自分の肌質はどのタイプ?肌診断して効果的なスキンケアを!

ほとんどの女性にとってスキンケアは人生で切り離せないものですよね。肌トラブルがない方だとそこまで気にならないかもしれませんが、お肌が弱い方は化粧品選びも大変です。

お肌はいつまでもキレイにしていたいもの。まずは『自分の肌質がどのタイプなのか?』の肌診断をして、その性質を正しく理解することが大切です。

ここを間違ってしまうとせっかくのスキンケアが逆効果に…自分の肌質に最適なスキンケアを行うことで初めて効果が発揮するのです。年齢に左右されず、いつまでも綺麗なお肌を保つことは不可能ではありません。

スポンサーリンク

まずは自分はどの肌質かを肌診断してみよう

自分はどの肌タイプかを肌診断してみよう

大きく分けてお肌には4種類のタイプがあります。

  • 普通肌(ノーマルスキン)
  • 乾燥肌・敏感肌(ドライスキン)
  • 脂性肌(オイリースキン)
  • 混合肌(ドライ&オイリー)

自分がどの肌質かによって、お肌に必要な栄養素や成分は変わってきます。肌診断をしっかりしてスキンケア化粧品を合わせていくことが重要です。

今はあらゆるメーカーが肌質に合わせた基礎化粧品のラインを作っているので、自分の肌質を把握してからチェックしていきましょう。

普通肌

  • 水分が多くみずみずしいお肌。
  • 皮脂量は少なめ~普通で、しっとりしているけど脂っぽくない。

キメも細かく見るからに柔らかそうなお肌で美しい血色をしています。季節・体調によって多少のトラブルこそあれど、基本的には肌トラブルもおきにくいお肌です。ここを目指したいですよね!

乾燥肌・ドライスキン

  • 皮脂量・水分量が共に少なく、カサカサしてつやがないお肌。
  • 目の周りや口の周りに細かなシワが見られ、冬など乾燥した季節になると粉をふくこともある。
  • 紫外線にあたったり乾燥をするとお肌がかゆくなったり湿疹ができてしまう。
  • 肌トラブルは、洗顔すると肌が突っ張った感じがしたり、化粧かぶれをおこしやすい。

油分や水分補給などのお手入れをおこたるとすぐに肌荒れを起こしてしまいます。メイクのノリも悪かったり、基礎化粧品なども合わないとシミてピリピリしてしまったりと何かと大変ですよね。

参考:顔の乾燥がひどいのはなぜ?乾燥肌の原因を把握して正しい対策を!

脂性肌・オイリースキン

  • 皮脂量も水分量も多いため脂っぽいお肌。
  • キメが荒く、毛穴が大きく開いてしまいやすい。顔全体的に脂っぽく光り、化粧くずれも起こしやすい。
  • 肌トラブルは、洗顔しても脂浮きしてしまったり、お手入れを怠らないとニキビがひどくなりやすい。

参考:お肌がベタベタする…オイリー肌の原因と改善方法!

小鼻のまわりに黒ニキビもできやすいです。ニキビ跡が残ってしまって悩む女性は脂性肌の方が多いです。

混合肌・ドライ&オイリースキン

部位によってタイプが違うお肌のことを言います。額や鼻筋はテカテカして脂っぽいのに、あごや口周り、頬は乾燥する。季節によって肌質がかわるなど。

  • 普通×乾燥肌
  • 乾燥×脂性肌
  • 普通×脂性肌

これらはどのタイプでも混合肌といいます。ちなみに、日本人のほとんどが混合肌だそうですよ!

参考:混合肌におすすめの化粧水は?まずは自分の肌質チェック!

肌診断で分かりづらいインナードライって何?

肌診断で分かりづらいインナードライって何?

お肌の内部の水分が不足している状態をインナードライといいます。これは肌診断をしても一見すると分かりにくいという特徴があります。お肌は水分量が足りないと、皮脂を沢山分泌して保湿をしようとします。なので「テカテカしているから脂性肌かも」と思いきや、肌の中はカラカラで実は乾燥肌ですってことが結構多いのです。

30代以降の一見すると脂性肌っていうのは、実はインナードライの可能性が高いんですよ。自分の肌質は脂性肌だと勘違いし、脂性肌に効果的なスキンケアをしてしまうと、実はまったく真逆なことをしてしまう結果に。

それでは効果があるどころか、さらなる悪化を招いてしまいます。インナードライかどうかの判断は慎重にチェックしましょう。

スポンサーリンク

肌質に適していないスキンケアが肌トラブルを招く!

肌質診断を間違えてしまうと、肌を綺麗にする為のスキンケアを間違えてしまうことになり、結果的にさらなる肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。例えば、以下は全部、乾燥肌・脂性肌を招く原因なんです。

  • クレンジングや洗顔時に指が肌に触れた状態で何度もクルクル撫で回す
  • 強くゴシゴシと洗ったり、スクラブ入りの洗顔料を使っている
  • 日に何度も洗顔をする
  • 顔を洗うときのお湯の温度が高い
  • 洗浄力の強い洗顔・クレンジングを使っている
  • 顔を洗った跡、タオルで押さえるのではなくぬぐうように拭いている
  • 拭き取りクレンジングや拭き取り化粧水を頻繁に使っている
  • 結構を促進するためのマッサージをよくする
  • クリーム、ファンデーション、日焼け止め、を叩き込むのでなく塗りこんでいる。

共通点は「肌の表面をこすっている」こと。こすると角質層を傷つけてしまい、ますます肌の水分の保持能力は失われていきます。ちょっとの摩擦でも角質層は傷つくほど顔の肌はデリケートなんです。

乾燥肌の人はより乾燥し、脂性肌の人は肌が水分を保持しようと皮脂の分泌量をあげてますます皮脂量が増えてしまいます。

参考:正しい洗顔できていますか?洗顔は美肌スキンケアの第一歩!

