美容成分『プラセンタ』の効果とは?副作用とかもあるの?

      2018/05/16

美容成分『プラセンタ』の効果とは?副作用とかもあるの?

プラセンタという言葉、テレビや雑誌、ネットなどでも見たり聞いたりする機会が増えてきました。「でも、それって何なの?どんな効果があるの??」と思っている人も意外と多いのではないでしょうか。

この記事では、美容や健康に対するプラセンタの効果、副作用などの安全性、利用方法などについてご紹介します。

実際、プラセンタはどんな人におすすめなのか?も併せて紹介していますので、これから本格的に利用してみようかなと検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。



プラセンタとは?

美容ドリンクやサプリメントの原料として、よく耳や目にする『プラセンタ』。プラセンタとはいったいなんでしょうか。

プラセンタは本来「胎盤(たいばん)」を表す英語ですが、一般的によく使われるプラセンタという言葉の正体は、私たち人間も含む哺乳類の胎盤から抽出されたエキスのことを指しています。

もう少し理解を深めてみましょう。

哺乳類における胎盤の働き

出産経験のある人ならおそらく知っているかもしれませんが、胎盤とはお腹の赤ちゃんに栄養をおくるための組織で、妊娠後お母さんの子宮に形成されるものです。つまり、出産の日を迎えるまで赤ちゃんを育てるために母親の子宮に備わっている組織ということですね。

ちなみに胎盤と胎児をつないでいるパイプ役が、いわゆるヘソの緒ですね。赤ちゃんを無事出産まで育てあげた後に胎盤は不要となりますが、そこに含まれる豊富な栄養素は残っています。

胎盤は大切な赤ちゃんを育てるための重要なものですから、生命維持機能や細胞の発達に必要な各種アミノ酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなど様々な栄養分が、どんなサプリメントでもかなわないほどバランスよく豊富に含まれています。

そのまま捨ててしまうのはあまりにはもったいない!ということで、適正な方法で処理された胎盤から抽出されました。この優れた栄養分を効率よく安全に摂取できるように抽出したプラセンタエキスが、一般に「プラセンタ」と呼ばれているものです。

いまや医療や美容分野で幅広く活用されることとなりました。

古くはクレオパトラの時代から愛用されていた

古くはクレオパトラの時代から愛用されていた

そんなプラセンタエキスですが、プラセンタは古代から、健康・美容に効果的なものとして、美人で有名なクレオパトラも愛用していたと言われています。日本においては1950年代から、肝臓や婦人科系のホルモン異常などに対する治療において、医療機関でプラセンタが利用されるようになりました。

その後、豊富な栄養分を生かそうと、美容やアンチエイジングの分野でも注目を集めるようになりました。そして現在、プラセンタの効果の高さに定評が集まり、医療機関を始め、エステサロン、健康食品業界、美容化粧品業界など、幅広い分野で重宝されています。

市販にもプラセンタが配合された製品が多く出回っています。

プラセンタに期待できる効果

プラセンタに期待できる効果

それでは具体的に、プラセンタにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

プラセンタは含まれるその豊富な栄養分により、様々な方面への効果について研究が進められていますが、現在のところは以下のようなものが代表にあげられています。

  • 自律神経を整える
  • ホルモンバランスを整える
  • 栄養補給・疲労回復
  • 肝機能を高める
  • 体全体を活性化させる
  • 抗酸化作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫力アップ

こんな人におすすめ!

  • 肌や髪にハリツヤがない
  • 肌荒れしやすい
  • 抜け毛が気になる
  • 疲れやすい
  • 生理不順やホルモンバランスの悪さが気になる
  • 更年期
  • 冷え症
  • 食事が不規則
  • 不眠・精神不安定
  • 美肌を目指したい
  • アンチエイジングをしたい
  • 代謝を高めたい

プラセンタエキスは、その高い栄養分によって、更年期障害や疲れやすさ、冷え性などにも効果が期待できると言われています。

ホルモンバランスの乱れや疲労・冷え症は、体全体の健康はもちろん、美容にも深刻な影響を与えます。プラセンタエキスを取り入れることで、風邪を引きにくくなった、不眠が解消したなんて人も。

効果の実感には個人差がありますが、体調や美容に悩みを抱えている人ほど効果を実感しやすいとも言われています。


様々な相乗効果も!?

