口コミ評価の高いドクターズコスメ・ジュランツの美容液『ウルトラセラムⅡ』の効果とは?

      2018/01/12

口コミ評価の高いドクターズコスメ・ジュランツの美容液『ウルトラセラムⅡ』の効果とは?

美容皮膚科医の高須英津子さんが監修したドクターズコスメシリーズ、ジュランツ

中でも実証性の高いアンチエイジング成分が充実した美容液『ウルトラセラムⅡ』が口コミでも人気です。

公式:ジュランツの美容液『ウルトラセラムⅡ』

このアイテム、以前よりもずいぶん値上がりしたな?と思ったら、成分が大幅リニューアルされたんですね。旧商品の『ウルトラセラム』もなかなか高評価な美容液でしたが、リニューアル後はさらに大人女性たちの熱い支持を受けているようです。

なぜ、口コミでの評価がそこまで高いのか?実感する方が多い効果の秘訣とは?

ジュランツ『ウルトラセラムⅡ』がアンチエイジングに効果的な理由とは?

ジュランツ『ウルトラセラムⅡ』がアンチエイジングに効果的な理由とは?

『ウルトラセラムⅡ』は、主に30代以降から増える年齢肌のお悩みにおすすめで、本格的なエイジングケアができる高級美容液です。

口コミでの効果実感の声として多いのは、

  • 肌のハリが出た
  • 肌の透明感がアップした
  • 目尻のシワやほうれい線が薄くなった
  • シミが薄くなった
  • 毛穴が目立たなくなった

などなど。どれも実際に叶えば嬉しい効果ですが、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

効果に実証性の高い成分が厳選されている

この美容液は、専門の美容皮膚科医監修というだけあって、美容医療で実際に使用されていたり、実験や研究などで効果が報告されていたりする成分を重点的に配合してあります。

そのラインナップは、

  • リンゴ果実培養細胞エキス(植物性幹細胞エキス)
  • 3大成長因子(EGF・FGF・IGF)
  • レチノール(ビタミンA)
  • APPS(高浸透性ビタミンC誘導体)

など。どれも、肌細胞の衰えに根本からアプローチすると言われる成分なので、年齢肌のお悩みのケアにはピッタリです。

配合比率や処方や成分の品質が優れている

上でご紹介した成分たちは、現在美容業界全体から熱い注目を集めているので、配合してあるコスメは数多くあります。けれど、それらの成分は単純に配合さえすれば効果が発揮されるというわけではなく、人間の肌に吸収されたときに上手く働けるように、成分の濃度、配合比率のバランス、浸透性、持続性などに配慮されていなければなりません。

その面では、皮膚の構造にとても詳しい専門医監修というのは強みです。しかも、ジュランツの監修は高須クリニック一族の高須英津子さんですから、バックについている母体の大きさが違います。

全国規模で大量の美容成分を扱う大手美容クリニックが絡めば、高品質の成分をお得にまとめて仕入れることができるだろうし、そこは大手の強みがあるかと思います。

リンゴ果実培養細胞エキス(植物性幹細胞)の効果とは?

最近、アンチエイジングケアの要として熱い注目を集めるようになった「幹細胞」というキーワード。再生医療の現場では、実際に幹細胞の仕組みを利用した難病治療が行われています。

そして、化粧品用として開発された植物性幹細胞エキス。このエキスの肌へ期待されている効果としては、

  • 肌細胞の修復を助ける皮膚幹細胞の増殖や活性化
  • 肌全体のバリア機能のアップ
  • とくに目尻のシワなどに効果が期待されている

「幹細胞」は、すべての生命の様々な細胞の素となる細胞の基礎のようなものです。どの細胞も幹細胞から枝分かれし、様々な合成や分解の過程を経て、それぞれの役割を果たすようになりますが、その細胞は損傷したり劣化したりして、全体の働きや数は衰えていきます。

幹細胞は、傷ついた細胞に取って変わることができるので、幹細胞の働きが盛んなほど、細胞の回復力や維持機能が高い…つまり、「老化しにくい状態になる」と言えます。

けれど、そんな幹細胞そのものの機能も数もやはり年齢とともに衰えていきます。そこで注目されるようになったのが、皮膚幹細胞の増殖や活性化にアプローチすると言われる植物性幹細胞エキス。

その原料は、際立って強い幹細胞のエネルギーを持つ植物たちです。この美容液に使用されている植物性幹細胞エキスの原料は「リンゴ」ですね。と言っても、普段私たちが食べているリンゴとは違い、長期間腐らずにみずみずしい果皮を保てることが話題となったスイス産の特殊なリンゴ由来の成分です。

他のリンゴと同じ条件で置かれても、そのリンゴだけはいつまでもハリがあり、色鮮やかでみずみずしい果皮を保てるんだそうです。それは、際立って幹細胞の力が強いから…ということで、同じようなことが人間のお肌の上でもおこすことができたら!と、美容関係者の熱い期待を背負った大人気の成分となっています。

3大成長因子(EGF・FGF・IGF)の効果とは?

「幹細胞」同様に、近年急速に注目を集めるようになった「成長因子(GF)」という言葉。こちらも、元々は遺伝子レベルの研究から発見されたもので、最初に注目されたEGF(上皮細胞増殖因子)を見つけた学者はノーベル賞を受けたほど、医療界にも様々な面で貢献した大発見となりました。

成長因子の正体はペプチド。ペプチドはタンパク質の基礎であるアミノ酸がいくつか結びついたものの総称で、その結びつきの種類や構造により、生体の活動に様々な影響を与えることが知られています。

肌に関する成長因子のうち、とくに注目されたのは、先に書いたEGF、FGF(繊維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様成長因子)の3つ。

EGFは、表皮細胞の修復を助け、FGFは、真皮層でコラーゲンやエラスチンを産生をする繊維芽細胞の増殖を促し、IGFは、細胞の生まれ変わり全体を助ける働きがあります。

この3つを合わせることで、肌の土台となる真皮層のハリや弾力をキープし、その上を覆う表皮層の美しさやなめらかさを守り、肌全体の活力をアップして若々しい状態に導く作用が期待されると言われています。

参考:EGFの美肌効果が凄い!細胞が生まれたてのぷるぷるお肌に!?

レチノール(ビタミンA)の効果とは?

コスメのみならず、皮膚科での治療にもよく用いられるレチノール。重要な油溶性ビタミンであるビタミンAの一種です。

ビタミンAは、肌の健康にとっては非常に重要な働きを持ち、これが不足してくると皮膚や粘膜は正常な状態を保つことができず、乾燥したり硬くなったり、細胞が上手く成育しなくなって薄い肌になったりということが知られています。

ビタミンAを肌に補うことで期待されている効果としては、表皮を丈夫にする、コラーゲン生成を助ける、みずみずしさを保つなどがあり、とくにシワへの効果が注目されています。

APPS(高浸透性ビタミンC誘導体)の効果とは?

ビタミンAと同じく、古くから肌への重要性がよく知られているビタミンC。肌内部に発生するダメージの元を減らし、肌をサビつきから守る働きと高い美白効果、最近ではコラーゲンの発生を促す作用にも注目が集まっています。

ただ、ビタミンCのネックは自らが酸化しやすく、外気に弱いこと。そんなビタミンCを安定した形状で肌に届けるビタミンC誘導体には様々な種類が開発されています。

APPSは、その中でも作用の良さの知られたAPという誘導体の浸透性をさらに高め、化粧品成分としての機能性を充実させたものです。従来型の誘導体に比べ、はるかに高い浸透率と細胞での作用の良さが明らかになっています。

参考:『ビタミンC誘導体』と『APPS(アプレシエ)』の美肌効果とは?

ジュランツ『ウルトラセラムⅡ』の口コミをチェック

ジュランツ『ウルトラセラムⅡ』の口コミをチェック

こちらでは、口コミサイトなどに寄せられた『ウルトラセラムⅡ』の口コミをご紹介しています。(※口コミの文章は、本意を変えないようにこちらで要約した形になっています)

  • 「30代半ば頃からの一番の悩みはほうれい線。口まわりの保湿を重視して色々なコスメを試しましたが、これ!という満足度はなく…。
    そんなとき、年齢によるほうれい線にはアンチエイジング成分が効果的と聞き、ドクターズコスメのジュランツを知りました。美容皮膚科医が選んだ成分なら効果があるかな?と期待…ほうれい線を中心にぬり込んでいると、2ヶ月くらいでほうれい線がほとんど見えなくなりました!肌に刺激が無く、浸透性もよくていい使用感でした」
    (40代前半)
  • 「50代になってタルミの増していく肌を何とかしたいと思い、これを使い始めました。美容皮膚科医の高須英津子さん監修のいうことだったので、効果に期待がふくらみました。
    イメージ的にはコッテリしたテクスチャーと思いましたが、実際はサラッとしていて使いやすかったです。だんだん肌にハリが出てきたなって思うし、シワも薄くなってきました。すごく気に入っています」(50代前半)
  • 「悩みだった開いた毛穴が元に戻ってきました。私の肌悩みにはピッタリだったみたいです。サラッとした質感で、脂性肌の私にも使いやすいです」(50代後半)
  • 「美容皮膚科医の作ったドクターズコスメということでしたが、さすがに質の違いを実感できました。ベタつかず内部が潤うような気持ちいいテクスチャーで、香りもいいし使用感もいいし、いい感じで使い始めました。
    驚いたのは、しばらくすると顔にハリが出て肌に明らかな透明感がでてきたこと。正直、これまで使っていた美容液より全然いいです。これだけ効果が見えるなら、けして高すぎない値段と思いました」(30代前半)
  • 「自分的には一番効果を感じた美容液でした。その分、お値段も一番でしたが(笑)。昔はもっと安いもので十分満足していましたが、やはり40代を迎えるとそれなりのものが必要なのかなと実感してしまいました」(40代前半)
  • 「日焼けしてしまいシミがポツポツできてしまいましたが、これを使い始めてからは薄くなってきました。日焼け後で肌がヒリヒリしていても刺激なく使え、さすがドクターズコスメだな~と思います。香りもテクスチャーも好きです。これでしっかりダメージをケアしたいです」(40代後半)
  • 「美白美容液というわけでは無いですが、私は美白に一番効果を感じました。クスミが抜けて透明感がでてきたって思います。乾燥もしなくなって、全体に肌がふっくらとしてきました」(30代前半)

まとめ

知名度抜群の美容皮膚科医が監修したということもあり、安定した人気や評価をキープするジュランツのコスメ。

『ウルトラセラムⅡ』は1本が8,640円(税込)ということで高級美容液ですが、成分のラインナップを見ると高すぎない価格だと感じます。

アンチエイジングケアの要として、細胞レベルからのケアを取り入れてみたい、美容医療に基づくケアに興味があるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

公式:ジュランツの美容液『ウルトラセラムⅡ』

お試しサイズ:ジュランツ スペシャル・トライアルセット

詳細:ワンランク上のホームスキンケア!ジュランツ『スペシャルトライアルセット』の内容や口コミ

ジュランツ関連記事