毛穴汚れの黒ずみでいちご鼻が目立つなら…こんな毛穴ケアがおすすめです!

毛穴汚れの黒ずみでいちご鼻が目立つなら…こんな毛穴ケアがおすすめです!

「若い頃は毛穴こんなに目立たなかったのに…。」毎日の洗顔や化粧の時にふと自分の顔を見て、毛穴の汚れ、小鼻まわりの黒ずみを見つけてガッカリすることってありませんか?「これじゃまるでいちご鼻じゃん…」洗顔はしっかりしているはずなのに…

毛穴はメイクでもカバーしにくいので悩みのタネになりやすいですよね。出来る頃なら、若い頃のようなキメ細かく毛穴なんかに悩まなかったあの頃に、戻りたい!そんな感じで悩んでいる人がとても多い毛穴汚れや黒ずみ…ですが、状態は様々なので原因が何によるものかをチェックしながらのスキンケアが近道です。

この記事では、毛穴汚れや黒ずみの原因と、その対策としての毛穴ケア方法をまとめました。

まずは毛穴の役割を知っておこう!

毛穴の汚れや黒ずみを対策する上で、そもそも毛穴は何の役割を果たしているかのお話しからさせていただきます。

  • 毛穴からでる皮脂が肌に膜を作ることで、空気中のホコリや汚れ、化学物質などの外的刺激からお肌を守ってくれる。
  • 皮脂が皮膚の潤いを保って乾燥を防いでくれる。
  • 毛穴から皮脂と汗を出すと共に体内の老廃物を体外へと排出する。
  • 毛穴から出される適度な皮脂が、皮膚のphバランス(ペーハーバランス/皮膚が健康な状態でいるために、血液や体液の酸性・アルカリ性のバランスを保つこと)を保ち雑菌の増殖を防いでくれる。

以上のように、毛穴はただの悪者ではなく、美肌を保つために必要な存在なんです。

毛穴汚れの黒ずみでいちご鼻に

毛穴汚れの黒ずみでいちご鼻に

誰が言い始めたんでしょうね「いちご鼻」。毛穴の黒ずみブツブツが目立つ鼻のことです。鼻は目立つパーツなので、悩みは深くなりがち…。わかります。私も筋金入りの「いちご鼻」です。

いちご鼻の状態は実に様々。私の場合は、超敏感なお肌に散々ダメージを与えてきた結果、いちご鼻を究極に悪化させてしまったパターンです。

ベリベリはがす角栓ケアや、鼻の脂を押しだそうとするなどの行為は止めた方がいいです…よけいにいちご鼻が悪化します。

そして、私の場合、お肌の問題はいちご鼻に限ったことじゃなくて、全体が超敏感な状態になっているので、今は保護だけをして、積極的なケアを避けて回復待ちなんです。とくに季節の変わり目は敏感なので…。

お肌の悩みって、深くなるほど焦ってしまい、あれもこれもと試したくなったりしませんか?私は一時期そんな泥沼にハマっていました。そういうときには、何を試しても上手くいかなかったりするんですよね。

とくに、いちご鼻の改善にはある程度の時間がかかると思うので、何かのスキンケアのお試しをするなら気長に試すつもりで臨んだ方がいいかもしれません。

やればやるほど悪循環…間違ったケアに注意!

やればやるほど悪循環…間違ったケアに注意!

いちご鼻は、間違った角栓ケアや洗顔法や紫外線など、ダメージの与えすぎという場合も多いです。

それを気にし過ぎ、改善しようと必死になってやればやるほど悪循環…なんていうことも。間違ったケアを続けている限り、毛穴ケアの効果も期待できないです。肌のお悩みで煮詰まってきたときは、1つ何かの指針を決め、しばらくの間は言われたとおりにやってみるのもおすすめです。

そのうちに、「やっぱり自分には合わない」「もっと他の方法や商品を試そう」と、自然に行動が移り、それをくり返すうちに自分なりの改善方法が見えてくると思います。

毛穴ケア製品の口コミの中で、「友達や彼氏にいちご鼻をバカにされて…」というものがけっこうありましたが、人の悩みをバカにするような人の言葉は放っておきましょう。そんな言葉に追われて改善しようとすると、かえって上手くいかず自分が損するだけと思います。

いちご鼻はある程度は体質がありますが、何らかのダメージでよけい目立っていることが多いと思います。だから嫌わずに、労わる気持ちで与えているダメージを減らし、優しくケアのできそうなコスメを気長に探してみてください。

