プロテオグリカン原液の効果は?たった1gで3,000万円の美容液成分

プロテオグリカン原液の効果は?たった1gで3,000万円の美容液成分

「なんか、顔くすんでる?」朝、化粧をする度に鏡を見て、ふとそんな風に思うことが増えた。電車の窓に映る顔がなんだか疲れている。心なしか化粧のノリも悪くなった。

お肌にハリ・うるおいが足りていない、目元の小じわも気になってきた…。アラフォーの私はまさに今こんな状態ですが、年齢を重ねて今後の肌ケアに不安を抱えてる方、多いのではないでしょうか。老化現象って無情ですよね。

今回はそんなお肌の悩み対策として、今話題の原液コスメ「プロテオグリカン原液」に期待できる美肌効果を紹介をしたいと思います。なんと、たった1gで3,000万円!?まだ聞き馴染みのないこの美容液成分、私もずっと気になっていたんです。

公式:LIFTest プロテオグリカン原液(お試しサイズ)

プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンって言葉は初耳だという方は多いと思います。プロテオグリカンというのはもともと私達の体内、皮膚や軟骨に存在している成分なんです。表皮の下の真皮層に、コラーゲンやヒアルロン酸と共に存在し、肌や軟骨の土台として形成している成分です。

1g 3,000万円!?

プロテオグリカンは新鮮な状態の動物や魚からしか抽出できず、含まれる量もごくわずかだったため、その希少性から以前は1g 3,000万円もするとてつもなく高級な成分でした。

しかし、近年はサケの鼻軟骨に豊富に含まれていることが発覚し、効率よく抽出できるようになりました。当時は1g 3,000万円という価格であっても化粧品に配合していたメーカーがあったと考えると、その効果の高さに期待できそうですよね。

今回紹介するこのプロテオグリカン原液も、北海道や青森で水揚げされた高品質な国産サケ軟骨から抽出された純度の高いプロテオグリカンを使用しています。今ではすっかり有名になった抗酸化作用のある成分「アスタキサンチン」もそうですが、サケってすごいですね!笑



プロテオグリカン、その効果は?

実は、プロテオグリカンの美容成分は専門家や美容家の間でもとても注目されている成分なんです。何がどう凄いのか、順番に見てみましょう。

驚きの保湿力

プロテオグリカン、その効果は?

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸同様に保水に優れた成分ですが、その保湿力はなんとヒアルロン酸の1.3倍と言われています。この保湿力は、その浸透性の高さからきています。

ヒアルロン酸は保水力には優れていますが、分子量が大きくなかなか肌に塗っても真皮まで浸透していきにくいとされています。よく「ナノ化」という言葉が基礎化粧品などの世界では使われますが、あれは「成分の分子量を小さくしてより皮膚の奥底まで浸透しやすくしました」という事です。

なので、分子量を小さくしていないヒアルロン酸は、肌に塗っても表皮にとどまってしまいます。そのまま表面にとどまっている間は高い保湿力を発揮してくれますが、肌内部での保湿力の効果は期待できないんです。

しかし、ヒアルロン酸に比べプロテオグリカンは分子量が小さく、肌への浸透性が高いと言われています。なので、ごく少量でも肌に塗ると表皮から染み込み、真皮層まで染み渡った成分が保水効果をもたらしてくれます。

そして時間が経っても乾燥が少ないという特徴があります。

ヒアルロン酸とコラーゲンを生成!?

実は、このプロテオグリカンは保水力だけでなく、ヒアルロン酸コラーゲンの生成をサポートする効果があると言われています。なので、ヒアルロン酸やコラーゲンを単体で塗るよりも、プロテオグリカンを使ったほうが相乗効果も生まれて効果が高いといわれています。

EGF様作用はプロテオグリカンだけ!

