「飲むだけでシミやそばかすに効く」というホワイピュアの口コミは嘘!?

「飲むだけでシミやそばかすに効く」というホワイピュアの口コミは嘘!?

シミに効果のある「お薬」がある…そんな風に聞けば、女性としては興味津々、白くて透き通るような肌に憧れる方は多いと思います。本当に効果があるなら飲んでみたい!そう感じる人もいるのではないでしょうか?

『ホワイピュア』は、「体内からできてしまったシミやそばかすを緩和する医薬品」です。これ、サプリではなく効果の認められた医薬品というのがポイントで、シミやそばかすへの効能効果が認められています。

それ以外にも、ビタミンCやビタミンB類を補うビタミン剤としての効果もあります。でも、実際どんな薬?飲んだ人の評判は?気になる製品の特徴、効果、副作用、口コミからわかる傾向などをまとめてみました。

『ホワイピュア』製品概要

シミや小ジワ改善を狙った錠剤タイプのサプリメントは山のようにありますが、『ホワイピュア』は、日焼けによるシミ・そばかすや、かぶれによる色素沈着の緩和に効能効果が認められた医薬品です。

健康食品のサプリメントと異なり「お薬」ですが、お医者さんの処方を必要としない一般用医薬品です。その中でも一番扱いの緩い第3類医薬品で、薬局や病院に行かなくても購入ができます。

第三類医薬品は、医薬品の中ではもっとも効果がおだやかな部類になり、病院で処方される薬や第一類医薬品ほど強い効果はありません。その代わり、副作用の危険性も低いため、扱える範囲が広くなっています。とはいえ、はっきりとした効果はうたえないサプリメントと違い、効果効能を明記することができます。

配合されている成分は、抗酸化作用の優れたビタミンCやビタミンE、色素の排出や新陳代謝を助けるL‐システイン、肌の健康な維持に重要なビタミンB群など。

紫外線や炎症による活性酸素の害を緩和し、過剰な黒色メラニンの発生を抑えます。それと同時に、肌に残っているメラニン色素の排出や肌のターンオーバーを助け、シミやそばかすを緩和するお薬です。

サプリメントと何が違う?

サプリメントと何が違う?

サプリメントは「健康食品」です。配合する成分に特別な決まりはなく、食品としての基準にさえ沿っていればOKです。効果が期待される成分は入っていたとしても、はっきり「これに効く」と表現することはできません。

一方、医薬品は他のサプリと何が違うのかというと、「治療や改善を目的としたお薬」なので、効能効果が治験などの明確なデータで示され、厚生労働省が認可した製品だけが「医薬品」として流通します。製造においては医薬品としての厳正な基準を守らなければいけません。

『ホワイピュア』は、「日焼けによるシミ・そばかす、かぶれによる色素沈着の緩和」に効能効果が認められた医薬品になります。何に効くかがはっきり示されているので、シミやそばかすで悩んでいる人には選びやすい製品です。

似た言葉で「医薬部外品」「薬用」の製品もありますが、あちらは厚生労働省によって効能が認められた有効成分が含まれているものの、医薬品の基準は満たしていません。

『ホワイピュア』は、シミやそばかすの緩和に対し信頼性のあるビタミン類やアミノ酸が中心で、シミやそばかすに悩む人には試す価値はありそうです。とくに、食生活が不規則で、ビタミン不足を感じる人には向いています。

ただ、医薬品だからと言って、すべての人、すべてのシミやそばかすに必ず効くというわけではありません。体質やシミ・そばかすの原因は人によって様々ですし、効果にはやはり個人差があるようです。

主な配合成分

アスコルビン酸(ビタミンC)

ビタミンCは、美白効果の認められているもっとも古い成分の1つです。紫外線によって発生する体内の活性酸素の害を中和し、過剰な黒色メラニンの発生を抑えます。そしてハリを保つためのコラーゲンの合成を助けます。

体全体の免疫力を上げるためにも必要なビタミンで、不足しやすいので日常的に補うことがすすめられています。

L-システイン

L-システインは、シミ対策の医薬品や医薬部外品によく含まれているアミノ酸の一種です。私たちの体内に元々備わっているもので、合成されるアミノ酸の一種。お肌や髪の毛などの生まれ変わりを助けます。

シミは、お肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期が乱れることによっても増えていきます。そのターンオーバーをうながすL-システインを摂ることで、シミの改善を目指せると言われています。

不要なものを体外に排出する肝臓の働きをサポートし、細胞のターンオーバーを助けます。その作用から、肝斑(30代~40代の女性に多発するシミ)の治療、美白、二日酔い防止などに使用されます。

