コーセー『米肌』の口コミは?ライスパワーの効果でハリ肌に!

コーセー『米肌』の口コミは?ライスパワーの効果でハリ肌に!

昔から「肌を磨く米ぬか袋」なんてものがあるように、日本人は昔からお米の美肌効果を感覚としてよく知っていたようですね。

現在でも、米ぬかやお米の成分を使った化粧品は数多くあり、「効果がある!おすすめ!」といった口コミがとても多いことからも全体的に人気が高いと言えます。

そんなお米の成分の中でも、お肌の潤い保持機能を高める効能を厚生労働省が認可した医薬部外成分ライスパワーNO.11。その効果効能を生かしたコーセー『米肌』は、肌の乾燥や加齢による毛穴の目立ちが気になる人、ふっくらとしたハリのある肌に憧れる人におすすめのシリーズです。

その特徴や口コミ、私も実際に使ってみたのでその使用感をご紹介します。

米肌の配合成分『ライスパワーNO.11』の効果とは?

米肌配合成分『ライスパワーNO.11』の効果とは?

まずは米肌の口コミでも話題になっている配合成分『ライスパワーNO.11』の効果からご紹介します。

米肌(「こめはだ」ではなく「まいはだ」と読みます)のシリーズの中でも、口コミで特に注目されている美容液『肌潤改善エッセンス』。私も、米肌の口コミを調べていた時に知って興味を持ったアイテムです。

そしてこの肌潤改善エッセンスは、正確に言うと化粧品ではなく医薬部外品なのです。

医薬部外品は、薬ではないけれど、ある効果や効能が科学的に実証された成分が配合され、厚生労働省がそれを認可したものに表示できます。

先に書いた通り、米肌の医薬部外成分はライスパワーNO.11エキスです。科学的に実証されたその効果とは、「セラミドを産生し、肌の水分保持機能を高める」ことです。

セラミドという成分はスキンケア製品の口コミでもよく出てきますよね。どんな成分なのかもうご存じの方も多いかと思います。セラミドは肌のうるおいを保つために私たちの体内に存在する重要な成分ですが、年齢や生活習慣の影響によって減少してしまいます。

セラミドが減少した肌は潤いが保てずカサカサ肌に。そんな肌が新たにセラミドを産み出す力を高めてくれる、それがライスパワーNO.11に認められている効果です。

ライスパワーエキスって何?

しかし、ライスパワーエキスっていったい何なの?という感じですよね。その正体は、発酵させたお米から抽出されたエキスです。

発酵させたお米に優れた健康効果・美容効果があることはよく知られていますが、ライスパワーエキスは日本の高いバイオ技術を生かし、様々な発酵法を組み合わせたお米から抽出されたエキスです。

現在は36種類のライスパワーエキスがあると言われ、その中でもNO.11は、肌のセラミド産生を高める効能が認められた注目のライスパワーエキス。簡単に言うと、肌が自ら潤う力を引き出す効果があるのです。

ライスパワーエキスNO.11で期待される効果

そんな注目の成分ライスパワーNO.11ですが、肌の水分保持機能を高めるわけですから、当然乾燥に悩む人には嬉しい効果が期待できます。乾燥が改善されれば小じわも改善されます。

