手の甲の血管が浮き出る対策!ハンドクリーム『ハンドピュレナ』の口コミは?

顔以外で気になるパーツとしてよく言われるのが「手」。手の甲に血管が浮き出たり、手にハリがなく痩せた感じが気になる…という方は多いですよね。

たしかに、ふっくらと美しい手には憧れますが、ハンドクリームでのケアで美しい手が目指せるのでしょうか?

『ハンドピュレナ』は、手の甲の血管が浮き出る対策用のハンドクリームです。

公式:老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

普通のハンドクリームと何が違うの?本当に効果があるの?口コミは?などなど、『ハンドピュレナ』の具体的な口コミや成分の傾向から、製品の特徴をチェックしてみました。

手の甲の血管が浮き出る対策ハンドクリーム『ハンドピュレナ』の製品概要

手の甲の血管が浮き出る対策ハンドクリーム『ハンドピュレナ』の製品概要

始めに『ハンドピュレナ』の特徴を簡単に見てみると、

  • 手のハリ、潤い、ツヤ、やわらかさをサポートする成分がたっぷり
  • ビタミンCによる抗酸化作用やコラーゲンサポート
  • 塗ることで手の質感アップの働き
  • 血行にアプローチする植物性エキス配合
  • 手のエイジング美容液

こんな感じでした。手の血管が目立つ原因の1つになっている肌状態を緩和し、潤いやハリのある状態を目指す美容液的でリッチなエイジングケアハンドクリームという印象です。

血管への作用が期待されるという植物性成分も配合されているようですが、浮いている血管そのものを治すとか、劇的な効果を期待することは難しいと思われます。

けれど、手の肌の衰えをケアし、ハリ、潤い、ツヤ、やわらかさを今より引き出し、ビタミンCなどでの抗酸化対策をしながら、手の老け印象の加速を予防することは期待できます。肌の表面を綺麗に見せる天然オイルなども配合され、質感のアップも期待できると思います。

手の肌の印象が変わると、同じように血管が浮いていても見え方が違ってきます。自分の肌に合ったハンドクリームで手の保湿やハリのケアをコマメにすると、マッサージ効果で手の血流が良くなり、血管の浮きがマシになることもあります。



『ハンドピュレナ』の口コミは?

『ハンドピュレナ』は2018年の6月に発売されたばかりの新製品です。そのため口コミが少なく、また、即効性が期待できない製品なので、口コミから効果のほどを判断することはまだ難しそうです。

その中で、実際に購入したことがわかる人の口コミを拾ってみました。

手の肌がなめらかになった

「40歳を過ぎてから手が急に老けた気がして気になっていました。ハンドピュレナを使い始めてから2週間なので大きな変化はありませんが、ガサガサしていた手の肌がすごくなめらかになりました」(40代)

『ハンドピュレナ』は、劇的な効果を期待できる製品ではないと思われますが、口コミでは「手がなめらかになった」などを実感した声がありました。この製品は単なるハンドクリームではなく、エイジングケアのできるハンド美容液という感じ。手は普段顔ほどのケアをしないパーツなので、意識してお手入れすると肌状態は変化しやすいと思います。

手にベールがかかったみたい

「血管に対する効果はまだよくわかりませんが、塗ると手にふわっとしたベールがかかったみたいに感じます。なんか綺麗な手になったかも?」(40代)

「即効性」の口コミとしてあがっていたのが「手にベールがかかったみたい」「塗ると手が綺麗に見える気がする」というものです。『ハンドピュレナ』には、手の表面にツヤベールをつくる美容オイルや保護性の高い植物性成分がたっぷり含まれています。ミネラルパウダーも入っているので、塗ることで手にツヤや潤いが出て、綺麗に見せてくれるようです。

『ハンドピュレナ』は、単なるハンドクリームではなく、手に老け印象を与える要素にアプローチするビタミンCや植物性エキスも配合されています。顔の美容液と同じで、毎日のスキンケアとして地道に使っていくのがおススメです。

『ハンドピュレナ』はどんな人におすすめ?