当サイトでも度々紹介していますが、人間の体にはもともとEGF(上皮細胞増殖因子:ヒトオリゴペプチド)というものがあります。これはたんぱく質の一種で53個のアミノ酸から成り立つ成分ですが、細胞を生み出したりその成長を活発にする働きがあります。

このEGFがあるから肌の新陳代謝(ターンオーバー)が促され、美しい肌を保てるということ。しかし、EGFは加齢と共に減少します。20代後半からどんどんEGFは減っていき、40代になると急速にEGFは減少してしまうのです。

EGFが減ってしまうとターンオーバーは滞り、古い角質や角栓が肌表面に残って肌荒れを引き起こしたり、シミ・しわ・そばかす・くすみを作る原因になってしまうのです。

そこで、このプロテオグリカンが持つ「EGF様作用」とは何かというと、身体に取り込むとまるでEGFのように作用します。肌がプロテオグリカンを取り込むと、細胞はEGFだと判断し、活性化を始めます。

細胞が活性化し、肌本来の規則正しいターンオーバーが繰り返されると、くすみ・しみ・そばかす・しわなどは減っていき、透明感とうるおいのある美しい素肌を甦らせます。

ちなみにこのEGF様作用というのは、他の成分には含まれないプロテオグリカンだけの成分と言われています。EGFについては以前の記事も参考にしてみて下さい。

参考:EGFの美肌効果が凄い!細胞が生まれたてのぷるぷるお肌に!?

抗酸化作用

プロテオグリカンには身体の酸化を抑える抗酸化作用があることもわかっています。酸化というのは、空気に触れることで鉄が錆びたり物が腐ったりする現象のことで、恐ろしいことに人間にも同じ現象が起こっています。

人間の酸化がいわゆる「しわ・しみ・そばかす・たるみなどの老化」です。ですから、アンチエイジングにはこの抗酸化作用は必要不可欠なんですね。老化を促す活性酸素の発生を未然に防ぐ、とっても心強い成分なのです。

炎症抑制作用

体内で炎症をおこす細胞の生成を抑える作用があることも判明しています。細胞からは、炎症を抑えるサイトカインというたんぱく質が分泌されているのですが、プロテオグリカンはこのサイトカインの働きもサポートしています。

  • 「保湿」
  • 「ヒアルロン酸・コラーゲンの生成サポート」
  • 「EGF様作用」
  • 「抗酸化作用」
  • 「抗炎症作用」

こういった観点から、プロテオグリカンは美容の世界でとても注目を浴びている成分なんですね。

プロテオグリカンの使い方は?

使い方は?

そんなプロテオグリカン原液の使い方は、毎日のスキンケアに加えるだけでとっても簡単。

  1. 洗顔
  2. プロテオグリカン原液…1滴
  3. 化粧水
  4. 乳液(保湿クリーム)

手順からみても、使い方は美容液と全く同じで、洗顔後の何も塗っていない肌に使うことで効果を発揮します。しかも、たった1滴を薄く伸ばして付けるだけ!

乳液や保湿クリームなどの油分の多いものの上からだと浸透性が悪く効果が出にくくなってしまいますので注意してください。

プロテオグリカン使用者の口コミ

プロテオグリカンの口コミ

プロテオグリカンを実際に使った人の口コミも気になりますよね。各世代の方々が使った感想をまとめました。

「肌にハリが出る・モチモチする」

プロテオグリカンの美容液の口コミで多いのは、「肌にハリが出る」・「モチモチする」などのコメントです。

プロテオグリカンは元々肌や軟骨の内部に存在し、ヒアルロン酸やコラーゲン同様に潤いや弾力を守っている成分です。美容に対する一番の特性としては、「水分を吸収して膨らみプルプルとした潤いを保つ機能がある」こと。

ヒアルロン酸もその働きに強くて1gで6Lの水分を抱えられる保水力がわかっていますが、プロテオグリカンには同等~それ以上の吸水保湿性が認められています。

そのため、乾燥で肌がしぼんだようになってしまう…とか、肌にハリやみずみずしさが感じられない…と悩む方に選ばれる成分として、注目されています。

「小ジワが目立たなくなった」

プロテオグリカンは、抗シワ成分としても扱われています。プロテオグリカンの優れた保水性によって肌のハリや潤いがサポートされると、乾燥による小ジワは目立ちにくくなると思われます。

