エイジングケアにおすすめの化粧水!ジュランツ『リファインリッチローション』に期待される効果の秘訣と口コミ

      2018/01/12

エイジングケアにおすすめの化粧水!ジュランツ『リファインリッチローション』に期待される効果の秘訣と口コミ

高須クリニックの美容皮膚科部門を担う高須英津子さん監修のコスメブランドジュランツ。

アンチエイジングケアには定評があり、根強いファンが多いのが特徴ですが、そんなジュランツの基本となる化粧水『リファインリッチローション』

公式:ジュランツ1番人気!リファイン リッチローション

ターゲット層は、年齢肌が顕著に表れ始める20代後半~30代以降です。

エイジングケア成分として注目される成長因子もぜいたくに配合した「積極的なアンチエイジングケアにおすすめの化粧水」と言えます。

たしかに、効果を実感し長年愛用されている方も多い人気商品のようですが、処方の特性上、肌との相性が分かれると思います。

その注意点もふまえつつ、『リファインリッチローション』の効果や口コミをご紹介したいと思います!

『リファインリッチローション』の効果の秘訣とは?

『リファインリッチローション』の効果の秘訣とは?

こちらのローションに寄せられた口コミを見ると、

  • 浸透性がすごくいい
  • 成分が肌になじんでモッチリとする
  • 内部からの潤い力が高い
  • ハリがでる
  • 小ジワが目立たなくなる
  • 肌全体が若返ったような気がする

などの声が効果実感として寄せられています。その秘訣はどこにあるのでしょうか?

配合成分のラインナップが豪華!

こちらの化粧水の成分のラインナップを見ると、

  • 成長因子(EGF、FGF、IGF)
  • ヒアルロン酸
  • 天然セラミド(セラミド1、3、6Ⅱ)
  • フィトスフィンゴシン
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリチルリチン酸2K
  • ムラサキ根エキス

…なかなか豪華なラインナップです。とくに成長因子が比較的多く含まれているようなので、単純に「保湿によって肌を守る」働きだけではなく、「積極的なアンチエイジングケアのできる化粧水」と言えそうです。

成長因子を化粧水で取り入れる効果とは?

アンチエイジング効果に注目が集まっている成長因子(GF:グロスファクター)。成長因子とは、細胞の増殖や細胞の生まれ変わりなど、生体の活動に影響を与えるペプチド(タンパク質性の物質)の総称です。

とくに、肌に重要とされている成長因子はEGF、FGF、IGFの3つ。EGFは表皮活性、FGFは真皮活性、IGFは成長ホルモン的な役割として肌細胞全体の生まれ変わりをサポートし、EGFやFGFの作用を高めるとされています。

ジュランツのコスメには、これらの成長因子が含まれているものが多く、乳液や美容液にもトータルに配合されています。

そんな成長因子ですが、化粧水によって補うメリットとしては、「肌に浸透しやすい」ということがあげられます。とくに『リファインリッチローション』は浸透力を高めたつくりになっているので、洗顔後の肌をモッチリと、効果的に整える役割が期待されます。

参考:EGFの美肌効果が凄い!細胞が生まれたてのぷるぷるお肌に!?

セラミド合成を促すとされるフィトスフィンゴシンの効果とは?

セラミドと並んで配合されているフィトスフィンゴシン。この成分は、セラミドを構成する物質の1つですが、単独で使うと皮膚内でセラミド合成を促したり、細胞を老化させる酵素の働きを抑えたり、抗炎症・抗酸化などの作用が期待されると言われています。

化粧水で補ったセラミドは角層内にとどまり効果的な保湿成分として働いてくれるものの、肌本来に存在するセラミド量を増やせるというわけではありません。

そこで、フィトスフィンゴシンを合わせることで肌内部のセラミド合成を促す効果を期待し、より積極的なアンチエイジングケアを目指せる配合にこだわっているようです。



高保湿成分の合わせ技での相乗効果が魅力

『リファインリッチローション』には、多くの高保湿の成分たちがバランスよく含まれています。

  • ヒアルロン酸
  • 天然セラミド(セラミド1、3、6Ⅱ)
  • コラーゲン
  • エラスチン

このあたりのラインナップですね…。それから、超基本のBGとグリセリン。この2つは、化粧水の機能を保つためには欠かせないと言ってもいいと思います。これがあってこそ、ヒアルロン酸などの保湿成分も生かされる…そんな基礎となる部分です。

どちらも低刺激性で優れた吸湿性を持つ歴史の古い保湿成分ですが、ただ、ネックとしては「外気の影響を受けやすい」というものが挙げられます。

外の水分を吸着する仕組みなので、乾燥の強い季節や環境だと水分が蒸発しやすくなってしまうんです。その弱点を補えるのがヒアルロン酸やセラミド。

そして、ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンとの合わせ技でその効果が高まると言われています。ヒアルロン酸は水分を自らに蓄えておけるので、外気の影響を受けず、化粧水の水分を維持することができます。さらにセラミドは、水分を逃がさないための細胞間脂質として働けるので、内部の水分を逃がさない役割をしてくれます。

そうやって、働きの違う保湿成分同士が助け合い、肌に水分をキープしてくれる。その配合のバランスが難しいのだと思いますが、やはりそこは皮膚科医目線の強みがあり、絶妙の配合バランスの良さが、『リファインリッチローション』の効果実感の秘訣と言えそうです。

グリチルリチン酸2K&ムラサキ根エキスの効果とは?