ビタミンB群

ビタミンBにはそれぞれの働きがありますが、お肌の修復、代謝の促進、血管や組織の回復や製造を助けるなど、生体活動に重要な役割を果たします。

糖質をエネルギーに変換するためにも必要なので、不足すると体全体がとても疲れやすくなってしまいます。疲れにくくなったという口コミもあったように、効果を実感しやすいと言えます。

リボフラビン(ビタミンB₂)

ビタミンB₂は、健全な皮膚や粘膜の維持、脂質の代謝などに関与する水溶性ビタミンです。不足すると肌や目の粘膜にトラブルがおきやすくなります。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB₆)

ビタミンB₆は、タンパク質の合成の際に補酵素として働く水溶性ビタミンです。肌の健全な維持にも深く関わります。神経伝達物質への関与による精神安定、ホルモンバランスなどにも影響する重要なビタミンです。

コハク酸d-α-トコフェノール(天然型ビタミンE)

ビタミンEは、紫外線などの影響で大量に発生する活性酸素から細胞を守る働きをします。血行を促し、細胞への栄養供給を助ける作用もあります。体内で脂質が酸化するのを防ぎ、血管の健康を守ります。血行を良くし、肩こりや冷え性の改善に効果のあるビタミンです。

抗酸化力の強さとともに、皮膚の毛細血管を拡げて血行を促す作用もあり、肌のくすみに優しくアプローチします。

ビタミンEは、口から取り入れることによって血行を促す働きがあると言われているので、顔色の悪さやツヤの無さがきになる人は、ビタミンEの豊富な卵やキウイなどをバランス良く食べるとより美肌効果がアップするそうです。

『ホワイピュア』の効能効果

『ホワイピュア』は医薬品ですので、効能効果は製品にも明示されています。

  1. しみ、そばかす、日焼けやかぶれによる色素沈着の緩和
  2. 歯肉からの出血や鼻血の予防
  3. 肉体疲労時、妊娠中、授乳期、病中病後のビタミンCの補給

2と3は、ビタミンC剤として見たときの効能効果です。『ホワイピュア』は主にシミやそばかすを緩和させる目的の医薬品ですが、ビタミンC、システイン、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンEが主になっていますので、それらの栄養補給の働きもあります。

シミやそばかす、色素沈着は、紫外線や炎症などダメージの影響で肌に黒色メラニンが増え、それが上手く排出されなくなることでおこります。『ホワイピュア』に含まれるビタミンCには、とくに紫外線によるメラニン色素の発生を防ぐ働きがあります。

また、システインには不要となったメラニン色素の排出を助け、肌のターンオーバーによって肌本来の色への回復を促す働きがあります。

ビタミンB₂やB₆はそれらの活動を助け、肌の健全な再生や維持に深く関わるビタミンです。ビタミンEには高い抗酸化作用とともに、血流を促し、細胞に必要な栄養や酸素を供給しやすい状態に導く作用が期待されます。

『ホワイピュア』は、それらの栄養素を複合的に摂ることで、肌のシミやそばかすの改善、予防をサポートするお薬です。どの成分も、美白目的に限らず普段から欠かせないビタミンやアミノ酸の類いですので、食事バランスが崩れがちな人にはとくに向いています。

ビタミンを摂取することによる美白効果

ビタミンは人間にとって必要不可欠なものです。抗酸化作用があり、肌を白くする効果についても証明されています。つまり、果物などを多く摂取すれば、肌を白く保つことも可能です。

特にビタミンCには豊富な抗酸化作用があるため、効果も大きくなると言えるでしょう。その他、ビタミンCの効果を高めてくれるビタミンA、ビタミンAの効果を高めてくれるビタミンEなども同時に取り入れると効果的です。

美白になりたい場合は、ビタミンをそれぞれ効率的に摂取していくことが重要となります。それと、ビタミンCなどを単体で摂取する方も多いですが、ビタミンAやビタミンEなどの他の成分とも合わせて摂取した方が効果的です。

また、ビタミンCやビタミンB₂・B₆は、体内に蓄積することができず、とくにビタミンCは毎日かなりの量が消耗されます。水洗いや加熱に弱く壊れやすいので、食品からは十分量を摂りづらいビタミンの代表です。

紫外線を浴びる量の多い人、喫煙をする人、ストレスの多い人はさらにビタミンCの消費が増えるので、ビタミン剤からの摂取が効率的です。

『ホワイピュア』の副作用は?

『ホワイピュア』の副作用は?

