レチノールの効果はシワだけじゃない!おすすめのレチノール化粧品はどれ?

レチノールの効果はシワだけじゃない!おすすめのレチノール化粧品はどれ?

美肌成分としてよく聞く『レチノール』。具体的にはどんな美肌効果がある成分なのでしょうか?レチノールは、上手く使えばシワ、ニキビ肌、ニキビ跡、毛穴の詰まり、エイジングケアなどに優れた効果があるとされる成分ですが、使用の際にはいくつかの注意が必要です。

この記事ではレチノールに関しての詳しい説明と、おすすめのレチノール配合化粧品を併せて紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


『レチノール』の美肌効果とは?

『レチノール』は、肌の内部でビタミンAに変化する誘導体の一種で、人間も含む動物の体内に存在するビタミンAの一種です。ビタミンAと言えば、様々な細胞や機能の正常さを保つために重要なビタミン。肌の健康には絶対的に欠かせないもので、ビタミンAが不足すると肌が弱く薄くなったり、視覚や聴覚に支障が及んだりすることがあると言われています。

ビタミンAは非常に不安定な物質で、様々な形状となって体内に存在していますが、その多くがレチノールということになります。ただ、レチノールの状態のままではビタミンAに期待される健康美容への働きはせず、レチノールが体内酵素によってレチナールからレチノイン酸に変化してからビタミンAの効力が発揮されます。

そんな大切なビタミンAの一種である『レチノール』の美肌効果は、以下の通り。

  • 皮膚を丈夫にする
  • 皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化(促進)する
  • ビタミンCとともにコラーゲン生成をサポートする

ターンオーバーの正常化(促進)

私たちの肌は多層構造で、表皮の一番下には基底層という部分があります。その基底層では日々新しい細胞が生まれ、細胞分裂や代謝をくり返しながら順番に表面の方へ上り、最後は角質細胞として、一番表面の角質層を形成するようになります。

表面に見えている「肌」は、角質細胞の上層部の集まり。その部分は常に外部刺激にさらされるために細胞がダメージを受けますが、ターンオーバー(新陳代謝)の力によって下から上がってきた新しい細胞が、古い細胞やダメージを受けた細胞に代わります。

そんなターンオーバーの機能が正常に保たれていれば、肌のダメージはいつか修復されて、綺麗な状態を維持することができます。けれど、

年齢とともにターンオーバーの機能が衰えてきたり、紫外線や外部刺激をたくさん受けて細胞のダメージが大きかったりすると、古い細胞が表面に残り、新しい細胞との入れ替わりが行われず、肌はだんだん柔軟性やみずみずしさを失い、ゴワゴワと硬くシワが目立つような状態になってしまいます。

また、ニキビや皮膚炎による繰り返しの炎症も肌細胞にダメージを与え、正常なターンオーバーを妨げ、新しい細胞が補給されない一因となることがあります。その場合はニキビ跡や炎症跡として、肌の凸凹や色素沈着という形で残ってしまいます

レチノールは、そのような状態になった肌のターンオーバーを促し、肌が元の柔軟でみずみずしい状態に生まれ変わる手助けをすると言われている成分です。

ビタミンCとともにコラーゲン生成をサポートする

また、レチノールはビタミンCと協力し、肌のコラーゲン生成をサポートする成分とも言われているため、年齢や紫外線ダメージによってコラーゲン繊維の減少がすすみ、ハリや弾力が失われた状態にアプローチすることが期待されています

眉間やおでこは元々脂肪が少ないため、肌のコラーゲンや水分量の低下による変化が表れやすく、しかも筋肉は大きく盛んに動く部位なので、他に比べてクッキリとしたラインが刻まれやすいポイントです。

反対に頬や口周りは脂肪が多いわりに骨格の支えが弱く脂肪が重力に負けやすいので、脂肪の重み&重力によって下向きのラインが刻まれやすく、笑ったときはそこの部分に折りジワが入るのでこちらもクッキリとしたシワが入りやすい部位の代表です。

脂肪のタルミや減少はある程度避けられないものの、肌のコラーゲンやハリがケアできればシワはだいぶ目立ちにくくなります。レチノールは、年齢とともに薄く硬くなりがちな肌をサポートし、シワの刻まれにくい状態に導く効果が期待されています。

レチノールが有効とされているのはシワだけじゃない

レチノールが有効とされているのはシワだけじゃない

レチノールが有効に働くのは、「ターンオーバーの乱れ(角質層が硬くなりやすい状態)によって肌トラブルがおきている場合」「コラーゲン繊維の減少によって肌悩みがおこっている場合」です。

