スキンケアの効果が違うの?『医薬部外品』と『化粧品』の違いとは?

スキンケアの効果が違うの?『医薬部外品』と『化粧品』の違いとは?

私たちがスキンケアとして使っている化粧水や美容液などの基礎化粧品。

その容器や商品広告などに、「医薬部外品」「薬用化粧品」の表示がされていることがありますよね。

表示がない普通の化粧品と一体何が違うのでしょうか。

商品によっては「○○は厚生労働省から効果・効能が認められています!」「認可された成分です!」などの表現が目に付くことも多いです。

医療関係者や化粧品業界に携わっている方はともかく、私たち一般人にとってはどういう認識をすればいいのか分かりづらいですよね。

そういった表記はどういうルールの基に付けられているか、また、どれぐらい信憑性があるのか、はたまた誇大広告もありうるのか、気になるところです。

その辺りをここで詳しく解説していきますので、基礎化粧品を選ぶ上での判断基準に加えてみて下さい。

スキンケア用品や衛生用品の分類

スキンケア用品や衛生用品の分類

まず最初に、「薬用化粧品」は、「医薬部外品の成分が配合された化粧品」の意味なので、「薬用化粧品」=「医薬部外品」で、どちらを表示しているかの違いだけです。

「医薬部外品」と「化粧品」の違いは、商品に含まれている成分によって分けられています。

どの成分を医薬部外品とするかを決めているのは厚生労働省で、薬事法という法律によって区別されます。

スキンケア用品や、石けんやシャンプーなどの衛生用品は、薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と、3つに分類されます。

この3つを作用の強さや効能・効果の高さ順に並べるとこのようになります。

医薬品>医薬部外品>化粧品

こうしてみると、医薬部外品や化粧品は比較的人体への影響が少ない成分で、安全性は高いと言えますね。作用が穏やかと言った方がピンとくるかもしれません。

医薬品や医薬部外品には「有効成分」「効能・効果」の表示があります。

なお、医薬部外品や化粧品は薬事法によって「全成分表示」の義務が課せられています。容器やパッケージの裏面を見ると、表示が羅列されていますよね。

昔は薬事法によって定められた指定成分だけを表記すれば良かったのですが、それだけだと実際に何が入っているか分からず、アレルギーなどのトラブルの原因になるため廃止されました。

ちなみに、配合成分は配合量の多い順に記載されており、全体の1%未満の配合成分に関しては順不同での記載が可能となっています。

そのため、メーカーは1%未満の配合成分を少しでも良さげなイメージ順に並べていると思われます。

医薬品

「医薬品」はその名の通り、一般的に「薬」と呼ばれ、病院で処方されたり、薬局で売られていたりします。

ケガや病気の治療を目的とされ、中に含まれる成分の効果は実験データなどに基づき、厚生労働省がはっきりと認め、医療行為に用いることができます。

医薬品は、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と分類され、一般医薬品と大衆医薬品に分けられます。

ザックリ言うと、医師の処方箋がないと購入できない薬、薬剤師がおかれているドラッグストアじゃないと購入できない薬、薬剤師のおかれていない店でも購入できるものなどに分けられます。

要するに、薬の作用の強さや副作用の危険性の高さなどに比例してランク分けされているということです。

スキンケア用品では、皮膚を保護する外用薬や、製薬会社が製造する乾燥肌治療用の保湿剤などがあります。

医薬部外品

「医薬部外品」は、成分の効果を厚生労働省が認めてはいるものの、治療に使用されるほど強くはなくマイルドで、予防や改善の範囲にとどまります。

認められた範囲であれば、具体的な予防や改善の効果を表示することができますが、治療目的のものではないので、病院や薬局以外でも扱うことができます。

化粧品

「化粧品」は、医薬品と医薬部外品以外のスキンケア用品や衛生用品です。メイクに使うファンデーションなどもそうです。

衛生や美容を目的としたもので、厚生労働省により何らかの効果が認められた有効成分は含まれていません。

人の体におだやかな効能を与えると期待されるもの、清潔を保つためのもの、という取り決めになっています。

そのため、医薬部外品に認められた具体的な有効成分による効果・効能を表示することはできませんが、一般的に化粧品に期待できるざっくりとした効能なら書いてもいいことになっています。

そのため、効果・効能だけを見ると、医薬部外品と化粧品の境目は非常にあいまいです。

化粧品と一口に言っても、メイク用品や化粧水だけでなく、歯磨き粉や石けん、シャンプーなども化粧品に分類されます。

それらの中に、医薬部外品で認められた有効成分が入っていれば、医薬部外品もしくは、薬用シャンプー、薬用石けんなどと表示されることになります。

医薬部外品と化粧品の表示の違い

医薬部外品と化粧品の表示の違い

厚生労働省が何らかの効果を認めた有効成分を、一定量含む医薬部外品では、具体的な効果・効能を表示してもいいことになっています。

例えば「ニキビを防ぐ」「日やけによるシミ・ソバカスを防ぐ」などです。

しかし、化粧品においても、「ニキビを防ぐ」という表現が使われていることがあります。

同じじゃないの?という感じですが、化粧品の方は、よく見ると、「皮膚を清浄にすることによって」という言葉がどこかに小さくついていたりします。

つまり、ニキビを防ぐ有効成分は含まれていないけれど、皮膚を清浄に保つことによってニキビは防げるかもね…という、うっすらとした表現なんです。

有効成分は含まれていないとしても、そもそも化粧品は、衛生や美容を目的につくられているという前提なので、その範囲内であれば、医薬部外品と似たような表現を使うこともできます。

「効果的」「効果が期待できる」などの表現や、「アンチエイジング効果」などの言葉も、具体的に確実に何かの症状の予防や改善ができると言っているわけではないですよ…ということで、化粧品に表示できます。