『ハンドピュレナ』が向いている人は?

血管が浮き出た状態は、様々な要因が絡みます。下で少し詳しくご紹介していますが、その原因によっては『ハンドピュレナ』での改善は期待できないと思われます。『ハンドピュアナ』が向いている人は、

  • 年齢とともに手の肌がハリを失い血管が気になるようになった
  • 若くても手の肌のダメージが気になっている
  • 顔の肌以上に手が衰えているようで気になる
  • 血管そのものより手の質感アップを目指したい
  • 手にも顔と同じような美容ケアを取り入れたい

など…。

反対に、向いていないと思われるのは

  • 痩せや筋肉質など体質的原因による血管の浮きを改善したい
  • 劇的な効果や即効性を期待したい
  • 毎日のケアは面倒

などの人です。

『ハンドピュレナ』は顔の美容液と同じで、毎日使用するタイプのクリームです。お薬ではなくスキンケアアイテムなので、肌の老化や衰え以外(体質・遺伝・病気など)が原因の血管の浮きには効果が期待できないと思います。即効性や劇的な効果を求めず、手に顔と同じような地道なケアが行える人向けです。

手の甲の血管が浮き出る原因

手の血管が目立つ原因

手や腕の表面がハリを失い、血管が浮いて見える状態を「ハンドベイン」と呼びます。その原因には複数の要素が関わっていますが、その原因を大きく分けると、

  1. 血管の問題
  2. 体質の問題
  3. 肌の問題

の3つがあります。

血管の問題は、血管そのものが最初から太い、年齢や体質で血管が硬く太くなった、血流の状態が良くないなどがあげられます。血管の太さは個人差が大きいですので、最初から太くて手に浮き上がっていることがあります。また、加齢や高脂血症などの影響で血管がしなやかさを失い、周囲の壁が硬化すると血管が浮き上がるようになります。血流が悪くうっ血しているときも血管は浮き上がります。

体質の問題は、やせ型で手の脂肪が少ない場合や、反対に手が筋肉質だったりしても手の血管は浮き上がりやすくなります。男性の方が女性より血管が目立ちやすいのは、脂肪が少なく筋肉が多いからです。

これらの要因は、残念ながら『ハンドピュレナ』で改善することはできないと思います。では、『ハンドピュレナ』は何にアプローチできるのかと言うと、③の「肌の問題」です。

肌の変化と血管が浮き出る関係

肌の変化と血管が浮き出る関係

手の表面をおおっているのは「肌」です。この肌に厚みやハリがあり、しなやかな弾力と潤いがあると、その下を通る血管は浮き上がりにくくなります。

肌は、脂肪の上に真皮層があり、その上に表皮があり、一番外側の0.2mmほどの部分は角質層と呼ばれます。真皮層の役割は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などによって強力に編まれた肌の土台です。この部分がしっかりしている肌はハリと弾力があり、ピンと張って若々しく見えます。

そして、表皮の角質層の役割は、表面から水分を逃がさないこと、外の刺激から肌を守ることです。角質層が活発な肌はみずみずしくなめらかで、美しく見えます。

しかし、そんな肌の機能は、加齢や紫外線などのダメージによって低下し、肌はハリや弾力を失います。脂肪も年齢とともに付き方が変化し、皮下脂肪は減少して内臓脂肪の方に蓄積されやすくなり、厚みやハリを失った肌の上から血管の形がくっきりと主張されるようになります。

手は、体の中でも一番酷使されています。紫外線にさらされ、あらゆる外部刺激にさらされ、しょっちゅう洗わなければいけないので顔以上にバリア機能は低下し、紫外線などのダメージが真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊していきます。

「顔より手の方が年齢が出やすい」と言われるのはそのためですが、「年齢が出る」というより、年齢以上のダメージが進んでいることもめずらしくはありません。反対に、元々手の脂肪や肌が厚かったり肌質が良かったりすると、年齢にかかわらず若々しい手を保つ人もいます。