シワだけじゃなく、次のような肌状態にレチノールは有効とされています。

  • 硬くなって深いシワが刻まれやすくなっている肌
  • 毛穴周りが硬化して毛穴詰まりがおきやすくなっている肌(白ニキビ黒ニキビ)
  • 細胞の新陳代謝がなかなか進まず、くすんだりゴワついたりしている肌
  • コラーゲン繊維が減少し、ハリや弾力が失われた肌

【参考】レチノールとレチノイン酸(トレチノイン)の違い

【参考】レチノールとレチノイン酸(トレチノイン)の違い

レチノールがもっと強力になったレチノイン酸(トレチノイン)は、抗シワ、ニキビの治療の一環として、美容皮膚科でも用いられることがあります。レチノールとの違いは、状態の違いがあるだけで、基本の物質としては同じビタミンAですが、作用の強さが異なります

元々私たちの体内にあるレチノールは、肌の表皮の基底層に運ばれるとそこにある酵素によってレチナールという物質に変化し、最終的にはレチノイン酸になります。レチノールが肌へ作用するためには、このレチノイン酸に変わらなければいけません。レチノールは肌の内部でレチノイン酸に変化し、そこからターンオーバーの促進などの働きをするようになります。

成分としてのレチノイン酸は、最初から最終形態のレチノイン酸を肌表面から直接与えることになり、その分レチノールよりも作用は強く、期待できる効果も高い、その代わり肌への負担が大きいのが特徴です。

レチノイン酸(トレチノイン)は病院で処方されないと使用できません

レチノイン酸(トレチノイン)を試したい場合、美容皮膚科、美容形成外科を受診する必要があります。健康保険の効かない自費診療で、予算は処方される濃度によっても異なります。

作用が強い分だけ肌への刺激も強く、使用法や濃度を誤ると肌がひどく乾燥したり、細胞に急激な変化がおきて跡を残したりすることがあるため、医師の指導の元で使うように指定されています。とくに、敏感肌の人、肌の薄い人、乾燥の強い人などには使用が向かないと言われています。

海外では、レチノイン酸(トレチノイン)の一般使用が認められているところもあるので、個人輸入の通販などで購入することができますが、自己判断での使用のトラブルは多く報告されています

レチノールはレチノイン酸より作用が穏やかですが、その分日々の自宅ケアとして使いやすいのが特徴です。レチノイン酸(トレチノイン)の方を試してみたい場合には、専門の美容皮膚科で相談するようにしましょう。

レチノイン酸は、不安定な構造上、そのまま化粧品に配合することは困難です。そのため、体内に入ると合成されてビタミンAと同様の作用を発揮する誘導体『レチノール』が使われています。レチノイン酸の作用は他のレチノールの50倍~100倍の強さがあると言われています。

レチノイン酸(トレチノイン)の効果

  • ダメージを受けた細胞膜や繊維芽細胞のDNAの修復
  • 繊維芽細胞の正常化によりコラーゲンやエラスチンなどが増える
  • 表皮細胞の分裂や増殖を助けてターンオーバーを速やかにする
  • 表皮、真皮を厚くする
  • 角質をなめらかにする
  • 細胞外基質を増やし、肌の保湿力をアップさせる
  • 真皮層の血管に働きかけて血行をよくする
  • メラニン色素に働きかけてシミを薄くする
  • 皮脂分泌をコントロールする

少し小難しい表現もありますが、つまりは肌の修復や正常化を助け、肌を健康的にします。乾燥、シワ、シミ、毛穴の開き、皮脂によるニキビなどを改善する効果が期待できるということです。

肌の細胞のDNAがダメージを受けると、老化が進みます。老化は年齢によるものと思われがちですが、最近では「光老化」という言葉があり、紫外線が肌の細胞のDNAを破壊し、年齢以上の老化を引き起こすことが知られています。

紫外線に対する肌本来の防御力には個人差が大きく、黒く日焼けする人より赤くなる人の方が、紫外線によるダメージを受けやすい傾向にあります。色白の人ほどシワやシミができやすいのはそのためですが、レチノイン酸(トレチノイン)はそのような光老化を治療できる物質として、皮膚医学界でも注目を集めています。


