プラセンタは美容液で使うのがおすすめ!でも…注意点もあるよ!

プラセンタは美容液で使うのがおすすめ!でも…注意点もあるよ!

美容液の種類は多すぎて、いざ買ってみようと思っても何を選べばいいのか迷ってしまいますよね。肌悩みが多い場合も、どこにターゲットをしぼればいいのか迷ってしまいます。

そんなときは、幅広い肌悩みをカバーできる『プラセンタ配合の美容液』を選ぶのがおすすめ!プラセンタ配合のスキンケア用品は化粧水などもありますが、化粧水では配合濃度がどうしても薄くなってしまいます。

プラセンタエキスは、配合濃度に制限があるビタミンC誘導体などと違いかなり濃くすることも可能なので、美容液での使用で効果が実感しやすいと言われています。



プラセンタの働き

プラセンタの働き

様々な美容効果が知られているプラセンタとは、哺乳類の胎盤(たいばん)から取れるプラセンタエキスのことです。

「哺乳類」は、子宮で赤ちゃんを育て、生んだ後は母乳で育てるタイプの動物を指します。もちろん人間も哺乳類ですが、化粧品用のプラセンタエキスの場合は馬や豚の胎盤からとったエキスを利用して作られています。

胎盤は妊娠した女性に形成される組織で、お腹の赤ちゃんを守り、必要な栄養をおくるためのものです。そのため、そこには成長に必要な様々な栄養素が凝縮され、細胞をつくる各種アミノ酸やミネラル・ビタミンなどがとても豊富に含まれます。

赤ちゃんが生まれた後に胎盤は不要になりますが、そこにはたくさんの栄養が残っています。動物によっては母親が食べる場合もあります。そんな胎盤からとれたプラセンタエキスには、美容や健康に大切な成分が入っていることがわかっており、医療の現場(医療用は人間由来のプラセンタエキス)では治療にも用いられています。

プラセンタエキスの美容効果

プラセンタエキスの美容効果

では、プラセンタエキスには具体的にどのような美容効果が期待できるのでしょうか?

美白効果

プラセンタエキスの美白効果は、厚生労働省がデータにもとづき効果・効能を認めたものとなっています。水溶性プラセンタエキスは、美白効果が表示できる医薬部外品成分(薬用化粧品成分)として扱われています。

美白と言ってもハイドロキノンなどの強い漂白効果と異なり、お肌の生まれ変わりを助け、メラニン色素がたまりにくい状態にする働きです。

はっきりとしたシミへの効果ではなく、日焼けによるシミの予防とお肌全体のくすみなどに効果が期待できます。お肌に刺激を与えにくいタイプの美白成分なので、乾燥肌・敏感肌の人にも比較的使いやすいと言われています。

ただ、敏感肌の人で、動物系原料に反応しやすい人は注意が必要です。

保湿効果

美容効果の中でも一番基本で重要な効果といえば保湿効果です。プラセンタエキスには高い保湿効果も期待できます。保湿成分にも様々な働き方がありますが、プラセンタエキスの場合は、豊富に含まれるアミノ酸の栄養分が肌の角質層を覆い、乾燥しにくい状態にしてくれます。

シワの予防

プラセンタエキスには、高い抗酸化作用があると言われています。抗酸化作用とは、お肌がダメージを受けたときに発生する活性酸素の害を減らし、細胞を傷から守る働きです。

プラセンタエキスの場合はとくに、紫外線によるコラーゲン繊維の破壊などに強い力を発揮するという説があり、光老化によるシワの予防に効果が期待できると見られています。

そのため、年齢肌を感じた時からエイジングケアとして活用している30代40代の方も多いです。

参考:美容成分『プラセンタ』の効果とは?副作用とかもあるの?