『ホワイピュア』を飲み始めると尿が黄色くなったり、匂いが変化したりすることがありますが、それはビタミンB₂によるものなので心配は無いようです。アリナミンなどビタミンB₂が含まれる栄養剤を飲んだときにもおこります。

その他、可能性のある副作用としては、

  • 肌のかゆみ
  • 吐き気、胃の不快感
  • 下痢、便秘
  • 生理の出血が増える

などがあります。『ホワイピュア』は一番扱いの緩い第3類医薬品で、重大な副作用は報告されていないようです。ただ、お薬との相性には個人差がありますので、何か気になる変化があったときには飲用を中止し、相談窓口や病院で相談してください。

使用量を絶対に守る

医薬品は、決められた容量以上に飲んではいけません。特定の病気への治療薬と違って減らす分には構いませんが、多く飲むことは絶対に避けましょう。

また、中に含まれるビタミンB₆とビタミンEに関しては、摂取目安に上限がありますので、他のビタミン剤やサプリメントを使用している方は摂り過ぎに注意しましょう。

ビタミンB₆の摂取目安上限

  • 15歳以上女性45㎎/日
  • 15歳以上男性50㎎/日

ビタミンEの摂取目安上限

  • 15歳以上女性650㎎/日
  • 15歳以上男性 750㎎/日

体質に合わないときには中止する

薬には、必ず合う合わないの個人差があります。ごく普通に売られているビタミン剤や風邪薬でも激しいアレルギーをおこす人もいます。飲んだことでムカムカする、お肌に異変を感じるなどのことがあれば、使用は中止しましょう。

ただ、これを飲むと尿が真っ黄色になって異臭を放つことがありますが、それはビタミンBが尿に溶けだしているだけで、異常なことではありません。

他のサプリメントや漢方との併用に気を付ける

ビタミンCやB群は過剰な分が尿に流れますが、ビタミンEは体に蓄積します。過剰摂取にならないように、ビタミンEの配合されている他のサプリメントは控えるか、もし同時に飲む場合は薬剤師さんに相談しましょう。

妊娠・授乳中は?

『ホワイピュア』は妊娠期や授乳期でも使用ができますが、主治医に相談の上で使う方が安心です。他のお薬の処方や検査値に変化が現れることもあるので、妊娠中に関わらず、通院中や持病のある方は主治医と相談してください。

『ホワイピュア』を日常的に摂取している方の口コミ

『ホワイピュア』を日常的に摂取している方の口コミ

  • 肌色がトーンアップした
  • シミ・ソバカスが薄くなってきた
  • ニキビに効果を感じた
  • 毛穴に効果を感じた
  • 肌が全体に綺麗になった
  • 安くて使い続けやすいのがいい
  • 1ヶ月程度の使用ではほとんど効果がわからない
  • 大きなシミに変化が見られない
  • 美白やニキビにこれといった効果を感じない
  • 肌に合わなかった

口コミ評価の中にも、「美白に効果あり!」の人もいれば、「美白には効果が感じられないがニキビ対策として優秀」という人もいます。シミやニキビの原因には様々な要因が関わるため、どの部分に効果が得られるかには個人差がありそうですが、上手く肌に合うなら持続することでじわじわとした効果が望めるかもしれません。

「肌のくすみを感じにくくなってきました。肌質もしっとりとしてなめらかな感じです。美白ケアもエイジングケアもこれで出来るので満足しています」(40代後半 混合肌)
「ホワイピュアだけのおかげかはわかりませんが、肌に透明感が出てシミが減ったかな?と思います。肌診断の結果もトーンアップしていました。気軽に続けられる値段なのでいいですね」(40代前半 混合肌)
「最近シミが増えてきたように思えてこれを飲み始めましたが、だんだん薄くなってきてあまり気にならないようになってきました。美白できるわりに価格が安いのが嬉しいです。これからもシミが増えないように使い続けます」(30代前半 混合肌)
「頬に散っているソバカスのあたりの色が薄くなり、コンシーラーの量が少なくて済むようになりました。効果はあったと思います。肌のくすみが無くなり顔色が明るくなったようです。古くからある少し大きめのシミにはまだほとんど変化が見えませんが、お手頃価格で惜しみなく使え、くすみ対策になるので良いと思います」(30代後半 普通肌)
「これを飲むと肌の白さや透明感に違いを感じます。効果を実感できているので使い続けていきたいと思っています」(20代後半 混合肌)
「しばらく飲んでいると肌のキメが整い、なめらかになって透明感も出ました。美白効果が実感できるし浸透力もよくてしっとりとします」(30代後半 乾燥肌)
「飲み始めて半年、お店で肌診断を受けるとシミが改善されて肌状態も良いとほめられました。」
「1年ほど継続していますが、すごく肌が白くなってきました。腕や首と比べると顔が白くなっているのがわかります。ソバカスも薄くなりました」(20代後半 普通肌)
「肌の赤み、毛穴、赤ニキビなどに効果を感じられました。シミには特別な効果は感じていませんが予防になるのかなと思うし、赤みや毛穴やニキビの気になる部分には使い続けています」(20代後半 混合肌)
「毛穴が目立ちにくくなり、シミよりニキビやニキビ跡に効果ありと思います。肌にのせると少し熱く感じるのが苦手ですが、毛穴に効果を感じられるしコスパがよいので使用しています」(30代後半 混合肌)

