皮脂で顔がベタベタ…オイリー肌の原因と化粧水による対策!

皮脂で顔がベタベタ…オイリー肌の原因と化粧水による対策!

ご自分のお肌の事はどの位知っていますか?お肌の質は大きく分けて「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌(オイリー肌)」「混合肌」の4つに分けられます。

普通肌は化粧する時や肌トラブルも比較的軽い、理想のお肌といえます。しかし、それ以外の乾燥肌や混合肌、脂性肌には、それぞれ異なった要因で発生しています。

ちなみに、乾燥肌とは「肌が持つ水分量が30%以下になっているお肌」、混合肌とは「部分によって状態の事なるお肌(※アゴは乾燥しているけど額は脂っぽいなど)」を指します。

その中でも、特にお悩みを抱えやすい厄介なお肌が脂性肌(オイリー肌)です。脂性肌というと男性に多いイメージがありますが、女性も悩まされています。油ギトギトのとんこつラーメンを食べた後みたいに顔がベタベタ・テカテカしちゃう状態ですね。

脂性肌とは、「原因ははっきりしないが皮脂の分泌が過剰な状態になっているお肌」を指しておりメイクをする女性にとってはとても厄介なもの。

皮脂が過剰に分泌される原因にも、ストレス・食生活の乱れ・体質など個人差があります。

今回は、女性の肌トラブルでも上位に食い込んでくる脂性肌(オイリー肌)の原因と、効果的とされる化粧水による対策をご紹介します!

オイリー肌になるメカニズムと原因

オイリー肌になるメカニズムと原因

先程、オイリー肌の原因は「原因ははっきりしないが皮脂の分泌が過剰な状態になっているお肌」とご紹介しました。この原因をメカニズムと共にもう少し詳しくご紹介します。

オイリー肌を引き起こす原因となるのが、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモン、「アンドロゲン」と呼ばれるステロイドの一種です。この2つのホルモンが果たす役割は、皮脂の形成・皮脂腺の増加など、人間の体に欠かせない皮脂の活性化が挙げられます。

しかし、これら2つのホルモンが過剰に分泌されてしまう事もあります。詳しい原因としては、生活習慣の乱れ・日々の生活で感じるストレス・親などからの遺伝が関係してくるなど、原因についても様々な要因があります。

また、分泌が進む年代も判明していて、イメージ通りですが特に分泌が進む年代は思春期。その後は30代後半から40代前半にかけてとされています。この時期はオイリー肌になりやすい時期ですので注意が必要です。思春期にニキビが増えるのもこのホルモンの影響です。

ちなみに、遺伝的にもともと皮脂線が大きく皮脂が出やすい、年を重ねる事で毛穴が広がってしまい皮脂が出やすい場合もありますので、ご自分のお肌の状態を把握しておく事もポイントです。

オイリー肌を進行させてしまう原因には、「ストレス」「食生活」「生活習慣の乱れ」「遺伝」などがあります。

ストレス

まずはストレスですが、会社勤めをしている方は仕事の事や人間関係・主婦の方だと子育て・嫁姑問題・近所付き合いなど、数え上げればキリがない程です。

ストレスが高まると男性ホルモンが多く分泌され、オイリー肌に傾きやすいと言われています。ストレスはオイリー肌に限らず、多くの体の不調を引き起こす原因にもなっています。

食生活

続いて食生活ですが、唐揚げや天ぷらなどの油物が好きな方は、全般的にオイリー肌になりやすい傾向が見られます。その中でも、飽和脂肪酸が沢山含まれている牛脂・バター・牛肉などの肉類・ショートニングなどは、摂りすぎると油脂が過剰分泌して毛穴がつまりやすくなります。

生活習慣

続いては生活習慣の乱れですが、ストレスとも密接な関わりがある生活習慣も、オイリー肌の原因となります。特に挙げられるのが睡眠不足・昼夜逆転の生活、それによる自律神経のバランスの乱れです。これらが重なるとお肌自体が活性化しなくなり、その結果としてオイリー肌になってしまいます。

