではなく、何層にもわたっている場合があるため、ハイドロキノンの効果でシミが薄くなっていくまでには時間がかかり、その間には新たなメラニン色素を発生させないための十分な紫外線対策が必要です。

ハイドロキノンが使えない人

ハイドロキノンを使うと一時的に肌が敏感な状態になるため、それ自体の使用が向いていない人もいます。

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 日常の紫外線対策を行う自信がない人
  • 紫外線にあたるとすぐ肌が赤くなってヒリヒリするようなタイプの人
  • 現在進行形のニキビがひどい人

妊娠中や授乳中は、普段よりも肌が刺激に対して警戒するため、ハイドロキノンの使用は向いていません。

また、ハイドロキノン使用中は普段よりも紫外線に弱くなるので、頑張って紫外線対策のできる状況の人に向いています。仕事上で夏の炎天下に肌をさらさなければいけない人やコマメな紫外線対策ができない場合には、ハイドロキノンを使用しない方が無難です。

元々の肌質がかなり紫外線に過敏な肌質の人の場合も、ハイドロキノンの使用がすすめられていません。そのようなタイプの人のシミケアには、ハイドロキノンの刺激を控えた誘導体アルブチンを使ったコスメでのケアの方が安心です。

ハイドロキノン使用中におこる効果反応

ハイドロキノン使用中におこる効果反応

ハイドロキノンを使い始めると、肌の生まれ変わりが促進されるため、肌の揺らぎや肌質によっては刺激を感じる可能性もあり、その部分が赤くなったり熱感をおぼえたり、皮がむけたりすることがあります。もしも刺激を感じたら、肌の状態に合わせて休み休み使う、量を減らす、使用を控えるなどの調整を行いましょう。

これはその作用が効いている証拠でもありますが、好転反応なのか肌に合わないことによる反応なのかどうかの見極めが難しいことがあるので、状態がひどい場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

ハイドロキノン使用上の注意点

  • 使用中は紫外線対策に十分注意すること。
  • 紫外線に敏感なタイプの人は、日中の使用を控え夜間のみの使用にすること
  • ハイドロキノン使用時のスキンケアはいつも以上に保湿を心がけること
  • 肌の敏感な部位や粘膜への使用はしないこと
  • 肌に刺激を感じる場合は使用を控えること

ハイドロキノンがどうしても肌に合わない人もいるようですので、刺激を感じたら無理をせず使用を控えましょう。特に乾燥肌や敏感肌の方の場合、使い始めは夜でも刺激を感じることがあります。初めて使うときにはパッチテストを行い、お肌の反応を見ながら少量からの使用がおすすめです。

紫外線対策を十分に!

紫外線対策を十分に!

ハイドロキノン使用中は、一時的に肌が乾燥しやすく、とくに紫外線に対して敏感になりやすくなります。そのため、いつも以上に紫外線対策や保湿対策をしっかり行いながら使うことが大切です。

高いUVカット力の日焼け止めや化粧下地の使用はもちろん、日傘、帽子、サングラスなども可能なら併用することがおすすめです。

夏場はそれでなくても肌が紫外線ダメージを受けているので、ハイドロキノンを使い始めるタイミングとしては、紫外線が弱まり始め、夏に蓄積された紫外線ダメージがシミの元となって現れやすい秋口からが一番いいと言われています。

肌がハイドロキノンに慣れてくると敏感さは落ち着いてくるので、また日差しが強くなってくる春先頃には今より透明感のあるお肌が叶っているかも…。そんな期待もこめ、秋口からの美白ケアは、ハイドロキノンでの挑戦がいいかもしれません。

ハイドロキノンを使用した方の口コミ

ハイドロキノンを使用した方の口コミ

「美容皮膚科のフォトフェイシャルやエステサロンでのケアも受けましたが効果が無くて、ハイドロキノンを試しました。結果、私には合っていたようです。最初は肌が赤くなったりしましたが、だんだん落ち着いて効果が見え、今は6ヶ月サイクルの2周目です。だんだんシミが薄くなっているようです」(30代後半)
「昔から目立つシミがあり、コンシーラーが手ばなせませんでした。他のコスメではなかなか効果も見えなくて、美容医療に頼るしかないかなぁと思っていたときにこれを見つけました。最初はこれも効果が見えませんでしたが、現在5本目になって、シミが薄くなってきました。肌全体の明度もアップしてきたので、このまま続けたいです」(40代前半)

「私の悩みは形がはっきりとしたいわゆる老人性のシミ。直径が1.5cmくらいありましたが、こちらで綺麗になりました。夜のみの使用で、ぬった上からラップで保護して寝ていました。