お肌全体の活性化

豊富に含まれるビタミン類などの働きで、プラセンタエキスはお肌全体の細胞の生まれ変わりを助け、表面の血行を良くするなど、お肌全体の活性化が期待されると言われています。



プラセンタ配合の美容液の特徴と注意点

プラセンタ配合の美容液の特徴と注意点

プラセンタ配合の美容液にも様々な種類がありますが、かなりオーバーな表現が使われている商品には少し注意が必要です。

劇的な効果は期待できない

プラセンタにはたしかに優れた栄養分が含まれます。そこから抽出したプラセンタエキスにそれらが残っているのも嘘ではありませんが、プラセンタエキスは、肌に塗って劇的な効果が期待できるような種類のものではないと言われています。

美容医療の現場ではプラセンタエキスが積極的に使われ、その効果を認めているお医者さんたちも多いです。しかし、基本的にそれは点滴や注射で直接体内に取り入れる方法です。もしくは、医療水準の品質の高いサプリメントを用います。

参考:最高級プラセンタサプリ

それに、医療現場で使うのは人間由来のプラセンタエキスで、化粧品用のものとは少し異なります。化粧品用プラセンタエキスの美白効果は認められていますし、保湿効果やビタミンの効果なども期待はできますが、細胞を丸ごと生まれ変わらせ、使うとすぐにツヤツヤの若さが手に入る!なんてことはありません。

プラセンタエキス配合の美容液は劇的な短期効果を期待せず、日頃の栄養補給のような感覚で地道なケアを目指す…そんなスタンスで使うのがおすすめです。

アレルギーに注意

「プラセンタは非常に安全性が高い!」というふれこみがありますが、上でも書いた通り、医療用のものは人間由来のため、たしかにアレルギーの恐れがとても低いと言われています。

もちろん、化粧品用のプラセンタエキスも安全基準に基づいてはいますが、動物性で他の生体の組織を使っているため、アレルギーおこす人も存在しています。プラセンタエキス配合の美容液を初めて使用する場合は、腕の内側など目立たない場所でのパッチテストをおすすめします。

お手入れには仕上げが必要

プラセンタエキスは水溶性のものが主に使われるので、配合された美容液も油分が少ないものが多くなっています。

ぬったときにしっとりとした感じがするのは、プラセンタエキス内のアミノ酸や、美容液に同時配合されている保湿成分のおかげですが、その状態で置いておくと蒸発してしまいます。

油性のものを配合してあるオールインワンタイプやクリームタイプのものを除き、プラセンタ配合美容液の後は、乳液、クリーム、オイルなどの油性のものを利用しましょう。

馬由来と豚由来に特別な違いは無し

化粧品用のプラセンタエキスは、狂牛病問題で牛由来のものが使われなくなって以来、馬由来か豚由来のどちらか(ごくまれに羊など)です。

馬由来の方が豚由来より効果が高くておすすめされているケースもありますが、この2つに特別な違いはなく、製造元が選ぶ原料の品質の問題だと言われています。

豚の場合はSPFという安全性の基準があります。それは一応食品用に設けられたものですが、それに準じた安全性の高い豚由来のプラセンタエキスを使用している商品もあります。

植物性・海洋性のプラセンタエキスはプラセンタ?

プラセンタエキス配合の美容液の中には、植物性・海洋性のプラセンタエキス使用と書かれているものがあります。本来のプラセンタは哺乳類に限定しているものなので、植物や魚からとれるプラセンタエキスというものは正しくは存在していません。

ただ、胎盤とよく似た働きをする組織は植物にも魚にも存在します。植物は種子の周辺、魚なら卵の周辺を取りまいているものです。新しい命を育てるという目的は同じなので、どちらも動物性プラセンタと似たような豊富な栄養分が含まれています。

豊富な栄養分がプラセンタエキスの美容効果の元ということを考えると、植物性でも海洋性でも近い働きは期待できるのでは?と言われています。ですが、はっきりとしたことはわかっておらず、本来のプラセンタエキスのように美白効果が認められているわけではありません。

ですが、栄養補給という意味合いで、海洋性や植物性の方が自分にとっては安心…と感じる人には人気があるようです。

まとめ

プラセンタエキスは、優れた栄養分を含む成分です。美白効果や保湿効果については実感する人も多いです。ただ、匂いが少し独特なこと、肌に塗ったときの質感が嫌だ、効果を感じられないと言う人も多く、逆にプラセンタしか使わないという愛用者もいます。

好みや実感がかなり分かれますので、まずはプラセンタ配合の美容液を自分の肌で試してみて下さい。良い効果を実感できたら使い続ければ良いですし、自分には合わないな…と感じたら使用を控えれば良いと思います。

プラセンタ関連記事