メンズスキンケアの決定版!『BULK HOMME(バルクオム)』がおすすめされている理由を口コミからチェック!

メンズスキンケアの決定版!『BULK HOMME(バルクオム)』がおすすめされている理由を口コミからチェック!

最近では男性でもスキンケアをしている人が増えてきました。これまでは、男性のスキンケアと言えばせいぜい洗顔ぐらいなものというイメージがありましたよね。

『乾燥肌に悩むのは女性だけじゃない!男性だって美肌になりたい。』そんな美意識の高い男性たちの口コミでおすすめされているメンズスキンケアコスメ『BULK HOMME(バルクオム)』

このバルクオムは雑誌で取り上げられ、最近では俳優の窪塚洋介さんがブランドアンバサダーに就任、今最も人気のあるメンズスキンケアシリーズとなっています。

都内在住の20~39歳の男性を対象とした100名のブラインドテストでは、全てのチェック項目でBULK HOMMEが1位を獲得している。

モノクロのパッケージがオシャレなバルクオム。メンズコスメのわりに美容成分が贅沢で高級なイメージがあります。とくに化粧水は保湿力が高いのにベタベタしないと口コミでも好評価されているアイテムで、乳液などは使わずこれだけでお手入れを完了させている人も。

この記事では、バルクオムの特徴や実際に使った人のリアルな口コミをご紹介します。ちょっとその前に、なぜ男性にもスキンケアが必要なのか、その理由からおさらいしてみましょう!「バルクオムの口コミだけ知れればいいよ」という人は飛ばしちゃって下さいね。

メンズもスキンケアが必要!?

メンズもスキンケアが必要!?

女性と比べて皮脂の分泌が多いというイメージのある男性が、なぜスキンケアが必要なのでしょうか?男性の肌と言えば、テカテカ・ギトギトのイメージあるのに…。

実は男性の肌の方が乾燥しやすい

男性の肌は女性に比べれば分厚く丈夫です。だからこれまでは、特別なスキンケアなんていらないと思われていました。しかし、実は、男性の肌の方が乾燥しやすいんです。

男性はホルモンの関係で、元々肌に水分が不足しやすい状態になっています。そのわりに乾燥しているイメージが少ないのは、肌表面をおおう皮脂量が多いからです。体内から分泌される皮脂は、天然のクリームとなって肌を保護してくれます。

このおかげで、男性の肌は何もつけなくても、突っ張った感じがしにくくなっています。けれど、乾燥が深刻になってくると、皮脂はますます分泌を盛んにし、ベタつきがひどくなります。それが気になり、強い洗顔料などでサッパリさせようとすればするほど、乾燥は悪化しベタつきが増す悪循環に…

結果として、ニキビや肌荒れがおこってしまいます。また、皮脂量の少ない目や口の周辺では乾燥が目立ち、小ジワが目立つようになります。

女性よりも過酷な肌状態

それに、女性と違って紫外線対策もしないので、そのダメージもまともにくらいます。さらに、毎日のひげそりでの刺激、タバコ、乱れた食生活、仕事のストレス、職場に長時間いる環境に寝不足…

日々忙しく働く男性たちの肌は、乾燥や肌トラブルの要因を常に抱えています。その面では、女性よりも過酷な肌状態と言えます。そして年齢とともに肌の水分量と皮脂の分泌量が減っていきますので、概ね20代後半から30代にかけて肌トラブルが顕著に表れてきます。

肌の薄い男性は要注意!

男性の肌は意外と乾燥しやすいと書きましたが、その中でもさらに、肌の薄い男性は要注意です。一口に男性と言っても、肌質は様々。生まれつき肌の薄い人も存在します。

皮脂の分泌量も、男性のわりにほとんど無い人もいます。30代40代になって乾燥肌が気になりだしたという人より、10代や20代の若い頃から乾燥肌だったという人は、元々肌が薄く皮脂の分泌量も少ない傾向があると言えます。

その場合は、女性同様にケアをしてあげないと、表面がカサカサになって粉をふいてしまったり、年齢のわりにシワやタルミが目立ったり…ということもあります。

男性では、それが必ずしもマイナス要素とはなりませんが、自分は美肌を目指したい!いつまでも若く見られたいという意識を持っているなら…積極的なスキンケアを取り入れてみましょう。

女性も男性も、スキンケアで「保湿」はもっとも重要なポイントです。かと言って、女性用化粧品では男性の肌には合わない場合があります。女性と男性では肌質が違う分だけ化粧品の中身も違うからです。

