化粧品成分『セラミド』の効果とは?口コミからわかるセラミド配合化粧品の選び方

化粧品成分『セラミド』の効果とは?口コミからわかるセラミド配合化粧品の選び方

敏感肌や乾燥肌に『肌バリア効果』として注目を浴びている『セラミド』。スキンケアに力を入れている人なら、一度は効いたことがある成分ではないでしょうか?実際に、化粧水をはじめ多くの化粧品に配合されています。

  • セラミドでお肌が潤う
  • セラミドのバリア効果で…

という謳い文句で表記されているスキンケアやヘアケア商品が増えてきました。「で、セラミドってなんなの??」と聞かれると、なんとなくイメージはついても実際に何なのかを説明するのはなかなか難しいですよね。

今回は、そんなスキンケアとしても代表的な美容成分『セラミド』の効果を具体的に詳しく説明したいと思います。ぜひこの機会にセラミドが配合された化粧品に興味を持ってみて下さい。



セラミドの肌への効果と働きは?

セラミドは、肌の角質層の細胞間脂質を構成する脂質の1つです。つまり、セラミドは人間の肌に元々存在している「天然の脂」。他の脂質と協力し、細胞同士を結び付けるセメントのような働きをする脂質の1種で、肌のバリア機能の強弱や潤い力に対して大きな働きをしています。

セラミドの肌への主な効果と働きは以下の2つです。

  • 肌のバリア機能を構成する細胞間脂質の主役として肌を外部刺激から守る
  • 角質層の潤いが逃げないようにしっかりと水分をつかまえて維持する

細胞間脂質とは?

肌の上層部をおおっている角質層は、細胞がレンガのように積みあがって作られていますが、その細胞同士をしっかり密着させて綺麗で頑丈な層を守っているのがセラミドを中心とした細胞間脂質です。

つまり、角質層で細胞と細胞の間で保持されている脂質と水分で、肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできているので、その一つ一つを繋ぎ合わせている接着剤のような存在。

この細胞間脂質の働きが不十分になると、細胞同士が離れやすくなって、すぐにバラバラになるようなもろい層になってしまいます。

細胞同士にすき間が開けば、そこから肌の水分が蒸発したり、反対に外から簡単に色んなものが入り込みやすくなったりしてしまい、肌のバリア機能が健全に保たれなくなります。

細胞間脂質の構成

「細胞間脂質」は、1種類のものからつくられているわけではなく、セラミド、遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステル、糖脂質などが合わさって作り上げられたものです。そのうちでセラミドは全体の約50%を占めるうえ、保水や肌環境の維持に一番深く関わる脂質と言われています。

脂質と言っても皮脂とは別物

「脂質」と聞くと、脂性肌の人には関係がない…という感じもしますが、表面に分泌されている皮脂と、角質層内でバリアを形成しているセラミドは別物です。

角質層のバリア機能の低下により、表面で皮脂が盛んに分泌されてフォローをしようとしている場合もあるため、脂性肌の人であってもセラミドが不足しているというケースは多いようです。そのような状態は「インナードライ肌」と呼ばれます。

反対に、セラミドが充実し、細胞間脂質がしっかりとしていると表面に必要以上の皮脂が分泌されることはなくなり、潤い感はあるけどベタつかない、いわゆる「普通肌」になりやすいと言われています。

セラミドの働き

セラミドは肌の保湿機能の改善や、水分が蒸発するのを防止したり、外部からの刺激や細菌の進入から防御する働きがあります。これは、セラミドが角質層においてバリアとして機していることになります。簡単に言えば、大きな意味での保湿ですね。これにより乾燥肌や敏感肌の肌トラブルを防ぎ、潤いのある健康的な肌を保ちます。

また、セラミドの美肌効果としては、メラニンの生成を抑え、シミやシワも防ぐといわれています。綺麗な美肌を作るには重要な役割を果たすということが報告されており、セラミドは美肌には欠かせない成分なのです。

