ドクターズコスメのフラーレン美容液!フラセラ「アンフェイディングセラム」の効果と口コミ

      2018/01/12

ドクターズコスメのフラーレン美容液!フラセラ「アンフェイディングセラム」の効果と口コミ

いくつになっても透明感とハリのあるお肌。憧れますよね。

そんな女性たちに注目を浴びているのが、優れた抗酸化力を発揮するとされるフラーレン。ノーベル賞まで受賞した優れた働きを応用し、お肌の様々なトラブルに、アンチエイジングにと期待の成分。

フラセラ「アンフェイディングセラム」は、そんなフラーレンを高配合した美容液で、美容皮膚科の専門医開発のドクターズコスメです。

公式:アンフェイディング セラム

美容医療の視点を生かしたその効果は?愛用者の口コミは?様々な面から検証してみます。

アンフェイディングセラムの特徴

アンフェイディングセラムの特徴

ひとまず、アンフェイディングセラムの特徴をザッとご紹介します。

  • 活性酸素によるお肌の老化や肌トラブルに効果的
  • フラーレンをメインに注目の美容成分をぜいたくに配合
  • 治療レベルの水準を目指した美容液
  • 美容皮膚科専門医の女医さんによる開発

フラーレンは、お肌のトラブルや老化の原因となる活性酸素にアプローチできる成分とあって、それを高配合したアンフェイディングセラムは幅広い肌悩みに期待ができそうな感じです。

自らが多くの女性たちの治療を行う美容皮膚科医の開発、しかも彼女自身も美肌を追求し続ける美人さんということもあって、その信頼度は高いようです。

アンフェイディングセラムは他の美容成分との相乗効果により、こんな人にとくにすすめられている美容液です。

  • お肌の色ムラが気になる人
  • 毛穴の目立ちが気になる人
  • お肌にハリと活力の欲しい人

活性酸素とお肌の関係

活性酸素とお肌の関係

活性酸素は、人間が生きていく上で必ず体内に発生するものですが、それが増えすぎると細胞を傷つけ、様々な病気や肌トラブルを引き起こすと言われています。

細胞が酸化するということで、「体のサビ」なんて呼ばれたりもしていますね。その活性酸素に対抗できる力のある成分を、「抗酸化成分」と呼びます。

美肌に欠かせないとされるビタミンCやEもその一種。動植物の色素のもとになるポリフェノール類などにも、抗酸化力の高いものが数多く知られています。

シミ、シワ、タルミ、くすみ、毛穴の開きなどの肌トラブルは、元をたどれば活性酸素が大きな原因となっています。

活性酸素は人間が生きていく上では常に発生し続けるものなので、優れた美容医療で一時的に美肌になれても…毎日の積み重ねにより、またトラブルは発生してしまいます。

ということは、やはり日常の化粧品によるケアで、毎日地道に活性酸素対策をする必要がありそうです。


フラーレンの力

フラーレンの力

上にも書いた通り、抗酸化作用のある成分は数多くあり、化粧品原料としても様々なものがたくさんの商品に使用されています。

ビタミンCを代表に、富士フィルムの赤い化粧品シリーズでおなじみのアスタキサンチンも、非常に高い抗酸化力を持っています。

けれど、フラーレンはその働き方が他のものと異なり、それらの物質よりも長い時間安定した高い抗酸化力を発揮できるということで、大変注目をされているのです。

ビタミンCなどの物質は、自らが活性酸素による酸化を引き受け、その害を中和させます。

一方、フラーレンは、掃除機のように活性酸素を吸着し、自らがダメージを受けることなく活性酸素を除去する力があります。

参考:美容皮膚科医おすすめ化粧品成分『フラーレン』の効果は超美白!?

そのため、その力は一時的なものでなく持続し、11時間もの間安定した力を発揮することができると言われています。

ということは…1日2回、朝晩のお手入れにフラーレンを取り入れることができると、ほぼ1日中、お肌の中でコロコロとサビを取り除いてくれるイメージとなり…それが理屈通りにいけば、それほど心強い味方はないという感じです。

また、化粧品自体の酸化も防いでくれるため、そちらとの相乗効果も期待できると言われています。

美容皮膚科が専門で自らが女性という強み

美容皮膚科が専門で自らが女性という強み

お医者さんが開発に携わるドクターズコスメは数多くあります。ですが、皮膚科医が必ずしも美容に詳しいかと言うと…そんなことはありません。

お肌の構造には詳しいかもしれませんが、お肌と化粧品原料の反応や、成分同士の組み合わせということになると、それ一筋に極めた化粧品メーカーの方が、よっぽど深い知識を持っている場合があります。

もちろん、開発には専門の研究員が携わると思いますが、ドクターズコスメが必ずしも優れているわけではないような気がします。

けれど、アンフェイディングセラムの開発者は、美容皮膚科が専門で多くの患者さんの治療を行い、自分自身も医療成分を使った手作り化粧品で美肌を追求していたとあって、実践に基づく成分選びや商品開発ができたという自信があるようです。

せっかくの治療で美肌になった患者さんが、またしばらくすると同じ悩みを持って訪れる…。

お肌は生き物ですから、日常の生活習慣、ストレス、食事、そして誰も避けては通れない年齢による影響で、また同じトラブルがおこってくるのです。

それならやはり…日常でのお手入れが一番重要で、とくに、活性酸素に対抗することこそが美肌最大のカギという結論に達し、その力にもっとも優れたフラーレンをメインにした化粧品つくりが始まったそうです。

アンフェイディングセラムは、フラーレンをメインにした基礎化粧品シリーズ『フラセラ』の中の美容液です。

そのため、よりフラーレンの力をお手入れに取り入れたい!という人は、クレンジングや化粧水、クリームなどと合わせたライン使いも可能となっています。

参考:乳液で洗顔するという新発想!フラセラ『ウォッシュエマルジョン』の効果を実体験から生口コミで!