途中は赤くなったり少しヒリヒリしたりもしましたが、休み休み使ったりしているうちに1本目の段階で綺麗になりました。ただ、ソバカスやニキビ跡には全然効果は見えず…効果のあるものとないものがあるみたいです」(40代前半 混合肌)

「ハイドロキノンの存在は知っていましたが、美容皮膚科に行くのも面倒で、そのときにこちらをネットで見つけ購入しました。私の場合は、肝斑やソバカスに効果があって、最初ちょっと赤くなった後、だんだん薄くなっていきました」(30代前半 乾燥肌)
「シミへの効果は抜群と言われるハイドロキノンですが、私にはちょっと刺激が強すぎたようです。それでもシミを何とかしたくて使っていたらたしかに薄くなりました…が、やはり肌への刺激が気になったので中止。効果はあるとは思いますが、肌が弱い方は注意しながら使った方がいいと思います」(30代後半)
「なかなかいいです。シミがだいぶ薄くなってきたし、キメが整い毛穴も目立ちにくくなってきました。他のビタミンC美容液ではあまり効果を感じなかったのですが、私にはこれが合っていたみたいです。気に入っています」(50代前半)
「たしかに浸透がいいように感じました。肌全体にハリが出て、色が白くなったかな?と思います。毛穴にも効果を感じているので使い続けたいです」(30代前半)
「口コミでの評価がよくて楽しみだったんですが、私はダメでした。ピリピリしてしまって。敏感肌なので…残念です」(30代前半)
「友人がすごくいいよと言っていたので私も試しましたが、頬に赤みがでたので使うのを止めました。効果がわかるまで続けてみたかったですが…」(30代後半)

ビーグレンのシミ美白ライン『ホワイトケア』

ビーグレン『ホワイトケア』のメインとなるアイテムは、『QuSomeホワイトクリーム1.9』『Cセラム』という2つの美容液です。ハイドロキノンとビタミンC誘導体によるシミへの美白効果が期待できます。

『QuSomeホワイトクリーム1.9』

『QuSomeホワイトクリーム1.9』の効果

『QuSomeホワイトクリーム1.9』は、主に目立ったシミに対するケアが期待される美白専用クリームです。このクリームは美白美容液なのですが、アイテムとしては夜のみに使用する集中美白ナイトクリーム。

シミ、ソバカス、顔全体の透明感のアップを目指せるスペシャルアイテムです。なぜ夜だけの使用かというと、強力な美白成分『ハイドロキノン』が高配合されているからです。

そのため、目立ったシミやソバカスは無いけれど、肌全体が明るくなったらいいな…という目的の使用はあまり向いていません。どちらかというと「このシミを何とかしたい!」という積極美白向けのクリームとなっています。

低刺激性とシミへの効果の高さを実現

低刺激性とシミへの効果の高さを実現

『QuSomeホワイトクリーム1.9』は、ハイドロキノンをQuSomeという特殊なナノカプセルに閉じ込めて肌の内部に届ける独自技術が使われているので、他のハイドロキノン配合のコスメに比べると刺激性が低いのが特徴です。

薬学テクノロジーを応用したビーグレンならではの優しい処方になっているので、肌の敏感な人にも使いやすいハイドロキノン高配合のクリームとなっています。その面で、ハイドロキノンでのケアが初めて、これまで他のハイドロキノンコスメが合わなかったという方にも使いやすい処方になっています。

ハイドロキノンの美白効果は高い評価を受けているものの、その刺激性から使いにくい部分もあるため、多くの美白コスメではハイドロキノン誘導体であるアルブチンが配合されています。アルブチンは、ハイドロキノンと糖類が結びついたもので、ハイドロキノン本体よりはマイルドに働き、こちらなら日中の使用も普通に可能です。ただ、その分作用が穏やかなので、効果実感までにかなりの時間がかかると言われています。

『QuSomeホワイトクリーム1.9』の場合、配合されているのはハイドロキノン本体でありながら、特殊なカプセルによって肌に刺激を与えづらいように処方されているため、誘導体の低刺激性とハイドロキノンの作用の強さの両面が実現されているのが大きな魅力の1つです。

ハイドロキノン高配合

ハイドロキノン高配合

同じハイドロキノン配合のコスメでも効果実感度の低いものもある中、効果を実感できている方が多いのは、『QuSomeホワイトクリーム1.9』がハイドロキノン高配合のおかげと思います。