これにはかなり個人差が大きいので、20代で手の衰えや血管の浮きを気にしている人もいれば、50代になっても羨ましいくらいふっくらした手の人も。ある程度は持って生まれたものが大きいので仕方ないですが、自分自身の肌の状態を今より良くしてあげることは、『ハンドピュレナ』などを使ったスキンケアや日ごろの心がけで可能です。

私も若いころからかなり「老け手」だったので、気にしている人の気持ちはよくわかります。ふっくら若々しい手にはたしかに憧れますよね。

反対に、若い頃は自慢の手だったという人は、年齢による変化でため息が出ることがあるかもしれません。でも、年齢とか他人と比べてどうこうより、「自分の今より少しでも良い状態に」が美容ケアでは一番大切な要素と思うので、『ハンドピュレナ』みたいな製品で、たくさんの人が前向きなハンドケアができたらいいな…と思います。

『ハンドピュレナ』で望めそうな効果

『ハンドピュレナ』で望めそうな効果

『ハンドピュレナ』の成分を見てみると、非常に多くの保湿成分が含まれています。色んな性質の保湿成分が複合されているので、角質層をふっくら潤わす働きと、肌の表面に膜を張って保湿・保護をする働きの両面が期待されます。

角質層は、肌の表面0.2㎜ほどの薄い部分ですが、この部分の質感が外に与える肌印象を大きく左右します。スキンケアの役割のメインは、角質層を潤わせてふっくらとした質感やハリを与えたり、肌表面に保護成分を与えることで皮脂不足やツヤを補ったりすること。

『ハンドピュレナ』の保湿成分はかなり豪華なラインナップで、特別なものというより、信頼性や安全性の高いタイプがズラリと並んでいる印象です。水分を引き寄せるBG、グリセリン、水分を抱えてプルプル感を維持するヒアルロン酸、粘度の高い保湿力で肌を守るスイゼンジノリ多糖体やポリオクタニウム、肌の細胞同士を密着させキメを整えるアミノ酸など…。

そして、ゴワゴワした肌をやわらげ、水分を蒸発から守るエモリエント性の高いオイル成分もズラリ。これらの働きで、角質層にハリを与え、しっとり感やふっくらとした印象の手の質感をサポートします。

また、血行を促すとされるナツメヤシ種子エキスや、リンパへの作用が期待されたクダモノトケイソウエキスなどの植物性エキスも配合されています。

真皮層への効果は?

『ハンドピュレナ』の効果は、角質層の潤い、ハリ、キメなどに対しては期待できると思います。普通のハンドクリームよりぜいたくな作りで、「手の総合美容液」という感じ。もちろん、普通に手荒れを予防する効果も期待できます。

角質層の印象で手の雰囲気はだいぶ変わるので、手の質感アップや手荒れ防止、なめらかな手を目指すアイテムとしては魅力的とお世辞抜きで思います。
角質層が整うと、血管が浮いて目立った状態も印象が変わり、気になりづらくなることが期待されます。

けれど、手の肌の厚みや弾力のカギを握っているのは、角質層より下の真皮層と、その下の皮下脂肪組織です。真皮層のコラーゲン量やエラスチン量を増やすことができれば、肌の印象はかなり若々しく、たるみが無くハリのある状態が目指せます。

そんな真皮層への効果が『ハンドピュレナ』で期待できるなら…嬉しいですよね。昔はスキンケアでの真皮層へのアプローチは不可能と言われていましたが、最近は成分や処方技術の進化により、真皮層への効果が期待される成分がいくつか登場しています。

ただ、それはまだ研究途中の段階です。様々な研究や実験で、真皮層のコラーゲン量が増えたり、コラーゲンやエラスチンをつくる繊維芽細胞が増えたり…という報告がされてはいるようですが、それを確定できるほどには至っていません。

とくに注目されているのは進化型のビタミンC誘導体や、特殊処方のピュアビタミンCです。真皮層のコラーゲン生成や線維芽細胞の増殖への作用が期待できる成分として、様々なエイジングケアコスメやドクターズコスメ、美容医療の方でも採用されています。

そんな期待のビタミンCが、『ハンドピュレナ』にも配合されているようです。劇的な効果は期待できませんが、使い続けることで、何らかの変化がおこる期待は持てるのかもしれません。ビタミンCには高い抗酸化力や美白作用も期待されます。



普通のハンドクリームとの違いは?

『ハンドピュレナ』は普通のハンドクリームとは違い、「日本で唯一の手の血管対策、老け手の専用クリームです!」と公式ホームページに書かれてありますが、実際にそんな感じはします。

多くのハンドクリームは、「手の表面の保護や保湿」を重視しています。手は顔と違ってしょっちゅう洗いますからね…表面のバリア機能をいかに守ってあげるかがとても重要な部位です。

もちろん、『ハンドピュレナ』もそんな普通のハンドクリーム的な役割も持っています。ただ、他と違うのは、「肌をふっくら見せること」「表面にツヤを出す質感アップの役割も重視していること」「肌の衰えを根本改善すると期待される成分を配合していること」。

手のエイジングケアに必要な成分を与えつつ、外部刺激から守るバリアの働きもし、質感アップの要素も併せ持つ…。「手の血管の目立ち」という多くの人が気にするポイントをメインターゲットにした製品は他にはない気がします。

副作用は?

こちらはお薬ではないので、副作用として特別挙げるようなものはないと思います。ただ、他のスキンケアアイテムと同じで肌に合わないことは考えられます。

成分としては良質で安全の高いものを選んでいる印象ですが、天然由来の成分や精油が多く含まれるので、はっきりとした植物アレルギーのある方は注意した方がいいかもしれません。下に全成分ものせているのでチェックしてみてください。

実は、私自身が個人的に『ハンドピュレナ』は成分的に見てもいいなぁと思って、使ってみたかったのですが、オレンジ系の精油が肌に合わないんです。こちらにはマンダリン果皮油やレモン果皮油やマンダリンオレンジ果皮エキスが含まれているようなので、使用は断念しました。

オレンジ系の精油やエキスは、血行促進作用とか、肌を活性化する作用なんかもあると言われているので良さそうですが…。肌に合わないので仕方がないですね。残念でした。

『ハンドピュレナ』の全成分

水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、トリエチルヘキサノイン(エモリエントオイル)、ナツメヤシ種子エキス、スイゼンジノリ多糖体、クロレラエキス、ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、クダモノトケイソウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アスコルビン酸、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、アルギニン、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ラベンダー油、カニナバラ果実油、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、セルロース、カルボマー、ジメチコン、シリカ、乳糖、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、デカステアリン酸ポリグリセリル-10、PEG60水添ヒマシ油、ウンデシレン酸グリセリル、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄

返金制度があるのでお試しはしやすい

『ハンドピュレナ』には、肌に合わなかったとき、15日使用して効果が実感できなかったときには全額返金が受けられる制度があります。送料はお客様負担になりますが、とりあえず使ってみたいという人には、気に入らなかったときの負担額が少なくなります。

申請は公式サイトの申請フォームから行えますが、25日以内に申請し、製品の容器は使用済みであっても返送しなければいけないので注意しましょう。

ただ、まとめ買いの定期申し込みをする場合は、返金は1個分にしか適応されない感じなので、最初に確認しておいた方が良さそうです。まとめ買いはお得ですが、最初から「3ヶ月は続けてみよう」と決意している人向けです。

たぶん、3ヶ月くらいは使わないと効果は見えてきにくいと思うので、そのつもりがあればお得です。でも、とりあえず使ってみないと…というときは、解約フリーの1ヶ月ごとのお試し定期か、単品購入にしておいた方が安心かもしれません。

製造元は?

