敏感肌におすすめの『肌に優しいファンデーション』はどのタイプ?

敏感肌におすすめの『肌に優しいファンデーション』はどのタイプ?

  • 何をつけても肌がピリピリしてしまう…。
  • メイクをすると肌荒れがひどくなる…。

敏感肌や肌荒れの人は、メイク用品選びも難しいですよね。とくにファンデーションは、色合わせなどもあるのでなかなか合うものが見つかりにくいものです。

そんな敏感肌の人におすすめしたい『肌に優しいファンデーション』、選ぶ方法をご紹介します。


なぜ敏感肌には合うファンデーションが少ない?

なぜ敏感肌には合うファンデーションが少ない?

敏感肌は、お肌が敏感になっている状態です。でも、なぜ敏感になっているかをご存じですか?

根本の原因はさまざまですが、「敏感肌」という状態自体は共通のもの。敏感肌とは、「バリア機能の弱い肌」です。

参考:敏感肌の原因を把握して改善!スキンケアを一度見直そう!

本来お肌は、外の刺激から自分を守る強いバリア機能を持っています。

角質細胞を表面にみっちりと積み上げ、水分と油分を肌の内部に維持し、さらに外側を皮脂膜でラッピング。この状態であれば、少々化粧品の刺激が加わっても、それに負けることはありません。

しかし、敏感肌や肌荒れでは、このバリアが非常に薄く弱い状態にあります。体質、年齢、生活習慣などが影響していると言われています。

また、普段は普通の健常肌の人も、ホルモンバランスやストレスの影響でお肌の機能が弱まり、一時的に敏感肌になることがあります。

バリア機能が弱いということは、肌のデリケートな部分がむき出しに近い状態。内部の水分は蒸発して乾燥がすすみ、外からの刺激には簡単に反応してしまう…それが敏感肌や肌荒れです。

そのため、健常肌の人に比べ、合う化粧品の幅はとても狭くなりがちです。

バリア機能の弱い敏感肌には、本来、刺激になりやすいファンデーションは避けたいところですが、まったくのノーメイクで過ごすばかりというわけにもいきませんよね。

そんな敏感肌でファンデーションを選ぶときに気をつけたいポイント…それは、

  • 刺激はできるだけ少なくする
  • クレンジングがしやすいものを選ぶ

この2点を意識してみましょう。

参考:ヒリヒリする敏感肌におすすめのクレンジング!どんな種類を選べばいい?

リキッド状なら乳液・ミルクタイプのファンデーションがおすすめ!

リキッド状なら乳液・ミルクタイプのファンデーションがおすすめ!

ファンデーションで最初に悩むのが、リキッドやクリーム状のものか、パウダー状のものかというところですよね。敏感肌は乾燥もひどくなるので、本来はリキッドタイプのものを選びたいところ…しかし、リキッドタイプの難点は、

  • 塗る刺激が強い
  • クレンジングがしにくい

この2点です。リキッドタイプをしっかり肌に密着させるにはパフを使いますが、このパフでお肌をこするのは思った以上に刺激を与えます。

また、油分が多くしっかりとした質感のものは、クレンジングもしっかりしなければ落とせません。敏感肌にはクレンジングも負担なので、できれば軽く落としやすいものを選びたいものです。

乾燥対策でリキッド状のファンデーションを選ぶ場合は、水分の多めな乳液タイプ、ミルクタイプのものを選びましょう。敏感肌専用のブランドの商品がおすすめです。お肌の負担になりやすい成分を除き、優しい処方になっています。