成長ホルモンが促進されお肌のターンオーバーが活性化されるゴールデンタイム(22時~2時)はしっかりと睡眠をとりましょう。

間違ったスキンケア

続いての原因は「不十分なスキンケア」です。ご自分のお肌の状態に合っていないスキンケアをしてしまい、改善どころかますますオイリー肌が悪化してしまうスキンケアを行っている人は意外に多くいます。

適切なスキンケアを知らない事もオイリー肌を進行させてしまう原因といってもいいでしょう。

遺伝・体質

最後にご紹介するのは遺伝・体質です。親がオイリー肌で悩んでいて、その苦労を見てきた子供もオイリー肌で悩まされる家庭は意外に多いといいます。そのため、思春期を迎える前に何らかの対策をしている人もいる程、遺伝とオイリー肌の関係は見逃せません。

これらの原因で発生するオイリー肌ですが、オイリー肌の症状にも様々な種類があります。まず、代表的なのが「ニキビ」です。ニキビは青春のシンボルという方もいますが、ニキビで悩んでいる女性にとっては重要な問題です。

思春期に限らず、20代30代でもなりうる大人ニキビもあります。また、ニキビは潰してしまうと跡が残ったり赤くなったりと、綺麗なお肌を維持したい女性にとっては天敵。ニキビ跡を残さないためのスキンケアも重要なポイントです。

さいごに、オイリー肌だと化粧乗りが良くない事も挙げられます。その理由は、オイリー肌だと化粧水などがお肌に浸透しにくく、またファンデーションなども上手に乗らない事があります。

オイリー肌を改善するためのスキンケアのポイント

オイリー肌の改善方法

オイリー肌のメカニズム・原因・症状について細かくご紹介してきました。では、女性が持つお肌のお悩みのオイリー肌は、どの様に対策・改善していけばいいのでしょうか?

皮脂を取り過ぎない

まず、行いたいのが「皮脂を取り過ぎない事」です。脂性であることでベタベタ・テカテカするため、どうしても皮脂を取り過ぎてしまいがちです。お肌の脂分が気になっちゃいますよね。

でも、取れば取るほど脂分が分泌して逆効果になりますし、また常にある程度の脂分がないと乾燥してしまい、肌がカサカサな肌荒れに繋がってしまうことも。

顔に溜まった皮脂を取り除くには、皮脂取りシートを使って優しくゆっくりとお肌をなでる様にする事がポイントです。ただ、シートで拭くことによって化粧崩れしてしまいますので、化粧直し用のミストタイプの化粧水を使うと良いでしょう。

洗顔方法の見直し

次の方法は、「クレンジング・洗顔はゆっくり丁寧に」です。皮脂が溜まったお肌を見ると、どうしてもゴシゴシ洗ってしまいたくなりますが、刺激が強い洗顔をしてしまうとお肌が傷つくだけではなく、適量な皮脂が維持出来なくなります。

オイリー肌も保湿が大切

続いての方法は「保湿」です。洗顔クリームや洗顔フォームを使って洗ったお肌は、水分が不足した状態となっていて乾燥しています。アルコール成分が多く含まれている保湿液などは、もともとお肌にある水分を失わせてしまうので使わない方が無難です。

保湿をする時間は洗顔をしてからなるべく早い時間で行う事も効果的です。洗顔をしてから保湿までに時間が空いてしまうと、お肌に保湿液が浸透しにくくなる場合もあるので注意が必要です。

乾燥性オイリー肌(インナードライ)

皮脂も水分量も少ない乾燥肌の人に比べ、皮脂がたくさん分泌されるオイリー肌の人の場合は自分の乾燥に気が付いていない場合があります。

比較的お肌が厚くハリがあり、若々しく見えるタイプのオイリー肌の人は水分量が足りていることもありますが、多くの場合は、水分量が少なく皮脂だけが多いと言われています。