セラミドは加齢とともに不足する

セラミドは加齢とともに不足する

若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれています。しかし、加齢や気候の変化、環境の変化などによってセラミドの量は徐々に減ってしまいます。バリア機能の要である細胞間脂質の多くを占めるセラミド。そんな大切なセラミドが不足すると、

  • 角質層が水分を保てなくなって乾燥する
  • 全体にハリや潤いがないカサカサとした印象の肌になる
  • バリア機能が弱くなり、簡単に肌荒れをおこす敏感肌に傾く
  • 細菌が入り込みやすくなって皮膚炎やニキビトラブルをおこしやすくなる

などの状態になる可能性があります。セラミドが減ると肌のバリア機能が弱まるため、表皮から一部が剥がれ落ちてしまい、粉をふいたようななかなか治らない肌荒れの状態になってしまいます。

研究によっても、乾燥肌や敏感肌、荒れ肌ではセラミドが著しく少なくなっていることが報告されています。バリア機能は、美しく健康な肌を保つためには一番重要な働きです。角質層のバリア機能が弱くなると、その下にある真皮にも紫外線や外部刺激が及びやすくなり、結果として、

  • コラーゲン繊維が壊れやすくなってハリや弾力が失われる
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを産生する繊維芽細胞がダメージを受ける
  • 肌の老化が進みやすくなる
  • 肌を守るためのメラニン色素が発生しやすくなる

などの間接的な影響も。角質層でのセラミドは、肌全体の機能を保つ大切な役割を担ってくれているのです。

セラミドはアトピー肌、敏感肌、乾燥肌、湿疹にも効果的

肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる肌の乾燥、湿疹、肌荒れなどにはやはりセラミドが不足していることが確認されています。また、アトピー性皮膚炎の人や乾燥肌の人は、生まれながらにして元々セラミドが少ないという特徴があります。

そのことで肌のバリア機能が著しく低下してしまい、肌内部から水分が失われやすくなるのです。結果的に肌が乾燥し、抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなります。抗原が肌に侵入するとアレルギー反応が起こり、肌ではかゆみや炎症などの様々な問題が生じます。

特にアトピー性皮膚炎や敏感肌・乾燥肌の人は、高濃度セラミドを配合した化粧品でのケアがおすすめです。

公式:敏感肌に超保湿!セラミド配合「つつむ」

詳細:POLAディセンシア『つつむ』は敏感肌用のセラミド化粧品!体験レビューと使用者の口コミ

セラミドの種類

セラミドの種類

元々人間の肌にあるセラミドには、いくつかの種類があります。

セラミド1

細胞間脂質を強化する役割があり、セラミド1が不足すると、角化症、アトピー性皮膚炎、魚鱗癬(ぎょりんせん)などの皮膚病になりやすいという報告があります。

セラミド2

セラミド類の中でもとくに「保水」の力に大きく関わると言われるセラミドで、乾燥肌対策、エイジングケア対策ではもっとも重要視されているセラミドです。

セラミド3

セラミド2とともに外からの外部刺激を防ぎ、保水維持に関わるセラミドです。

セラミド4、5、6Ⅱ

セラミド4~6Ⅱには、ゴワゴワした古い角質層をやわらげる働きがあります。

これ以外にもセラミド7、8、9などセラミドには様々な種類があり、まだ存在が知られていないものもあるのではないかと言われています。



化粧品成分としてのセラミドの効果とは?

化粧品成分としてのセラミドの効果とは?

現在は、人間の肌に存在するセラミドと同様の構造を持つセラミドがつくりだせるようになり、化粧品成分としても大いに活用されています。

それらのセラミドは「ヒト型セラミド」と呼ばれ、成分表示上はその種類によって「セラミド1」「セラミド2」のように示されるか、構造を表すアルファベットで「セラミドEOP」「セラミドNS」のように表現されています。

ヒト型セラミドは「ヒト型」なだけにとても肌なじみが良く、他の保湿成分や脂質では肌が反応してしまう敏感肌の人にも使いやすいと言われています。

化粧品で外から取り込んだセラミドは角質層内にとどまり、水分を挟み込んで逃がさないようにする仕組みの保湿成分として働きます。

自らに水分を引き寄せる性質の保湿成分とは異なり、使用感がベタベタすることがなく、サラッとした質感になるのが特徴のため、こってりとした使用感が好みの人には「物足りない」と感じる場合もあるようですが、表面ではなく、角質層内の潤いを守るためには一番効果的な成分とも言われています。

天然セラミドとは?