なお、今回紹介する『バルクオム』は次のような肌悩みのある男性におすすめのスキンケアコスメです。

  • もともと肌質が薄い、乾燥肌。
  • 乾燥が原因による皮脂の過剰分泌、ベタつく脂性肌。

『BULK HOMME(バルクオム)』の特徴

メンズコスメのイメージって、どんな感じでしょうか。最近は、女性向けコスメ顔負けの高品質のものも多いようですね。バルクオムもそんなこだわりコスメの1つ。

男性のスキンケアに適したアイテムをトータルでそろえられる3つのラインナップとなっています。

  • 洗顔料(ザ・フェイスウォッシュ)
  • 化粧水(ザ・トナー)
  • 乳液(ザ・ローション)

バルクオムの最大の特徴は…「幹細胞スキンケア」。幹細胞?何だか聞き慣れない言葉と思った人もいるかもしれません。ですが、医療や美容の業界では大注目されている成分なのです。

バルクオムに含まれる「幹細胞エキス」とは?

人間も含め、生物は複数の細胞の集まりで成り立っています。その数は数百億、数十兆とも言われ、まだまだわかっていない部分もあります。そんな気の遠くなりそうな数の細胞も、大元をたどればたった1個の受精卵から分裂したもの。つまり、枝分かれですね。

幹細胞とは、その名の通り、「枝」ではなく、枝分かれする前の「幹」の部分に位置する細胞です。枝分かれした細胞たちのように決まった役割を持たない細胞の基礎のようなもの。

枝分かれした様々な働きをする細胞が傷ついたり不足したりしたとき、幹細胞はその細胞の役割に成り代わることができます。幹細胞の存在が強いほど、その分細胞の入れ替わりが盛んにできるので、その生物の生命力・修復力は高いということになります。

バルクオムに含まれる幹細胞エキスは非常に貴重な成分で、「ウトビラー・スパトラウバー」というスイス産のリンゴに由来する、「リンゴ果実培養細胞エキス」です。このリンゴは、収穫後4か月経ってもしなびず腐らないのが特徴です。

しなびず腐らないというのは、簡単に言えば酸化しないと言うことです。その驚異的な保水力は、研究の結果、強力な幹細胞の存在によるものと分かり、医療や美容の分野に活用されるようになりました。肌の老化を防止し、細胞の働きを活性化し、若々しい肌を保つ作用が期待されています。

時間が経ってもしなびない…。お肌もそんな風になれたら素敵ですよね。

バルクオムは、その幹細胞の保水力に注目し、乾燥に悩む男性たちの救世主となるべくして開発された、メンズスキンケアシリーズです。ずばり、非常に高い保湿力によって男性の乾燥肌を潤す!というわけです。

シンプルかつ洗練されたパッケージデザイン

シンプルかつ洗練されたパッケージデザイン

バルクオムの魅力として第一にあげられるのは、そのデザイン性の高さです。スキンケアでは、「スキンケアをしている自分」を盛り上げる心理効果も重要なので、ボトルなどのデザインも見逃せないポイントです。

バルオクムのシリーズは、一見すると化粧品とはわからない、非常にシンプルなもの。ボトルというか、レトルトパウチのようなエコ形式です。これは原料以外の無駄なコストを徹底的に削減した結果とのこと。女性用化粧品にはあまり見られない形式なので、男性らしい化粧品という感じです。

スッキリとしたシルバー×白の下地に、「BULK HOMME」の黒字のロゴ。部屋や洗面台に置いていても景観を損なわず、男性らしいオシャレ感を演出してくれます。

使用感が好評!

使用感が好評!

スキンケア用品では、その効果はもちろんですが、「使用感」も大きなポイントですよね。多くの男性は、「いかにも化粧品を使ったような」感覚は好まないため、バルオクムでは、さっぱりとして何もつけていないかのような軽い使用感を実現しています。

例えば洗顔のときに顔のつっぱりを心配することなく、かつてないほど快適な洗顔をすることができます。その秘密はBULK HOMMEに配合された加水分解シルクにあります。

加水分解シルクは絹の原料である蚕から生み出されるたんぱく質ですが、これを水に溶かすことによってつくられます。お肌への浸透力に大変優れており、乾燥肌の予防に抜群のパワーを発揮してくれます。

また、BULK HOMMEには特殊な土からつくられたクレイミネラルズという成分も入っています。このクレイミネラルズがお肌の汚れにぴったりと吸いつき、きれいに洗い流してくれるのです。