『ハンドピュレナ』は、北の達人コーポレーションの製品です。砂糖を使った敏感肌向けのスキンケア『みんなの肌純糖』から始まり、北海道の大自然の元でつくられた自然系成分を生かした独自路線のコスメを色々と開発しているメーカーです。

いつも、「絶妙なところをついてくるな」と感じさせる製品が多くて、「お悩みの根本改善」を目指した製品が並んでいます。

その理論とか、成分とかは、個人的にいいなって思うものが多くて、お試しのしやすい制度とかもあるので好印象ですが…。

毎度インパクトの強い広告だけはちょっと苦手です(笑)そこまで「お悩み」を悪く言わんでもいいんじゃあない?って、コンプレックスの多い身としては何気にグサッとくるときもあったり、ちょっと大げさにあおり過ぎじゃなあい?って突っ込みたくなったり。

でも、単純に製品の発想とか使っている成分とかはいいなって感じます。写真のビフォワーアフターみたいな変化は期待できないと思いますが…北の達人コーポレーション流の独自発想に期待をかけて「根本改善」を願いつつ、ちょっとリッチな手の美容液って感覚で使うのには良さそう。毎日のケアの積み重ねで手の印象はだいぶ変わってくるかも?と思います。

手の甲の血管が浮き出る対策

手の甲の血管が浮き出る対策

手の甲の血管の浮き出る対策は、『ハンドピュレナ』の使用以外にも、日常でのちょっとした心がけも大切です。

UVケアをする

手はUVケアのしにくい部位ですが、紫外線の影響は肌の表面にシミをつくるだけでなく、内部の真皮層に届いてコラーゲン劣化の原因になります。手のハリを保つためにはUVケアを意識しましょう。手は洗うから、日焼け止めがすぐに落ちてしまいます…。トイレに行くたび塗りなおすのは面倒なんですけど、美しい手のためにはコマメなケアがおススメです。

手の軽い運動で血行を促す

手の血行がとどこおっていると血管が浮きやすいので、ちょっとしたときに軽い運動をして血行を促してあげるのもおススメです。手先を動かすと全身の血流アップにも有効です。

運動と言っても、

  • 手の指を全部開いてパーの形をつくる
  • ゆっくりと少し強く握ってグーにする

これを10回くらいくり返します。

それから、指を開いた状態から数をかぞえるように指を一本ずつ折り曲げ、グーになったら今度は1本ずつ開いていきます。これも少しゆっくりめに数回行うと効果的です。

あと、心臓より下の位置にある手先には血がたまりやすくなります。時々心臓よりも高い位置に上げ、ぶらぶらと手を振る動作も血行を良くして血管の目立ちを緩和します。

全身のリラックスと深呼吸

手の運動だけでなく、全身のリラックスや深呼吸も手の血管対策になるそうです。手に悩みがあると、手を見たときにふと悲しくなったり、人の手と比べて落ち込んだりすることもあるかもしれないですけど、気持ちが暗くなると全身の血行も悪くなってしまうし、最近は肌の老化と精神的ストレスの影響も研究されたりしています。

気持ちを楽に保つことも美容ケアの1つと考えると、悩みに心がとらわれがちなときも切り替えやすくなるかもしれません。

コラーゲンやビタミンCを摂る

肌も血管も、しなやかさやハリを保つにはコラーゲンの存在が欠かせず、コラーゲンの生成のためにはビタミンCのサポートが必要です。また、ダイエットで極端にタンパク質や脂肪分を制限すると、肌も痩せやすくなります。カロリーが気になるときはサプリの活用もおススメです。

ハンドベインは治せる?

手だけでなく、腕の血管もかなり目立って悩みが深刻な場合は、美容医療で治療も行っているようです。足の血管の浮きやコブにも使いますが、レーザーなどで血管を収縮させ、目立たなくする方法です。

ただ、そちらは健康保険適応外のためそれなりの費用がかかり、当然デメリットもあると思われます。信頼できるクリニックを選び、メリット・デメリット・費用などの説明を十分に受けてから検討した方がいいと思います。

まとめ

『ハンドピュレナ』は、血管が目立つような手の状態をケアする専用クリームです。お薬とは違い劇的な効果は期待できませんが、毎日地道に使うことで手の質感がアップし、手の印象を若々しく変えてくれるかもしれません。

公式:あなたの手をふっくらハリのある若々しい手へ導く『ハンドピュレナ』