さらにもう1つ、セラミド産生が高まり潤う力を肌が取り戻すと、毛穴が目立ちにくくなるという効果があります。

毛穴と乾燥はあまり関係が無さそうな気がしますが、セラミドが減って水分が蒸発しやすくなった肌は、ハリを失いしぼんだようになります。

ハリを失った肌

みかんを想像してみてください。みかんの皮はデコボコしたくぼみがたくさんありますが、みずみずしく新鮮なときには表面はつるっとして見えますよね。

ところが古くなって皮がしなびてくると、表面のデコボコも目立ってザラザラとした質感に見えます。これと同じようなことが人の肌表面でもおこるわけです。

逆にセラミド量が増え、水分が蒸発しにくくなった肌はふっくらとして、表面の毛穴も目立ちにくくなります。

ハリのある肌

外からセラミドを補うだけでは一時的な効果で終わってしまいますが、肌自身のセラミド産生を高めるとなると、根本的な肌質改善が期待されます。

 米肌の特徴

ライスパワーエキスNO.11をメインにしたコーセー『米肌』は、自ら潤い、毛穴が目立ちにくい肌を目指したシリーズです。

ライスパワーエキスNO.11の効果と合わせ、肌の水分保持機能改善を助ける高い保湿効果が自慢のようですが、そのポイントを口コミとともにご紹介します。

3つの発酵の力

ライスパワーエキスNO.11が米発酵エキスであることはご紹介しましたが、『米肌』には、その他にも発酵の力が活用されています。この発酵は肌に良いという口コミも目立ちましたが、実際はどうでしょうか。

1つはビフィズス菌発酵エキス、もう1つは大豆発酵エキスです。ビフィズス菌発酵エキスには、肌に存在する保湿因子と同様のたんぱく質が含まれ、大豆発酵エキスには、皮膚を保護してうるおいを閉じ込める働きがあると言われています。

人間の肌も米や大豆も、分解すれば同じアミノ酸が含まれています。発酵によって吸収されやすい状態になったアミノ酸が、失った肌の栄養を補給し、水分を保ちやすい健康な肌へ引き上げてくれます。

空気中の水分を引き寄せる美容成分

化粧水で保湿した後の肌がすぐに乾いてしまう…という人は、水分を肌に保持する力が弱く、せっかく補給した水分がどんどん空気中に奪われている状態です。

周囲が乾燥している環境や季節ならなおさらそれがひどくなります。しかし本来、日本は多湿で、空気中には多くの水分が含まれているはずです。砂糖やスナック類を密閉せずに置いておくと、すぐに水分を吸って湿気てしまいますよね。

しかし反対に、置いておくとカラカラになってしなびてしまうものもあります。同じ空気中に置いてあるのに不思議ではありませんか?その差がどこから生まれてくるかというと、それぞれの食べ物に含まれている化学成分の違いが大きく関わっています。

化学成分の中には、空気中の水分を引き寄せ保持する働きのものがあり、それらを含む代表選手が塩・砂糖。その性質を肌にも取り入れることができたなら、空気中に水分を逃がさず、むしろ空気中の水分を引き寄せてしっとりと潤うことが期待されます。

『米肌』には、塩や砂糖に含まれる吸湿成分と似た構造を持つ美容成分乳酸Naとグリコシルトレハロースが配合され、より強力な肌の保湿力をサポートします。

「乾燥肌がすごくしっとりした!」という口コミも満更ではない理由がここにあります。

とくにグリコシルトレハロースは、砂漠に生息する復活草の生命の源と呼ばれる糖類です。復活草は過酷な環境の中で枯れてしまっても、わずかな水分があればそれを自分に取り込み青々とした姿によみがえることができます。

そんな不思議な生態を支えているのが、グリコシルトレハロースの吸湿力だと言われています。

低刺激処方

『米肌』は、肌に優しい低刺激処方にこだわります。「敏感肌なのにしみなかった!」という口コミが多く見受けられますが、その理由もこの低刺激処方からくるものです。

肌に刺激を与える恐れのある香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤を使用せず、肌と同じマイルドな弱酸性です。この低刺激というのも、肌の潤いを取り戻すためにとても重要なポイントです。

セラミドが減少した肌はバリア機能が低下し、通常よりも刺激に弱くなっています。外部からの刺激を受けると肌のターンオーバーが早くなるため、未熟な肌細胞が表面に押し上げられ、さらに刺激に弱くなるという悪循環におちいってしまい乾燥も加速します。

セラミドが減少した肌にはできるだけ余分な刺激をさけ、肌本来の力が育つまで優しく守ってあげる必要があります。

もちろん、どんな成分であっても人によっては刺激になる可能性はあり、中にはお米の成分そのものにアレルギーをおこす人もいるので、低刺激処方だから絶対安心というわけではありません。

「少ししみた」という口コミもありましたので、敏感肌や肌荒れなどの状態によって大きく左右されます。ですが、比較的多くの人にとって刺激になりやすい成分だけでも避けてあるものの方が、乾燥・敏感肌の人にとっては使いやすいと思います。

実際の使用感は口コミ通り?

