シワの専門家が開発!『ミューノアージュリペアアイクリーム』の効果と口コミ

      2017/12/29

シワの専門家が開発!『ミューノアージュリペアアイクリーム』の効果と口コミ

顔の中でも一番変化の起きやすい目元。目尻のシワ、小ジワ、タルミ、クマ…目元の悩みを抱えている人は多いですよね。

他の部位よりお肌が薄くデリケートな目元のケアには、専用のアイクリームがおすすめです。

アイクリームにもたくさんの種類がありますが、効果を実感しやすいと言われているのがドクターズコスメのアイクリーム。美容皮膚科の専門医の視点から、目元の悩みにしぼった処方で気になる部分にアプローチします。

そんなドクターズコスメの中でも、シワ治療の第一人者が開発した『ミューノアージュ(MUNOAGE) リペアアイクリーム』

最新皮膚医学の力で目元をケアするとのことですが…その効果と口コミは?


『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の効果とは?

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の効果とは?

美容皮膚科激戦区の東京で、多くの患者さんを抱える人気美容皮膚科・形成外科の「東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ」

医療にとどまらずエステティックの技術も取り入れ、アンチエイジングケアに特化した美容医療の専門病院です。モデルさんや女優さんも通い、とくに院長のシワ治療には定評があります。

院長の今泉明子さんは、年間6000人以上のお肌の美容治療に関わるアンチエイジングケアのプロ。そんな皮膚医学の優れた視点を生かし、開発したのが『ミューノアージュ』の化粧品シリーズです。

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の効果とは?

その中でも目元の悩みに特化したアイクリームが『ミューノアージュ リペアアイクリーム』。その効果は、「目元のハリへの集中的なアプローチ」です。

目元のシワ、タルミ、クマなどの悩みには様々な要因が関係しますが、それらを目立たせてしまうのはハリの無さが大きな原因です。

目元はお肌がとても薄いので、若くてもある程度のシワやタルミ、クマはあるものです。けれどそれがあまり気にならないのは、若いうちは目元にハリがあるからなんですね。

年齢やダメージを重ね目元のハリがだんだん失われてくると、シワが深くなるのはもちろん、タルミやクマなども急に目立って見えてくるようになります。

目元ケアのポイントはハリ。アイクリームは、目元のハリへアプローチできるかどうかが、効果実感の分かれ目となります。

参考:目元に塗る『アイクリーム』はシワやクマに効果あり!?

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の成分は?

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の成分は?

目元のハリにアプローチするのがいいと言っても、どんな成分が向いているのでしょうか? 今度は『ミューノアージュ リペアアイクリーム』のハリ対策成分を見てみましょう。

このアイクリームには、シワ治療のプロの今泉院長が一押しするハリアップ成分が7種も含まれています。それらはすべてペプチド。ペプチドとは、アミノ酸がいくつかつながったものを指します。

その長さがもっと長くなればタンパク質となりますが、分子量の少ないペプチドは吸収性が良く、それぞれの性質によって私たちの組織に様々な作用をすると言われています。

ペプチドは製薬会社で作られ、美容医療の現場でもよく使用されます。人間のお肌の構成と同じアミノ酸が原料ということで安全性も高いと言われています。そんなペプチドの力をふんだんに使ったアイクリーム。ドクターズコスメならではの処方といった感じです。

アセチルヘキサペプチド-8

筋肉の過度な収縮を抑え、目尻や眉間に出やすい表情ジワに働きかけるとされるペプチドです。かつて表情ジワの治療に使われたボツリヌス菌(ボトックス)の代用として、シワ治療でも使われることがあります。

ボトックス注射のような即効性はありませんが、使い続けることで目元の筋肉をやわらげ、弾力やハリにアプローチすると言われています。

アセチルテトラペプチド-5

お肌の血流を促し、クマやタルミ、ムクミにアプローチすると言われている成分です。コラーゲンへの働きかけも注目されています。

ヒトオリゴペプチド-1

EGFと呼ばれるグロスファクターの1つです。グロスファクターは、日本語では成長因子と言い、細胞の修復や生まれ変わりに深く関わるとされるものです。

EGFはそのうち表皮の細胞に働くもので、皮膚医学では火傷の治療などに用いられ、EGFを発見したアメリカの学者はノーベル賞を受けたほど、様々な方面に生かされています。