さらに、一般の乾燥肌の人より脂性肌の人の方が乾燥が深刻な場合もあります。

水分量が低下して乾燥が深刻になったお肌は本来のバリア機能を発揮できず、外部刺激に弱くなるため、それ以上ダメージを受けたり水分が蒸発したりしてしまわないように、皮脂腺が活発に働いて保護膜を作ろうとする状態です。

女性の場合は、30代から40代の頃に多く見られ、年齢とともにテカリが気になり始めた…という場合は、乾燥性オイリー肌(インナードライ肌)である可能性が高くなります。

その場合は、皮脂にアプローチするより、とにかく保湿を重視してあげる必要があります。

また、比較的水分量の足りているオイリー肌の人も、年齢とともに水分量は低下し、知らない間に乾燥性オイリー肌になっていた…ということも。

化粧水には油分がほとんど含まれていないので、水分や保湿成分を補ってオイリー肌が悪化するというわけではありません。ただ、化粧水を使用した場合は、最低限の油分を含んだ乳液などと合わせる必要があります。

水分補給はしたいけど乳液は使いたくない…という場合は、オイリー肌の人向けの乳液がいらない保湿ジェルなどもあります。

肌質を見極めてトータルなケアを

お肌の問題は、化粧品だけで解決するわけではありません。ですが、自分の状態に合った正しいケアをすることで改善は望めます。逆に言えば、肌に合わない化粧品の利用が状態を悪化させたり、オイリー肌を招いたりしている場合もあります。

言うまでもありませんが、しっかりと肌質を見極めて正しいケアをすることが大切です。ただ、化粧水をはじめとしたケア用品はあくまでサポート役なので、「それだけで何とかしよう!」と力を入れず、楽しく試すつもりで選ぶとストレスになりません。

  • あれこれ化粧品を試したけどむしろ悪化している!
  • もうこんなのは嫌!

…と煮詰まったときには思い切ってケアを止め、自分のお肌や心の状態とじっくり向き合ってみてもいいかもしれません。ニキビなどがあって自分での対処に限界を感じたら、水分量のチェックなども受けられる美容皮膚科に相談しましょう。

オイリー肌には化粧水による対策が効果的!

オイリー肌には化粧水による対策が効果的!

顔の脂が多くてベタつく、テカる、ニキビができやすい。そんな悩みを抱えるオイリー肌の人にとって、化粧水は強い味方です。オイリー肌の人に適している化粧水は、どのようなものがあるのでしょうか。

一口にオイリー肌と言っても、実際の肌質や皮脂分泌の状態は様々ですよね。オイリー肌の原因も様々。メインで改善したい悩みも様々。そのため、「オイリー肌に適している化粧水」も様々なのです。

オイリー肌だからと言って、いかにもなサッパリ系の化粧水を使用し続けていると、状態が悪化してしまうことも…じゃあ一体何を選べばいいの?という感じですよね。

そこで、オイリー肌の人全般に使いやすい、とりあえず試してみてもいいかな?という化粧水が2タイプあります。それがこちら。

  • ビタミンC誘導体配合で保湿も重視した化粧水
  • オイリー肌用だけどアルコール(エタノール)を配合していない化粧水

ビタミンC誘導体配合で保湿も重視した化粧水

美白化粧水に含まれているイメージの強いビタミンC誘導体ですが、現在はその他に様々な効果を狙って多くの化粧水に配合されています。その中で、オイリー肌の人にとって嬉しい働きはこの3つがあります。

  • 皮脂の分泌を抑える
  • 毛穴を引き締める
  • お肌の酸化を防ぐ抗酸化作用

ただ、「オイリー肌用」とうたってあり、サッパリした使用感に仕上げてあるものは、アルコール(エタノール)が多めに配合されていることも。アルコール分は水分を奪う性質が強いので、乾燥が原因となったオイリー肌の人や30代を過ぎた人にとっては逆効果となることがあります。

アルコールのサッパリ効果は一時的で、オイリー肌を根本から改善するものではありません。毎日使用する化粧水には、アルコール控えめか無配合で保湿が同時に叶うタイプのものがおすすめです。