「天然セラミド」と表記されているものには2つのパターンがあり、ヒト型セラミドを指してそう呼んでいることもあれば、動物由来のセラミド類似成分のセレブロシド(主に馬由来のウマスフィンゴ脂質)を指してそう呼んでいることもあります。

セレブロシドも水分保持の力が高く評価され、肌なじみもよい保湿成分と言われています。

疑似セラミドとは?

ヒト型セラミドや天然セラミドは肌なじみの良さや効果の高さが評価されていますが、難点としては原料費が高価なことです。そのため、ヒト型セラミドがそれなりの濃度で配合されている化粧品は全体に高級志向。

セラミドを使ってはみたいものの、コスパの問題でそれが叶わない…という人のために比較的安価な化粧品によく使われるのが「疑似セラミド」です。

米ぬか由来のコメヌカスフィンゴ脂質や、化学合成されたセラミド類似物質などがあります。それらは、ヒト型セラミドには敵わないものの、肌のバリア機能を助ける働きに優れ、使用感のよさも人気の成分になっています。

参考:セラミド配合の化粧水はどんな人におすすめ?原液や高濃度の方が効果的?

口コミからわかるセラミド配合化粧品の選び方

口コミからわかるセラミド配合化粧品の選び方

色々なセラミド配合化粧品に寄せられた口コミを見ていると、そこにはある共通点が…

セラミド配合化粧品Aの口コミ

「ずっと乾燥肌に悩んでいて、セラミドがいいよと以前から聞いてはいたのですが…セラミド化粧品を使ってもイマイチ効果を感じたことがありませんでした。けれど、これはとても良かったです。肌がしっとりというより、ふっくらとして、モチモチした感じになります」

セラミド配合化粧品Bの口コミ

「セラミドは乾燥肌の改善にいいと聞いて期待していたのですが、特別な効果を感じませんでした。これだったらプチプラの化粧水の方がしっとりするかも…」

セラミド配合化粧品Cの口コミ

「以前いくつかセラミド配合化粧品を使って大した効果を感じなかったので、セラミドにはあまりいいイメージがありませんでした。でも!こちらのシリーズはお肌がしっとりモチモチになります!やはり高濃度配合がいいということなのでしょうか」

これらの口コミを見ていると、「セラミド配合化粧品なら必ず潤い力が高い、効果を実感しやすい」というわけでは無さそうで、とくにヒト型セラミドはそれなりに高価な成分なので、化粧品によってはかなり低い濃度で配合されているという場合もあるようです。

濃度が開示されているものはそう多くありませんが、成分表示の上の方にセラミドが上がっているというのは1つの目安になるようです。ほんのわずかにセラミドや疑似セラミドを含んでいるだけでも、「セラミド配合」とアピールしてあるコスメもあります。

セラミド配合化粧品を選ぶ際は、「セラミド配合」の言葉だけでなく、商品全体の成分や特徴・口コミなどもチェックしたり、実際のお試しで比べてみたりして選ぶのがおすすめです。



セラミドまとめ

  • 肌の保護バリア機能・保湿効果(肌荒れ・乾燥肌の改善)
  • アトピー性皮膚炎症状の改善
  • シミの美白効果、シワの抑制

健康的で綺麗な素肌を目指すなら、ぜひセラミド配合の化粧品を積極的に使ってみて下さい。もちろん効果実感には個人差がありますが、科学的な根拠があるのは間違いありません。

公式:高濃度セラミド配合美容液

詳細:セラミド高濃度配合!ジュランツの導入美容液『セラリッチミルク』の効果と口コミは?