さらに、乾燥せっけんではなく生せっけんであるBULK HOMMEの泡立ちはとても贅沢にふんわりとしています。濃密な泡でお肌をていねいに洗うため、お肌に余計なストレスがかかることがありません。

アフターシェービングローションとしても使える

アフターシェービングローションとしても使える

バルクオムは、髭剃り後のケアとして化粧水と乳液のどちらも使用できます。ヒリヒリしないように、メントールなどの清涼成分は配合されていません。髭剃り後は特に肌荒れにつながりやすいので、しっかりとケアしていきましょう。

ほのかでセクシーなフレグランスを採用

男性用化粧品と言えば、スッキリとしたメンソール系が多いイメージがありませんか?整髪料や髭剃り用のジェル、床屋さんの匂いのイメージが強いですね。いかにもサッパリ清潔感!と言った香り。

それはそれでいいのですが、何だか古臭い…というかオジサン臭さを感じてしまいがちで、女性もそう感じている人が多いと言います。

特に若い男性は「いかにも男性」というよりもユニセックスな自然な香りを好む傾向になりつつあり、逆にメンソール系の香りは苦手という人も増えてきています。

そんな声を受け、バルクオムは全体的に少しだけ甘めのセクシーなフローラル系フレグランスを採用しています。といっても甘甘ではなく、ごくほのかなものなので鼻につくようなことはありません。さっぱりとした甘さと言えるでしょう。

男性が甘めの香りをつけているのは、女性からしてもけっこう好印象だったりするので、バルクオムはお洒落な香りという面でも人気が高いようですね。

スキンケア成分

幹細胞エキス以外にも、スキンケアに効果的とされる成分が贅沢に配合されています。

トレハロース

この化粧水の保湿成分は、BG、グリセリン、トレハロース。3つとも安全性の高さが評価されている低刺激性の保湿成分ですが、とくにトレハロースには高い水和力があります。BGやグリセリンにも吸湿性があるので保湿効果にはすぐれますが、トレハロースの方が力としては高いようです。

グリセリンは周囲が乾燥しているときには力を発揮しにくい性質があり、乾燥する季節には保湿力が物足りなく感じることも。その点、トレハロースは外気に左右されず、肌に優しく被膜をつくるような働きで潤いを守ることができます。

個人的に、トレハロースを配合している化粧水は乾きにくいと感じます。乾燥が強くなってくる季節には、必ずトレハロースの入っている化粧水を選んでしまいます。

温泉水

成分として配合されている「温泉水」。普通の水とわざわざ分けて温泉水を使用する意味は、浸透力やミネラル含有の特徴が美肌に効果的と言われているからです。

温泉の効能は多くの人が体感したことがあると思いますが、普通のお風呂に入るよりも肌がツルツルしたり、肌荒れが治まったりする変化がおこります。それは、普通の水より豊富なミネラル分が含有され、肌への浸透力も異なっているからとされています。

バルクオムの化粧水に使用されているのは玉造温泉水。玉造温泉と言えば、美肌の湯として古くから有名です。

ユズ果実エキス

手作り化粧水の材料としても人気のユズですが、成分にはグルコシルセラミドという植物性セラミドを含みます。トロっとした保湿性のある糖類で、肌に優しい潤いを与え、キメを整える働きがあります。

また、抗炎症作用や細胞活性作用もあると言われています。

チャ葉エキス

ユズと同じく手作り化粧水の原料としても使われるお茶の葉。緑茶、ウーロン茶、紅茶などの元になる茶葉から抽出されたエキスです。茶葉には渋み成分のタンニンが多く含まれますが、タンニンには肌を引き締める収れん作用が知られています。

それに加え、抗菌作用もあります。毛穴の開きや吹き出物のできやすい肌を整えるケアに向いている成分として、多くの化粧品で重用されています。

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

セイヨウシロヤナギ樹皮は成分の中にサリシンというものを含みますが、サリシンは肌の酵素と結びつくとサリチル酸に変化します。サリチル酸は、古くなった角質をやわらげ、肌のターンオーバーを促進する作用があります。

年齢とともに肌のターンオーバーは遅く弱くなり、肌の表面に古い角質が残ってゴワゴワと透明感のない状態になりがちです。セイヨウシロヤナギ樹皮エキスは、サリシンの穏やかな作用で肌の生まれ変わりを助ける成分として期待されています。

加水分解シルク

天然のアミノ酸が豊富で、肌の表面に吸着して保護をする働きがあります。バリア機能の弱った肌を保湿し、バリア機能を助けます。メラニン色素生成に関わる酵素チロシナーゼを抑制する作用も知られています。

バルクオムの口コミから分かる使用感は?

バルクオムは、ゼリー飲料?水素水?と言いたくなるようなパウチパッケージが特徴的ですが、何となく「他とは違うな」と感じさせてくれる反面、その分気軽に手が出しにくい感じもあります。

そこで実際に購入した人の口コミをチェックしてみると、次のようなものが多かったです。

  • さっぱりしているのに潤う
  • 嫌なべたつきがない
  • 脂っぽい肌がサラッとする
  • 毛穴が目立たなくなった
  • シェービング後でもしみない
  • 香りがいい

では、実際に使用した男性たちの口コミを見てみましょう。良い口コミから悪い口コミまで中立な立場でリアルに記載したので、参考にしてみて下さい。

肌にハリがでた

うるおいのある肌と、無い肌では、「ハリ感」はだいぶ違います。バルクオムでしっかりうるおいが補えると、表面の乾燥だけではなく、肌にハリがでた感じがする!という声が多数です。

ハリのある肌は、若々しさを演出してくれますから、使った人の満足度も高くなるようです。

肌荒れしにくくなった

日常的に洗顔料やローションなどのスキンケア用品を使っていた男性が、バルクオムに変えたときに感じやすい効果が肌荒れの減少です。

市販の、とくにコンビニなどで売られている安価な洗顔料やローションの場合、とにかく皮脂を取り除こうとするものが多いため、肌状態によってはかえって肌荒れの原因となってしまうこともあります。

洗浄力が強いタイプは乾燥肌気味の男性にとってさらなる悪化につながりますので、自分の肌質にとって洗浄力が強過ぎるものには注意しましょう。

バルクオムでは、不要な皮脂は取り除きつつ、必要以上には取り除かずに保湿力をアップしてくれます。すでに他のコスメを使っていた人ほど、その効果が実感できるのかもしれませんね。

ニキビがマシになった

バルクオムは、ニキビに効果ありという声もあります。過剰な皮脂の取り過ぎや肌に合わないコスメの利用などでおこっているニキビなら、早くに効果が実感しやすいかもしれませんね。

ただ、ニキビの原因は複雑で、様々な要因が絡んでいるため、スキンケアだけで治すのは難しい場合もあり、個人差が大きい感想と言えるでしょう。

使用感やパッケージデザインも含め、全体的には好評な口コミが多いバルクオム。ここまでで「バルクオム、ぜひ使ってみたい!」と思った男性の方もいるかと思います。

しかし、一方では、悪い口コミも。デメリットの部分もしっかり把握しておきましょう。

肌荒れがひどくなった

この手の口コミは、コスメ全体に必ず上がってきます。万人に合う商品はあり得ませんから、どんなに好評なものでも、それによって肌が荒れてしまう人は現れるものです。

敏感肌やアトピー肌などの肌アレルギーが個人の体質によるものであるように、その人の肌質に合わなかったのが原因ということになります。

肌がもっちり&ニキビが減った

「さっぱりしてるのに潤い、嫌なベタつきが全然ありません。使うほどに肌がもっちりとし、ニキビが減りました。とてもいいです」

化粧水の悪いイメージを変えてくれた

「さすがメンズ用だけあって、使用後のベタつきがなくさっぱりしています!これまで女性用のを使ってベタベタする感じが気になっていて、化粧水にあまり良いイメージが無かったのですが。これのおかげでポジティブな印象に変わりました」

保湿力や皮脂バランスの調整の良さ、使用感の良さ、香りの良さが好評の化粧水のようです。男性は皮脂の分泌が多い傾向がありますが、水分量は女性より低いと言われています。みずみずしさの無さをカバーするために脂が頑張って肌を保護しようとするので、そこに化粧水で適度な水分を与えてあげるとバランスが良くなって肌が落ち着きます。

バルクオムは成分も良質で、とくに化粧水は口コミでも高い評価を受けているようです。低い評価の口コミの方も、化粧水の品質や使用感に対して悪く評価しているものはほとんどありませんでした。

しっとりモチモチ髭剃り後にもしみない

「しっとりと潤い、いい感じに肌がモチモチとします。夜に使うと朝までしっとり感が続きます。髭剃り後にもしみず、肌に優しいと思います。それに、フローラルな香りやとろみのあるテクスチャーも気に入っています」