ビタミンC誘導体にもいくつかのタイプがありますが、最近注目されているのがAPSS(アプレシエ/パルミチン酸アスコルビン酸3Na)です。浸透率が高く、他のビタミンC誘導体の弱点をカバーし実感の高い効果が期待できるとされる新型のビタミンC誘導体です。

お肌のハリを保つコラーゲン生成にも働きかけられるという説があり、30代以降の人にはとくに人気があります。

美白・大人ニキビ・毛穴などの対策化粧水にも配合されるようになっているので、オイリー肌の悩みと年齢肌対策の両面にアプローチしたい人にもおすすめです。

積極的なアンチエイジング成分ではないので、シンプル処方のものなら若い人にも使用ができます。

手持ちの化粧水と混ぜればAPPS化粧水に!

オイリー肌用だけどアルコール(エタノール)を配合していない化粧水

かつては、オイリー肌用といえばアルコール、主にエタノールを多く配合したものがほとんどでした。

エタノールはたるんだ毛穴やお肌を引き締める収れん効果があり、蒸発するときにスーッとした清涼感を与えるので一時的にサッパリした心地よさが味わえます。

皮脂の多いTゾーンや夏場に使用すると、ゆるみがちなお肌や毛穴を引き締め、日中の化粧崩れを防いでくれます。水分量の少ない乾燥性オイリー肌の人にはおすすめできませんが、水分量がある程度保てている人なら、部分使いや夏場の使用としては便利なアイテムです。

けれど、それを使用し続けてしまうと乾燥がすすみ、乾燥をカバーするためにますます皮脂が活発に分泌されるケースがあることがわかったため、現在はアルコール(エタノール)フリーのオイリー肌用化粧水も増えています。

オイリー肌の場合、皮脂の力で顔の表面がしっとりとし、一見乾燥知らずのように思えることがありますが、実際には乾燥肌の人並み・もしくはそれ以上の深刻な乾燥状態になっていることもあります。

そんな深刻な乾燥肌に脂性肌用の間違ったケアをしてしまうと、完全に逆効果となり、悪化を辿ることになってしまいます。アルコールフリーでオイリー肌用とうたってある化粧水は、そんな隠れた乾燥にアプローチし、水分量と皮脂のバランスを整える系列のものです。

保湿力の高い成分を重視しつつ、ベタベタしないあっさりとした質感のものが多くなっています。植物性の天然収れん作用や抗炎症作用のある成分も配合し、ニキビケアや毛穴ケアが同時に行えるタイプもあります。

アルコール無添加化粧水

乾燥性オイリー肌(インナードライ肌)におすすめの化粧水

オイリー肌の人の中でも乾燥の深刻なタイプの人は、弱ったバリア機能を補うセラミドや天然保湿因子配合の乾燥肌・敏感肌向けの化粧水がおすすめです。

  • 皮膚がきめ細かい、薄い、
  • 小ジワができやすい
  • 血色があまりよくない
  • ハリが無くお肌が疲れたように見える…だけど皮脂は妙に多くテカリが気になる。

そんな人は、深刻な乾燥性オイリー肌の可能性もあります。その場合は、乾燥肌用や敏感肌用の化粧水でケアをしてみましょう。

高須クリニック開発!乾燥肌に理想的な化粧水

オイリー肌の原因と化粧水による対策まとめ

オイリー肌についての様々な項目をご紹介してきました。参考になりましたでしょうか?お肌の状態は個人差がはっきり出るので、一概にはこれが良いとは言い切れません。

しかし、対策を取る前に、ご自分のお肌の状態・どうお肌を整えていくか・ご自分のお肌が傷つかない対策方法などを把握しておくと、効率的・確実にオイリー肌を改善する事が出来ます。

  • 「適度な皮脂はお肌には必要」
  • 「適切な保湿・洗顔」
  • 「ストレスや食生活の見直し」
  • 「規則正しい生活」

…といった、基本的な事を心掛けておくと、オイリー肌とは無縁で元気なお肌や体を維持する事が出来ますので、現在オイリー肌でお悩みの方、今日から実践してみて下さい。

化粧水/拭き取り化粧水
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました