オーガニックコスメっておすすめなの?口コミから見える意外な効果とは?

オーガニックコスメっておすすめなの?口コミから見える意外な効果とは?

化粧品にはたくさんの種類があります。数が多すぎて、何を基準に選ぼうか悩んでしまいますよね。そんな中、「オーガニックコスメ」の文字に心惹かれたことのある方も多いのではないでしょうか?

とくに、お肌に優しいコスメを探しているなら、「オーガニック」という言葉は優しいイメージがあって魅力的です。

実際のところ、オーガニックコスメにはどのような利点があるのでしょうか。口コミでの評判なども合わせて見てみましょう。

スポンサーリンク

オーガニックとは?

オーガニックとは?

そもそも、オーガニックとはどのような意味でしょうか。食品や衣料品でも多くのオーガニック製品が売られていますよね。オーガニックを日本語で言うと、有機農法です。

有機農法は、人工的な化学肥料や農薬をできるだけ使わず、自然のサイクルを壊さないように配慮した農法のことです。野菜や穀物などの場合、国の定めたオーガニック基準があります。

  • 3年以上農薬や化学肥料を使用しない土壌を使うこと
  • 化学肥料や合成農薬を使わないこと
  • 放射線を作物に照射しないこと
  • 遺伝子組みかえの原料を使用しないこと

これ以外にもいくつかの決まりがあり、農林水産省指定の認定機関のチェックを通ると、製品に有機JASマークをつけて販売することができます。

オーガニックコスメとは?

オーガニックコスメとは?

一方、コスメの方には国が定めた認定基準はないため、どのような製品であっても「オーガニックコスメ」を名乗ることができます。ただ、国では無く第3者機関独自に設定したJONAオーガニックコスメ基準というものがあります。

JONAは、食品の方では農林水産省から指定されている団体で、オーガニック製品の普及を目的に活動しています。こちらのオーガニックコスメ基準によると、

  • 有機原料を重視すること(海外認証の原料でも可)
  • 製品の安全性を確認する目的での動物実験をしないこと
  • 環境に配慮した資源を使って製造すること
  • 放射線照射、遺伝子組み換え技術、ナノ技術などの使用は認めない

などなど、他にも様々な条件があるようです。この基準を見てみると、オーガニックとは、単純に体にいい・お肌にいいという目的で行っているものではなく、他の動物や自然環境へできるだけ優しい配慮をした製品作りをモットーとしていることがわかります。

また、ヨーロッパ (フランス・ドイツなど)でも、独自のオーガニックコスメの基準が設けられており、日本よりもその面で進んでいると言われています。ヨーロッパ基準認定のオーガニックコスメは、日本国内でも販売されています。

スポンサーリンク

オーガニックコスメの特徴

オーガニックコスメの特徴

上のような基準に沿ったオーガニックコスメや、認証を受けていないまでも、それと近い姿勢で製造されたオーガニックコスメの場合、製造過程には様々な制限がかかることになります。ということは、コスメの機能だけを取ってみると、そのような制限を設けていないコスメの方が優れている可能性が高いと言えるかもしれません。

ものごとには、必ずメリット・デメリットがあります。オーガニックのような取り組みをすれば自然には優しいかもしれませんが、便利な合成原料や製造過程を避ければ、製品作りは難しくなります。

そのため、品質の高い本格的なオーガニックコスメほど、使用感が今イチで品質が変化しやすく保存が難しい、分離しやすいなどの弱点も生まれやすくなってしまいがちです。

また、使用原料や生産コストがかかりやすく、価格が高額になる傾向があります。

オーガニックコスメがおすすめの人

オーガニックコスメがおすすめの人

上のような特徴を考えると、オーガニックコスメは、そのメーカーの製品作りへの姿勢やオーガニックの考え方に賛同し、自分もそういう製品を使いたいと感じる人に向いています。天然素材や天然香料が好きで、オーガニックコスメの自然派イメージに好印象を感じる方にも向いていると思います。