ひどく状態が悪化し、熱を持った赤み、ヒリヒリした感じ、膿が出るような症状が見られたときは、美容皮膚科に相談し、治療を受けて落ち着いた後に毛穴ケアを試す方が安心かもしれません。

毛穴の黒ずみの原因と対策

毛穴の黒ずみの原因1…汚れが毛穴に詰まっている

目立つ毛穴の代表と言えば、小鼻の毛穴の黒ずみですね。何となく不潔に見えてしまう気がして嫌だと悩んでいる人が多いようです。この原因には、いくつかの要素があります。

  • 洗顔不足
  • 皮脂や汚れの酸化
  • メラニン色素の沈着
  • うぶ毛が濃い
  • 肌が白いために影が見える

小鼻の毛穴は元々他に比べて大きいので、目立ちやすい部分です。それに加え、皮脂が多く汚れも吸着しやすい部位なので、毛穴に汚れが入り込んで取れにくい場合があります。

また、皮脂や汚れが空気に触れて酸化すると、さらに黒ずんだ色に見えやすくなります。それから、汚れではなくメラニン色素が沈着し、茶色~黒褐色になっていることもあり、顔のうぶ毛が濃い人はそれも毛穴が黒く見える原因になります。

また、お肌の際立って白い人の場合、毛穴の部分の影が周囲の色との対比で黒っぽく見えているケースもあります。

以上を踏まえ、毛穴の黒ずみの原因をひとつずつ詳しくチェックしていきましょう。

汚れが毛穴に詰まっている

毛穴の黒ずみの原因として一番多いのは、汚れが毛穴に詰まっていることです。毛穴に詰まる汚れは、大きく分けて4つあります。

  1. 自分自身の体から代謝される皮脂や汗や古い角質によるもの。
  2. 外のほこりや汚れがお肌に吸着されたもの。
  3. メイク用品の細かな粒子や油分が毛穴に入り込んだもの。
  4. お肌に住む常在菌の排出物や死骸などです。

過剰に分泌した皮脂や角質に汚れが混じって黒く見えたり、毛穴に詰まった茶色の脂汚れが酸化すると毛穴内部にこびりつき、その中で黒く変色するのです。

その結果、普通の洗顔だけでは落としきれなくなってしまいますが、その汚れを取ろうとして洗顔をしすぎてしまったり、保湿を怠ったりすると、さらにお肌は乾燥した肌を守ろうと皮脂を余計に出すので逆効果になってしまいます。

毛穴の詰まりやすさには個人差があり、元々毛穴が大きい人や皮脂の分泌が活発な人は毛穴の入り口が広がっているため汚れも入りやすく、詰まりがちな傾向があります。

毛穴の入り口が硬くなっていない状態なら、鼻の毛穴をギュッと押すとその汚れが押し出されることもありますが、それを続けると刺激によって毛穴が硬くなり、よけい詰まりが促進されてしまう恐れもあります。

ベリベリはがして汚れを取るタイプのパックもお肌を傷めてしまうことがあるので連用はNGです。

毛穴汚れ対策のスキンケア

黒ずみ毛穴の中でも、皮脂や汚れが原因のものは、まずは汚れにしっかりアプローチするのが大切です。

単純に汚れが詰まっている場合には、一番必要なケア方法は洗顔クレンジングです。とは言っても、黒ずみを無くそうとゴシゴシしたり洗い過ぎたりするとよけい状態が悪化することがあるので注意しましょう。

強い洗顔料や角栓パックや作用の強いクレンジング剤などは毛穴にダメージを与え、刺激によって色素沈着をよけいひどくしてしまう恐れがあるので避けた方が無難です。なので、毛穴内部の汚れや皮脂を優しく吸着できるタイプの洗顔料がおすすめです。

  • 毛穴内部に入り込める小さくてソフトなスクラブ洗顔料
  • 吸着力と自然のデトックス作用があるクレイ入り洗顔料

毛穴の汚れ対策を重視した洗顔料には、スクラブ系やクレイ系のものがあります。スクラブは、粒子が小さくて毛穴にアプローチでき、お肌を傷めないソフトスクラブタイプがおすすめです。

クレイは、天然の吸着デトックス作用のある特殊な泥のことです。毛穴内部の汚れを吸着して外に出す働きがあるとされ、毛穴の詰まりのケアには効果的と言われています。

鼻の黒いブツブツが気になっている場合のケアには、肌に優しく毛穴の汚れがケアできるソフトスクラブやクレイの入った洗顔料や、汚れを浮かしやすくするタイプのクレンジング剤の使用が向いています。