とくに、目元など肌の薄い部分で効果を感じたという口コミが多くなっています。乾燥肌の方はもちろん、油性の保湿力ではないので幅広い肌質の方に好評のようです。

「肌が白くなった・透明感が出た」

プロテオグリカンの口コミの中には、「肌が白くなった」「透明感が出た」とトーンアップを実感したものもあります。

「つけてすぐ」と実感した方は、おそらく保水力アップによる乾燥くすみの改善と考えられます。一方、使い続けることで肌の生まれ変わりをサポートし、透明感のある素肌に導く効果も期待されています。

プロテオグリカンが美容成分として注目されたのは比較的最近ですが、高純度・高容量のプロテオグリカンを抽出する技術を開発したのは弘前大学(青森県の国立大学)と企業による共同研究で、様々な実験データに基づいた作用によって信頼度の高い成分として人気になりました。

現在までに研究で報告されているプロテオグリカンの作用としては、高い保水作用、表皮細胞活性作用(EGF様作用)、皮膚の弾力性改善作用、色素沈着の抑制作用、ヒアルロン酸・Ⅰ型コラーゲンの産生促進作用、肌荒れ防止作用、抗シワ作用があります。

ですので、プロテオグリカンは吸収保水性による即効性と、長く使い続けること若々しい肌に導く成分として注目度が高まっています。


「ヒアルロン酸・コラーゲンと一緒に使っている」

プロテオグリカンの美容液の口コミでは、他の美容成分と合わせて使っているという口コミもあります。

プロテオグリカンは、元々ヒアルロン酸やコラーゲンと協力関係にあります。コラーゲンが肌の弾力やハリを保つためにはプロテオグリカンの存在が不可欠と言われていますし、プロテオグリカンが不足していると、ヒアルロン酸やコラーゲンの細胞産生も衰えてしまうことが研究でわかってきたようです。

プロテオグリカンを加えて調べたヒアルロン酸産生量は、何も加えていないときと比べて約1.8倍の産生促進が認められたということです。また、Ⅰ型コラーゲンの方では1.4倍の産生促進作用が認められたということです。

化粧品成分の性質としてもヒアルロン酸やコラーゲンとの相性は良く、同時に配合されている製品も増えてきましたが、プロテオグリカンの作用をよりしっかり肌に届けたいという人は原液コスメでプロテオグリカンを使い、その後ヒアルロン酸やコラーゲン配合の美容液やクリームなどでスキンケアをするという人も多いようです。

ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたアイテムは数多いので、プロテオグリカンだけを普段のお手入れにプラスするのも良さそうですね。

「プラセンタと合わせて使っている」

ヒアルロン酸やコラーゲンとの合わせ使いの口コミに並び、エイジング成分として根強い人気のプラセンタとプロテオグリカンを併用して使っているという口コミも見られます。

プラセンタとプロテオグリカンは性質が全く異なるので、併用して使うと多方面からの美容アプローチが期待できそうですね。

この2つの大きな違いとしては、プラセンタは肌に必要な栄養分を与えていくことで地道な力を発揮するのに対し、プロテオグリカンは保水性の高さというわかりやすい形で肌の変化を比較的早く実感しやすいことです。

どちらにも細胞の生まれ変わりをサポートする作用も期待されていますが、働き方や性質は全く違うので、合わせ技による肌の変化を見守っていくのは楽しそうだなと思います。

「匂いがなくて刺激も無いので使いやすい」

プロテオグリカンは人間にも存在する成分ですが、化粧品に使用されているプロテオグリカンは魚の鮭(サケ)の鼻軟骨から抽出されています。

鮭自体は食用で大人気。でも、頭の部分は捨てられてしまうことも多く、その有効活用法を見出したのが弘前大学と企業とのプロテオグリカンの共同研究でした。

私たちが普段食べている鮭に由来した成分、しかも地元国立大学の研究によるものということで、成分への信頼度が高いのもプロテオグリカンの人気を支えているようです。

動物由来の成分には生臭さがある場合も多いですが、プロテオグリカンはほぼ無臭で、魚ウロコ由来のコラーゲンより好印象を持つ方も多いようです。

また、プロテオグリカンは、使いやすさや安全性の高さの面でも評価を得ていて、現段階ではアレルギーや副作用の報告も無いようです。文部科学省が協力して普及を推進している背景もあり、化粧品成分としてだけではなく、軟骨や関節の痛みやなめらかさを補う成分として、サプリメントでも活用されています。