プラセンタエキスのメリットは、ずばり様々な栄養素がバランスよく含まれているということです。美容や健康にいいとされる成分は多種多様ですが、どんなものも単体で働くわけではなく、多くのビタミンやミネラルなどと助け合うことで、初めて体内で効率よく働くことができます。

コラーゲンとビタミンC、カルシウムとマグネシウムとビタミンDの組み合わせなどはよく知られていますが、それらの組み合わせをいちいち気にしながら取り入れるのも大変ですね。

だからこそ、健康と美容の基本は普段の食事にありと言われています。野菜や肉類などにはそれぞれの栄養分が効率よく働けるような組み合わせが自然に備わっているので、本当はそういうものから美味しく栄養を取り入れることが、体の健康にも美容にも一番重要ということです。

加工食品やお菓子類を食べ過ぎると病気になりやすくなってしまうのは、本来のバランスから大きく離れてしまうから…ということなのかもしれませんね。

ですが、現代の生活、しかも忙しい人は栄養バランスのとれた食事を毎日続けるのは難しい部分もあります。

そんなとき、バランスよく様々な栄養分が含まれたプラセンタエキスは、心強い味方となってくれます。

参考:プラセンタは効果がない?口コミを検証してみました!

プラセンタの原料

プラセンタの原料

医療機関以外では、人間の胎盤から抽出したプラセンタエキスを使用することはできません。

そのため、現在市販で出回っている美容ドリンクなどの製品に配合されているプラセンタエキスは、同じ哺乳類の豚や馬由来の胎盤が原料に使われています。

以前は牛の胎盤も原料になっていましたが、狂牛病の問題が騒がれて以降は使われなくなりました。

医療機関で扱うプラセンタに関しては、正常分娩後の健康な状態の人の胎盤を原料にしたヒトプラセンタが使用されます。

もっとも安全性が高く体への抵抗も少ないとされていますが、これを扱えるのは医療機関のみに限定され、市販の製品には使用できません。

植物由来のプラセンタもある

基本的にプラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスを指します。

しかし最近は、胎盤とよく似た働きを持つ植物の胎座(種子の成育課程で栄養が凝縮される部分)から抽出したエキスである植物性プラセンタ、メロンプラセンタなるものを利用したサプリメントもあります。

植物性プラセンタにも動物性プラセンタと同じく豊富な栄養分があると言われ、動物性原料に抵抗を持つ人には人気があるようです。

ただ、人間の体の吸収率という面では、同じ哺乳類の動物性プラセンタの方が優れているとも言われています。

プラセンタの摂取方法

プラセンタの摂取方法

プラセンタは、以下が主な摂取方法です。

  • 注射・点滴での直接摂取(医療行為)
  • 錠剤やカプセルなどのサプリメント、ドリンクでの経口摂取
  • 皮膚への塗布(原液、化粧水、美容液など)

効果の表れやすさ、即効性としては注射や点滴が一番と言われていますが、口からの経口摂取でもジワジワとした効果は期待できます。皮膚への塗布は、小じわやたるみ対策、アンチエイジング、傷跡の回復促進、炎症をおさえる目的などで使用されます。

参考:【プラセンタおすすめランキング】サプリを飲む?美容液を塗る?

プラセンタの副作用

プラセンタにはホルモンの副作用があるのでは?という口コミや、感染症を心配する声もあります。ですが、医療用のものや良質のものに関して、適正な範囲で使う限りは今のところ問題はないとされています。

原料になる胎盤に関しても、医療用はもちろんのこと、きちんとしたメーカーのものなら厳正な基準がもうけられています。しかし、他のサプリメント同様に、個人の体質に合わない可能性はもちろん有り得るので、摂取中に異変を感じたらすぐに中止して医師に相談しましょう。

健康食品として販売されているプラセンタには特別に禁止されている飲み合わせなどはありません。しかし、何かの薬を服用中の人、病院で治療中の人、妊娠中、ホルモン系や肝機能障害、糖尿病などの全身病がある人などは、医師に相談の上使用するようにしましょう。

また、プラセンタの注射や点滴を受けると、その内容によっては他者への輸血や献血ができなくなる決まりがあるので、受けるときには事前に確認をしておきましょう。

点滴や注射に抵抗がある場合は、サプリメントやドリンクでの摂取で体との相性を確かめてみるのがおすすめです。

プラセンタの入手方法

プラセンタの入手方法

プラセンタを試してみたい!と思った場合、最も効果が期待できておすすめなのは医療機関を利用することです。この場合は主に美容クリニックになりますね。安全性と期待できる効果の高い医療用プラセンタの注射や点滴を受けたり、医療用サプリメントを購入したりできます。