ハイドロキノンは、かつては2%以上の配合が制限されていましたが、現在はその規制が緩和されたため、医療機関以外でも高配合のハイドロキノンコスメが販売できるようになりました。

ハイドロキノン高配合のわりに低刺激で顔全体に使える『QuSomeホワイトクリーム1.9』はめずらしいかもしれません。

ハイドロキノン以外の配合成分

『QuSomeホワイトクリーム1.9』は単純にハイドロキノンだけの美白効果を狙ったものではなく、他の成分のアプローチによって、根本的な肌の透明感アップや美肌力のアップも期待されます。

βホワイト(オリゴペプチド-68)

人間の体に元々存在するTGF-βに似た作用をすると言われるアミノ酸系の成分です。TGF-βは、肌においては主にコラーゲンなどの結合組織の増殖や肌の生まれ変わりに関わるため、ハリがあり透明感のある肌づくりをサポートすると言われています。

ゲンチアナ根エキス

リンドウ科の薬用植物であるゲンチアナの根から抽出されたエキスです。化粧品に使われる場合には細胞を元気にする働きがあると言われ、肌の代謝をサポートし、生き生きとした肌へ導く効果が期待されています。

ハイビスカス花発酵液

生命力の高い神秘の花、ハイビスカスの花を乳酸菌の力で発酵させたエキスです。肌本来に備わる自然の回復力を引き出すと言われています。

『Cセラム』

『Cセラム』の美白効果

特別なシミソバカス対策に限らず、全体の美肌ケアとしても使えるビタミンCをメインにした『Cセラム』ビタミンCの美白力を利用した美容液で、特殊なカプセルの中にデリケートな成分を包み込むQuSomeテクノロジーにより、化粧品への配合が難しいピュアビタミンCを高配合(7.5%)してあります。

ピュアビタミンCの美白効果

  • 紫外線ダメージを防ぎ、メラニン色素の発生を抑える
  • メラニン色素の還元(無色化)を助け、排出を促す

ビタミンCの作用は肌全体のトーンアップも期待されるため、特別に目立つシミやソバカスが無かったとしても、透明感のある肌を目指したい人にはおすすめの成分です。

美白以外にも、

  • 肌のコラーゲンの破壊を防ぐ
  • 新たなコラーゲン生成をサポートする
  • 過剰な皮脂の分泌をコントロールする
  • 毛穴を引き締める
  • 高い抗酸化作用による全体のアンチエイジング

などの美容効果が期待されているため、ハリツヤの低下、ニキビケア、毛穴ケア、エイジングケアなど様々な方面へのアプローチに使われています。

『Cセラム』は低刺激で浸透性の高い処方

『Cセラム』を肌につけるとじわっとビタミンCが浸透し、肌が反応して少し熱感がある場合がありますが、それはピュアビタミンCがダイレクトに働いている証拠です。

ビタミンCは、もっとも古くからある美白成分で多くの美白化粧品に配合されていますが、高濃度で働きの強いものほど刺激性が高くなりやすい弱点もあります。ですが、『Cセラム』の場合はQuSomeカプセルのおかげでハイドロキノン同様に肌に刺激を与えず、デリケートなピュアビタミンCの成分を壊すことなく肌の必要な部分に届けることができます。

ビーグレン『ホワイトケア』使用者の口コミをチェック

ビーグレン『ホワイトケア』使用者の口コミをチェック

こちらでは、実際に『ホワイトケア』のトライアルをした人や、『QuSomeホワイトクリーム1.9』の使用を続けた人の口コミをピックアップしています。最初にも書いた通り、ハイドロキノンの性質上、その口コミ評価は分かれています。