反対に、機能重視やコストパフォーマンスの良さでコスメを選びたい人には、使いづらい・値段と機能が折り合わないと感じる製品となる可能性が高そうです。また、敏感肌の方にはオーガニックがおすすめかと言うと、それは必ずそうとは言えないでしょう。

オーガニックは、お肌への優しさだけに配慮したものというわけではないので、むしろ、アレルギーの危険性がある天然素材を避けた敏感肌用コスメの方が、安心して使える場合もあります。

ただ、オーガニックコスメの中には、オーガニックの考え方と最新の化粧品技術を上手くマッチさせ、優れた使用感や香りを実現させているものもありますので、製品次第では選択肢の1つに入れてもいいかもしれません。

中には、オーガニックコスメのイメージだけを取り、オーガニックへの取り組みとはまったくかけ離れた内容のものもたくさん出回っているようですので、選ぶときは各メーカーのこだわりなどをチェックしてみましょう。

オーガニックコスメを名乗っていなくても、できるだけ自然やお肌にも優しいコスメをと、企業努力をしているメーカーや製品はたくさんあります。

オーガニックコスメという名前にはっきりとした基準が無い以上、その名前だけにとらわれず、メーカーの姿勢や各製品の特徴全体を選択の基準にするのがおすすめかもしれませんね。

スポンサーリンク

オーガニックコスメに共通した意外な効果とは?

オーガニックコスメに共通した意外な効果とは?

一口にオーガニックコスメと言っても、製品自体の性質は様々なため、その効果については、個々の製品を試してみるしかなさそうです。けれど、オーガニックコスメには、実は1つだけ共通した効果が…

その効果を確かめるべく、オーガニックコスメに対する口コミをいくつかご紹介しましょう。

オーガニックコスメに寄せられた口コミ

  • 「お肌にいいものを使っているっていう感じがして嬉しいです」
  • 「これを使い始めてからお肌が荒れにくくなった気がします。さすがオーガニックって感じです!」
  • 「ボトルのデザインや香りも優しくて気に入っています。オーガニックな感じに癒されます」
  • 「オーガニックなものでケアをしているって思うと、お肌が喜んでいる気がします」

ここに書いた口コミは、様々なオーガニックコスメに寄せられた口コミの中から、よくあるものを抜いてきました。製品が違っても、これらは共通して見られる口コミです。つまり、オーガニックコスメに共通した効果とは、「オーガニック」というイメージが与える心理的効果です。

え?それってコスメの効果?と感じた人もいらっしゃるかもしれませんが、実は、美肌にとっては大切な要素なんです。心理的効果。薬を例に取ってみると、ラムネを「これは血圧を下げる特効薬です」と信じ込ませて飲ませると、実際に血圧が下がる場合があるというようなことを、プラセボ(プラシーボ)効果と言います。

お肌にしても体にしても、結局その働きに指令を出しているのは自分自身の脳ですから、心理的効果は実際の効果を生み出す場合があります。

昔、ある有名な女優さんが色白になりたくて、「この水は美白水だ」ととなえながら毎日顔を洗ったら白くなった…と話していたことがありましたが、そういうこともあるかもしれないですね。

とくに女性の場合、感覚が鋭い人が多いですから、コスメの成分はもちろんですが、香り、質感、色、そして、製品へのイメージというのも大きな影響を与えるはずです。

オーガニックコスメは、ボトルのデザインや天然由来の香りなどにこだわっているものが多く、ナチュラルテイストが好きな人にとっては、使っているときの満足感は高いと思います。そのメーカーの製品作りの姿勢やオーガニックの考え方に賛同できると感じるなら、なお心の充実度はアップします。

心の充実は女性ホルモンの分泌を助けると言われているので、それは立派な美肌効果となりそうです。

「オーガニックコスメは、化学的根拠のある成分のようにはっきりとした効果がわからないし、コスパは悪い感じがするかもしれない。でも、私はこの感じが好きだからこれを選ぶ」。そういうコスメ選択の基準も、人それぞれにあっていいと思います。