飲む日焼け止めで人気の『インナーパラソル』。その効果の口コミは?

飲む日焼け止めで人気の『インナーパラソル』。その効果の口コミは?

日差しの強くなる季節。紫外線対策…大変ですよね!

日傘・帽子・サングラス・手袋。長袖のUVカットウェア。日焼け止めは「数時間に1回ぬり直しましょう」とか言うけれど、社会生活をしていたら現実的に難しい。

そんなときの心強い味方が「飲む日焼け止め」。とくに「インナーパラソル」は紫外線対策成分の配合量も多く、幅広い層から大人気のサプリメントです。

公式:夏の飲む美容サプリメント「インナーパラソル16200forUV」

インナーパラソルは口コミでも一番おすすめされている人気の日焼け止めサプリメントですが、でも「日焼け」の状態は人によって様々。

期待できると言われる効果や、友人やネットの口コミをそのまま参考にするのはちょっと危険かもしれません。

この記事では、「インナーパラソル」に期待できる効果と、肌質別の効果的な活用法、口コミを参考にするときの注意点などをご紹介しています。

「飲む日焼け止め」に効果は期待できるの?

「飲む日焼け止め」に効果は期待できるの?

最初に「飲む日焼け止め」の話を聞いたときは少しとまどいましたが、「紫外線ダメージを体内で減らす効果の期待できるサプリメント」と聞いて納得できました。

「効果は期待できるの?」という問いに対しての答えを先に言うと、「ちゃんとした商品で、あくまでサプリメントという範囲の中でならできる」と思います。

『飲む日焼け止めサプリメント』って本当に効果があるの?口コミでの評判は?

ニュートロックサン高配合

とくに「インナーパラソル」は効果的な成分『ニュートロックスサン』もしっかりと配合され、信頼度の高いサプリメントのようですし、「飲む日焼け止め」というか、抗酸化力の高いサプリメントとして、美と健康のサポートとして取り入れるのはよさそうな感じです。

ただ、「これだけで完全な紫外線対策ができるわけではない」「サプリメントの効果実感には個人差がある」ということだけは意識し、自分の肌質や目的に合わせた使い方を判断しながら選ぶことをおすすめします。

ニュートロックスサンなどの成分はアメリカやスペインの皮膚医学の研究に基づいたものですが、日本においてはあくまでもサプリメントです。

薬と違い、サプリメントの場合はすべてが自己責任です。

広告や友人やネットの口コミだけをうのみにして過大な効果を求め、サプリメントを薬のような感覚で使ってしまうと「全然効かない!」「結局焼けてしまった…」なんてことになりかねません。

まずは自分の日焼けタイプや、期待している効果をチェックし、「インナーパラソル」などの飲む日焼け止めを上手に活用してみましょう。


自分の肌タイプをチェック

自分の肌タイプをチェック

一口に日焼けと言っても、人によって状態が異なりますよね。それは持って生まれた肌質によるもので、そのタイプによって必要な紫外線対策も違ってきます。

飲む日焼け止めに限らず、紫外線対策コスメ・グッズを選ぶときには、自分の日焼けタイプを意識しておくのがおすすめ。そうすると、参考にしていい口コミと、参考にしない方がいい口コミもわかりやすくなってきます。

日に当たるとすぐに肌が黒くなる

「私は日に当たるとすぐに色が黒くなってしまう…」と、ネガティブな感じで話す人がいますが、すぐに肌の黒くなる人は本来美肌力の高い人です。

沖縄系の人は、お肌がツヤツヤしていて若々しい人が多いと思いませんか?あれは、強い日差しに対応し、メラニン色素がすぐにつくれる優れた防衛機能を持っているおかげです。

スポーツ選手でもたまに、黒光りするくらい焼けているのに、年齢に負けずお肌ツヤツヤ…って人がいますが、あれも似たような感じの肌質と思います。

適度な範囲のメラニン色素は、お肌を丈夫にして細胞が傷つくのを防いでくれる存在です。

そんなメラニン色素が素早く・肌全体にムラなく発生させられる人は、表皮より奥に紫外線ダメージが入るのを防ぐ力が高いため、真皮層の破壊が少なくてすみ、コラーゲン繊維などの破壊によるシワやタルミがおこりにくいことが多いそうです。

日に当たるとすぐに肌が黒くなる人は、お肌のバリア機能が高く丈夫な人が多いので、ある程度の紫外線対策をすれば、素晴らしく美しいお肌が保てる可能性があるし、年齢もでにくい傾向があります。