「少しずつ肌に透明感が出てきた」

『ホワイピュア』は医薬品とは言え、飲んで1日で効くようなお薬ではありません。効果を実感した人でも、「少しずつ」「何となく」の効果実感から始まることが多いようです。

比較的効果の見えやすいのは、普段ビタミンCやビタミンB群、システインの働きが不足していた人かなと思います。そういう人ほど『ホワイピュア』による効果や変化は感じやすいのではないでしょうか。

「肌全体が綺麗になってきた」

『ホワイピュア』の口コミでは、シミやそばかすの効果より先に、肌全体の調子が良くなったかも?というものも見られました。

こちらに配合されているビタミンCやビタミンB₂、ビタミンB₆などは、健康な肌の維持のために欠かせないビタミンです。

ビタミンB₂の不足では、肌が脂性に傾いたり、口周りの皮膚に炎症がおこりやすいと言われています。ビタミンB₆の不足では、肌がパサパサしたり、肌荒れしやすくなったりします。ビタミンCは美白や活性酸素の害を中和する以外にも、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンの生成を助けるビタミンとして知られています。

毎日せっせとコラーゲンを摂取していても、ビタミンCが不足しているとコラーゲンの再合成は上手く行われません。肌のハリを保ちたい人にもビタミンCの摂取は奨められています。

冷えにくくなった

早い段階で効果を感じやすいのが、「冷え」のようです。飲み始めて最初に気づいた変化が「冷えにくくなった」という人が多いですね。

お肌の変化は、最低でもターンオーバーの平均周期28日を過ぎないと、実感は難しいですが、血流改善の効果は比較的すぐに効果が現れやすくなっています。

シミが薄くなった

シミが薄くなったと実感できるのは、2~3か月後という人が多いようです。直接シミを漂白するような化粧品と違い、体の内側からじっくり働きかけるものなので、少なくとも1か月は継続してみないと効果はわからないということです。

お肌にハリがでた

シミや小ジワなど具体的な改善の前に、お肌全体にハリが出て何となくいい感じ…と感じるケースが多いようです。お肌に必要な栄養が補給されること、血流が良くなること、ターンオーバーが促進されることなどの相乗効果でしょうか。

自分自身で変化が実感できるようになれば、飲み続けてみようという気持ちもわいてきますね。

「シミは薄くなったけどそばかすは変化しない?」

実際に続けて飲んだ人の口コミでは、同じ人でも部位によって効果の感じ方に違いが見られる場合もあるようです。シミやそばかすは、表面上は同じような肌の着色に見えても、実は全然違う原因になっておこっていることもあります。

とくに、子どもの頃からあるようなそばかすは、遺伝の要素などもあるので治療はなかなか難しいようです。一方、比較的最近できたシミ、明らかに日焼けが原因となったシミなどには、『ホワイピュア』の効果は発揮されやすそうです。

ただ、「そばかすが薄くなってきた」という口コミも見られましたし、紫外線の影響でそばかすは濃くなりますので、予防の目的として飲み続けているという人もいました。それに、そばかすは年齢とともにかえって薄くなるケースもあるため、「今以上に濃くしないこと」を目的に、『ホワイピュア』のようなお薬や、スキンケアで内外からのケアをしっかりしておくのは良さそうです。

「効果を感じられない」

お薬とは言え、やはり個人差はあります。シミやそばかすの原因や体質により、残念ながら効果を感じられない可能性はあるかと思います。

あと、『ホワイピュア』は日焼け止めサプリとは異なります。効果を実感するためには、日常の外からの紫外線対策・スキンケアはしっかり行うことが大切です。

美白ケアはスキンケアも並行して行うのが効果的

近年はスキンケアの方法も色々とあります。マッサージによって血行促進したり、美容液によって保湿効果を高めたりすることもできます。実際にスキンケアをおこなえばおこなうほど、美白になっていくことが可能と言えます。

