リフトアップ化粧品!ドクターソワ『モイストリフトプリュスセラム』の口コミ

      2017/12/29

リフトアップ化粧品!ドクターソワ『モイストリフトプリュスセラム』の口コミ

最先端の美容皮膚医学を生かしたドクターズコスメ『モイストリフトプリュスセラム』

「落ちた肌は上げれば良い。そのためだけにつくられた美容液」という強烈なキャッチフレーズが印象的ですが…。

年齢とともに増えるフェイスラインのたるみやハリ不足のお悩みにアプローチする化粧品(美容液)です。

公式:24時間たるませない!モイストリフトプリュスセラム

その効果とは?口コミから見える商品の傾向や注意点も追ってみました!

『モイストリフトプリュスセラム』に期待される効果とは?

『モイストリフトプリュスセラム』に期待される効果とは?

上に書いたキャッチフレーズ「落ちた肌は上げれば良い」という言葉通り、『モイストリフトプリュスセラム』の主な目的はリフトアップ

参考:引き締めて小顔になれる!顔のたるみをリフトアップする方法5選

でも…「上げれば良い」って、そんな簡単に上がる?どうやって上げるの?と突っ込みたくなりますが、この美容液にはリフトアップに期待の成分が配合されているようです。

筋肉へのアプローチでハリをアップ

年齢によるたるみの原因は様々なものが絡みますが、フェイスラインが大きく変化するようなたるみは筋肉の衰えが深く関わると言われています。

体と同じように顔の筋肉も少しずつ細くなって痩せるので、ある程度の衰えは避けられません。

ただ、「たるみ」に関しては、筋肉量だけではなく筋肉のハリの無さやゆるみも問題に。筋肉がなめらかに収縮していれば、大きなたるみは防ぐことができます。

そんな筋肉の動きを左右しているのは、アセチルコリンという神経伝達物質。筋肉の量がしっかりとあっても、そこに指令を伝える伝達物質が足りなくなってくるとハリのある状態を保つことができません。

アセチルコリンの量も年齢とともに減少し、筋肉の働きは鈍くなってゆるみ、フェイスラインを支えきれなくなってしまう…とのこと。

そんなアセチルコリンの減少に注目し、『モイストリフトプリュスセラム』に採用されたのはDMAE(ジメチルエタノールアミン)という成分です。

DMAEは、魚に多く含まれる必須脂肪酸の1つで、アセチルコリンの生成を助け、筋肉の神経伝達を活性化させると注目されているものです。

DMAEをお肌に直接与えることで筋肉のハリにアプローチし、引き締まったフェイスラインへと導くことが期待されています。

たるみ以外の美容もケア

顔のたるみには、お肌そのものの衰えも関わっています。土台となる筋肉へのアプローチとともに、お肌上層部への美容ケアも欠かせません。

『モイストリフトプリュスセラム』は、そのための美容成分も充実の配合がされています。

  • αリポ酸…抗酸化と血流促進でくすみ対策に
  • カルノシン…コラーゲンの生成を助け、シワ対策に
  • パルミチン酸レチノール…ターンオーバーを促し透明感をアップ
  • サクシノイルアテロコラーゲン…高品質なコラーゲンでハリと弾力へアプローチ
  • ナイアシンアミド…肌の生まれ変わりを促し肌荒れを防止
  • トコフェノール…ビタミンEの抗酸化力でテカリを防止

かなり豪華な美容成分のラインナップですね。たるみ対策に一押しされているDMAEを始め、「いかにもドクターズコスメです!」という感じの美容液で、アンチエイジング効果への期待が高まります。

こんなお悩みにおすすめ!

  • フェイスラインのたるみが気になる
  • リフトアップがしたい
  • 他の成分を使ったもので効果を実感したことがない
  • 目の下のクマが気になる
  • 目元や口元にハリが欲しい


『モイストリフトプリュスセラム』の口コミをチェック

『モイストリフトプリュスセラム』の口コミをチェック

最新の皮膚医学に基づいた成分でつくられたドクターソワの美容液。本当にたるみや年齢肌の悩みにアプローチできるのでしょうか?