マリンスポーツやアウトドアも楽しみやすく、少しくらい日焼けしても、ターンオーバーの力が盛んなうちなら元の肌色に戻ることができます。

ただ、だからと言って気を抜きすぎると、年齢を重ねたときに自然の肌力が対応しきれなくなり、あるところで一気に衰えが…という可能性があるので、それなりのケアはしながら過ごしましょう。

そんなケアのサポートとして、「インナーパラソル」もおすすめ。紫外線ダメージに強いお肌の人なら、これだけでもある程度は対応ができるのかもしれません。

特許成分ニュートロックスサン推奨量配合「インナーパラソル16200forUV」

でも、このタイプの人があげている口コミを真似て、肌がそこまで強くない人がこれを飲んだだけでアウトドアに乗り出すのはちょっと怖いな…と、正直なところ思います。

少し肌が赤くなった後に黒くなる

日本人には一番多い肌質で、日に当たると最初は赤くなり、時間とともにだんだん黒くなっていくタイプです。

「肌が赤くなる」のは、2つの意味合いがあります。

1つは、赤いメラニン色素が多い場合です。メラニン色素には黒系と赤系があって、生まれ持った数が人によって異なります。これは色素の問題で後で黒くなるならそれなりの防衛機能は保てています。

このタイプだと、「飲む日焼け止め」と通常の紫外線対策の合わせ使いがおすすめ。

そうすれば、そもそもメラニン色素が発生する前の段階で止められる可能性が上がり、本当の「日焼け止め」として、白いお肌で夏を過ごすことも可能かもしれません。

これまで必死で頑張っていた紫外線対策を軽くできたり、紫外線対策のできない忙しいときでも「これを飲んでいるから少しくらいは大丈夫かな?」と心に余裕が生まれたりするので、精神衛生上もいいと思います。

自分のストレスにならない範囲の紫外線対策を行い、「インナーパラソル」のような飲む日焼け止めに助けてもらう。そんな感じで取り入れるとよさそうです。

口コミでもそういう人は多くて、その結果「たしかに焼けにくくなった」「お肌に透明感がでた感じがする」「ぬる日焼け止めや日傘も使うけど、これがあると安心感がある」などの声があります。

インナーパラソルの人気の理由は、やはり特許成分ニュートロックスサンの配合量と言えそうですね。

抗酸化作用の強いサプリメントは全身の美容・健康ケア・全般的なアンチエイジングケアとしても使えるので、気軽な感じで取り入れてみるのもおすすめです。


お肌が赤くなるだけのタイプ

紫外線に対して一番深刻なのがこのタイプ。この場合、同じ「赤」でも、色素が赤いというだけの問題でなく、日差しのダメージを防げず肌が火傷による炎症をおこしている可能性があります。

そうなってくるとお肌だけではなく、日に当たると全身が疲れる…なんて場合もあります。

一応メラニン色素は発生するものの、全体に配置するほどの量がないので、浴びる紫外線量が増えるとシミ状の斑点が発生し、黒くなっていない部分からは紫外線が入り込んでしまいます。

このタイプの人は、不便かもしれませんができる限りの紫外線対策を続け、「飲む日焼け止め」はサブと考えた方がいいと思います。

紫外線ダメージは肌に最悪!おすすめの紫外線対策とは?

でも、抗酸化力の高いサプリメントを取り入れるのは全身のケアにもなるので、日焼け止め効果を強く期待し過ぎないなら「インナーパラソル」の利用もおすすめです。

「インナーパラソル」の口コミは参考程度に

「インナーパラソル」の口コミは参考程度に

「インナーパラソル」の口コミにも様々なものがあります。

上にも書いたように肌質や日焼けの状態は大きく異なるので、口コミでおすすめされている理由が必ず自分にもあてはまるということにはなりません。

他のサプリメントは効果を実感できなければ止めればすむことですが、「飲む日焼け止め」の場合は「これさえ飲めば大丈夫!」という感覚になってしまうとかえってマイナスになることもあるので、自分の目的や肌質に応じ、過信し過ぎずお試しをした方がいいかな?と思います。

肌質、紫外線の許容量は人によって大きく異なります。肌質の違う人の美容法を参考にすると、自分にとってはマイナスになってしまうこともあると思うので、注意が必要です。

「インナーパラソル」の口コミや広告でも、「これだけ飲んでおいたら日焼けは大丈夫!」のような内容もありますが、自分のお肌が紫外線に弱そうだなと感じたら、その使い方は真似をしない方が無難だと思います。

公式:【インナーパラソル16200forUV】