また、トライアルの段階では「効果なし」という口コミもけっこうありましたが、美白の場合は一週間のトライアルで効果を実感するのは難しいかもしれません。

「本品を2週間程使用していますが、明らかに顔のくすみが取れ、全体に肌が明るくなりました!シミも少し薄くなってきています。このまま使い続けてさらなる効果を期待したいです」(50代前半 混合肌)
「トライアルの段階でシミは消えませんでしたが、肌全体のトーンはたしかに上がった気がします。使い続けると期待できそうです」 (20代後半 普通肌)
「トライアルで気に入ったので、ホワイトクリームを続けています。2ヶ月目ですが、気になっていた頬のシミがほぼ目立たなくなっています!」(30代後半 混合肌)
「シミが気になっていたので、『ホワイトケア』のトライアルを購入しました。一週間の段階では、正直可も無く不可も無くって感じでしたが、とくにトラブルは無かったし、美白は持続しないと効果が難しいだろうから、Cセラムかハイドロキノン入りのホワイトクリームのどちらかを続けてみようかと考え中です」(20代後半 混合肌)
「頬の肝斑や全体の細かなシミがだんだん濃くなっていくのが悩みだったので、こちらを購入してみました。使い始めてからは肌の調子も良くなってきたし、シミが消えたわけではありませんが濃くなっていません。伸びがよくてコスパもいいので継続したいです」(40代後半)
「こめかみや頬に5つくらい点々としたシミがあり気になっていましたが、ホワイトクリームを使用しだしてからは色が薄くなってきています。これまではコンシーラーが必須だったのに、今はファンデだけでちゃんと隠れるので嬉しいです。美白コスメのわりに乾燥や刺激を全然感じなくて使い心地もいいです。半年くらい継続して肌の変化を見たいと思っています」(30代後半)
「ピンポイントのシミへの効果というより、肌が全体にトーンアップして綺麗になりました。久しぶりに会った友人にも顔色や肌の変化をほめてもらえました」(30代後半)

「昔からソバカスが悩みで、ホワイトニング系のクリームも色々と試しましたがこれといった効果を感じたことがありませんでした。でも、このクリームはじわじわとした効果が実感できています!予算的にラインで揃えるのは無理ですが、このクリームだけは継続したいです」(30代後半)
「最近シミが濃くなってきて、コスメでカバーもできないし色んなものを試しましたがダメで。こちらにも初めは正直あまり期待していなかったのですが、1ヶ月くらいで小さな方のシミが消えました。家族や友人にもシミ消えたねって。そこから使い続けて3ヶ月目ですがシミはだんだん薄くなり、コンシーラーの使用量が減りました。」(40代前半)
「出産後、昔からあった頬のシミがだんだん濃くなっていっていましたが、これを使い始めてからは薄くなり、シミの真ん中が肌色に近くなってきています。最近はコンシーラーも使っていません。もう少し続けたいです」(30代後半)
「数年前からシミが濃くなり、ファンデーションでは隠しきれなくなって…高い美容液なども試しましたが変化がありませんでした。でも、ホワイトクリーム1.9で少しずつ薄くなってきた嬉しいです。今で2ヶ月目なのでこれからも続けます」(50代前半)
「長年シミが悩みで、皮膚科ではレーザーをすすめられましたが、レーザーも必ず効果があるわけではないと聞くし…やっぱりコスメで改善できたらいいなと思いこのクリームを購入しました。そしたら、大きなシミが少しずつ薄くなってきたんです。すごく嬉しいです」(40代後半)
「全体的なクスミは取れた感じですが、一週間ではシミは薄くならなかったです。頬の毛穴が少し引き締まったり、トータルの使用感や香りの無さなどは好印象ですが…やはり即効性は期待できないんですよね」 (30代 混合肌)
「ハイドロキノンが入っているということで、できてしまったシミに効くのかと思って期待していました。でも…1本の時点ではまだ特別な効果は感じられません。」(30代後半)
「友人がすごくいいと言っていて、実際にシミが薄くなっていたので購入しました。私の場合はシミというより全体に散らばったソバカスのような点々とした色素沈着なのですが…1本使い切ってもとくに薄くなった様子もなく。やっぱり個人差があるのかな」(40代後半)

ハイドロキノンとビーグレン『ホワイトケア』まとめ

まとめ

シミやくすみのホワイトニング系のコスメは、期待できる効果の高いものほど肌との相性が分かれやすい傾向にあります。

しかも、ハイドロキノンは一時的に肌の質感が悪くなったように感じる場合もあって、他の保湿ケアなどと比べて判断が難しいアイテムですが、ビーグレンの『QuSomeホワイトクリーム1.9』は、ハイドロキノン入りのわりには優しい使い心地の方なので、他に比べると使いやすいと思います。

ハイドロキノン配合コスメの中では低刺激で使いやすく、私自身かなりの敏感肌なのでハイドロキノンは苦手でしたが、このクリームのお試しは問題なく使えました。

『ホワイトケア』のトライアルには『Cセラム』と『QuSomeホワイトクリーム1.9』の両方が入っていますが、どちらも合う人には「すごくいい!」合わない人には「刺激を感じる」と評価が分かれています。

両方使うことができればより効果的なアプローチが叶うのかもしれませんが、美白は無理のない範囲で地道に行うのがおすすめ。まずは価格の安いトライアルで試し、使用感がいい方を継続してみるというのもいいと思います。

関連記事

b.glen【ビーグレン】
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