医療用で取り扱っているものが信頼性の面では一番だと思います。ただ、基本的に健康保険の適応はされないので自費診療となり、値段や内容は個々のクリニックや医院によって異なります。

よく芸能人が通っているという美容外科、アンチエイジングのために1回注射してもらうだけで何万円もするのはそのためです。もともとは、美容医療に積極的な美容形成外科、美容皮膚科などが中心となって取り扱っていましたが、最近では一般内科、眼科、歯科などでも扱うところが増えています。

しかし、そんな高額な出費をしてまで美容医療に通えるのは一部のセレブのみ。もっと手軽に摂取したいという人も多いかと思います。そんな時は市販のプラセンタを摂取するのがおすすめです。ですが、注意も必要です。

ドラッグストアや通販などで市販されているプラセンタの中には、安価すぎて原材料が不安だったり、反対に、高価なわりに内容が曖昧でお粗末だったりするものが含まれていることも。

ただ、これは一部の悪徳メーカーに限っての話です。市販のものを購入する場合は、相談窓口なども設けている信頼できるメーカーのものを選ぶのがポイントです。粗悪品に引っかからないように注意しましょう。



私がプラセンタを摂取してみて実感できた効果は?

私がプラセンタを摂取してみて実感できた効果は?

プラセンタによってどのような効果を実感するかは個人差がありますが、私は一時期疲労がひどかった時期にプラセンタ点滴に通っていたことがあります。

個人的にはけっこうな効果を実感し、気に入ってしばらくの間継続的に受けていました。

具体的に感じた効果は、

  • 疲れがとれやすくなった
  • 顔色がよくなった
  • 冷えがマシになった
  • 肌の調子が良くなった

プラセンタ療法を行っている医院やクリニックでは、先に院長先生自身やスタッフの人が試してから導入している場合が多いです。

口コミを調べても、多くの人が私と同じような感想や、風邪を引きにくくなった、肌にハリが出た、血行がよくなった、肩こりが改善された、アレルギーがマシになったなどの実感を持つようです。

プラセンタの効果的な利用方法

プラセンタの上手な利用法

良質なプラセンタになると比較的値段が高額になり、いくら効果を感じていたとしても、毎日飲み続けたり、定期的に注射や点滴を受けたりするのはなかなか大変です。

プラセンタは正式な治療で使われるもの以外は、確実な効果が証明されている薬とは違います。また、長期間欠かさず飲み続けなければ効果が実感できない性質のものというわけでもありません。

使う目的によっては継続的な使用が求められる場合もあるかもしれませんが、経済的に厳しいようなら、最近ちょっと疲れているな…と感じたタイミングで利用しましょう。

病院で点滴や注射を受けたり、市販のサプリメントを飲んだり、基礎化粧のスキンケアで使ったり、ライフスタイルに合わせて取り組みやすい方法で構いません。

自分の体調に合わせて上手に取り入れてみて下さいね。ただ、病院でのプラセンタ利用はかなりハードルが高いのが正直なところだと思います。いくらプラセンタと言えど、1回の注射で何万円もかかってしまうのは気軽に利用というわけにはいきません。

利用しやすさとしては、やはりサプリメントやドリンク、化粧品ですね。

参考:プラセンタは美容液で使うのがおすすめ!でも…注意点もあるよ!

プラセンタまとめ

プラセンタまとめ

最後に、私が特におすすめするプラセンタを紹介したいと思います。基本的にどれも同じプラセンタエキスなので同等の効果が期待できますが、用途・使い方で分けてみました。

飲んで体の内側からエイジングケアするプラセンタ

「体が疲れやすい、30代からの老化が気になる、エイジングケアを始めてみたい」という人は、飲むプラセンタサプリメントがおすすめ!

数ある中で特におすすめなのはこちらです。

・プラセンタを超えた超吸収型スーパープラセンタ
母の滴【プラセンタEX】

プラセンタ原液を肌に塗るタイプ

「肌荒れやシミ・シワなど、肌の老化が気になる」という人は、皮膚にプラセンタ原液を直接塗るタイプは即効性があっておすすめです。