こちらはメンズ用ですが、スペシャルケアとして黒ずみの気になる部分に使える洗顔クレイパック。

いちご鼻対策の洗顔としておすすめ!
頑固な毛穴汚れには集中的なスペシャルが効果的

毛穴のケアを重視したいなら、ときどきスペシャルケアの方も試してみるといいかもしれません。

  • 洗顔前に蒸しタオルで毛穴を広げる
  • ピンポン玉2個分~3個分のタップリ泡で気になる部分を中心に全体を優しく洗う
  • ぬるま湯でしっかりとすすぐ
  • 最後に保冷材を布で包み、毛穴部分にそっとあてて引き締める

蒸しタオルは、ハンドタオルを水で濡らして絞り、綺麗なお皿にのせてラップをし、数十秒~1分程度レンジでチンすると簡単にできますが、タオルの大きさやレンジの出力によってはかなり熱くなってしまうことがあるので、最初は10秒ずつ様子見をして、火傷をしないように注意しましょう。

顔にのせるときも、手で触って「熱い」と感じてしまうレベルはかえって肌を痛める原因になります。他の部位より敏感な顔には少し「ぬるすぎるかな?」くらいがちょうど良く、それで毛穴はちゃんと開くそうです。

もっと簡単には、お風呂に入ったときにお風呂のお湯に浸したハンドタオルを絞って顔にのせ、入浴しながら顔を温める方法もあります。

最後の保冷材も、冷たすぎるとデリケートな毛穴部位が急激に縮んでかえってダメージを与えることがあります。保冷材は必ず清潔な布で包み、「ひんやり気持ちいい~」くらいの状態で、一か所に長くとどめないように注意して使いましょう。

拭き取り化粧水+イオン導出(イオン吸着・イオン排出)のできる美顔器を使用

洗顔料ではあまり効果が感じられない、合う洗顔料が見つからない、洗顔による刺激はできるだけ避けたいという場合は、イオン導出のできる美顔器拭き取り化粧水を合わせたケア方法もあります。

イオン導出は、電気の力を利用して汚れなどを吸着する方法で、洗顔では落としきれない毛穴内部の汚れにアプローチできます。イオン導入の反対で、化粧水を含ませたコットンをあてた器具でイオンを発生し、毛穴内部の汚れを吸着する仕組みになっています。

使用の際にはコットンに化粧水を染みこませて行うのが基本ですが、そのときに拭き取り用の化粧水を使うとより汚れが取れやすくなります。普段しっかり洗顔しているつもりでも、これを使うとびっくりするくらい汚れが取れることがあります。

使用後は、保湿力の高い化粧水や美容液でしっかり保湿をしましょう。黒ずみ毛穴は、乾燥が進むとよけい皮脂が増え、状態が悪化することがあります。

小鼻って、皮脂がある分、意外と保湿を忘れがちなポイントです。指やコットンで優しく抑えるように化粧水をなじませてあげましょう。このとき、抗酸化力の高いビタミンC誘導体やアスタキサンチン配合の化粧水や美容液を使うと、皮脂の酸化にも対策ができます。

グリチルリチン酸ジカリウムは毛穴周辺の肌荒れに効果的

グリチルリチン酸ジカリウムは、植物の甘草由来の成分で、炎症を抑える働きに優れています。そのため、肌荒れやニキビ対策の化粧品には多く含まれ、効果実感の声もよく聞かれます。

甘草の炎症を抑える効果については古くからよく知られ、グリチルリチン酸ジカリウムもその効果を厚生労働省が認めた有効成分となっています。

いちご鼻の人は鼻にニキビができやすく、皮脂や汚れや過激な角栓ケアなどで炎症がおきている場合が多いですが、そのような状態へのアプロ―チが期待できる成分と思います。

皮脂過剰の毛穴の場合、その部分が皮脂に負けて赤くなってしまったり、雑菌が皮脂をエサに繁殖しやすくなったり、何かとトラブルのおこりやすい部分でもあります。とくに鼻の周辺。赤みやデキモノが発生しているとなおさら毛穴の部分も荒れて目立つようになってしまいます。

そんな肌荒れのケアには、抗酸化力の高いビタミンC誘導体や薬草由来のグリチルリチン酸2Kでのケアが効果的です。

毛穴の出口が角化している

毛穴の黒ずみの原因2…毛穴の出口が角化している

毛穴に汚れや皮脂が詰まっている状態の中でも、毛穴の出口が硬くなり(角化)、ふさがってしまっている場合があります。汚れの表面に膜がかかったような感じに見えることもあります。

この状態では、スクラブなどは効力を持たず、角化した部分をやわらかくするようなケアが向いていると言われています。クレイには膜を通して汚れを吸着する作用もあると言われているので、そちらは試してみてもいいかもしれません。