「~に効果がある」はNGとなります。

「シミに!ハリに!」などの表現も、はっきりとした効果を言っているわけではないということで、OKです。

また、医薬部外品に認められている成分以外は「有効成分」とは書けなくても、メーカー独自の成分に「有用成分」「美白成分」などとつけることはできます。

そのため、ぱっと見には、医薬部外品と化粧品の差はほとんどわかりません。

どのようなフレーズが書かれているとしても、厚生労働省が認めた有効成分を含んでいるものは、「医薬部外品」もしくは「薬用化粧品」とハッキリ表示されたものだけということになります。

表示例:医薬部外品

例えば、このジェルは一見すると化粧品に見えますが、医薬部外品です。

ホワイト二ングリフトケアジェル

なので、「薬用美白成分配合。※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。シミに効果」という表示がされています。

表示例:第3類医薬品

一方、こちらはよくある美容サプリメント(栄養補助食品)かと思いきや、なんと第3類医薬品です。化粧品どころではなく、2ランクも高い薬品なのです。

\小ジワ・シミに/効く医薬品 <ロスミンローヤル>

そのため、「小ジワ・シミに効く」というダイレクトな作用・効能・効果をうたえますが、これは化粧品分類では出来ない表示となります。

医薬部外品(薬用化粧品)と化粧品のどっちを選ぶ?

医薬部外品(薬用化粧品)と化粧品のどっちを選ぶ?

具体的な効果が認められている医薬部外品(薬用化粧品)は、いかにも効きそう…な印象があります。

たしかに、「肌荒れ」「日やけによるシミ」「ニキビ」など、ピンポイントで改善したい悩みがある場合、医薬部外品の表示は参考になります。

ただ、だからと言って、スキンケア用品として必ずしも優れているかと言うと、そうとばかりは言い切れません。

あくまで、「厚生労働省が認めている有効成分が一定量含まれている」というだけのことで、商品全体としての価値の高さを示しているわけではないからです。

長年研究を重ねた化粧品メーカーには独自のノウハウもあり、配合された成分のバランスなどは、医薬部外品以上に優れている場合もあります。

海外では有効と認められている成分も、日本の厚生労働省が認めていない限り、有効成分としてうたうことはできません。

お役所の認可はなかなか変更されないので、化粧品メーカーの方が情報が新しいという面もあります。

肌荒れやシミを集中的にケアしたいときは、医薬部外品から試すのがいいかもしれませんが、日常のお手入れという面では、化粧品の方が向いていることも多いです。

有効成分は、認められた症状への効果はあっても、その反面、乾燥などをまねいてしまったりするものもあります。

薬に必ず副作用があるように、有効成分にもデメリットがつきものです。

ただ、薬よりも効果が穏やかなため、デメリットと言ってもそれほど大きなものにはなりませんが、シミ改善用の医薬部外品を乾燥肌の人が使うと刺激を感じたり、乾燥がひどくなったりする可能性もあります。

自分のお肌の状態や、目的に合わせ、医薬部外品と化粧品を上手く使い分けるようにしましょう。

医薬部外品(薬用化粧品)の安全性

医薬部外品(薬用化粧品)の安全性

特別な取り決めの無い化粧品よりも、医薬部外品(薬用化粧品)の方が安全性が高そう…というイメージもありますが、これも、そうとは言えません。

医薬部外品は、その商品全体の効果が認められているわけでなく、認められた成分を含む商品であるということにすぎません。

有効成分以外は、他の化粧品同様に、多くの成分が配合されています。

それらすべてに取り決めがあるというわけではないので、化粧品との違いはありません。

また、有効成分も、すべての人のお肌に効果があるというわけではありません。

成分としての歴史はあり、ある一定の人には効果があったというデータはあるものの、薬同様個人差があり、人によってはその成分で肌が荒れたり、効果が無かったりすることはあり得ます。

化粧品よりも体への作用が認められている分、合わない場合はかえって大きく反応が出ることもあります。簡単に言えば、効果が高い分リスクも大きいということですね。

とくに、お肌の弱い人やトラブルの多い人は、目立たない部位で試してからの使用(パッチテスト)をおすすめします。

まとめ

私たちは普段、全部ひっくるめて「化粧品」と呼んでるので、ちょっとややこしかったかもしれませんね。

化粧水や美容液などのスキンケアとして使用する基礎化粧品は、化粧品と医薬部外品の商品がメインですが、その違いは理解できましたでしょうか?

簡単にまとめると、化粧品よりも医薬部外品の方が作用が強く、効能・効果が高い分リスクも高くなるということです。

とは言え、第1~3類まである医薬品のその下に位置するものであり、誰でも自由に購入して使うことのできる範囲の話です。

あくまで大衆商品なので人体への影響も少なく安全性は高いと言えますが、体質によっては肌トラブル(アレルギー含む)が出る可能性は十分にありますので、いずれにしても注意して使いましょう。

また、医薬部外品だからと信じて、効いている感じがしないのに使い続けることはあまり意味がありません。

基本的に3ヶ月使っても効果が見られない場合は、その先が期待できないと言われています。

逆に言えば2~3カ月ぐらいはしっかり使わないと効果が現れないとも言えます。

医薬部外品、化粧品に関わらず、スキンケアで大切なのは、自分のお肌の実感です。

医薬部外品の表示は、とりあえず、自分の肌悩みに合わせたものを選ぶ参考にはなりますが、それが確実というわけではありません。

実際に使ったときの、お肌の感覚を大切にしましょう。

種類によって効果が違う?化粧水の正しい使い方とは?

スキンケアの基本をおさらい!手順とやり方、忙しい人におすすめの方法も