質感が柔らかいので指でぬることができ、表面のデコボコも目立ちにくく仕上げられます。

ルースパウダーはクレンジングが簡単

ルースパウダーはクレンジングが簡単

乾燥対策の面では、乳液・ミルクタイプのものが優れていますが、刺激を少なく、クレンジングしやすく、仕上げをきれいにという面では、ルースパウダーもおすすめです。

ルースパウダーは、普通のパウダーファンデーションよりも細かい粉末のふんわりしたお粉です。

敏感肌の人は肌が荒れやすく、表面がガサガサしたり赤みが出たり、ファンデーションが上手くのらない状態になりがちですよね。

そこに重たい質感のものをのせてしまうと…ファンデーションが浮きやすくなり、ガサガサやブツブツ、お肌の荒れた感じもかえって目立ってしまいます。

敏感肌のときには、カバー力の高いマットな質感のものはおすすめできません。

むしろ、軽くふんわりと肌にのせる程度のルースパウダーの方が、肌はきれいに見せることができます。

パウダーをつけるときは、できるだけ柔らかなパウダーブラシで、肌をすべらせるように軽くはたくと、刺激も少なく、全体にのせることができます。

外で治すときは、なるべく優しい質感のパフを選び、肌を強くこすったりたたいたりしないようにしましょう。

ミネラルファンデーションはお肌に優しい

ミネラルファンデーションはお肌に優しい

敏感肌の人で、なおかつしっかりとカバーがしたい、色合わせにもこだわりたいという場合は、ミネラルファンデーションの活用もおすすめです。

リペアファンデーション

詳細:100%天然由来成分!リソウ『リペアリキッドファンデーション』のメイクアップ効果と口コミ♪

ミネラルファンデーションは、酸化鉄、酸化チタン、酸化亜鉛などの天然鉱物からつくられたもので、お肌に負担をかけづらいと言われています。

皮膚科の治療後に使われることもあり、お肌が弱い人には全般的におすすめです。質感も軽く、そのわりにカバー力もそこそこあります。メーカーによっては、カラーバリエーションも非常に豊富です。

中には、スキンケア効果もあってつけたまま寝てもOKという商品もあります。ただ、いくつかネックもあります。まず、ブラシでつけづらい。専用のブラシが意外に硬いしっかりとしたものが多く、私はその刺激が痛い…と感じました。

そんなときは、自分で合うブラシを探しましょう。

柔らかなパフでつけられるタイプのものは、つけるときに粉が散乱し、髪や服についてしまうことがあります。外出先での化粧直しにはあまり向いていません。

敏感肌専用の化粧下地

敏感肌専用の化粧下地

敏感肌や肌荒れの人がファンデーションを使う場合、下地で保湿はしっかりとしておきましょう。敏感肌専用の化粧下地には、弱ったバリア機能を補う働きがあります。

お肌に直接ファンデーションを塗ってしまうと刺激が強くて乾燥がひどくなるので、保湿力やカバー力のある下地を使うようにしましょう。BBクリームのように下地自体に色のついているものなら、ファンデーションが不要な場合があります。

普段はそれだけで過ごし、しっかりメイク風に仕上げたいときは、上からパウダーを薄くはたいたり、ファンデーションを重ねたり。敏感肌の人は、メイクもできるだけシンプルにすませられた方がいいので、日常のファンデーション代わりに使える敏感肌用の下地、1つあると重宝します。

詳細:敏感肌のファンデーションに!アヤナスBBクリームの口コミ

「天然」「オーガニック」「無添加」は肌に優しい?

「天然」「オーガニック」「無添加」は肌に優しい?

肌に優しい化粧品となると、「天然」「オーガニック」「無添加」というフレーズが浮かんできます。けれど、これが必ずしも自分のお肌に優しいかどうかはわからないのです。

参考:無添加化粧品がおすすめって言うけどさ…本当に肌に優しいの?

たしかに、合成界面活性剤や石油系の合成油は、お肌の刺激になりがちです。安定剤や防腐剤の類も、お肌の刺激になる可能性があると言われています。

ですが、自然成分も、刺激という面では同じなのです。オリーブオイルなどの天然油脂は、意外と肌負けをおこす人がいます。体にいいとされている食べ物でアレルギーをおこす人がいるのと同じで、お肌が何を刺激と感じるかは個人差があります。

また、安定剤や防腐剤を使わない商品では、管理の状態によって品質が変化しやすく、扱いが難しくなります。適当に放置しておくと、油分が酸化したりすることもあります。

肌がとても荒れている人の場合は、天然の油分より、安定した化学合成油分の方が優れていることもあります。一番大切なのは、自分のお肌に確かめてみるということです。敏感肌用のファンデーションは、ほとんどの場合サンプルが用意されています。通販商品なら、お試し後の返品が可能なものが多いです。

無農薬栽培米を主原料とした100%天然由来のファンデーション

敏感肌の人は店頭で少し試したくらいではお肌に合うかどうかがわかりません。とくにファンデーションは、付けた当初はよくても、時間とともに乾燥したり、荒れてしまったりということがおこります。

お試しは時間をかけてじっくりと行いましょう。

関連記事