レチノール化粧品の使用上の注意点!副作用にも注意

レチノール配合化粧品の使用上の注意点!副作用にも注意

シワに対してのケアならぜひ取り入れてみたい成分のレチノールですが、使用の際はいくつかの注意が必要と言われています。

上手く使えば優れた美肌効果を発揮してくれる可能性の高い成分ですが、効果が高いものは副作用も高いものです。ここではレチノール配合化粧品を使用する際の注意点をご紹介します。

肌が慣れるまでに乾燥や赤みがおこることがある

レチノール配合化粧品を使ったら、次のような結果になってしまった…という声を度々見かけます。

「シワに効果的ということだったので期待したのですが…反対になんだか乾燥し、小ジワが増えたように感じます。肌に合わなかったのでしょうか?」 (50代後半 乾燥肌)
「使用感は良かったのですが、数日すると肌がなんかカサカサして皮がむけてしまいました」(30代後半 乾燥肌)

実はこれには理由があります。

レチノール配合化粧品を使い始めると、肌の生まれ変わりが促進されるので、肌が慣れるまで一時的にカサカサ乾燥したり、皮がむけたり、赤みなどの副作用がおこることがあります。これはターンオーバーが促進されることによって表皮の古い部分がはがれ落ちていくための反応です。

言わば肌へ作用している証拠でもあり、ごく普通の肌の人の場合はその反応が1~2週間で治まりますので継続して使うことができます。

ただ、乾燥肌や敏感肌、トラブルのおきやすい肌生理前など、肌が不安定のときなどにはその反応が強く出ることがあるため、とくに、何らかの刺激、ほてりやヒリヒリ感などをともなう場合は一旦使用を中止し、肌が回復してから再度試してみたり、もう少し濃度の低いものや刺激を抑えたものに変更してみたり、無理のない範囲で使用するようにしましょう。

レチノールがどうしても合わない肌質の人もいるようなので、色々試しても刺激を感じるときは使用を控えましょう。どうしても何か気になる変化があった場合には、皮膚科で相談することをおすすめします。

レチノールは、肌のバリア機能がある程度正常に保たれている人向けの成分です。乾燥や肌荒れがひどいときには使用せず、先にそちらの改善を試みる方が無難です。

ニキビ対策として使う場合、肌荒れや炎症があるときは控える

ニキビ対策として使う場合、肌荒れや炎症があるときは控える

レチノールはニキビ対策としても使われることがありますが、それは炎症のおきていない状態で、毛穴周囲が硬くなって皮脂が詰まりやすくなった状態をケアしたり、古いニキビの炎症が終わった後のターンオーバーを助けたりする目的としてです。

例えばおでこはニキビのできやすいエリアですが、もし、現在進行中のニキビや吹き出物があるときには、そちらが落ち着いてからの使用が無難です。炎症をおこしている最中の赤ニキビ状態には向かず、かえって状態を悪化させる可能性があるので注意しましょう。

ニキビ肌に限らず、バリア機能が落ちて肌荒れがひどいときにレチノールを使用すると刺激が強すぎる場合があるので、その場合はバリア機能を高める高保湿系のケアや、肌荒れ対策のケアを先にして、状態が落ち着いてからレチノールを使用する方がいいと言われています。

使用中は紫外線対策に注意する

使用中は紫外線対策に注意する

レチノール使用中は肌が敏感になります。普段よりも紫外線に対する抵抗力が低くなるため、とくに日中に使う場合はかならずUVカット機能のある下地やファンデーション、日焼け止めなどを併用しましょう。

その面で、レチノールでのケアを始めるなら紫外線が弱くなる秋口以降がおすすめです。使用を続けると肌がだんだん慣れるので、その状態で春先を迎えると肌への負担が少なくて済みます。

また、化粧品の種類によっては、日中の使用を禁止しているタイプのものもあります。化粧品の注意書きをよく読み、使用法を守って使うようにしましょう。

レチノール化粧品の選び方

レチノール化粧品の選び方

一口に「レチノール配合」と書いてある化粧品でも、その特徴は様々です。それぞれの特徴をチェックし、自分の肌質に合わせて選ぶようにしましょう。

肌の弱い人は低刺激性のものがおすすめ

肌の丈夫さに自信のある人ならあまり問題はおこりませんが、肌が弱めの人が試すなら、保湿性を高めてあったり、誘導体タイプのレチノールを使用したりした低刺激性のものがおすすめです。

誘導体タイプのものは、他の成分を組み合わせてレチノールが肌表面に直接刺激を与えるのを避け、角質層の中で働けるように工夫されたものです。期待できる効果のわりに肌への刺激性が低いとされる代表的な誘導体タイプがレチノイン酸トコフェリル。ビタミンAとビタミンEを結び付けて安定性を高めたものです。

