毛穴・ニキビに効果的!?皮脂ケア美容液『ライース クリアセラムNo.6』の口コミ

暖かい季節になると気になる皮脂の悩み。皮脂が出過ぎて顔がテカる、毛穴が開く、黒ずむ、ニキビができやすい…。

そんな皮脂過剰に悩む肌を根本からケアする美容液が2018年4月25日に新発売!よくある皮脂対策コスメとは全く違う仕組みなので、発売前から高い注目が集まっています。その名も『ライース®クリアセラムNo.6』

公式:【ライース クリアセラムNo.6】

特徴的な名前から推測される通り、ライスパワーNo.11でおなじみ勇心酒造さんのライースシリーズの美容液です。今回、NO.11に続きNo.6も新規有効成分として認可されました。

その効果効能は「皮脂分泌の抑制」。抑制といっても出ている皮脂を無理やり吸収するんじゃなく、過剰になっている皮脂腺の機能を本来の姿に蘇らせる根本ケアを行う成分です。

ライース クリアセラムNo.6の特徴

毛穴・ニキビに!皮脂ケア美容液『ライース クリアセラムNo.6』の効果と口コミ

『ライース クリアセラムNo.6』は、「皮脂分泌の抑制」が唯一公式に認められた有効成分配合の美容液です。表面の皮脂を吸収するのではなく、皮脂を分泌する皮脂腺そのものに作用し、出過ぎる皮脂のバランスを整えます。

バランスを整えるだけで必要な皮脂を奪ってしまうわけではないので、乾燥の気になる混合肌の方のケアにも使えます。実験では水分量の低下は見られないというデータが出ているそうです。

この美容液の主成分は、今回新たに有効成分認定がされた『ライスパワーNo.6』。日本で初めて「皮脂分泌の抑制」の効果が厚生労働省によって認められました。2018年の4月現在、「皮脂分泌の抑制」が認められた有効成分は日本にこれ1つ。つまり、この美容液自体が他とは全く違った仕組みの美容液ということになります。

でも、「皮脂分泌の抑制」なんて、これまでにも散々聞いたフレーズ…皮脂対策コスメなんて腐るほどあるのに?と思いますよね。

これまでの皮脂対策は、肌に出てくる皮脂そのものを吸収する、毛穴を引き締めることで皮脂の分泌を抑える、保湿を十分にすることでバランスを調整する、の3つが中心です。

一方、『ライース クリアセラムNo.6』のライスパワーNo.6は、皮脂を分泌する皮脂線に直接作用し、その機能を正常化するのが特徴。つまり、皮脂過剰をおこしにくい肌を根本から育てるケアのできる美容液で、これまでの皮脂ケアとは違うアプローチに高い注目が集まっているようです。

有効成分

ライスパワー®No.6、グリチルリチン酸2K

使用法

ローションの後に(適量1~2プッシュ)を肌に伸ばします。皮脂悩みの部分には重ね付けをすると効果的です。ライースエッセンスやインナーモイスチュアエッセンスNO.11と併用の場合はその前に。ローションの直後に使います。

発売日

2018年4月25日(水)

公式サイトにて先行予約受付中。4月24日までに予約した方にはミニボトル(10ml)をプレゼント



ライース クリアセラムNo.6に期待できる効果は?

ライース クリアセラムNo.6に期待できる効果は?

『ライース クリアセラムNo.6』に期待される効果は、

  • 過剰皮脂による毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • テカり
  • 化粧崩れ
  • ニキビ
  • 肌荒れ

などがあります。新規有効成分ライスパワーエキスNo.6の効果は「皮脂分泌の抑制」ですが、表面に出ている皮脂を抑えるわけではなく、皮脂を分泌する皮脂腺そのものに作用し、その働きを正常に導くというものです。

つまり、皮脂過剰の根本ケアができる成分。皮脂分泌が正常になれば、皮脂過剰によるトラブルへの効果が期待されます。また、『ライース クリアセラムNo.6』には肌荒れ有効成分のグリチルリチン酸2Kも配合されていますので、肌荒れを落ち着かせる効果も期待されます。

しかも、皮脂を吸収する仕組みではないため、皮脂ケアにありがちな乾燥や皮脂の奪い過ぎなどの心配がありません。ライースシリーズの保湿力を生かしつつ、しっとり感と皮脂ケアの両方が期待される美容液になっています。

ライスパワーNo.6の効果とは?

ライスパワーNo.6の優れているのは、毛穴ではなくその奥の皮脂腺そのものに作用できることです。皮脂腺に作用→皮脂腺の脂質合成を抑える→過剰皮脂腺の縮小→健全な皮脂膜形成のステップで、皮脂過剰の悪循環へアプローチします。

皮脂腺は、毛穴の奥にある皮脂を分泌する部位です。ここから分泌された皮脂は毛穴を通って肌の表面に押し出され、水分と混じって天然のクリームをつくり肌を守ります。適度に皮脂腺が活発であることは、バリア機能の高い美肌の条件でもあります。

健康な肌では、毛穴の皮脂排出能力に見合った量の皮脂が分泌されるため、激しく毛穴が開いてしまうような状態や、排出されきれない皮脂が大量に詰まって飛び出てくるような状態はあまりおこりません。

けれど、

  • 外部刺激
  • 乾燥
  • 紫外線
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスや体の不調

などの要因があると、必要以上に皮脂腺が活動し、皮脂分泌が過剰になってしまうことがあります。そうなったときには毛穴の排出能力が追いつけず、毛穴が詰まったり、ぱっくり開いたり、過剰な皮脂があふれたり…そんな問題がおこって皮脂が気になるようになります。

その状態が続けば毛穴が開きっぱなしになったり、ニキビになったり、詰まって取れなくなった皮脂が酸化して黒ずんだり…毛穴そのものが刺激を受けて様々なトラブルがおこったり。

出過ぎた皮脂をとりあえず除去しても、皮脂腺の問題が解決されないままではイタチごっこです。さらに強いケアで皮脂詰まりを無理やり引っこ抜いてしまえば、驚いた皮脂腺がますます過剰に皮脂を分泌することもあります。

また、毛穴を引き締める収れん作用を使った皮脂ケアでは、根本の問題を解決しないまま、排出される毛穴の通り道を狭くすることで表面への皮脂の分泌を抑えている状態なので、かえって皮脂が詰まりやすくなったり、毛穴がダメージを受けてしまうこともあります。

だから、皮脂ケアは難しいと言われますが、『ライスパワーNo.6』はそんな難しい皮脂ケアに新しい道が開けそうな感じが。肌にダメージを与えることなく、根本の皮脂腺の正常化を促すと期待される成分で、科学的なデータによってその効果が認められた唯一の有効成分。過剰皮脂で悩む多くの方の救世主になれるかもしれません。

ライース クリアセラムNo.6の効果は持続型

皮脂腺への根本アプローチによる効果が期待される『ライース クリアセラムNo.6』ですが、手っ取り早く皮脂を吸収するコスメに比べれば、目に見える効果は穏やかと思います。根本からのケアには長期戦の覚悟は必要です。

ただ、基本の保湿ケアや肌荒れのケアもしっかりできるので、そちらからの効果は比較的早く実感できるかもしれません。

その場しのぎのケアではトラブルは繰り返しますし、皮脂の取り過ぎはかえって肌に負担を与えてしまうこともあります。その点『ライース クリアセラムNo.6』は、肌本来の状態をケアしていくものなので、肌に負担を与えず、持続したケアに向いています。

『ライース クリアセラムNo.6』は、根本からの皮脂対策をしたい方、肌全体の美肌力を上げたい方、乾燥しない皮脂ケアがしたい方におススメの美容液です。



ライース クリアセラムNo.6使用者の口コミ

ライース クリアセラムNo.6使用者の口コミ

この製品は2018年4月25日発売で、この記事を書いている2018年4月14日現在には一般モニターによる口コミはまだ見られませんが、1月から関係者内での紹介やお試しが行われていたようなので、そちらから口コミをチェックしてみました。

「皮脂ケアだけど乾燥しない」

実際に使った美容関係者の方の感想では、「皮脂ケアだけど乾燥しない」という評価を受けていました。ライースシリーズの美容液の中では比較的さっぱり系?という感じですが、保湿力は重視されているようです。

さらに乾燥のケアも重視したい方なら、ライースシリーズのモイスチャーライン、NO.11との合わせ使いもおススメとか。ライスパワーエキスの中でNo.6より早く新規有効成分の認可を受けたのがライスパワーNo.11です。

そちらの効果効能は「肌の水分保持機能の改善」で、肌の基底層に作用し、水分保持機能を左右するセラミドの産生力を高め、肌を根本から潤える状態に導く仕組みです。セラミドによる水分保持機能の低下は、皮脂過剰の原因にもなりますので、とくにインナードライが気になる方なら合わせ使いで相乗効果が期待されます。

「テカリが抑えられる」

ライスパワーNo.6による皮脂腺の根本改善の効果に即効性は期待できませんが、保湿や水分の調整など普通の皮脂ケアアイテムとしての機能も『ライース クリアセラムNo.6』には期待できるようです。

これを使ってみたらテカリが抑えられるように感じるとの感想もあげられていました。ライースシリーズの他の美容液より先に使うと使用法には書かれてあったので、さっぱりとした使用感と思われますが、上にも書いたように保湿は重視されているようです。

皮脂を詰まらせるような油分やべたべたとする成分を使わず、それでいて保湿も重視され、皮脂悩みの多い方に向いた使用感の美容液のようです。

「この先の効果に期待する」

『ライース クリアセラムNo.6』の真の効果が実感されるのはこれからですよね。NO.11の方も発売時に高い注目を受け、その前評判は崩れないまま未だに強い人気を保っているので、今回も高い期待ができそうです。

以前は、皮脂悩みは若さの象徴と言われたりして、皮脂量ピークの30代以降は乾燥が肌悩みのメインでしたが、最近は40代・50代の女性も多く過剰皮脂に悩まされているそうです。また、10代、20代でも、皮脂過剰だけでなく乾燥が同時におこる混合肌悩みが多いと言われています。

昔より紫外線量も増えているそうですし、大気汚染やエアコン、化学物質、ブルーライトなどなど、肌をとりまく環境も苛酷になり、働く女性は増え、肌のバランスも乱れやすいのかもしれないですね。

適度な皮脂が出て、水分量があって、刺激に負けにくいバランスの良い肌。そんな理想的なお肌に近づくためには、根本からの水分ケア、根本からの皮脂ケアが効果を発揮してくれそうです。

その両方に対し、新規有効成分の認定を受けた勇心酒造さんはすごい…と、単純に思いますが、美容業界でも注目度・期待度は満々の様子です。新しい美容液の『ライース クリアセラムNo.6』を持続するとどんな効果が得られるか?いち早く新製品を試したい方は、今が予約のチャンスです。発売以降どんな口コミが増えていくか、楽しみですね。

公式:【ライース クリアセラムNo.6】

関連記事