『ワセリン』の用途とスキンケア効果!顔に塗っても大丈夫なの?

   

『ワセリン』の用途とスキンケア効果!顔に塗っても大丈夫なの?

昔からよく聞く『ワセリン』。皮膚科でも多くの患者さんに処方されますが、普段のスキンケアや爪・髪のケアにも便利なアイテムです。基本の用途と効果は「お肌の保湿・保護」

もちろん顔にも使えますが、いくつかの注意点もあります。

ここでは、ワセリンの種類や用途、スキンケア効果、おすすめの使い方や注意点などをまとめました。

ワセリンとは?

 

ワセリンは、石油を精製して得られる鉱物系オイルの代表です。精製度の高いものほど肌への刺激が低く、皮膚科でも保湿剤として処方されます。オイルとは言っても半固形のしっかりとしたテクスチャーで、肌をコーティングして水分の蒸発を防ぎ、外の刺激から肌を保護する働きを持ちます。

石油から得られる…というとあまり肌に良さそうなイメージが無いかもしれませんが、化粧品用として精製度を高めたものは炭素と水素を主にしたごくシンプルなオイル分で、燃料オイルとはまったくの別物です。匂いも無く、精製度の高いものは変質にも強いので肌への安全性が評価されています。

ワセリンの種類

ワセリンの種類

一口にワセリンと言っても、いくつかの種類があります。保湿効果に大きな差はありませんが純度が異なり、使用目的によって選びます。

白色ワセリン

もっとも一般的なワセリンで、市販されている『ワセリン』は多くが白色ワセリンです。精製度が高く安定した性質で、価格も比較的お手頃です。ごく普通にスキンケアとして利用するならこれが一番使いやすいタイプです。

黄色ワセリン

ワセリンの中では精製度が低く、主に皮膚の保護目的や軟膏の基剤として使われます。

プロペト

プロペトは、白色ワセリンよりもさらに精製度が高いワセリンです。肌がかなり弱い人や、目の側などのデリケートな部位に使うことがあります。

サンホワイト

サンホワイトは、プロペトよりも精製度を高め、不純物をほとんど含まないワセリンです。プロペトでも刺激となってしまうような状態のときに使用されますが、皮膚科で処方する場合にも健康保険が適応されず少し高価になります。

ワセリンの用途

ワセリンの用途

ワセリンは、顔や身体全体に使うことができます。唇やデリケートなまぶたなどに塗ることもできるので、幅広い用途で使えて便利です。

具体的には、

  • 肌の乾燥対策
  • すり傷や浅い傷を保護する
  • 指のささくれを保護する
  • 靴ずれなどの防止
  • リップクリームの代わりに
  • ハンドクリームの代わりに
  • ピアスや指輪の潤滑剤に
  • 目の周りなどデリケートな部分の乾燥予防に
  • 他のスキンケア用品が使えなくなったときの保湿剤として
  • 髪や肌や爪のツヤだしとして

などなど。とにかく「保護したい」部分に使うのがおすすめですが、普通のクリームや植物性オイルと違ってテクスチャーがしっかりしているので、使い方にはちょっとコツが必要です。

具体的には、

  • 塗り過ぎないこと
  • とくに顔には少量を手のひらで伸ばして薄くなじませるように使うこと

が基本です。普通のクリーム感覚で塗ってしまうとかなりベタベタします。

ワセリンのスキンケア効果

ワセリンのスキンケア効果

ワセリンの肌への効果は、シンプルに「保湿・保護」です。保湿と言っても肌に水分を与えたり水となじんだりする性質はなく、肌の表面にバリアを作り、水分の蒸発や外部からの物質の侵入を防ぐ働きをします。

肌に浸透しないので刺激が低く、かなり敏感になっている状態の肌にも使うことができます。あと、スキンケア効果というより、メイクアップ効果を狙い、肌・髪・爪などのツヤ出しとして応用することもできます。

メリット

  • 肌に刺激を与えず使いやすい
  • 比較的お手頃な価格で様々な用途に使える
  • 匂いが無い

デメリット

  • 他の保湿成分のように積極的保湿や+美容の効果はない
  • 重めのテクスチャーなのでべたつきがある

ワセリンはオイル100%で、肌に浸透しないのでその分刺激を与えず、肌を保護する働きに優れます。少量で高い保護力を発揮し、価格も比較的お手頃。1つ持っていると様々なシーンで使えて重宝します。

一方、スキンケアアイテムとして見ると、他の保湿成分のように、水分を引き寄せて肌の水分量を高めるという効果はありません。また、テクスチャーも少し固めなので、他の成分と調合してテクスチャーを調整したクリーム類に比べれば、使用感には少し劣ります。

保湿剤と名前はついていますが、肌の水分量を積極的に高める働きはなく、「守りのスキンケア」に向いています。

同じ守りのケアでも、外にバリアを作らず角質層内部の潤いを保つ力の強いのはセラミド、肌の循環機能を高めて乾燥肌原因の根本にアプローチするのはヘパリン類似物質、肌の硬くなった部分をやわらかくする尿素など、保湿剤と呼ばれるものも性質はそれぞれです。

ワセリンは、「とにかく肌に余分な刺激や成分を与えず、保護をして水分の蒸発を防ぎたい!」ときの代表です。

普段のスキンケアに乾燥対策として活用するなら、化粧水や美容液でセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど肌になじんで水分量を助ける成分を補い、最後のフタの役割としてワセリンをプラスする使い方がおすすめです。

 

肌への安全性は?