色々といい成分が入っていそうなのはわかっても…化粧品で一番大切なのは使用感ですよね。

私は以前、しばらくの間『米肌』の基本ラインナップを使ってみたことがあります。その感想としては、「たしかにふっくらとした保湿力でハリを実感」です。

お試しセットは、肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリーム。

お試しセットは、肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリーム。

この中でとくに気に入っていたのが肌潤改善エッセンスです。ライスパワーエキスNO.11をはじめ、発酵の力を生かしたこの美容液、サラッとした軽い付け心地。

たしかに肌がしっかりうるおい、ふっくらとしたハリのある質感になったように感じます。私と同様の口コミを書きこんでいた人も多く見受けられますので、ひどい乾燥肌などの肌質でも実感できると思います。

お手入れの順番的には、この美容液の後にクリームでふたをするわけですが、クリームがいらないのでは?と思うくらい、うるおいのキープ力がありました。

化粧水も少しトロッとした感じなので、保湿の面ではけっこう優れていました。匂いやベタつきもないし、私は敏感肌ですがとくに刺激を感じずに使えました。

以上からも、コーセーの米肌はこんな人におすすめできると言えます。

  • 肌の乾燥がひどい、保湿してもすぐに乾いてしまう
  • 肌荒れ・敏感肌などで刺激に弱い肌質
  • 肌にふっくらとしたハリが欲しい
  • 毛穴の開き、目立ちが気になる

私も含め、米肌を実際に使用した人の口コミは概ね共通していましたので、大きく外れていることはないと思います。

お試しセットは基本の4品14日分+たっぷり潤うフェイスマスクが1枚ついています。これで税込1500円はなかなかお得な価格設定。お試しなのにボトルもしっかりしていたので、持ち歩きにも便利でした。

私はかなり満足できたので、同じように興味が持てた方は試してみてくださいね。

米肌『澄肌美白』は美白スキンケアライン

米肌『澄肌美白』は美白スキンケアライン

『澄肌美白』はその名前が想像させる通りの美白スキンケアライン

薬用成分のビタミンC誘導体やビタミンE誘導体による美白・肌荒れのケアに加え、米発酵エキス、ハト麦発酵エキス、米ぬかエキスなど「発酵」の力もふんだんに生かされた米肌ならではの効果が期待されています。

米肌『澄肌美白』はこんな方におすすめです

  • 肌の保水力を高めるケアと美白を同時にしたい
  • 日本女性らしいきめ細やかで白い「モチ肌」に憧れている
  • 肌全体の調子を底上げしながらジワジワとした美白ケアがしたい
  • 表面がベタつく質感ではなく内部が潤っている感のコスメがいい

米肌『澄肌美白』とは

米肌『澄肌美白』とは

KOSEの人気ブランド米肌(まいはだ)。私は最初「こめはだ」なんだと思っていましたが、「まいはだ」でしたね。読み方はともかく、「お米」の美肌効果に着目したスキンケアブランドです。

数あるKOSEブランドの中でも、米肌は通販限定商品。元々は「お米の潤い力」に注目したブランドで、潤い力重視の通常ラインでは「ライスパワーエキスNO.11」がメインになっています。この成分は、肌の保水力に重要なセラミドの産生能力を高め、肌の保水機能を改善するとされている注目の成分です。

セラミドは元々人間の体内で産生されている脂質の一種で、角質層内部で保水力やバリア機能を強化するための重要な存在ですが、年齢や肌質や環境によってその産生量は減り、肌はカサカサとしてハリや潤いの保てない状態に。

日本女性の肌のキメ細やかさは世界一とも言われますが、セラミド量が減ってくるとキメは荒くなり、「モチ肌」からはだんだん遠ざかっていきます。

米肌は、角質層をふっくらとさせる成分を補いつつ、肌本来の潤い力もジワジワ高めてくれるスキンケアライン。

そして、『澄肌美白』は、そんな日本女性ならではのきめ細やかなモチ肌を目指すと同時に、さらに透き通った白さも欲しい!と望む方に向けた美白強化型のラインです。

『澄肌美白』のラインナップと各アイテムの効果口コミ

『澄肌美白』のスキンケアラインナップは、洗顔、化粧水、美容液、クリームまでの4アイテム。

スペシャルアイテムとして、日中に使用できるCCクリームがプラスされています。

洗顔:『肌潤石鹸』

洗顔:『肌潤石鹸』

何となくお米を思わせる半透明の洗顔石鹸の『肌潤石鹸』。こちらの石鹸は、米肌全体の共通アイテムとなっています。

無香料、無着色、石油系界面活性剤、鉱物油がフリーの肌への優しさを重視した処方で、弾力のあるなめらかな泡が立ちます。泡のクッションで肌を傷めず、保湿成分も十分に配合された優しい使用感ですが、でもかなりサッパリと洗い上がり、肌がツルっとなります。

いわゆる「石ケン素地」を使用したタイプなので、クリーミーな洗顔料や重めのしっとり感が残った洗い上がりが好みの場合は「合わない」と感じることもあるようですが、私個人的には石鹸のわりには突っ張らず、肌の汚れを綺麗に落としてくれるので、乾燥肌~脂性肌まで幅広い肌質の人が使いやすい石鹸と思いました。

『肌潤石鹸』の口コミ
「泡立ちが良くなめらかな使い心地の洗顔石鹸です。肌当たりがとても良く、洗い上がりはサッパリツルツルになりますが、乾燥はせず突っ張りません。何となく色が白くなったように感じます。とても気に入っています」(30代 乾燥肌)
「これを使い始めてから毛穴のざらつきが気にならないようになり、全体にくすみが改善してきたようです。サッパリはするけど乾燥や突っ張りはありません。固めの石鹸で泡立ちはいいけどドロドロにはならず、お風呂でも使いやすいです」(40代 混合肌)

化粧水:『澄肌美白化粧水』

化粧水:『澄肌美白化粧水』

『澄肌美白』の化粧水は薬用の美白化粧水。通常のものよりかなりサラッとしています。美白の有効成分としては低刺激性ビタミンC誘導体が使用されていますが、それに加えてハトムギ発酵液、米ぬかエキスなど、伝統的な植物の力も生かした美白化粧水で、KOSEらしい感じがします。

「しっとり」という感覚はありませんが、浸透は良くて角質層の内部が保湿されるような感じ。その分好みが分かれやすいアイテムのようで、もっと濃厚なトロミ化粧水の好きな方には物足りないかもしれません。

でも、使い続けていると「あれ?そんなに潤ってないと思っていたのに何だか毛穴がふっくらと?」のように、自分ではよくわからないままに角質層を潤わせてくれるような化粧水という印象です。手からこぼれやすいので、少量ずつ肌になじませるように使うのがおすすめです。

ただ、浸透性を高めるためにエタノールがそれなりの量配合されているため、アルコール過敏症の人には向かないことがあるようで、「ヒリヒリした」「乾燥が気になった」という口コミも見られました。

『澄肌美白化粧水』の口コミ
「べたつく感じは全くないサラサラのテクスチャーですが、肌がちゃんと潤っているのがわかります。乾燥する部分には重ね付けをして使っています。肌がちょっと荒れているかなと思う時でもこれを使うとなめらかな感じになります。だんだん肌のクスミが無くなり、透明感がでてきたような気がします」(30代 乾燥肌)
「サラッとしたテクスチャーが好みです。後に使う美容液やクリームとの相性が良く、全体で使うとモッチリとした肌になります。劇的な美白ができるという感じはしませんが、肌全体の透明度は増したと思います」(40代 混合肌)

美容液:『澄肌美白エッセンス』

美容液:『澄肌美白エッセンス』

『澄肌美白』の美容液にあたるのがこちらの『澄肌美白エッセンス』。ミルクタイプの軽いテクスチャーで伸びが良く、少しの量で顔からデコルテまで使うことができます。化粧水と同じく薬用で、低刺激性のビタミンC誘導体が有効成分として配合され、さらにビタミンE誘導体も加わっています。