日焼け止めを塗る

太陽光に当たらないと人間の肌というのは白くなっていきます。太陽光で日焼けしてしまっている方は、メラニン色素が肌に定着してしまって、それがシミやくすみの原因になっているということもあります。

人間の肌は、人によって太陽光に強い人もいれば弱い人もいます。逆に言えば、太陽光に当たりさえしなければ、美白を保つことができます。とはいえ、日常生活でまったく太陽光に当たらないというのは難しいですし、健康にもよくありません。

日焼け止めには、太陽光の影響を遮断する効果があり、常に白い肌を守ってくれます。日常的に塗っておくことを習慣づけておくと、より肌を守ることができるでしょう。

ちなみに、紫外線にもレベルのようなものがあって、太陽光が強ければ強いほど、強力な日焼け止めが必要となります。真夏の炎天下などは紫外線もより強くなります。それらを防げるような日焼け止めを購入しておくと安心です。近年はより強力な日焼け止めも販売されているので、そちらを使っていくと良いでしょう。

洗顔をしっかりおこなう

人間の肌は毎日のように生まれ変わっていて、洗顔をしっかりおこなうことで美しい肌を保てます。逆に洗顔を怠っていると、肌に汚れも溜まってくすんでいるように見えてしまうのです。そういうことのないように、洗顔をしっかりおこなうようにしてください。

また、洗顔の方法に関しては、間違っている方も多いです。よく皮膚の色を落とそうとゴシゴシ洗顔してしまうことも多いでしょう。メラニン色素というのは肌に含まれていますが、洗顔しただけで落ちるようなものではありません。

洗顔の目的は肌を正常に生まれ変わらせることであり、決して色を落とすためではありません。循環を良くするためには、正しい洗顔方法を学ぶことが必要です。

まずはぬるま湯を使うようにし、洗顔料などはしっかり泡立てて洗うようにしてください。この時、手で洗うのではなく、泡で洗うようにするとより効果は大きいです。

また、洗顔し終わった後は過乾燥にもなりやすいので、保湿などもしっかりすると良いでしょう。タオルでゴシゴシ拭いてしまう方もいますが、それはタオルの繊維を顔に残してしまい、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。その点も美白を目指すなら注意したいところです。

美白化粧品を使う

スキンケア商品はその人に合っているかどうかわからないので、色々な商品を使い比べてみると良いです。自分に合っているものを見つけられれば、それが大きな効果をもたらしてくれます。

薬用オールインワン『シミウス』はシミの美白効果あり?なし?口コミを徹底チェック!
顔の肌トラブルはどんなものであっても気になるし、気にし出すと気分が落ち込んでしまいますよね。様々な肌トラブルの中でも、加齢と共に現れて精神的に一番きついのは「シミ」「シワ」ではないでしょうか? お化粧で隠すこともできず、シミが...

睡眠も大切

寝過ぎや寝不足は身体にとって良くありません。最適な睡眠の量を保つことによって、人間の身体はより健康になっていきます。眠り始めの3時間くらいは成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが新しい肌を作ってくれるので、質の良い睡眠をとることが重要となるでしょう。

寝る2時間前には食事を済ませて、寝る前にはブルーライトを見ないようにしましょう。近年はパソコンやテレビ、スマホなどからブルーライトが出ていて、寝つきを悪くしてしまいます。睡眠の質が悪いと肌が生まれ変われず、地黒がそのまま残ってしまうこともあるのです。

毎日しっかり睡眠をとるようにして、次々と新しい肌に生まれ変われるようにしましょう。そうすれば、本来の白い肌が戻ってきてくれます。また、朝はセロトニンをしっかり分泌できるよう、起きたときに太陽光を浴びるようにしてください。これをおこなうだけで、夜にメラトニンへと変化し、眠りをより深くしてくれます。

まとめ

『ホワイピュア』は、メラニン色素の抑制・排出に関わるビタミン類やシステインを使用したシミ・そばかす・かぶれによる色素沈着の治療薬です。ビタミンCやビタミンB類の不足を感じている人には、栄養補給としても使えます。

実際の口コミからも分かるように、シミ・ソバカスだけじゃなく、肌荒れ、ニキビ、冷え性など、女性特有の幅広い悩みに効果があるのは嬉しいですね。

サプリメントではなく医薬品とは言え、第三類医薬品なので副作用の心配も少なく、ドラッグストアで販売されている分類です。

ただ、どの医薬品にも同じことが言えますが、副作用が絶対に無いとは言い切れませんので、用法用量はしっかり守って服用して下さい。途中でも触れましたが、他のサプリメントなどとの併用に関してはよく注意して下さいね。