鉱物系オイル(ミネラルオイル)に対してネガティブなイメージを持たれることがあるのは、オイルの精製技術が未熟だった頃の名残も影響しているようです。昔の不純物の多い鉱物油が化粧品原料として使用され、日光による油やけで肌にトラブルをおこすケースがあると報告されました。

けれど、現在の精製技術は当時よりずっと進歩していて、とくに精製度の高い白色ワセリンは肌への刺激性が低いオイルの代表のようになっています。一般的に市販されているワセリンの多くは白色ワセリンです。

ワセリンは精製度の違いで大きく黄色と白色に分かれますが、顔に使うなら精製度の高い白色ワセリンの方が安心です。さらに刺激を低めたい人向けにプロペトやサンホワイトという極めて純度の高いワセリンもあります。

ただ、肌との相性には個人差がつきもので、オイル分そのものが肌に合わないという人もいます。医療用品以外には精製度に低いものが混じっていることもあり、商品の品質や使用法によっては肌トラブルの原因となるケースもあるため肌の反応を見ながら使用しましょう。

極度に肌の弱い人、皮膚の病気がある人、トラブルの状態がひどいときには皮膚科で相談することをおすすめします。

参考:敏感肌の原因を把握して改善!スキンケアを一度見直そう!

ワセリンの使用が向いていないケースは?

様々な用途で敏感肌の人にも使いやすいワセリンですが、オイル100%なのでニキビのできやすい肌質の人には向かないことがあります。

バリア機能が弱いことで皮脂が過剰に出ているタイプなら、ワセリンがバリア機能を助けることでかえって皮脂が緩和されることもあるそうですが、体質的に皮脂量が多く毛穴が開きやすいタイプの人のニキビはワセリンによって悪化する場合もあります。

また、アトピー性皮膚炎の人にもワセリンはよく使われますが、それも状態によっては向かないケースがあるようです。ニキビやアトピーなどトラブル肌のときには肌の反応を確かめながら慎重に使用しましょう。

ひどい乾燥、荒れ肌、ニキビ、アトピーなどの人の場合は皮膚科でもワセリンを処方してもらえますし、不安なときには専門医への相談をおすすめします。

参考:【ニキビの原因と治し方まとめ】日常ケアで再発防止できる!

用途別おすすめの使い方

用途別おすすめの使い方

肌の乾燥対策

ワセリンの用途の基本は肌の乾燥対策です。普段のスキンケアだけでは乾燥が気になってしまうときなどには、

  • 少量を手に取り、手のひら全体に伸ばす
  • 手を顔全体に押し当てるようになじませる
  • べたつきが気になるときには軽くティッシュオフ

また、特別乾燥が気になる場所への部分使いなら、

  • 指先に少量取る
  • 気になる部分に優しくなじませる

目の周辺など細かな場所には綿棒を使うと塗りやすくなります。ボディケアとして全身に使用できますが、広範囲に塗るときには少しテクスチャーのやわらかめの商品を選ぶのがおすすめです。

参考:顔の乾燥がひどいのはなぜ?乾燥肌の原因を把握して正しい対策を!

他のスキンケア用品が使えないとき

ワセリンは浸透せず肌に刺激を与えづらいので、肌が敏感になっていて他のスキンケア用品がしみて使えなくなってしまったときのレスキュー用としても使えます。その場合は、化粧水などを使わずワセリンだけの保護でもOKです。

たまには肌を休ませたい!とプチ肌断食するときの保護としての用途もあります。

リップケアに

ワセリンはデリケートな唇へのケアにも向いています。ごく少量でしっかりとした保護ができ、適度なツヤも出ます。リップとして直接塗ったり、口紅の上から塗ったりもできます。

とくに荒れのひどいときには、少し多めに塗った上からラップをして1~10分くらい置くとパック効果が得られます。

リップケアには、専用のチューブタイプや持ち歩けるミニミニサイズのワセリンも市販されています。ポーチに入れておくと他の場所の乾燥が気になったときにもサッと使えて重宝します。

参考:カサカサした唇の乾燥を何とかしたい!原因を知ってケアしよう!

小さな傷やささくれを保護する

手のささくれができていたり、顔の一部に小さな傷や荒れがあり、その部分だけはスキンケア用品やメイク用品の刺激を避けたいときは、スキンケア前やメイク前にその部分にワセリンを塗ると保護の役目をしてくれます。

ヘアケアやツヤ出しとして

ワセリンは重たいテクスチャーなのでヘアオイルとしては向きませんが、アホ毛や枝毛を部分的にカバーしたいときに使えます。この場合はごく少量を手のひらや指先に伸ばし、気になる部分に軽く触れる程度でポンポンとなじませます。

つけ過ぎたり、普通のオイルの感覚でなじませてしまうと髪がペタッとなるので要注意。ごく表面に軽―くつける感覚で、頭皮にはつかないよう注意しましょう。顔のツヤをだしたい部分に薄く塗り、ハイライト代わりに使う人もいます。

さいごに

デリケートな部分の保護に、乾燥対策にと、ワセリンは1つ持っていると便利なアイテムです。無臭で余分な成分が含まれないので、他のスキンケアを邪魔せず保護や保湿だけの機能を足せるので、工夫次第で幅広い用途に使えます。