ただ、必ずすべての方にアレルギーがおこらないと断言できるわけではないですし、化粧品成分として利用される原液には他の成分が添加されていますので、万が一刺激を感じたら使用を控えましょう。

「乾燥に効果を感じられない」

使いやすさや保水性の高さが好評のプロテオグリカンですが、一方で「期待していたような効果は得られない」の口コミもあります。

もちろん個人差があると思われますが、原液コスメのプロテオグリカンを選んだ時の注意点としては、「基本的に原液コスメは単独では保湿性が弱い」ということです。原液コスメの名前通り、中に入っているのはプロテオグリカンを肌に浸透させるために最低限必要な成分のみなので、混合型の美容液やクリームのような保湿力や化粧水的な働きは持っていません。

そのため、原液美容液の使用感のみでその成分の効果を判断すると「あれ?期待外れ」となってしまう可能性が高くなります。とくに乾燥の強い方は、原液コスメの使用後すぐに保湿化粧水を使用し、最後は油性のアイテムでしっかりフタをして仕上げることをおススメします。

原液コスメのメリットは、気分や目的に応じて普段のお手入れにプラスできることですが、その分単独の美容液としての働きは弱く、他のスキンケアとの合わせ使いによって効果を発揮できるタイプになっています。

プロテオグリカンと相性の悪い成分というのはとくに報告されていないようなので、ぜひ、色々な保湿アイテムとの合わせ技を楽しんでみてください。

プロテオグリカンは、刺激性の低さ、安全性の高さ、食品の鮭の食べられない部分を有効活用して地元の国立大学が研究開発したなど、なかなかユニークで優れた成分と思います。合成でつくれるヒアルロン酸に比べるとまだ登場頻度が少ないですが、美容関係者の注目度は高く、健康分野や産業活用の面では国や医療関係からも注目を集めています。

年代別の口コミ

「使い始めてすぐにつるつるの肌触りになりました。肌を押さえても、すぐに戻ってくるような弾力もあります。お友達にも気付いてもらえて嬉しかったです。(50代女性)」

「乾燥のひどいところは少し多めに塗っています。肌がうるおうだけでなく、内側からぷるっぷるに!パーン!としたハリが自分でも実感できます。(40代女性)」

「30歳を過ぎた頃から気になり始めた乾燥ジワやお肌のたるみが、いつしかコンプレックスに。これが老いなんだと諦めていましたが、プロテオグリカン原液を使ってから、目元の乾燥シワも気にならなくなり、毛穴がきゅっと締まりました!(30代女性)」

「人前に出る仕事柄、肌荒れは大敵ですし、常に明るい表情を保ちたいと思って使いました。洗顔後に塗っていますが、いつものスキンケアにプラスするだけで翌朝の化粧ノリもよく、鏡を見るのも嬉しくなります!(20代女性)」

まとめ

  • ヒアルロン酸の1.3倍の保湿力
  • コラーゲンとヒアルロン酸の生成サポート
  • EGF様作用
  • 抗酸化作用・炎症抑制作用

…と、お肌に対して夢のような成分が沢山つまったプロテオグリカン原液。しかも、浸透性が高いので1日1滴を顔に塗るだけでいいなんて、これは、使わない手はないのではないでしょうか!?

15mlサイズで980円のお試しボトルもあるので、気軽に試すことができます。2週間ぐらい試しに使ってみてその効果が実感できたら日常使いにシフトするのもいいかもしれませんね。

それにしても、当時たった1gで3,000万円だった成分を今ではこんなに安く利用できると考えると、科学の進歩ってすごいですよね。私も気になっているので、この機会に1g 3,000万円の効果を試してみようと思っています。

乾燥の気になる季節、プロテオグリカンで肌のうるおいとハリを守っていきましょう!

公式:うるおってグッと上がる!贅沢な原液美容液<LIFTest プロテオグリカン原液>を送料無料でお試し♪