レチノイン酸と名前はついているものの、肌の内部でレチノイン酸として働くものなので、医薬品として使用されるレチノイン酸とは異なります。肌への刺激を抑えながら、優れた作用を発揮する成分として期待されています。

日中に使えるタイプと使えないタイプがある

上にも書きましたが、レチノール配合化粧品には日中使えるタイプのものと、使えないタイプのものがあります。

基本的には、作用が穏やかなものほど日中にも気軽に使えるタイプというケースが多いですが、上に紹介したレチノイン酸トコフェリルなどを使用したものはその限りではなく、高い効果が期待できるわりに日中使用もOKというタイプがあります。

いずれにしても、日中の紫外線対策は必須です。紫外線対策のできないときや一日強い日差しを浴びるようなシーンでは昼間の使用を避け、夜間のみの使用にしておいた方が安心です。

効果には個人差が大きい

レチノールは、使い始めると比較的早い段階でターンオーバーのスピードが速くなり、肌の生まれ変わりや何らかの変化が実感できる可能性があります。

ただ、その反応にはかなり個人差が大きく、上手く合うと優れた美肌効果を実感できる人がいる一方、特別な変化を感じられないケースもあります。とくに、元々のターンオーバーの機能の高さによっても左右されるので、気長に使ってみないと効果が分かりにくい場合もあるようです。

商品によって合う合わないが分かれることも

同じようなレチノール配合化粧品でも、Aの商品では反応が強くて使えなかったけど、Bの商品では大丈夫だったというケースや、Cの商品では効果が全然見られなかったけど、Dの商品ではいい変化が見られた!なんてケースもよくあるようです。

化粧品の場合は濃度などがはっきり書かれてない場合も多いので見極めが難しいですが、基本的にはマイルドなものから作用の強めのものへと順番に試していった方が安心です。

商品の特徴、注意書き、口コミなどもチェックしながら、自分の肌状態に合いそうなものを選びましょう。

おすすめのレチノール化粧品:ビーグレン『QuSome RetinoA(レチノA)』

年齢とともに深くなる眉間・おでこ・口周り・首元のシワ。筋肉の動きが活発なだけにクッキリと刻まれやすいそんなシワに効果あり!と口コミで評判のビーグレン『QuSome RetinoA(レチノA)』

「シワ治療にもっとも有効」として美容皮膚科でも使われるレチノールをメインにしたクリーム状の美容液です。主な特徴は以下のとおり。

  • QuSomeテクノロジーによって浸透性や安定性に優れること
  • レチノールより作用の強い「レチノイン酸トコフェリル」も配合されていること
  • 濃レチノールの刺激性を抑えた処方度のわりに肌への刺激性が抑えられていて継続した使用がしやすいこと

レチノールの刺激性を抑え、浸透性と持続性に優れた処方

レチノールが配合された美容液は他のメーカーにもたくさんありますが、『QuSome RetinoA』はQuSomeテクノロジーによって刺激性を抑え、肌に優しく使いやすいのが特徴。乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい処方です。

レチノールは高い効果の期待されている成分ですが、ビタミン系なので成分がデリケートで、コスメの配合の際にはその配慮が必要です。ビーグレンのQuSomeテクノロジーは、元々皮膚から薬剤の成分を安定した形状で吸収(浸透)しやすい状態にするための技術なので、レチノールなどのデリケートな成分を配合するには優秀な方法です。

このため、レチノールが必要な部分でしっかり作用できる状態になり、より高い効果が期待されています。さらにレチノイン酸トコフェリルも配合。これはレチノイン酸とビタミンE誘導体のトコフェノールを結び付けたもので、レチノイン酸そのものより刺激が低く、レチノールより強い作用が期待されている成分です。

さらに、2019年1月10日にアップグレードし、パルミチン酸レチノール(レチノール誘導体)を追加配合。3種のビタミンAの相乗効果により、シワへのアプローチがパワーアップしました。

レチノールの効果は実感できる?

シワのケアを始めたら、すぐにでも効果が見えたら嬉しいですよね。ですが、これはかなりの個人差があるようです。口コミも、かなり早くに何らかの効果を実感している人と、1本使い切った時点ではとくに効果が見られず…という人に分かれています。

とくにレチノールは、上手くハマると目に見えて効果を実感できる人もいるようで、個人差が大きな成分だそうです。これに関しては何人かの皮膚科の先生が「やってみないとわからないのがレチノール」と言っていたので、そういうことなのかなと思います。

とくにコスメの場合は作用が穏やかなものが多いので、あまり即効性を期待し過ぎず、地道な変化を楽しみに待つくらいの気持ちで使用するのが向いているかもしれません。

『QuSome RetinoA』は、レチノール化粧品の中では使用感が穏やかで乾燥しづらく、レチノールが初めての方、肌の弱めの方、長期戦で使いたいと考えている方にも使いやすい仕組みになっていて、自宅でのケアにおすすめです。

効果あり?なし?使用者の口コミ

効果あり?なし?使用者の口コミ

「レチノAを使って目の下と目尻のシワが無くなりました。口周りや首元の細かなシワもが目立たなくなって驚いています。あと、毛穴も目立たないツルツルしたお肌になってきたなと感じます」(40代後半 乾燥肌)
「シワが気になりだしたので知人に相談するとレチノールがいいよと言われ、レチノAを試してみました。最初はそれほどわかる変化が無かったのですが、地道に使っていると最近シワが薄くなってきています!鏡を見るのが嬉しいです」(30代後半 敏感肌)
「使用感としては悪くないクリームでしたが、シワは少し目立たなくなったかな…?という程度。もう少し継続して効果が見えると嬉しいなと思っています」(40代前半 混合肌)
「他のメーカーのものと迷ったのですが、こちらは口コミも良かったので購入しました。実際に使ってみるとすごく良かったです!目の周りが気になっていましたがふっくらとしてきました。これまで使っていた目元専用美容液より効果があったと思います」(40代前半 混合肌)

「トライアルを使用したときに手応えがあったので、購入して使用を続けてみることに。レチノールはかつて他メーカーで試したことがあったのですが、つけ始めたときに好転反応?みたいな乾燥状態が出て、その時期が乗り越えられず止めてしまいました。

でも、レチノAではそのような反応もなく順調に使えています。おでこや眉間のシワが改善してきたし、全体にハリが出てタルミ毛穴にも効果が見られています」(30代後半 乾燥肌)

「私はこれを使うと頬や小鼻の毛穴が引き締まって感じます。目尻も何となくピンとしてきてタルミが目立たなくなってきました」(40代前半 混合肌)
「眉間のシワと口周りに塗りこんでいます。軽いクリーム状だしべたつかないので使いやすいです。少しずつ眉間のシワが薄くなってきました。このまま使い続けて、ほうれい線や首元への効果も期待したいです」(50代後半 混合肌)
「1本使い切りましたが、浅いシワが薄くなったかな?くらいで深いシワには効果が得られませんでした。年齢的に無理なのかなと思ったり…コスメだからこんなものかなと思ったりしました (40代後半 乾燥肌)
「おでこのシワがかなり気になってきて、美容クリニックに行こうかと考えていたときにレチノAを見つけて購入しました。そしたらおでこのシワがだんだん薄くなってきたんです!おかげで美容クリニックに行かずにすんで嬉しいです」(40代前半 普通肌)
「目の周りの小ジワと首元にはかなりの効果を感じています。全体にお肌がふっくらとしてハリがでます。私の場合は眉間やおでこのシワがかなり深いのですが、このままいけば効果が期待できそうです」(40代後半 混合肌)
「自分ではあまりわからなかったのですが、使い始めて3ヶ月くらいすると周囲から肌が綺麗になったんじゃない?と言われるようになりました。たしかに何だかおでこがツヤツヤしてるかな?と思います。シワ自体が無くなったわけではありませんが、ハリがでたので印象がだいぶ変わり、シワがあまり気にならなくなりました」(40代前半 混合肌)

レチノール化粧品として試してみる価値あり!

眉間やおでこや口まわり、そして首元のエイジングサインをケアするビーグレン『QuSome RetinoA』。

効果を実感している方も多いようですので、期待が持てそうです。「レチノールは上手く合うと本当にいいよ」と、知り合いの美容皮膚科の先生が言っていたので、私も敏感肌が落ち着いたら試してみたいなと思っていて、このアイテムに目をつけています。

トライアルから始めたい、他のビーグレンアイテムも試してみたいという方は、このクリームを含んだ『エイジングケア』のトライアルセットがおすすめです。興味のある方は、ぜひ一度トライしてみてくださいね!

おすすめのレチノール化粧品
タイトルとURLをコピーしました