保湿力は高いがベタつかない

「これまで使った化粧水の中で一番保湿力がありました。でもべたつきません」

これだけでもモチモチと潤う

「夜の入浴後に使っていますが、翌朝の肌がモチモチと潤います。乳液は使わずこれだけですが、それでも効果を感じます。トロっとしていますが、なじめばベタベタせず、肌にうっすら覆ってくれているような感覚になります。難点は価格だけ。もう少し安ければと思います」

脂が落ち着きサラサラ肌に

「朝のシャワー後に使っていますが、つけると脂のギラつきが落ち着いてサラサラの肌になります。パッケージはできればボトルがいいなと思いますが、捨てるのは楽ですね」

シェービング後の肌にもしみない

「洗顔中にシェービングをするのですが、顔をすすいだ後すぐにこの化粧水を使っても全くしみません。シェービング後の肌にもヒリヒリせず使えるので愛用しています」

毎日負担なく使える

「肌はしっとりとするけどベタつかず、毎日負担なく使えます。あとは容器がおしゃれでシンプルなのが気に入っています」

ベタベタしない使用感と素敵な香りが◎

「色んな化粧水を試してみましたが、結局これに戻ってきました。ベタベタしない使用感と素敵な香りが気に入り継続使用しています。パッケージも透明でおしゃれです。今後もリピートしたいです」

シェービング後の乾燥対策に

「30代半ばからシェービング後の乾燥がひどくなって化粧水を使い始めました。何種類か試しましたが、これまでの中で一番好きです。少しとろみがありますが、べたつかずに1日中乾燥を防いでくれます。髭剃り後もヒリヒリすることなく使用ができました。香りはほのかにありますが、人に不快感を与えるようなものではないと思います」

ニキビは改善されなかった

ニキビに効果ありという口コミで購入したけど…自分は無理だったという声も。これも、ニキビの要因が様々なので、当然出てくる口コミです。この口コミを書いた人は、あきらめて美容皮膚科へニキビ治療に行くとも書いていました。

ニキビの場合はコスメに頼るより、病院の方が確実な場合も多いので、賢明な判断と思います。もしニキビに効果的な化粧品を探しているのであれば、バルクオムよりもニキビ専用スキンケアをおすすめします。

ニキビの原因であるアクネ菌などを殺菌できる効果のある薬用・医薬部外品をおすすめします。

バルクオムの口コミ総評

口コミでは「ベタつかないのに潤う!」「髭剃り後の肌でもしみない」という声が多かったですが、これはメンズコスメでは絶対はずせないポイントかもしれないですね。女性でもベタベタするのは嫌ですが…男性の場合は化粧もしないし、スキンケアコスメ使用後の肌の質感がダイレクトに見えるので「ベタベタ」は避けたいところです。

でも、保湿をしっかりさせようとすると、どうしてもベタつきやすい使用感になったりもしますが、そこはやっぱりメンズ専門スキンケアブランドならではの処方で「男性の肌を魅力的に見せる技」をよく知っているようです。

なお、口コミで不満があがっていたパウチパッケージは、たしかに慣れるまで量の調節が難しかったり、保管しにくかったりということがありそうですが、捨てやすいとか使い切りやすいという面ではいいのかもしれません。

まとめ



バルクオムの良い口コミも悪い口コミも紹介しましたが、いかがでしたか?全体的な口コミから見ると、バルクオムは満足度やリピーター率も高いスキンケアシリーズと言えます。なぜ多くの方からおすすめされているかが分かったかと思います。

美容成分も贅沢に配合され、使用感の良さも好評。ちょっと高級ですが、肌への低刺激や持続性の美容成分も含め、さすがに魅力的な感じがします。乾燥、ダメージ、髭剃り後のケア、毛穴やベタツキが気になるとき、幅広い肌ケアに向いていそうな印象ですね。

けれど、必ず自分の肌質に合うとは限りません。繰り返しになりますが、これはどのスキンケア製品にも言えることで、万人の肌質に対応できるコスメはないということです。評判にとらわれず、自分の実感を信じて商品を選びましょう。

お試しをする際には、とりあえずはまず商品についている説明書通りに使用し、丁寧にしっかりと使いましょう。そうしないと、その実力が確かめられないままで終わってしまいます。それでも合わないと感じた場合、それは肌との相性の問題です。

男性からすると一見して高そうに見えがちですが、トータルケアコスメとしてのコスパは非常に良いと言えます。

男性用スキンケア
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