成長因子、高保湿成分、フィトスフィンゴシン以外に含まれる有用な成分としては、グリチルリチン酸2Kとムラサキ根エキスがあります。

どちらも薬草由来の成分で、肌荒れを予防してくれます。ムラサキ根エキスは、アンチエイジング成分としても注目され、肌の生まれ変わりを促し、ダメージを修復しやすくする作用があると言われています。

『リファインリッチローション』で肌との相性が分かれやすい理由

口コミでの評価が高い『リファインリッチローション』。芸能人や美容関係者の愛用者も多いようです。

ただ、人によっては、「合わない」と感じる可能性も…。その理由は、「エタノール(アルコール)が比較的多く含まれているから」です。

エタノールを化粧水に配合する効果とは?

エタノールに対しては肌が敏感に反応する人もいるため、最近はエタノールフリーのコスメも増えていますよね。ただ、このエタノール、問題なく使える人にとっては化粧水の効果を高めてくれる成分として働きます。

その一番の作用としては、「浸透性が高まる」ということです。エタノールを少し多めに加えると、本来肌の表面ではじかれてしまうような成分も浸透性が高まり、べたつきやぬるぬる感が肌に残らず、内部がモッチリとするような質感に導くことができます。

それに加え、肌を清潔に保つ力も高いので、基本的な化粧水としての機能がしっかりと安定する利点もあります。

エタノールの多く含まれる化粧水はサッパリ系で乾燥しやすいイメージがありますが、保湿成分に配慮してあればその心配はありません。エタノールが肌を乾燥させるのは表面に残ったときに水分を奪って揮発するからで、保湿成分とともにしっかり浸透させ、その後油分のある乳液や美容液をすぐに使用すればしっとり感を保つことができます。

参考:アルコール配合とノンアルコールの化粧水…何が違うの?

エタノールに敏感な肌質の人は注意が必要かも

ただ、エタノールに元々過敏な肌質の人は、こちらの化粧水は避けた方が無難かもしれません。私自身も完全にエタノール過敏系の敏感肌なので、いくら魅力的な化粧水と感じても、エタノールの多く含まれているものは使用ができません。

ジュランツは別のアイテムを使っている関係で、『リファインリッチローション』のサンプルがついてきたので試したことはあります。

そのときは、とくに刺激はなく問題なく使えました。たしかにすごくいい使用感でした。でも、私の場合は日によって肌の状態が大きく揺らぐタイプなので、毎日使う化粧水はエタノールフリーの敏感肌用を使うようにしていて、『リファインリッチローション』の本使用はしていません。

エタノールに問題が無い人には、成分も使用感も良くて、アンチエイジングケアにはおすすめの化粧水と思います。

『リファインリッチローション』の口コミをチェック

『リファインリッチローション』の口コミをチェック

ここでは、口コミサイトなどを参考に、実際に寄せられた『リファインリッチローション』の口コミを一部要約してご紹介しています。できるだけ中立性の高そうな口コミを選んだので、チェックしてみてくださいね♪

  • 「少しトロミがあるようなサラッとしているような不思議なテクスチャーですが、肌なじみが良くて気持ちいいです。ベタベタはしないのにちゃんと潤いが持続するし、お肌にふっくらとしたハリがでるようです。以前は目の下のちりめんジワが気になっていましたが、今は全然目立たなくなりました」(30代後半)
  • 「テクスチャーはサラッとしていますが、つけると浸透してとてももっちりと肌が手に吸いつくようになります。おかげで乾燥の小じわは目立たなくなるし、肌にハリもでます。アンチエイジングケアには向いていると思います」(40代前半)
  • 「この年齢になると少しいい化粧水を使った方がいいかなと思い、成長因子、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが入っていて、皮膚科医がつくったというこちらを選びました。香りもいいし、適度なとろみがあっていい感じです。予算が厳しいときに他の化粧水を使うときもありますが、やはり叶いません」(50代前半)
  • 「この化粧水は浸透性がいいです。これまではコットンを使っていたのですが、これは手で優しくなじませるだけでスッと浸透して潤いが長持ちする感じです。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどがトータルで入っている化粧水を探していたし、効果も実感できているので満足です」(40代後半)
  • 「エタノールの匂いがけっこうします。使用感はいいローションでしたがしばらくすると荒れてしまい、私の肌には合わなかったようです」(40代前半)
  • 「乾燥が気になっていたら、娘がこれをすすめてくれました。使ってみると、たしかにこれまでの化粧水より潤って、肌がモチモチとしてきました。年齢的に化粧水を変えても乾燥の改善は無理かな?と諦めていたので嬉しいです」(50代後半)

まとめ

成長因子、天然セラミド、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンと、ぜいたくな成分が魅力のジュランツ『リファインリッチローション』。

20代後半~30代以降のエイジングケアにおすすめの化粧水と言えます。

エタノールに過敏な肌質の方を除けば、積極的なアンチエイジングケアの基礎として、ちょっとリッチな気分でお手入れしたいときにはおすすめ!の化粧水です。興味のある方はチェックしてみてくださいね♪

公式:ジュランツ1番人気!リファイン リッチローション

お試しセット:お肌のお悩みに≪ジュランツ・スペシャル・トライアルセット

詳細:ワンランク上のホームスキンケア!ジュランツ『スペシャルトライアルセット』の内容や口コミ

ジュランツ関連記事