ビタミンCとビタミンE、どちらも美肌ケアには欠かせない存在で、日々蓄積する紫外線ダメージなどに高い抗酸化力でアプローチし、くすみやシミや肌荒れの目立たない透き通った肌を目指す薬用美白美容液です。「お米」の力の成分やハトムギ発酵エキスも化粧水同様に配合されています。

『澄肌美白エッセンス』の口コミ
「みずみずしくて軽いのに潤う。翌朝のお肌はなめらかでツルツルしています。美白効果の方は、即効性はないものの、だんだんお肌が明るくなっているように感じます」(30代 脂性肌)
「トライアル後にこれを一番に現品購入しました。美白コスメだけど刺激も無くて気持ちのいい使い心地です。ベタベタはしないけど潤い性もあるし、顔の透明感は上がったような気がします」(20代 混合肌)

クリーム:『肌潤ジェルクリーム』

クリーム:『肌潤ジェルクリーム』

仕上げ用のクリームは通常ラインと共通の『肌潤ジェルクリーム』。口コミでも評価の高いクリームですが、私も以前からかなり気に入っていて、乾燥の気になるときには欲しくなる一品です。

名前の通りジェルとクリームの間のようなテクスチャーですが、みずみずしくて浸透するわりにちゃんと肌全体を守っている感じがあり、肌がふっくらなめらかになります。べたつきは感じず保湿力は高く、変な香りも無く、気持ちのいい使い心地です。

とくに、目元や口元の乾燥小ジワが気になっている人にはおすすめで、「つけると小ジワが目立たなくなる」「1日乾燥を感じなくてすむ」などの口コミも多い人気アイテムですが、脂性肌の人や夏場には「少しベタつく」という場合も。これからの季節には重宝しそうです。

『肌潤ジェルクリーム』の口コミ
「ジェル状で気持ちのいいクリーム!クリームという重さはなく、肌の表面はすべすべとなります。乾燥の気になるときのアイクリームとしても使えています」(40代 乾燥肌)
「ちょっと高価ですが、他にはない使用感で手放せません。これまではベタベタしそうでクリーム系のアイテムは避けていたのですが…でも、これは使った方が明らかに肌の調子が上がります」(30代 乾燥肌)

『澄肌美白』トライアル情報



『澄肌美白』をラインで試したい、各アイテムをいきなり現品購入は不安という方には、お得感のある2週間分のトライアルセットがおすすめです。

  • 肌潤石鹸…10g
  • 澄肌美白化粧水…30ml
  • 澄肌美白エッセンス…12ml
  • 肌潤ジェルクリーム…10g
  • CCクリーム(標準色/明るめ色)…各4回分

このセットが1,389円(税抜)送料無料で購入することができます。

『澄肌美白トライアルセット』の口コミ

「つけた感じはサッパリ系ですが、肌は潤ってふっくらとなりました。毛穴も引き締まったみたい。おまけのCCクリームの使用感も良かったです」(30代 混合肌)
「2週間分の盛りだくさんな内容。かなりお得感のあるトライアルセットです。私がとくに気に入ったのは洗顔ソープと化粧水。さっぱりしたテクスチャーが好きなのでとても好みでした」(30代 混合肌)
「エタノールに反応しやすい肌質なので化粧水は少しピリピリとしてしまいましたが、他のアイテムは良かったです!洗顔は泡立ちもいいし洗い上がりも突っ張りません。美容液やクリームもべたつかず、でも潤いは一日続きます。トライアルなのでシミに変化は見えませんでしたが、くすみは改善されたようです」(30代 敏感肌)
「さっぱりとしたテクスチャーなのに肌の潤いを感じます。使い終わってみると、肌がワントーン明るくなった感じで嬉しいです」(40代 混合肌)
「全体に低刺激で優しい使い心地に好感が持てます。とくにクリームがべたつかないのにちゃんと潤いとても気に入りました。2週間なので劇的な変化というほどではなかったですが、全体にクスミが抜けたと思います。付属でついていたCCクリームもお気に入り。カバー力もありました」(30代 敏感肌)
肌荒れ(乾燥肌・敏感肌・アトピー肌)
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