スキンケアに効果的な美容成分

セラミド

綺麗なお肌に必要な成分1『セラミド』

肌はざっくり大きく分けると「表皮」「真皮」があります。一番外側の肌が表皮で、その下にあるのが真皮。

「角質層」という言葉をよく聞くと思いますが、角質層はその表皮の中でも一番外側0,03mm程度のお肌の部分のことを言うんです。この角質層は、主に「セラミド」という成分が角質細胞同士を接着し、つなぎ合わせることで肌に水分をキープしています。

セラミドは角質層に必要不可欠な保湿成分なので十分に欲しいところ。しかし、セラミドは年齢とともにどんどん減少していき、30代になるとガクンと減ってしまいます。50代になると、20代の半の量に・・・。

間違ったスキンケアでもセラミドは減ってしまいます。(角質層を傷つけているため)

なので、30代を超えたらなおさら、セラミドに注目している基礎化粧品を選びたいところです。

美容皮膚科医開発
セラミド高濃度配合美容液

参考:化粧品成分『セラミド』の効果とは?口コミからわかるセラミド配合化粧品の選び方

コラーゲンとエラスチン

綺麗なお肌に必要な成分2『コラーゲンとエラスチン』

表皮の下、真皮の部分は、70%が網目状に張り巡らせたコラーゲンでできています。それをつなぎ合わせているのがエラスチン。真皮の中でクッションの代わりとなってコラーゲン繊維を維持しています。肌のハリや弾力はこのエラスチンの効果なのです。

この真皮を作るコラーゲンも、弾力を作るエラスチンも、これまた年齢と共に減ってしまうのです!コラーゲンとエラスチンは、どっちが大事じゃなく「どっちも大事」で切っても切り離せない関係ですので、一緒にケアしていきたいところ。

参考:化粧品成分『コラーゲン』の効果とは?お肌にハリが出てぷるぷるに!?

ヒアルロン酸

綺麗なお肌に必要な成分3『ヒアルロン酸』

ヒアルロン酸もよく聞くと思いますが、これはコラーゲンやエラスチンなどの真皮の間に水分を含んだゼリー状で存在しています。このヒアルロン酸が肌の内側の水分を保つだけでなく、肌全体のうるおいと柔軟性ももたらしてくれるのです。

そして、予想通りこのヒアルロン酸も年齢とともにどんどん減っていきます。

参考:美肌に必要?代表的な化粧品成分『ヒアルロン酸』は保湿効果抜群!?

繊維芽細胞が恐ろしく重要

「繊維芽細胞」が恐ろしく重要

聞いたことない方が多いと思いますが、実はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸はこの繊維芽細胞というものが全部作り出しています。美肌作りに一番大きく関わる細胞ですが、この細胞が老化や紫外線のダメージで衰えて働きが鈍くなると、

  • 新陳代謝が鈍くなる
  • コラーゲン・エラスチンは変性して弾力がなくなる
  • ヒアルロン酸は失われる

このように、最悪なことになるわけです。

  • 繊維芽細胞を守るには、とにかく紫外線対策をしっかりすること。
  • ビタミンCやポリフェノール(抗酸化作用があるもの)、アミノ酸など肌にいい食事を心がけること。
  • そして、しっかり睡眠をとること!
  • あとは、FGF(繊維芽細胞増殖因子)を含むサプリメントを摂ること。

ちなみに、このFGFを含むサプリメントで有名なのがプラセンタ!だから今人気があるのですが、詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

公式:【POLA】インナーリフティア&プラセンタ

スキンケアは体の内側からも

基礎化粧品ばっかり気を遣っても、中身がボロボロだと肌はまた衰えていきます。規則正しい生活やサプリメントからも栄養を摂取して内側から、そして基礎化粧品や紫外線対策などで外側から、両方ケアすることが大事なんです。

参考:肌にどんな栄養を?アンチエイジングの美容サプリって効果あるの?

まとめ

自分の肌質がどのタイプか、しっかり肌診断できましたでしょうか?そして、基礎化粧品でセラミド・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を謳うものが多かったり、プラセンタが人気の理由はご理解いただけましたか?

年齢と共に減っていくこれらの成分。だいたい30代から急降下していくわけですから、20代と30代以降の基礎化粧品が同じでいいはずがありません。

だからこそ「30代からの基礎化粧品」…と分けられているわけです。20代までは多少放っておいても大丈夫だったお肌も、30代からは細胞レベルの話で丁寧なケアが必要になってくるわけです。

お肌の知識を深めて、いつまでも若い肌を保ちましょう!