実際に使っている人の口コミをチェックしてみたいと思います。

  • 「使い始めて2週間。気になるほうれい線にまだ効果は見られませんが、全体にハリとツヤがでました。オデコのシワには効果ありです」(20代後半 混合肌)

20代なら、早めの効果が期待できそうですね。お悩みが本格化する前に使うのもいいかもしれません。

  • 「ほうれい線が気になってきたので購入しました。いいです。リフトアップが実感できます。片側だけに使うと効果がわかりやすいです」(30代前半 乾燥肌)

わかりやすい効果を実感している人もいるようです。上手くお肌に合ったんですね、羨ましい感じがします。

ぜひ、使い続けてさらなる効果を実感してください。

  • 「ひたいや眉間のシワが目立たなくなってきました!お値段は高いですが、納得しています」(40代前半 乾燥肌)
  • 「ぬると肌が引き締まります。友人にもハリがあるねと言われました」(40代前半 普通肌)

目に見える変化があると使うモチベーションもアップしそうです。精神的な喜びの相乗効果で、顔の筋肉もさらに引き締まるかもしれません。

リフトアップには、精神の充実やハリも大切な要素だそうです。

  • 「3本使いましたが今のところ変化はないです。使用感は悪くありません」(40代後半 混合肌)
  • 「リフトアップされているか…微妙です。30代くらいなら効果があるのかもしれませんが…」(40代後半 敏感肌)

コスメは劇的な変化が期待できるものではないので、じっくり使ってみるか、他のものを試してみるか…悩みどころですよね。

コスメでの効果実感には少なくても3ヶ月、人によっては1年かかるという説もあります。年齢とともに、時間はかかる傾向になりそうです。

  • 「浸透がよく、ハリがアップしました」(50代前半 乾燥肌)
  • 「気になっていたほうれい線が目立たなくなってきて驚きました。アゴのラインもスッキリして見えます」(50代後半 混合肌)

一方、50代でもたしかな効果を実感している人も。たるみの原因や肌質は様々なので、個人差は大きそうですね。

いくつになってからでも、自分に合ったお手入れが見つかればお肌はこたえてくれそうです。

使用感はよさそう

私が探した口コミの中では、使用感はおおむね好評で、お肌が荒れたり刺激を感じたりといった内容はとくに見られませんでした。

そのあたりは、ドクターズコスメなので強いのかもしれません。

ただ、使用感には個人差があるので、とくにお肌の敏感な人は変化を見ながら試してください。

ブースター使用がおすすめ

ブースター使用がおすすめ

この美容液の前に油性のものを先に使ってしまうと浸透が妨げられるので、洗顔後すぐの使用がすすめられています。

多くの人がブースターとして利用しているようです。その後に手持ちの化粧水や美容液の使用は可能です。

朝晩の洗顔後にぬるだけの気軽さも好評のポイントのようです。

効果実感には個人差が…

効果実感には個人差が…

どんなコスメも同じですが、とくにたるみに対しては、その状態によっても効果実感の度合いは大きく分かれそうです。

比較的たるみが軽度の人は、年齢を問わず効果も実感しやすそうですが、タルみやすさは人によってだいぶ差があるので、コスメだけでリフトアップ!というのは難しい場合もあると思います。

その原因や体質・肌質によって、上手く合えばいい変化が見られそうな美容液ですが、期待していたほどのことはなかった…ということもあるかもしれません。

顔のたるみは、全身の状態や精神的な状態も大きく関わります。

すごく若い人でも、病気になったりストレスがたまったりすると顔が下がって見えますし、元々の骨格の関係でたるみの具合は大きく違います。

嬉しいことを考えたときと嫌なことを考えたとき、顔の筋肉の動きは確実に変化します。

コスメだけの使用でリフトアップ手術をしたような効果はのぞめないと思いますが、少しでもいい変化を見つけたら嬉しいですよね。

そういう小さな「嬉しい」の積み重ねが、表情を生き生きとさせてくれるのかなと思います。

お試しの際は、「ジメチルメタノールアミンは私の筋肉のハリへアプローチしてくれる…」そんなイメージを浮かべながらお肌の反応を楽しむ気持ちで使ってみるといいかもしれません。

公式:引き締め効果!ハリ改善★モイストリフトプリュスセラム