表皮のターンオーバーを助け、新しいお肌への生まれ変わりを促進する効果が期待されています。


ヒトオリゴペプチド-13

こちらはFGFと呼ばれるグロスファクターで、お肌の真皮層でコラーゲンなどを産生する繊維芽細胞を増殖させる働きがあると言われています。

繊維芽細胞が減ると、お肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの産生量も減り、シワやタルミを引き起こす原因の1つになることがわかっています。

ヒトオリゴペプチド-24

EGFであるヒトオリゴペプチド-1とよく似た働きを持つペプチドです。EGF様ペプチドとしてアンチエイジング化粧品によく用いられています。

オリゴペプチド-6

お肌の土台を支える基底膜にあるたんぱく質に働きかけ、ゆるんだ基底膜の修復を助けると言われるペプチドです。

ヘキサペプチド-11

お肌の成長因子に影響を与え、お肌の組織を引き締める働きがあるとされるペプチドです。リフトアップ効果などを期待してアンチエイジング化粧品に配合されています。

お肌に不要なものは入れない皮膚医学のスタンス

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』には様々な方面からお肌に働きかけるペプチドを7種も配合する一方、「お肌に不要なものは入れない」という皮膚医学のスタンスから、お肌の負担になる可能性のあるエタノール、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、着色料、香料は無添加となっています。

デリケートな目元に使い続けるアイクリームなので、余分なものが含まれないというのも大きなポイントとなりそうです。

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の口コミを追跡

『ミューノアージュ リペアアイクリーム』の口コミを追跡

効果実感がなかなか難しいとされるアイクリームの中で、「これは効いているかも!」と感じさせてくれると評判の『ミューノアージュ リペアアイクリーム』。実際の口コミではどんな評価を受けているのでしょうか?

高評価の口コミ

  • 「しっとりさがずっと続くので、目元がふっくら。おかげでアイメイクが映える様になってきたと思います」(40代前半 普通肌)
  • 「目尻の小じわがとても気になっていましたが、使用して3日目から薄くなってきているのを実感しています」(30代後半 混合肌)
  • 「私には効果ありました!就寝前だけに使用中ですが、乾燥や眉間のシワが改善されました」(30代後半 混合肌)
  • 「浸透力と保湿が抜群です。明らかに乾燥しなくなりました」(40代前半 敏感肌)
  • 「のびがいいのでコスパがいいです。気になる目尻のシワが進んでいません!ほうれい線にも使っています」(20代後半 乾燥肌)

低評価の口コミ

  • 「上手く肌になじみません」(40代前半 混合肌)
  • 「ゆるめのクリームで保湿力はあるけど、あまり浸透感がない感じです」(40代前半 混合肌)
  • 「のびは良く、使いやすいクリームです。でも、効果の方は特別に実感できず…」(30代後半 混合肌)

このアイクリームは、比較的やわらかい質感のクリームで、「のびがいい」「使いやすい」という声が多いようです。アイクリームが硬いと使いにくいので、やわらかいテクスチャーは好印象ですね。

目元だけではなく、眉間、口まわりなどのシワが気になるポイントにも使えます。

比較的早い段階で効果を実感している人もけっこういるようで、モニターの効果実感の割合は93.3%。

効果実感には個人差があるので、自分に合うかどうかは試してみなければわかりませんが、目元は悩んでいる人が多いので、効果が実感できるならかなり嬉しいところです。

皮膚医学の視点から作られた『ミューノアージュ リペアアイクリーム』。リニューアルもされてだんだん進化し、これからも多くの女性の注目を集めそうなアイクリームです。

参考:【アイクリームランキング】目元のシワやクマの集中ケアにはどれがおすすめ?





【人気ランキング】効果を実感できるスキンケア!

アテニア『スキンクリアクレンズオイル』

2017年@コスメランキング1位獲得!

肌色まで明るくする革新的クレンジングオイル。

お肌に低刺激でありながら毛穴の汚れや肌くすみをしっかりと落とします。

コストパフォーマンも◎

アテニア『アイエクストラセラムセット』

実年齢よりも-5歳、若々しいハリのある目元へ…

目元のたるみやシワに抜群の効果が期待できるアイクリームがアテニアから登場!