参考:ドクターズコスメの肌に優しいメイク落とし!フラセラ『クレンジングジェル』の効果と口コミをチェック!

参考:フラーレン高配合化粧水!フラセラ『アンフェイディングローション』の効果と口コミをチェック!

参考:フラセラ『BBモイスチャークリーム』の口コミから期待できる効果とは?

フラーレンと同時配合の美容成分

フラーレンと同時配合の美容成分

アンフェイディングセラムは、フラーレンを中心に、合わせ使いで相乗効果が期待される様々な美容成分がぜいたくに配合されています。

とくにこだわっているのが「年齢に負けない透明感とハリのあるお肌」を目指すということ。

美容皮膚科医が開発ということで、美容医療でも使用される理論実証度の高い成分が中心となっています。

APPS

数あるビタミンC誘導体の中で、もっともお肌への浸透性がいいと言われるものです。美容皮膚科のお医者さんたちは全体的に、APPS好きな人が多いという印象を受けます。「APPS、おすすめですよ」という言葉を、けっこうよく耳にします。

参考:『ビタミンC誘導体』と『APPS(アプレシエ)』の美肌効果とは?

ユビキノン

一般的にはコエンザイムQ10(CoQ10)という名前でおなじみです。

医療用の場合はユビキノンという名前が使われていて、こちらも美容医療で多用されています。高い抗酸化作用があり、細胞を活性化させる働きがあるとされています。

プラセンタエキス

プラセンタエキスは人間や他の哺乳類が赤ちゃんへ栄養をおくる胎盤(たいばん)から抽出したエキスです。

お肌に大切なアミノ酸などを中心に高い栄養素を含むということで、美容医療にも用いられています。保湿・美肌効果が期待できます。

参考:美容成分『プラセンタ』の効果とは?副作用とかもあるの?

パルミトイルオリゴペプチド

アミノ酸由来の成分で、お肌のコラーゲン生成に働きかけ、ハリをもたらす効果が期待できると言われています。

トラネキサム

トラネキサムは主に肝斑(30代40代の女性に多く発生する左右対称のシミ)の改善に使用される成分ですが、一般的な美白化粧品にも配合されています。

参考:お肌のシミ対策に!美白成分『トラネキサム酸』の効果と副作用

エラグ酸

こちらも、美白成分としておなじみです。透明感のあるお肌に導くとされています。

α-アルブチン

美白成分として有名なアルブチンですが、一般的にアルブチンと言えばβ-アルブチンを指すことが多くなっています。

α-アルブチンはβ-アルブチンの10倍のメラニンを抑える効果があると言われ、そのわりに安定して刺激が少ないとされ注目されています。

この他にも、ザクロエキス、ローズマリーエキス、スギナエキス、レモンエキス、マツエキス、エーデルワイスエキスの7つの植物由来美容成分が配合されています。

香りは優しいアロマ使用

アンフェイディングセラムの香りは、天然由来のジャスミンとティーツリーのアロマ精油です。強すぎないスッキリとした香りで、心もリラックスできそうです。

愛用者の口コミは?

愛用者の口コミは?

アンフェイディングセラムを愛用している人は、30代~50代を中心に、20代や60代以上と幅広い層となっています。

20代の段階では、ちょっと早いような気がしますが、どうなんでしょうか。早いうちから取り入れた方が老化を遅くできるのか…そのあたりは正直誰にもわからないところです。

年齢によるお肌の悩みがある世代、とくに忙しい人や外でアクティブに活動している人にとっては、発生する活性酸素に働きかけるとされるフラーレンは、救世主のような感じに思えるかもですね。

私も個人的に、フラーレンが好きです。

アンフェイディングセラムには多くの美白成分を同時配合しているということで、お肌が白くなった、透明感がでてきたという口コミが寄せられています。

とはいえ、効果を実感するためには、それなりの時間と丁寧なお手入れ、UV対策や食事面など、他での地道な努力も必要となってくるでしょう。ただ、やはりドクターズコスメということで値段がそれなりに高いので、使い続けられる人は限られてしまう気がします。

それに、フラーレン以外にも多くの美容成分を含み、主に美白関係に力を入れている商品なので、そこまでのものは求めていないなぁという人は、もっとシンプルなフラーレン商品から試してみる、同じラインの別の商品から試してみるというのもいいかもしれませんね。

単品:アンフェイディング セラム

お試しサイズ:フラセラプレミアムトライアル 1,800円+税

詳細:フラーレン高濃度配合のドクターズコスメ!フラセラ『プレミアムトライアルセット』の効果や口コミは?

なお、毎日の基礎化粧を簡単に済ませたい人は、同シリーズでフラーレン配合のオールインワンゲルがおすすめです。

アンフェイディングセラムに比べて価格が半額以下なので、美容液単体で使うのと比べて本格的な効果は多少薄れますが、フラーレンを気軽に試したい人に向いています。

公式:化粧水+美容液+クリームのオールインワンゲル

詳細:フラセラのオールインワンゲル『マイクロモイスチャーゲル(化粧水+美容液+クリーム)』に期待できる効果と口コミ

また、高い美白効果を狙い、複数の成分が配合された美容液は、お肌が敏感な人や弱っているときには刺激となりやすい傾向があります。

乾燥や敏感肌などの悩みがある人は、まずはそちらの保湿対策をしっかりして、ある程度お肌が整ってから試すことをおすすめします。