毛穴の角化対策スキンケア

角化をやわらげる酵素や酸を使ったピーリング洗顔料やパック

毛穴の出口部分が硬くなってしまっているような状態に対しては、タンパク質を分解する植物性酵素やリンゴ酸などを利用したピーリング洗顔料やパックがあります。

古い角質が肥大化して厚くなったような状態には向いていると言われていますが、乾燥しやすい人やお肌の薄い人には刺激が強いことがあるので注意が必要です。

角質除去の拭き取り化粧水+イオン導出

角化した状態には、米ぬか、植物性酵素、リンゴ酸などを使ったタンパク質性の硬い角質をやわらげ除去できるタイプの拭き取り化粧水を使ったり、イオン導出器と合わせたりして使う方法もあります。

ただ、こちらも乾燥のひどい人、敏感肌、年齢とともに皮膚が薄くなっている人には刺激となる場合があるので、お肌の状態に応じ、スペシャルケアとして行うなどの配慮が必要かもしれません。

メラニン色素の沈着による黒ずみ毛穴

毛穴の黒ずみの原因3…色素沈着

毛穴に詰まった汚れをケアしても黒ずみが改善されないという場合、毛穴周辺にメラニン色素による色素沈着をおこしている可能性があります。メラニン色素の沈着による黒ずみ毛穴は、どちらかと言えば茶色っぽい色で、角栓のデコボコなどはなく平面的な感じに見えます。

メラニン色素は日焼けだけで発生するものではなく、ダメージを受けやすい部分の皮膚を丈夫にする働きがあるため、特別に敏感な部分、刺激が多く加わる部分などには日常的に発生し、沈着していくことがあります。

とくに鼻の毛穴は、詰まった汚れや酸化した皮脂による刺激、皮膚の常在菌による刺激、くり返す角栓ケアパックや指で皮脂を押し出すことによる刺激など、日常的に刺激を受けやすく、出っ張っているので紫外線や外気の影響も受けやすいと言われています。

色素沈着対策スキンケア

美白成分の入った化粧水、美容液などの使用

色素沈着による黒ずみの場合、今以上にそれが進まないように刺激を避け、美白成分の入った化粧水や美容液などの使用がおすすめです。

美白成分には様々なものがありますが、抗酸化力が高くメラニン色素への万能アプローチができるビタミンC誘導体やアルブチン、ターンオーバーを促しメラニン排出を促すと言われる水溶性プラセンタなどが向いていると言われています。

なお、強力な美白成分ハイドロキノンはピンポイントのシミケア用なので、毛穴のようにダメージ由来でおこっている色素沈着には不向きかもしれません。

ビタミンC誘導体

色素沈着や皮脂コントロールなど毛穴対策に有効と言われるビタミンC。ビタミンC誘導体に期待される効果の中で、もっとも有名なのがメラニン色素への働き。紫外線などの影響で肌に発生するメラニン色素の過剰な生成を緩和し、沈着した色素の排出を促すと言われています。

毛穴の中で、とくに黒いブツブツが目立ちやすい鼻の毛穴。穴が大きく皮脂が活発な上、顔の高い位置にあるので汚れを吸着しやすいという事情もありますが、酸化した古い皮脂によって毛穴周りの肌がダメージを受け、メラニン色素が沈着して黒く見えている場合もあります。

でも、黒く見えていると「汚れている」「汚れが詰まっている」と感じて一生懸命に汚れを取るケアをしたくなります。ですが、メラニン色素は刺激を与えれば与えるほど濃くなる傾向があるので、悪循環で毛穴の黒ずみが増してしまっている可能性も。

そんなときは、皮脂の酸化を防ぎ、メラニン色素にアプローチし、皮脂のコントロール力もあるとされるビタミンC誘導体でのケアがおすすめです。

なお、ビタミンC誘導体の種類によっては乾燥しやすかったり、刺激を感じたりする弱点があります。とくに、乾燥が元になって毛穴の周辺が硬化して目立っているようなタイプでは、ビタミンC誘導体でのケアがかえって逆効果になるケースも指摘されています。色素沈着による黒ずみ毛穴に効果的ということを覚えておきましょう。

ビタミンC誘導体配合美白スキンケアライン
水溶性プラセンタエキスで美白ケア

有効成分となっている水溶性プラセンタエキス。こちらに認められた効果は保湿と美白ですので、いちご鼻の原因の1つ、色素沈着にアプローチが期待されます。鼻は皮脂が多いので、意外と保湿に気を抜いてしまったりしないですか?私はそうでした。

でも実は、他の部分よりも乾燥しやすいらしいです。とくにお肌の薄い乾燥肌タイプの人は。それに、皮脂がたくさんでているオイリータイプの人も、水分系の保湿は大切と思います。いちご鼻の毛穴の目立ちには、

  • 乾燥によって形がいびつになっている
  • 皮脂の出過ぎで毛穴が開いている

主にこの2つのタイプがあると思います。このどちらにしても、しっかりとした保湿によって、ある程度の改善は期待できそうです。

美白と言っても、デリケートになったいちご鼻に強い美白成分は向いていないですが、水溶性プラセンタエキスは含まれる栄養分によってお肌のターンオーバーを助け、色素の排出を促すものなので、刺激はかなり低いみたいです。

バリア機能を補う保湿と保護のケア

色素沈着は、バリア機能の低下によっても引き起こされます。美白ケアとともに、バリア機能を補うセラミドなどの保湿成分を使い、保湿と保護をしっかり行うことも大切と言われています。

日常の紫外線対策&刺激を避けるケア

色素沈着による黒ずみ毛穴は、紫外線にあたるとさらに色が濃くなります。そして改善には時間がかかるため、その間に新たな色素沈着をおこさないようにできるだけ刺激を避け、日常の紫外線対策も合わせて行いましょう。

また、色素沈着を完全に無くすことはなかなか難しいので、刺激の少ない化粧下地やメイクアップコスメの方に目を向けてみるのもおすすめです。色素沈着をおこしやすい人は元々お肌が繊細なタイプの人が多いので、できるだけ負担を控えた優しいケアがポイントです。

うぶ毛による黒ずみ

毛穴の黒ずみの原因4…産毛による黒ずみ

顔のうぶ毛が濃い人は、鼻の毛穴にも少し太めの毛が生え、それが黒く見えている場合があります。角栓パックをすると毛が一緒に抜けるのでそれがわかります。

ただ、角栓パックや脱毛パックで自己処理を続けていると、刺激が強く多用するとかえってうぶ毛がよけい太くなったり、中に埋没して目立つようになったり、その刺激で色素沈着をおこしたりすることがあるので注意が必要です。

うぶ毛対策スキンケア

これは実際には黒ずんでいないので、化粧水やその他の化粧品では改善ができません。肌色の関係で影に見えている場合は、メイクでハイライト効果のある下地を使うと上手くカバーができます。

毛をやわらかくするうぶ毛専用コスメ

うぶ毛による黒ずみ対策としては、口周りなどのうぶ毛をケアするうぶ毛専用コスメがあります。毛をやわらかくし、うぶ毛にアプローチすると言われるダイズエキスなどを利用したものです。

また、眉のお手入れをしてくれる専用サロンなどでは、比較的リーズナブルな金額で鼻のうぶ毛黒ずみ処理をしてくれるところもあります。

ワックスを使うのである程度のダメージは避けられませんが、お肌の保湿や鎮静のケアも行うメニューなら自己処理よりは安全に綺麗な仕上がりが望め、月1くらいのスペシャルケアとしてはいいかもしれません。

毛穴のケアは持続が大切

単純に一時的な汚れが詰まっているだけの状態と異なり、長年の毛穴の悩みには様々な要因が関わるため、その改善には時間がかかるのが普通です。

自分の毛穴の目立ちの原因の主なものが何か、はっきりわかる場合とわからない場合がありますが、ビタミンC誘導体は毛穴に関わる様々な要因にアプローチが期待されている成分です。

そのため、何らかの毛穴悩みがあるときは、ビタミンC誘導体配合のコスメを日常のケアに取り入れ、地道に気長にケアするのがおすすめです。

ビタミンC誘導体配合のコスメには数多くの種類がありますが、洗顔後すぐに使えるタイプのものは浸透が良く、普段のケアを変える必要が無いので気軽にチャレンジできるのが嬉しいところです。

ビタミンC誘導体が毛穴ケアに効果的とは言っても、他の成分との兼ね合いや相性もあるので、自分の肌に合った心地よい使用感で使えるアイテムを選ぶのがおすすめです。

ビタミンC誘導体配合美白スキンケアライン
美白ケア(シミ・くすみ・黒ずみ・毛穴)
参考になったらシェアお願いします♪
目元の集中ケアにはこれがおすすめ!アイクリームランキング7選

厳選したおすすめのアイクリームを7選、その理由とともにランキング形式でご紹介しています。

それぞれ特徴があって迷ってしまいそうですが、目元ケアとしてアイクリーム選びをしている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

美肌コスメ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました